福田 稔

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/11 15:13
 
アバター
研究者氏名
福田 稔
 
フクダ ミノル
所属
宮崎公立大学(MMU)
部署
人文学部 国際文化学科 国際文化学科
職名
教授
学位
言語学修士(Master of Arts in Linguistics)(イリノイ大学アーバナ・シャンペイン校), 文学修士(甲南大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年4月
 - 
1993年3月
専任講師、帝塚山学院大学
 
1993年4月
 - 
2002年3月
助教授、帝塚山学院大学
 
1995年9月
 - 
1996年8月
客員研究員、Harvard University
 
2002年4月
 - 
2006年3月
助教授、宮崎公立大学
 
2006年4月
 - 
現在
教授、宮崎公立大学
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1983年3月
熊本大学 教育学部 小学校課程
 
1984年4月
 - 
1986年3月
甲南大学 人文科学研究科修士課程 英文学
 
1986年4月
 - 
1990年3月
甲南大学 人文科学研究科博士課程 英文学
 
1988年8月
 - 
1989年8月
イリノイ大学アーバナ・シャンペイン校 言語学部大学院 修士課程
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本英文学会九州支部  『九州英文学研究』編集委員
 
2018年4月
 - 
現在
みやざきエッセイスト・クラブ  会長
 
2017年4月
 - 
現在
日本英文学会九州支部  理事
 
2017年4月
 - 
現在
宮崎公立大学  附属図書館長
 
 
 - 
現在
公益財団法人宮崎県芸術文化協会  評議員
 

論文

 
抜き出しを許す付加詞について
福田 稔
宮崎公立大学人文学部紀要   25(1) 133-152   2018年3月
On the Historical Development of During
福田 稔
宮崎公立大学人文学部紀要   25(1) 123-132   2018年3月
Upward Inheritance of Phasehood
福田 稔
ことばを編む   113-124   2018年2月
中学校英語における辞書指導について
福田 稔
宮崎公立大学人文学部紀要   24(1) 185-196   2017年3月
前置詞notwithstandingについて
福田 稔
〈不思議〉に満ちたことばの世界   下 131-135   2017年3月
On DP-internal Information Structure in Genealogically Unrelated Languages, with Special Attention to Kumamoto Japanese
福田 稔
LESEWA 2016   5-8   2016年11月   [査読有り]
A Survive-minimalist Approach to the Japanese Right Periphery: The Case of Modals
福田 稔
甲南英文学   31 47-75   2016年9月   [査読有り]
中学英語の授業を通した海洋教育の取り組み
金丸孔仁子・福田 稔
宮崎公立大学人文学部紀要   23(1) 97-114   2016年3月
On the Readability of the English Technical Writing Test: With Special Reference to the Textbooks Used in Technical High Schools and Colleges of Technology in Japan
久木田 大祐・福田 稔
宮崎公立大学人文学部紀要   22(1) 251-260   2015年3月
Pied-piping in survive-minimalism
福田 稔
『英文学研究』支部統合号7, 日本英文学会   347-359   2015年1月   [査読有り][招待有り]
Labeling Algorithm and Subject Questions
福田 稔
宮崎公立大学開学20周年記念論文集   329-340   2014年3月
Investigating Teacher and Student Attitudes towards MEXT-approved English Textbooks in Japan: A Preliminary Study
久木田 大祐・福田 稔
宮崎公立大学人文学部紀要   21(1) 167-181   2014年3月
The Inclusiveness Condition in Survive-minimalism
福田 稔
言語学からの眺望2013   216-229   2013年12月
属格名詞とDPからの移動
福田 稔
甲南英文学   27 57-77   2012年6月   [査読有り]
属格名詞の構造位置について
福田 稔
宮崎公立大学人文学部紀要   19(1) 155-172   2012年3月
空移動仮説と主語の獲得
福田 稔
宮崎公立大学人文学部紀要   18(1) 197-210   2011年3月
体験することば学〜ことばと心・身体・暮らし〜
福田 稔
平成21年度定期公開講座講演録『私たちの暮らしと地域社会を考える』宮崎公立大学      2010年
英語の感嘆文の形式と習得
福田 稔
『宮崎公立大学人文学部紀要』   17 217-226   2010年
WH感嘆句の派生と機能
福田 稔
JELS 27, 日本英語学会   27 31-40   2010年
空移動仮説について
古川武史・福田稔
宮崎公立大学人文学部紀要   16(1)    2009年3月
The Genitive Phrase Marked with Ga in Nonstandard Japanese
福田稔
言語理論の展開と応用--西川盛雄教授退官記念論文・随想集--(英宝社)   216-234   2009年3月
Noun Phrase Structure and Genitive Case Markers in Nonstandard Japanese
福田 稔
