斧谷 彌守一

J-GLOBALへ         更新日: 02/07/04 00:00
 
アバター
研究者氏名
斧谷 彌守一
 
ヨキタニ ヤスイチ
所属
甲南大学
部署
文学部 人間科学科
職名
教授
学位
文学修士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1971年
京都大学 文学研究科 ドイツ語学ドイツ文学
 
 
 - 
1969年
京都大学 文学部 文学科ドイツ語学ドイツ文学専攻
 

委員歴

 
1992年
 - 
1994年
阪神ドイツ文学会  企画委員長
 

Misc

 
語のシェーマの揺らぎについて-概念論序説
甲南大学紀要・文学編   79    1991年
テクストの多義性・解釈の多様性-ツェラーンの詩『花』をめぐって
阪神ドイツ文学会編「ドイツ文学論攻」   32    1990年
デッサンとしての・言葉の本質-ハイデガー『言葉への道』について
甲南大学紀要・文学編   74    1990年
不条理な深淵-パウル・ツェーランの詩論『子午線』
阪神ドイツ文学会編「ドイツ文学論攻」   26    1984年
仮象・アレゴリーー初期ベンヤミンにおける批評の一側面
甲南大学紀要・文学編   62    1987年

書籍等出版物

 
ハイデガーの「不安という根本情調」──動物性と精神性の「間」
心の危機と臨床の知 第3巻 斧谷彌守一編『リアリティの変容?──身体/メディア/イメージ』新曜社   2003年   
編者あとがき──「世界」の波動を受容する器としての心身
心の危機と臨床の知 第3巻 斧谷彌守一編『リアリティの変容?──身体/メディア/イメージ』新曜社   2003年   
静けさの響き──ハイデガー/フロイト/ユング
心の危機と臨床の知 第4巻 横山博編『21世紀 心理療法とその意味──言葉/イメージ/宗教性』新曜社   2003年   
翻訳:クラウス・トレーガー「ロマン主義の起源とその位置づけ」
ドイツ・ロマン派全集 第10巻『ドイツ・ロマン派論考』国書刊行会   1984年   
翻訳:ルートヴィヒ・ベルネ「パリからの手紙」
ドイツ・ロマン派全集 第18巻『郵便馬車にゆられて——旅行記集』 国書刊行会   1989年   

Works

 
文学表現と<身体>(科研)
1999年
ハイデガー
2001年
フロイト
2001年
文学表現と〈記憶〉(科研)
2003年
現代人の心の危機の総合的研究──近代化のひずみの見極めと、未来を拓く実践に向けて(学術フロンティア推進事業)
2003年

競争的資金等の研究課題

 
言語論
精神分析
イメージ論