杉本 直己

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/30 12:42
 
アバター
研究者氏名
杉本 直己
 
スギモト ナオキ
URL
http://www.konan-fiber.jp/index.shtml
所属
甲南大学
部署
先端生命工学研究所(FIBER)
職名
所長・教授
学位
理学博士(京都大学), 理学修士(京都大学)
その他の所属
甲南大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年3月
 - 
現在
南開大学客座教授
 
2012年8月
 - 
現在
学校法人甲南学園 理事
 
2009年
 - 
現在
甲南大学フロンティアサイエンス研究科  教授
 
2007年4月
 - 
現在
天津師範大学 客座教授
 
2003年
 - 
現在
甲南大学先端生命工学研究所  所長・教授
 
1997年4月
 - 
現在
河北工業大学 客座教授
 
2009年
 - 
2010年
甲南大学フロンティアサイエンス学部 教授 
 
1994年
 - 
2009年
甲南大学理工学部教授
 
2001年
 - 
2003年
甲南大学ハイテクリサーチセンター 所長
 
1991年
 - 
1994年
甲南大学理工学部助教授
 
1988年
 - 
1991年
甲南大学 講師
 
1985年
 - 
1988年
米国ロチェスター大学リサーチアソシエイト
 

学歴

 
 
 - 
1985年
京都大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1979年
京都大学 理学部 化学
 

委員歴

 
2012年9月
 - 
現在
RNA Nanotechnology編集委員
 
2012年6月
 - 
現在
計算科学振興財団  評議員
 
2012年3月
 - 
現在
神戸医療産業都市推進協議会委員
 
2011年7月
 - 
現在
ひょうご神戸サイエンスクラスター協議会委員
 
2010年5月
 - 
現在
兵庫県COEプログラム推進事業審査委員会委員
 
2010年4月
 - 
現在
International Review of Biophysical Chemistry編集委員
 
2010年4月
 - 
現在
京都大学化学研究所 共同研究委員会委員
 
2010年
 - 
現在
日本学術振興会学術システム研究センター研究員
 
2009年4月
 - 
現在
神戸エンタープライズプロモーションビューロー アドバイザリーボード
 
2007年
 - 
現在
Nucleic Acids Research編集委員
 
2005年4月
 - 
現在
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 産業技術実用化開発助成事業 評価委員
 
2005年4月
 - 
現在
近畿経済産業局 中小企業・ベンチャー挑戦支援事業 実用化研究開発事業評価委員
 
2005年4月
 - 
現在
独立行政法人科学技術振興機構(JST) 科学技術振興調整費 評価ワーキンググループ委員
 
2005年4月
 - 
現在
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ナノバイオ産業化委員会委員 (ナノバイオテクノロジー包括的ロードマップ作成 デバイス分野ワーキンググループ 座長)
 
2005年
 - 
現在
兵庫県科学技術会議委員
 
2004年4月
 - 
現在
NPO法人 近畿バイオインダストリー振興会議 関西バイオの未来を考える会 委員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
兵庫県次世代産業雇用創造プロジェクト推進協議会委員
 
2015年12月
 - 
2017年11月
九州工業大学バイオマイクロセンシング技術研究センター外部評価委員
 
2015年5月
 - 
2017年5月
日本化学会  理事
 
2016年7月
 - 
2017年3月
兵庫県ひょうご経済・雇用活性化プラン推進会議構成員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
月刊『化学』編集委員会委員
 
2008年
 - 
2012年
Human Frontier Science Program委員
 
2005年
 - 
2010年
近畿化学協会  部会幹事,研究会運営委員,代議員,評議員
 
1998年
 - 
2001年
フロンティア生命化学研究会  会長, 監事
 
1993年
 - 
1999年
日本化学会  支部幹事, 生体機能関連化学部会幹事, 生命化学研究会会長, 生命化学研究会監事, バイオテクノロジー部会幹事, バイオテクノロジー部会主査, 生体機能関連化学部会副部会長, 生体機能関連化学部会部会長
 

受賞

 
2016年6月
European Chemistry Congress (Euro Chemistry2016) Keynote Lecture Award
 
2015年10月
公益財団法人 井植記念会 第39回井植文化賞(科学技術部門)
 
2014年
錯体化学会 錯体化学会貢献賞
 
2013年
独立行政法人 日本学術振興会 第25回ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
 
2013年
公益財団法人長瀬科学技術振興財団 長瀬研究振興賞
 
2011年
中国科学院長春応用化学研究所 名誉講演者賞
 
2008年
第25回日本化学会学術賞
 
2006年
兵庫県科学賞
 
2005年
ICA(International Copper Association)Distinguish Scientist Award
 
2004年
堀場雅夫賞(堀場製作所)
 
1992年
第7回若い世代の特別講演者(日本化学会)
 
1990年
第6回化学のフロンティア(日本化学会)
 