The Perspectives of Linguistics in the 21st Century, The Linguistic Society of Korea, Hankook Munhwasa, Seoul, Korea.   219-233   2008年
ミニマリスト・プログラムと文理解
福田稔
甲南大学総合研究所『生成文法と文理解の相互関係』   第92巻 1-15   2007年2月
Particle Alternation and the Copy Theory of Movement
Minoru Fukuda(福田稔)
言葉の絆:藤原保明博士還暦記念論文集(開拓社)   284-297   2006年
Genitive Case Markers of Nonstandard Japanese
Minoru Fukuda(福田稔)
Proceedings of SICOL 2006 (the Seoul International Conference on Linguistics (The Linguistic Society of Korea)   111-121   2006年
話し手の心的態度の言語表現化について
福田稔
宮崎公立大学人文学部紀要   13 275-292   2006年
Review Article: "Nunes (2004) Linearization of Chains and Sideward Movement (MIT Press)
Minoru Fukuda(福田稔)
Studies in English Literature, English Number 47 (2006), 日本英文学会   47 331-340   2006年
Select and Strong Islands
Minoru Fukuda(福田稔)
甲南英文学(甲南英文学会)   20 35-48   2005年
意外性のことば学
福田稔
宮崎公立大学公開講座9多文化の時代(鉱脈社)   9 83-110   2004年
宮崎方言の論理-- 応答表現に関する共通語・英語との比較 --
福田稔
地域に根ざして(宮崎公立大学開学10周年記念論文集発行委員会編、鉱脈社)   61-78   2004年
Light Noun Phraseについて
福田稔
言語学からの眺望2003(九州大学出版会)   113-125   2003年
新しい言語研究と教育
福田稔
調査月報10月号(財団法人みやぎん経済研究所)   2-6   2002年
極小主義によるNP削除の分析
福田稔
人間文化学部研究年報(帝塚山学院大学)論説資料保存会から依頼され『英語学論説資料35』に再録)   32 123-132   2001年
Complementizer Drop and IP-Complementation in Japanese
Minoru Fukuda(福田稔)
Kansas Working Papers in Linguistics (University of Kansas)   25(25) 39-52   2001年
地域方言における補文標識省略
福田稔
人間文化学部研究年報(帝塚山学院大学)(論説資料保存会『日本語学論説資料37』と『英語学論説資料34』に再録)   2 120-129   2000年
繰り上げ仮説再考
福田稔
研究紀要 (帝塚山学院大学教養課程)   5 15-28   1997年
「こと」とECM構文
福田稔
帝塚山学院大学研究論集   32 20-29   1997年
Nominative Case Markers of the Kumamoto Dialect of Japanese
Minoru Fukuda(福田稔)
Harvard Working Papers in Linguistics   6 116-131   1997年
Complementizer Drop in Japanese
Minoru Fukuda(福田稔)
Proceedings of the Fourth Seoul International Conference on Linguistics   194-203   1997年
A Derivational Approach to Multiple Specifier Constructions: The Case of Scrambling
Minoru Fukuda(福田稔)
甲南英文学(甲南英文学会)   12 95-112   1997年
Case Checking and the Subject of Infinitives
Minoru Fukuda(福田稔)
近代英語研究(近代英語協会)   12(12) 29-40   1996年
Syntax of Demonstrative Adjectives in Japanese: A Preliminary Study
Minoru Fukuda(福田稔)
Kansas Working Papers in Linguistics (University of Kansas)   21(21) 21-37   1996年
名詞句内部での一致について
福田稔
研究紀要 (帝塚山学院大学教養課程)   2 15-29   1994年
かき混ぜ規則と論理形式
福田稔
ことばの音と形 (こびあん書房)   157-168   1994年
Head Government and Case Marker Drop in Japanese
Minoru Fukuda(福田稔)
Linguistic Inquiry   24(1) 168-172   1993年
英語字幕を利用した英語教授について
福田稔
英米評論(桃山学院大学)   6 73-85   1992年
A Movement Approach to Multiple Subject Constructions in Japanese
Minoru Fukuda(福田稔)
Journal of Japanese Linguistics   13 21-51   1992年
日本語と英語の否定の島
福田稔
世界と日本:帝塚山学院大学創立25周年記念論集   52-73   1992年
A Movement Approach to GA-NO Conversion in Japanese
Minoru Fukuda(福田稔)
言語研究 (Language Research), Kyong Hee University, Seoul, Korea   10    1991年
映画英語字幕語彙の研究(1)
福田稔(共著者:中井紀明、萩原弘子、池波陽子、中井真理子、谷上玲子、友沢明江)
英米評論(桃山学院大学)   5 97-118   1991年