論文

 
Quantitative analysis of nucleic acid stability with ligands under high pressure to design novel drugs targeting G-quadruplexes
S. Takahashi, N. Sugimoto
Curr. Protoc. Nucleic. Acid Chem.   70(17) 9.1-9.17   2017年9月   [査読有り]
Specific Light-Up System for Protein and Metabolite Targets Triggered by Initiation Complex Formation
H. Fujita, Y. Kataoka, R. Nagano, Y. Nakajima, M. Yamada, N. Sugimo, M. Kuwahara
Sci. Rep.   7(15191)    2017年   [査読有り]
Topological impact of noncanonical DNA structures on Klenow fragment of DNA polymerase
Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A.   114 9605-9610   2017年   [査読有り]
Unexpected Position-Dependent Effects of Ribose G‑Quartets in G‑Quadruplexes (in press)
J. Zhou, S. Amrane, F. Rosu, G.F. Salgado, Y. Bian, H. Tateishi-Karimata, E. Largy, D. N. Korkut, A. Bourdoncle, D. Miyoshi, J. Zhang, H. Ju, W. Wang, N. Sugimoto, V. Gabelica, and J. Mergny
139    2017年   [査読有り]
Effects of metal ions and cosolutes on G-quadruplex topology
T. Fujii, P. Podbevšek, J. Plavec, N. Sugimoto
Journal of Inorganic Biochemistry   166 190-198   2017年   [査読有り]
Volumetric analysis of formation of the complex of G-quadruplex DNA with hemin using high pressure
S. Takahashi, S. Bhowmik and N. Sugimoto
Journal of Inorganic Biochemistry   166 199-207   2017年   [査読有り]
Model studies of the effects of intracellular crowding on nucleic acid interactions
SI. Nakano, N. Sugimoto
Mol Biosyst.   13 32-41   2017年   [査読有り]
Through-bond effects in the ternary complexes of throumbin sandwiched by two DNA aptamers
A. Pica, I. R. Krauss, V. Parente, H. Tateishi-Karimata, S. Nagatoishi, K. Tsumoto, N. Sugimoto and F. Sica
Nucleic Acids Res.   44 461-469   2017年   [査読有り]
tRNA Shifts the G-quadruplex-hairpin conformational equilibrium in RNA towards the hairpin conformer [Selected as an Inside Back Cover]
AB Rode, T. Endoh, N. Sugimoto
Angew. Chem. Int. Ed.   46 14315-14319   2016年   [査読有り]
Local thermodynamics of the water molecules around single-and double-stranded DNA studied by grid inhomogeneous solvation theory
M. Nakano, H. Tateishi-Karimata, S. Tanaka, F. Tama, O. Miyashita, S. Nakano, N. Sugimoto
Chemical Physics Letters   660 250-255   2016年   [査読有り]
G-quadruplexes with tetraethylene glycol-modified deoxythymidines are resistant to nucleases and inhibit HIV-1 reverse transcriptase
H. Tateishi-Karimata, T. Muraoka, K. Kinbara, N. Sugimoto
ChemBioChem.   17 1399-1402   2016年   [査読有り]
A reversible B-A transition of DNA duplexes induced by synthetic cationic copolymers
N. Yamaguchi, Y. Zouzumi, N. Shimada, S. Nakano, N. Sugimoto, A. Maruyama, D. Miyoshi
Chem Commun (Camb).   52 7446-7449   2016年   [査読有り]
Triplex-forming peptide nucleic acid modified with 2-aminopyridine as a new tool for ditection of A-to-I editing [Selected as a Back Cover]
T. Endoh, C. Annoni, D. Hnedzko, E. Rozners, N. Sugimoto
Chem Commun (Camb)   52 7935-7938   2016年   [査読有り]
Use of a ureido-substituted deoxycytidine module for DNA assemblies
S. Nakano, H. Oka, M. Fujii and N. Sugimoto
Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids   35 370-378   2016年   [査読有り]
Expansion of the DNA 'alphabet' beyond natural DNA recognition
H. Tateishi-Karimata and N. Sugimoto
ChemBioChem   17 1301-1303   2016年   [査読有り]
Mechanical insights into ribosomal progression overcoming RNA G-quadruplex from periodical translation suppression in cells
T. Endoh, N. Sugimoto
Sci. Rep.   6 22719   2016年   [査読有り]
Effects of trimethylamine N-oxide and urea on DNA duplex and G-quadruplex
Y. Ueda, Y. Zouzumi, A. Maruyama, S. Nakano, N. Sugimoto and D. Miyoshi
Science and Technology of Advanced Materials   17 753-759   2016年   [査読有り]
Thermal stability of RNA structures with bulky cations in mixed aqueous solutions
S. Nakano, Y. Tanino, H. Hirayama, N. Sugimoto
Biophysical Journal   111 1350-1360   2016年   [査読有り]
Novel one-tube-one-step real-time methodology for rapid transcriptomic biomarker detection: signal amplification by ternary initiation complexes
H. Fujita, Y. Kataoka, S. Tobita, M. Kuwahara, N. Sugimoto
Anal. Chem.   88 7137-7144   2016年   [査読有り]
The structural stability and catalytic activity of DNA and RNA oligonucleotides in the presence of organic solvents
S. Nakano, N. Sugimoto
Biophysical Reviews   8 11-23   2016年   [査読有り]
Real-time monitoring of G-quadruplex formation during transcription
T. Endoh, AB Rode, S. Takahashi, Y. Kataoka, M. Kuwahara, N. Sugimoto
Anal. Chem.   88 1984-1989   2016年   [査読有り]
Reevaluation of the stability of G-quadruplex structures under crowding conditions
J. Zhou, H. Tateishi-Karimata, JL Mergny, M. Cheng, Z. Feng, D. Miyoshi, N. Sugimoto, C. Li
Biochimie.   121 204-208   2016年   [査読有り]
Incorporation of O6-methylguanine restricts the conformational conversion of the human telomere G-quadruplex under molecular crowding conditions
A. Zhao, C. Zhao, H. Tateishi-Karimata, J. Ren, N. Sugimoto, X. Qu
Chem. Commum.   52 1903-1906   2016年   [査読有り]
Nucleobase-modified PNA suppresses translation by forming a triple helix with a hairpin structure in mRNA in vitro and in cells [Selected as a cover art]
T. Endoh, D. Hnedzko, E. Rozners,d N. Sugimoto
Angew. Chem. Int. Ed.   55 899-903   2016年   [査読有り]
Pressure effect on the folding of G-quadruplex DNA modified with hexaethylene glycol
S. Takahashi and N. Sugimoto
Mol. Enz. Drug Targ.   2 3   2016年   [査読有り]
Triplex-forming PNA modified with unnatural nucleobases: the role of protonation entropy in RNA binding
T. Endoh, C. Annoni, D. Hnedzko, E. Rozners, N. Sugimoto
Phys. Chem. Chem. Phys.   18 32002-32006   2016年   [査読有り]
Thermodynamic properties of water molecules in the presence of cosolute depend on DNA structure: a study using grid inhomogeneous solvation theory
M. Nakano, H. Tateishi-Karimata, S. Tanaka, F. Tama, O. Miyashita, S. Nakano, N. Sugimoto
Nucleic Acids Res.   43 10114-10125   2015年   [査読有り]
Effects of background anionic compounds on the activity of the hammerhead ribozyme in Mg(2+)-unsaturated solutions
S. Nakano, Y. Kitagawa, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
J. Biol. Inorg. Chem.   20 1049-1058   2015年   [査読有り]
Effects of cosolvents on the folding and catalytic activities of the hammerhead ribozyme
X. -B. Gu, S.Nakano, N. Sugimoto
ChemBioChem.   16 1803-1810   2015年   [査読有り]
DNA structures under molecular crowding conditions with a phosphorylcholine derivative (MPC)
Y. Ueda, T. Konno, K. Ishihara, N. Sugimoto, D. Miyoshi
Transact. Mater. Res. Soc. Japan   40 99-102   2015年   [査読有り]
Rational design and tuning of functional RNA switch to control an allosteric intermolecular interaction
T. Endoh and N. Sugimoto
Anal. Chem.   87 7628-7635   2015年   [査読有り]
Loop nucleotides impact the stability of intrastrand i-motif structures at neutral pH
T. Fujii and N. Sugimoto
Phys. Chem. Chem. Phys.   17 16719-16722   2015年   [査読有り]
i-motifs are more stable than G-quadruplexes in a hydrated ionic liquid
H. Tateishi-Karimata, M. Nakano, S. Pramanik, S. Tanaka, and N. Sugimoto
Chem. Commun.   51 6909-6912   2015年   [査読有り]
DNA sensor's selectivity enhancement and protection from contaminating nucleases due to a hydrated ionic liquid
H. Tateishi-Karimata, S. Pramanik, and N. Sugimoto
Analyst   140 4393-4398   2015年   [査読有り]
A mRNA-responsive G-quadruplex-based drug release system.
H. Yaku, T. Murashima, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
Sensors   15 9388-9403   2015年   [査読有り]
Control of guanine-rich DNA secondary structures depending on the protease activity using a designed PNA peptide
K. Usui, A. Okada, K. Kobayashi, N. Sugimoto
Org. Biomol.Chem.   13 2022-2025   2015年   [査読有り]
Tuning Riboswitch-mediated Gene Regulation via Rational Control of Aptamer Ligand Binding Properties
A.B. Rode, T. Endoh, N. Sugimoto
Angew. Chem. Int. Ed.   54 905-909   2015年   [査読有り]
Structural foundation for DNA behavior in hydrated ionic liquid: An NMR study
M. Marušič, H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto, and J. Plavec
Biochimie   108 169-177   2015年   [査読有り]
Choline ions stabilize A-T base pairs by fitting into minor groove
M. Nakano, H. Tateishi-Karimata, S. Tanaka, and N. Sugimoto
JPS Conf. Proc.   5 011008   2015年   [査読有り]
DNA G-quadruplex detection system employing a protein fibril ligand
R. Maeda, H. Yaku, T. Nakabayashi, T. Murashima, N. Sugimoto, N. Ohta, D. Miyoshi
Telomere and Telomerase.   2    2015年   [査読有り]
Pressure-dependent formation of i-motif and G-quadruplex DNA structures
S. Takahashi and N. Sugimoto
Phys. Chem. Chem. Phys.   17 31004-31010   2015年   [査読有り]
Key tertiary interactions in FMN riboswitch aptamers required for ligand binding [Highlighted as a Selected Paper]
A.B. Rode, T. Endoh, and N. Sugimoto
Bull. Chem. Soc. Jpn.   88 946-948   2015年   [査読有り]
Regulation of transcription and translation by quadruplex structure of nucleic acids and its stabilizers
N. Sugimoto
Bull.Jpn.Soc.Coord.Chem.   65 23-29   2015年   [査読有り]
Methyl substitution regulates the enantioselectivity of supramolecular complex binding to human telomeric G-Quadruplex DNA
N. Sugimoto
Chem. Eur. J.   20 16467-16472   2014年   [査読有り]
Organelle-Mimicking Liposome Dissociates G-quadruplexes and Facilitates Transcription
N. Sugimoto
Nucleic Acids Research   42 12949-12959   2014年   [査読有り]
Structure, stability and behavior of nucleic acids in ionic liquids
N. Sugimoto
Nucleic Acids Research   42 8831-8844   2014年   [査読有り]
Drastic stabilization of parallel DNA hybridizations by a polylysine com-type copolymer with hydrophilic graft chain
N. Sugimoto
ChemMedChem   Sep;9 2156-2163   2014年   [査読有り]
Aptamer-Based Universal Fluorometric Sensors Based on Allosteric Modulation of RNA-Peptide Interactions
N. Sugimoto
ChemMedChem   Sep;9 2045-2048   2014年   [査読有り]
Dangling ends perturb the stability of RNA duplex responsive to surrounding condition
N. Sugimoto
ChemMedChem   Sep;9 2150-2155   2014年   [査読有り]
Roles of the amino group of purine bases in the thermodynamic stability of DNA base paring
N. Sugimoto
Molecules   19 11613-11627   2014年   [査読有り]
The affinity of molecular ions for DNA structures is determined by solvent accessible surface area
M. Nakano, H. Tateishi-Karimata, S. Tanaka, and N. Sugimoto
J. Phys. Chem. B   118 9583-9594   2014年   [査読有り]