Misc

 
抜き出しを許す付加詞について
福田 稔
日本英文学会第87回大会Proceedings   314-315   2015年9月
サバイブ・ミニマリズムにおける島の効果について
福田 稔
日本英文学会『第86回大会Proceedings』   307-308   2014年9月

書籍等出版物

 
言語の構造と分析(言語研究と言語学の進展シリーズ1)
福田 稔・中村浩一郎・古川武史 (担当:共著, 範囲:第I部 最新の文構造研究と統語論の進展)
開拓社   2018年10月   
学校英文法と科学英文法 (共著者:枡矢好弘) 168p. 担当部分は摘出不可
研究社   1993年   
英語学へのファーストステップ (共著者:有村兼彬, 北峯裕士, 小林敏彦, 古川武史)217p. 担当部分pp.69-105
英宝社   1999年   
英語学セミナー(共著者:高橋勝忠)211p. 担当部分pp.1-11, pp.54-98, pp.136-156, pp. 171-205
松柏社   2001年   
英語学へのファーストステップ・改訂版 (共著者:有村兼彬, 北峯裕士, 小林敏彦, 古川武史)
英宝社   2009年1月   

講演・口頭発表等

 
前置詞句の周辺部について
福田 稔
熊本言語研究フォーラム   2018年3月17日   
Label and Projection
福田 稔
The 7th International Conference on Formal Linguistics   2016年12月3日   
On DP-internal Information Structure in Genealogically Unrelated Languages, with Special Atten-tion to Kumamoto Japanese
福田 稔
International Conference on Languages of Far East, Southeast Asia and West Africa   2016年11月16日   
英語の後置詞について
福田 稔
第31回甲南英文学会   2015年7月11日   
抜き出しを許す付加詞について
福田 稔
日本英文学会九州支部第67回大会   2014年10月25日   
サバイブ・ミニマリズムにおける島の効果について [招待有り]
福田 稔
日本英文学会九州支部第66回大会   2013年10月27日   
DP内部の属格主語の統語位置について
福田 稔
第27回甲南英文学会   2011年7月2日   
WH感嘆文の派生と機能
日本英語学会第27回大会個人研究発表   2009年   
The EPP and the Genitive Subject in Nonstandard Japanese
International Conference on Linguistics in Korea (ICLK), Seoul National University, Korea   2007年   
Two Types of Genitive Case Markers in Nonstandard Japanese
Formal Approaches to Variation in Syntax, University of York, the U.K.   2007年   

担当経験のある科目

 

Works

 
日英語の機能語の研究
2000年 - 2001年
音声と統語現象の相関関係について
2001年 - 2002年
英語・ルーマニア語・日本語における沈黙の役割
2002年 - 2003年
生成文法と文理解の相互関係
2004年 - 2005年
主語の特異性に関する統語研究─英語の言語習得と移動を中心にした分析─(理事長・学長特別配当枠研究事業)
2009年

競争的資金等の研究課題

 
海洋教育の推進
日本財団: 海洋教育プロジェクト
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 湯地 敏史
主節以外の文要素の左右周辺部構造と文法現象についての研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 福田 稔
左周辺部構造と主語の特異性に関する統語研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究 (C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 福田 稔