In vitro assays predicting of telomerase inhibitory effect of G-quadruplex ligands in cell nuclei
H. Yaku, T. Murashima, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
J. Phys. Chem. B.   118 2605-2614   2014年   [査読有り]
Effects of Molecular Crowding on the Structures, Interactions, and Functions of Nucleic Acids
T. Fujimoto, S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
Chem.Rev.   114 2733-2758   2014年   [査読有り]
New insights into transcription fidelity : thermal stability of non-cononical structures in template DNA regulates transcriptional arrest, pause, and slippage
H. Tateishi-Karimata, N. Isono, and N. Sugimoto
PLoS ONE, DOI:10.1371   9 e90580   2014年   [査読有り]
Choline ion interactions with DNA atoms explain unique stabilization of A-T base pairs in DNA duplexes: A microscopic view
M. Nakano, H. Tateishi-Karimata, S. Tanaka, and N. Sugimoto
J. Phys. Chem. B.   118 379-389   2014年   [査読有り]
Reduced Graphene Oxide Upconversion Nanoparticle Hybrid for Electrochemiluminescent Sensing of a Prognostic Indicator in Early-Stage Cancer
L. Wu, J. Wang, M. Yin, J. Ren, D. Miyoshi, N. Sugimoto, and X. Qu
Small   10 330-336   2014年   [査読有り]
Comparable stability of Hoogsteen and Watson-Crick base pairs in ionic liquid choline dihydrogen phosphate
H. Tateishi-karimata, M. Nakano, and N. Sugimoto
Sci. Rep.   4 3593   2014年   [査読有り]
Effect of pressure on the stability of G-quadruplex DNA: Thermodynamics under crowding conditions
S. Takahashi and N. Sugimoto
Angew. Chem. Int. Ed.   52 13774-13778   2013年   [査読有り]
Unusual-1 ribosomal frameshift cused by statble RNA G-quadruplex in open reading frame
T. Endoh, and N. Sugimoto
Anal. Chem.   85 11435-11439   2013年   [査読有り]
Dissecting the contribution of thrombin exosite I in the recognition of thrombin binding aptamer
A. Pica, I. R. Krauss, A. Merlino, S. Nagatoishi, N. Sugimoto, and F. Sica
FEBS J.   280 6581-6588   2013年   [査読有り]
Study on Effects of Molecular Crowding on G-quadruplex-ligand Binding and Ligand-mediated Telomerase Inhibition
H. Yaku, T. Murashima, H. Tateishi-Karimata, S. Nakano, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
METHODS   64 19-27   2013年   [査読有り]
Translational halt during elongation caused by G-quadruplex formed by mRNA
T. Endoh, Y. Kawasaki, and N. Sugimoto
Methods   64 73-78   2013年   [査読有り]
Conformational changes of the phenyl and naphthyl isocyanate-DNA adducts during DNA replication and by minor groove binding molecules
S. Nakano, Y. Uotani, Y. Sato, H. Oka, M. Fujii, and N. Sugimoto
Nucleic Acids Res   41 8581-8590   2013年   [査読有り]
Real-time monitoring of DNA hybridization kinetics at living cell surfaces
A. B. Rode, T. Endoh, H. Tateishi-Karimata, S. Takahashi, and N. Sugimoto
Chem. Commun.   49 8444-8446   2013年   [査読有り]
Sequence and Solvent Effects on Telomeric DNA Bimolecular G-Quadruplex Folding Kinetics
A. Marchand, R. Ferreira, H. Tateishi-Karimata, D. Miyoshi, N. Sugimoto, and V. Gabelica
J. Phys. Chem. B   117 12391-12401   2013年   [査読有り]
A highly sensitive telomerase activity assay that eliminates false-negative results caused by PCR inhibitors
H. Yaku, T. Murashima, D. Miyoshi, and N. Sugimoto
Molecules   18 11751-11767   2013年   [査読有り]
Structural and Affinity Analyses of G-Quadruplex DNA Aptamers for Camptothecin Derivatives
H. Fujita, Y. Imaizumi, Y. Kasahara, S. Kitadume, H. Ozaki, M. Kuwahara, and
Pharmaceuticals   6 1082-1093   2013年   [査読有り]
Stability of RNA quadruplex in open reading frame determines proteolysis of human estrogen receptor α
T. Endoh, Y. Kawasaki, and N. Sugimoto
Nucleic. Acids Research   41 6222-6231   2013年   [査読有り]
Efficacy of Base-modification on Target Binding of Small Molecule DNA Aptamers
Y. Imaizumi, Y. Kasahara, H. Fujita, S. Kitadume, H. Ozaki, T. Endoh, M. Kuwahara, and N. Sugimoto
J. Am. Chem. Soc., 135, 9412-9419 (2013)   135 9412-9419   2013年   [査読有り]
Multiple and cooperative binding of fluorescence light-up probe Thioflavin T with human telomere DNA G-quadruplex
V. Gabelica, R. Maeda, T. Fujimoto, H. Yaku, T. Murashima, N. Sugimoto, and D.
Biochemistry, 52, 5620-5628   52 5620-5628   2013年   [査読有り]
Control of stability and structure of nucleic acids using cosolutes
H. Tateishi-Karimata and N. Sugimoto
Methods   67 151-158   2013年   [査読有り]
Suppression of Gene Expression by G-quadruplexes in Open Reading Frames Depends on G-quadruplex Stability
T. Endoh, Y. Kawasaki, and N. Sugimoto
Angew. Chem. Int. Ed.   52 5522-5526   2013年   [査読有り]
Selection of RNAs for Constructing Lighting-UP Biomolecular Switches in Response to Specific Small Molecules
T. Endoh and N. Sugimoto
PLoS ONE, 8(3), e60222   8    2013年   [査読有り]
Thermodynamics - Hydration Relationships within Loops that Affect G-Quadruplexes under Molecular Crowding Conditions
T. Fujimoto, S. Nakano, N. Sugimoto, and D. Miyoshi
J. Phys. Chem. B (Highlighted as the cover)   117 963-972   2013年   [査読有り]
Construction of Artificial Peptides for Control of DNA G-quadruplex Structures Depending on Protease Activity toward Regulation of Protein Expression
A. Okada, K. Usui, M. Taniguchi, K. Kobayashi, and N. Sugimoto
Peptide Science   2012 285-276   2013年   [査読有り]

Misc

 
分子クラウディングワールドークラウディングによる疾患や分子進化の化学的制御
高橋俊太郎、杉本直己
化学(化学同人)   72 12-17   2017年
特集/ケミカルバイオロジーの新展開「水和イオン液体を使って核酸の機能を制御する」
N. Sugimoto
化学工業   67 641-646   2016年
核酸化学が面白い To B, or not to B
N. Sugimoto
化学と工業   69 1058-1060   2016年
先制医薬学における核酸の非二重らせん構造の役割
N. Sugimoto
Antisense(学術・技術トピックス アンチセンス研究入門)   18 7-19   2014年
RNAとタンパク質で発光する分子センサーの開発
N. Sugimoto
工業材料 in press      2014年
Effect of pressure on thermal stability of G-quadruplex DNA and double-stranded DNA structures
N. Sugimoto
Molecules   18 13297-13319   2013年
Peptide-DNA hybrid G-quadruplex structures for regulation of protein expression depending on protease activity
N. Sugimoto
Peptides   2013 180   2013年
Quantitative Analyses of Nucleic Acid Stability under the Molecular Crowding Condition Induced by Cosolutes
N. Sugimoto
Current Protocols in Nucleic Acid Chemistry   7    2013年
Phthalocyanines: a new class of G-quadruplex-ligands with many potential applications
N. Sugimoto
Chem. Commun.   48 6203-6216   2012年
Specific Binding of Anionic Porphyrin and Phthalocyanine to the G-quadruplex with a variety of in vitro and in vivo applications
N. Sugimoto
Molecules   17 10586-10613   2012年
遺伝子制御を可能にするRNAの構造スイッチ
N. Sugimoto
ファルマシア(日本薬学会),   47 140-150   2011年
ポストゲノム時代の生命化学と次世代スパコン
N. Sugimoto
化学   66 31-33   2011年
Effects of protein binding on DNA G-quadruplex structures
N. Sugimoto
IREBIC   2 129-134   2011年
グラフェンを用いたバイオセンサー
N. Sugimoto
化学   66 30-35   2011年
見て・読んで納得!「DNAとは何か」
N. Sugimoto
Newton   11 18-59   2011年
PRAMANIK Smritimoy, NAKAMURA Kaori, USUI Kenji, NAKANO Shu‐ichi, SAXENA Sarika, MATSUI Jun, MIYOSHI Daisuke, SUGIMOTO Naoki
Chem. Commun.   47(10) 2790-2792   2011年
Comparative thermodynamic analysis of RNA-protein interaction on surface and in solution
N. Sugimoto
Proc. 37th Intl. Symp. Nucleic Acids Chemistry   276-277   2010年
廃棄性サケ白子DNAの有効活用によるDNAプロテクターの創製
N. Sugimoto
バイオインダストリー   27 71-77   2010年
DNAの働きを制御する環境 -分子クラウディングによる空間概念-
N. Sugimoto
現代化学   471 26-30   2010年
タンパク質の合成を制御する環境 -分子クラウディングによる時間概念-
N. Sugimoto
現代化学   472 26-31   2010年
チャレンジロード−「機能性核酸の秘密に迫る」
N. Sugimoto
未来材料   10 60-64   2010年
Molecular evolution of functional Nucleic Acids with chemical modifications
N. Sugimoto
Molecules   15 5423-5444   2010年
RAJENDRAN Arivazhagan, NAKANO Shu‐ichi, SUGIMOTO Naoki
Chem.Commun.   46(8) 1299-1301   2010年
Construction of detection system for amyloid beta peptide localization and aggregation using fluorescent and luminescent fusion proteins
Peptide Science 2009   111-112   2010年
生体シグナル解析用の機能性核酸センサーの定量的デザイン
シングルセル解析の最前線   9-16   2010年
Effect of LNA modification on the thermal stability of non-canonical DNA structures
N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp. Ser.   54 172-173   2010年
Unpaired region affecting hydration state of duplex
N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp. Ser. (Oxf).   54 210-211   2010年
Roles of Anionic Functional Groups in G-quadruplex-ligands for Efficient Telomerase Inhibition
N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp. Ser. (Oxf).   54 148-149   2010年
DNAチップの基礎 ハイブリダイゼーション
バイオチップ実用化ハンドブック      2010年
生体シグナル解析用の機能性核酸センサーの定量的デザイン
シングルセル解析の最前線   9-16   2010年
チャレンジロード「機能性拡散の秘密に迫る」
未来材料(エヌ・ティー・エス)      2010年
化学ツールとしての分子クラウディングの活用
化学フロンティア22 生命現象を理解する分子ツール(化学同人)   31-33   2010年
SASAKI Yoshiharu, SASAKI Yoshiharu, MIYOSHI Daisuke, SUGIMOTO Naoki
Applied Biochem. Biotech.   160(8) 2458-2466   2010年
RAJENDRAN Arivazhagan, NAKANO Shu‐ichi, SUGIMOTO Naoki
Chem. Commun.   46(8) 1299-1301   2010年
ZHANG Dong‐Hao, FUJIMOTO Takeshi, SAXENA Sarika, YU Hai‐Qing, MIYOSHI Daisuke, SUGIMOTO Naoki
Biochemisry   49(21) 4554-4563   2010年
Construction of detection system for amyloid beta peptide localization and aggregation using fluorescent and luminescent fusion proteins
Peptide Science   2009 111-112   2010年
Anionic phthalocyanines Targeting G-quadruplexes and Inhibiting Telomerase Activity in the Presence of Excessive DNA Duplexes
Chem. Commun.   46 5740 – 5742   2010年
SAXENA Sarika, MIYOSHI Daisuke, MIYOSHI Daisuke, SUGIMOTO Naoki, SUGIMOTO Naoki
Biochemistry   49(33) 7190-7201   2010年
DUTTA Kakoli, FUJIMOTO Takeshi, INOUE Mamiko, MIYOSHI Daisuke, SUGIMOTO Naoki
Chem Commun.   46(41) 7772-7774   2010年
Stacking interaction in the middle and at the end of a DNA helix studied with non-natural nucleotides
Mol. Biosys.   6 2023-2029   2010年
WANG Xiaohui, WANG Chunyan, QU Konggang, SONG Yujun, REN Jinsong, MIYOSHI Daisuke, SUGIMOTO Naoki, QU Xiaogang
Advanced Functional Materials   20(22) 3967-3971   2010年
WANG Xiaohui, GENG Jie, MIYOSHI Daisuke, REN Jinsong, SUGIMOTO Naoki, QU Xiaogang
Biosens. Bioelectron.   26(2) 743-747   2010年
Investigations of the cation binding to nucleotides by monitoring the hairpin-duplex equilibrium of a self-complementary sequence
N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp. Ser.   53 229-230   2009年
Chapter 8, Energy of Nucleic Acid Self-Assemblies:From Sequence to Function through Structure (Bottom-up Nanofabrication:Supramolecules
N. Sugimoto
Self-Assemblies,and Organized Films   3 191-215   2009年
Cu(?) ion inhibits early stages of amyloid β fibril formation in vitro
N. Sugimoto
J. Biol. Inorg. Chem.   1 118   2009年
N. Sugimoto
Bull. Chem. Coc. Jpn.   82(1) 1-10   2009年
「核酸アプタマー」のケミカル・ルネサンス “知る”から“活かす”への生命化学の新しい発想
N. Sugimoto
化学   64(64) 44-49   2009年
RNAスイッチを用いた微生物のタンパク質合成技術の開発と応用
N. Sugimoto
バイオインダストリー   26(82) 66-72   2009年
DNA junction structure stabilized by molecular crowding conditions
N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp.Ser.   53 59-60   2009年
Thermal stability and hydration state of DNA G-quadruplex regulated by loop regions
N. Sugimoto
Nucleic Acids Symp. Ser.   53 237-238   2009年

書籍等出版物

 
生体分子化学 基礎から応用まで
杉本 直己
講談社   2017年1月   
Effect of ionic liquid and liposomes on the structure, stability, and function of nucleic acids
Chemical Biology of Nucleic Acids: Fundamentals and Clinical Applications (Springer)   2014年5月   
Noncanonical structures and their thermodynamics of DNA and RNA under molecular crowing: beyond the Watson-Crick double helix
杉本 直己
International Review of Cell and Molecular Biology (Elsevier)   2014年   
高圧下での核酸の挙動
杉本 直己 (担当:共著)
CSJカレントレビュー 極限環境の生命化学(化学同人)   2014年   
Chapter 5, Molecular crowding and hydration regulating of G-quadruplex formation
杉本 直己 (担当:共著)
Quadruplex Nucleic Acids (Springer)   2013年   
Chapter 8 Nucleic acid aptamers as molecular tags for omics analyses involving sequencing
杉本 直己 (担当:共著)
DNA SEQUENCING, METHODS AND APPLICATIONS (InTech)   2012年   
新しい薬学辞典
杉本 直己 (担当:共著)
A12 核酸医薬(朝倉書店)   2012年   
細胞内核酸化学 ここまで進んだバイオセンシング・イメージング 1分子から細胞,脳まで
杉本 直己 (担当:共著)
CSJカレントレビュー(化学同人)   2012年   
シグナル解析を目指した機能性核酸の構築-ライフサーベイヤ構築に向けて-
杉本 直己
シーエムシー出版   2012年   
核酸化学の定量的基礎と仮説
杉本 直己
CSJカレントレビュー 核酸化学のニュートレンド(化学同人,日本化学会編)   2011年   
G-quartet, G-quadruplex, and G-wire regulated by chemical stimuli
杉本 直己 (担当:共著)
DNA Nanotechnology (Methods in Molecular Biology series) (Springer)   2011年   
DNAチップの基礎 ハイブリダイゼーション
杉本 直己 (担当:共著)
バイオチップ実用化ハンドブック (エヌ・ティー・エス)   2010年   
生体シグナル解析用の機能性核酸センサーの定量的デザイン
杉本 直己 (担当:共著)
シングルセル解析の最前線 (シーエムシー出版)   2010年   
化学ツールとしての分子クラウディングの活用
杉本 直己 (担当:共著)
化学フロンティア22 生命現象を理解する分子ツール (化学同人)   2010年   
セントラルドグマに学ぶセントラルドグマの制御方法
杉本 直己 (担当:共著)
核酸医薬の最前線 (シーエムシー出版)   2009年   
機能性核酸のテーラーメード設計
杉本 直己 (担当:共著)
超分子サイエンス&テクノロジー(エヌ・ティー・エス)   2009年   
生命化学
丸善   2007年   ISBN:978-4-621-07907-2
2.7)リボザイム
杉本 直己 (担当:共著)
生物物理学ハンドブック(朝倉書店)   2007年   
核酸超分子と分子認識
杉本 直己 (担当:共著)
分子認識と超分子(三共出版)   2007年   
5) 天然高分子 核酸 エネルギーデータに基づく核酸医薬の設計
杉本 直己
絵で見てわかるナノDDS 遺伝子医学MOOK別冊(メディカルドゥ)   2007年   
Quantum Dot-量子ドット
杉本 直己 (担当:共著)
実験がうまくいく 蛍光・発光試薬の選び方と使い方(羊土社)   2007年   
Use of the polymorphic nature of high-order DNA structures for the design of dynamic and functional nanodevices
杉本 直己
Recent Devel, Nucleic Acids Res. (Transworld Research Network)   2006年   
デザイナブル核酸修飾
杉本 直己 (担当:共著)
ウィルスを用いない遺伝子法の材料、技術、方法論の新たな展開、遺伝子医学MOOK5 (メディカルドゥ)   2006年   
シグナル解析を目指した機能性核酸の構築
杉本 直己
-細胞定量解析の最前線-ライフサーベイヤ構築に向けて-(シーエムシー出版)   2006年   
細胞ナノエンジニアリング
杉本 直己
化学フロンティア13,ナノバイオエンジニアリング (化学同人)   2004年   
フォトバイオエンジニアリング
杉本 直己 (担当:共著)
化学フロンティア13,ナノバイオエンジニアリング(化学同人)   2004年   
生命分子間認識を解明するには、ラショナル法でいくべきかランダム法でいくべきか? それが問題だ
杉本 直己
先端化学シリーズⅢ 糖鎖/バイオマテリアル/分子認識/バイオインフォマティクス(丸善)   2003年   
2章 核酸の相互作用
杉本 直己 (担当:共著)
化学フロンティア5 生命化学のニューセントラルドグマ テーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの(化学同人)   2002年   
5章 機能性核酸
杉本 直己 (担当:共著)
化学フロンティア5 生命化学のニューセントラルドグマ テーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの(化学同人)   2002年   
10章 タンパク質の構造・機能化学
杉本 直己 (担当:共著)
化学フロンティア5 生命化学のニューセントラルドグマ テーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの(化学同人)   2002年   
25章 生命分子と表面プラズモン効果
杉本 直己 (担当:共著)
化学フロンティア5 生命化学のニューセントラルドグマ テーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの(化学同人)   2002年   
遺伝子化学
杉本 直己
化学同人   2002年   
ゲノム化学とSNPs解析 化学の果たす役割
杉本 直己 (担当:共著)
別冊化学, ヒトゲノム最前線21世紀は遺伝子の時代(化学同人)   2001年   
遺伝子とバイオテクノロジー
丸善   1999年   
バイオテクノロジー-新しいタイプの酵素RNA酵素(リボザイム).
化学便覧 応用化学編(丸善)   1994年   
バイオテクノロジー-リボザイム反応の解析
新生化学実験講座(東京化学同人)   1993年   
Improved parameters for prediction of RNA secondary structure and insights into why RNA forms double helixes
杉本 直己 (担当:共著)
Structure and Dynamics of RNA (P. H. Van Kinppenberg and C. W. Hibers, Eds.)   1986年   

講演・口頭発表等

 
共溶質存在下におけるDNA水和水の熱力学的性質の解析
中野美紀, 建石寿枝,田中成典、Tama Florence,宮下治、杉本直己
第31回分子シミュレーション討論会   2017年11月29日   
Effect of noncanonical DNA structures on DNA polymerase
SUGIMOTO Naoki
The Second A3 Roundtable Meeting on Asia Chemical Probe Research Hub   2017年11月25日   
水和イオン液体中で機能するDNAセンサー
建石寿枝, 杉本直己
第8回イオン液体討論会   2017年11月23日   
核酸化学における“To B or not to B” [招待有り]
杉本 直己
平成29年度富山大学生命融合科学教育学部シンポジウム“ライフサイエンスを開拓先導する分子科学”   2017年11月10日   
核酸化学における”To B or not to B" [招待有り]
杉本 直己
第15回公開セミナー(Chemical Biology), 群馬大学大学院理工学府   2017年11月6日   
Transcriptional regulation by DNA structural changes responsive chemical environments in cells during tumor progression [招待有り]
H. Tateishi-Kartimata, N. Sugimoto
Advances in Noncanonical Nucleic Acids 2017 “ ANNA2017”   2017年10月27日   
“To B or not to B” in Nucleic Acids Chemistry [招待有り]
SUGIMOTO Naoki
Advances in Noncanonical Nucleic Acids 2017 “ ANNA2017”   2017年10月27日   
Non-canonical DNA and RNA in Gene Expressions
SUGIMOTO Naoki
Mini-Symposium on Nucleic Acid Chemistry, Pohang University of Science and Technology   2017年10月13日   
Function of Non-canonical Nucleic Acids
SUGIMOTO Naoki
2017 SKKU International Symposium on Molecular Medicine Current Progress in Nucleic Acid Research and Application   2017年10月12日   
Dynamic Aptamers as New Pharmaceutical Targets
A. B. Rode, T. Endoh, and N. Sugimoto
APTAMERS2017   2017年9月22日   
塩基損傷を受けたグアニン四重鎖DNAの検出と構造制御を誘導するリガンド複合型核酸マテリアルの創製
高橋 俊太郎, Kim Byeang Hyean, 杉本 直己
第66回高分子討論会   2017年9月20日   
Beyond the Watson-Crick Double Helix:Make New History of Nucleic Acids (5)
Naoki Sugimoto
A3RONA2017   2017年9月16日   
DNA 四重鎖構造の安定化リガンドとしての修飾クロロフィル類の合成と機能評価
永野 泰伸・遠藤 玉樹・小笠原 伸・杉本 直己・民秋 均
第11回バイオ関連化学シンポジウム   2017年9月7日   
グアニン四重らせん構造選択的化合物のスクリーニングおよび機能解析
今川 佳樹, 小畠 一起, 寺田 康介, 前田 龍一, 中野 修一, 杉本 直己, 三好 大輔
第11回バイオ関連化学シンポジウム   2017年9月7日   
細胞内模倣環境における核酸と蛋白質の非特異的な相互作用の評価
堀田 政夫, 森本 隆太, 中井 大樹, 杉本 直己, 中野 修一
第11回バイオ関連化学シンポジウム   2017年9月7日   
ハイスループット解析による核酸と生体低分子の相互作用評価
田辺 和也, 三好 大輔, 杉本 直己, 中野 修一
第11回バイオ関連化学シンポジウム   2017年9月7日   
ヒストン模倣高分子のエピジェネティック修飾による DNA との結合親和性への影響
造住 有輝, 山口 野乃花, 嶋田 直彦, 杉本 直己, 丸山 厚, 三好 大輔
第11回バイオ関連化学シンポジウム   2017年9月7日   
酸化損傷したグアニン四重鎖の検出と四重鎖形成制御,
高橋 俊太郎, Kim Byeang Hyean, Podbevsek Peter, Plavec Janez, 杉本 直己
第11回バイオ関連化学シンポジウム   2017年9月7日   
癌関連遺伝子群の mRNA 上における転写反応と共役した二次構造と四重鎖構造の競合
遠藤 玉樹, RODE Ambadas, 杉本 直己
第11回バイオ関連化学シンポジウム   2017年9月7日   
Molecular Crowding Effect on the Stability, Topology and Function of Nucleic Acids:To B or not to B
N. Sugimoto
The 7th Cambridge Symposium on Nucleic Acids Chemistry and Biology   2017年9月2日   
Nanobioengineering of Non-canonical DNA and RNA [招待有り]
Naoki. Sugimoto
The 6th International Conference on DNA Nanotechnology   2017年8月28日   
Non-canonical Nucleic Acids [招待有り]
Naoki Sugimoto
DNA assembly and nanotechnology   2017年8月25日   
Regulation of Gene Expressions by Non-canonical DNA and RNA
Naoki Sugimoto
First Conference on Biomotors, Virus Assembly, and Nanobiotechnology Applications   2017年8月17日   
Replication control by topologies of non-canonical DNA structures
S. Takahashi, N. Sugimoto
FIBER国際核酸サミット2017(FISNA 2017)   2017年7月20日   
The role of non-canonical DNA structures in the replication
S. Takahashi, N. Sugimoto
Gordon Research Conference Nucleosides, Nucleotides & Oligonucleotides (NNO)   2017年6月25日   
Non-canonical World of Nucleic Acids under Molecular Crowding [招待有り]
XVIIth Symposium on Chemistry of Nucleic Acid Components "SCNAC2107   2017年6月5日   
New Targets of Pharmaceutical Drugs: Non-canonical DNA and RNA
6th International Meeting on Quadruplex Nucleic Acids "G4thering   2017年6月1日   
tRNA enhances the oncogene expression through modulation of Hairpin-G-quadruplex conformational equilibrium in RNA
International workshop “Trends in Nucleic Acid (TINA)”   2017年3月   
転写・翻訳反応の教材模型の開発と活用
三村かおり, 藤田真梨子, 梅﨑瞭, 建石寿枝, 髙橋俊太郎, 遠藤玉樹, 藤井大雅, 杉本直己
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
Non-canonical Nucleic Acids [招待有り]
杉本 直己
International workshop“Trends in Nucleic Acid (TINA)”   2017年3月   
分子夾雑での遺伝子の機能とその制御
杉本 直己
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix(28): A non-coding tRNA regulates functionaly important G-quadruplex-hairpin conformational equilibria in RNA
A. B. Rode, T. Endoh, N. Sugimoto
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (30): Cyclic naphthalene diimideによるDNA四重鎖の安定化メカニズムの解明
大山 達也, 建石 寿枝, 高橋 俊太郎, 佐藤 しのぶ, 田中 成典, 竹中 繁織, 杉本 直己
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (31): The C-rich sequence in non-template strand determines the structure of G-rich template strand during transcription
Y. Teng, H. Tateishi-Karimata, N. Sugimoto
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (32): Relationship of malignant alteration in cancer cells and the transcript mutations via DNA G-quadruplex formation
H. Tateishi-Karimata, K. Kawauchi, N. Sugimoto
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (33): mRNAの形成する四重らせん構造を標的とした亜鉛フタロシアニンによる光切断
村田 耕平, 杉本 渉, 高木 一樹, 杉本 直己, 川内 敬子, 三好 大輔
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (34): ヒトテロメアDNAを標的としたリガンドスクリーニングシステムの構築
今川 佳樹, 小畠 一起, 寺田 康介, 前田 龍一,杉本 直己, 三好 大輔
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (35): 細胞核内の化学模倣環境におけるDNA構造と熱安定性
造住 有輝, 山口 野乃花, 嶋田 直彦, 杉本 直己, 丸山 厚
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
脱ワトソン・クリックの核酸化学 (36): 嵩高いカチオン性物質共存下における核酸の構造安定性
森本隆太, 中井大樹, 鮎沢隼哉, 谷野裕一, 杉本直己, 中野修一
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
Nucleic Acids Chemistry beyond the Watson-Crick Double Helix (29) : Analysis of structural dynamics of RNA aptamer using high pressure
S. Takahashi, T. Endoh, A.B. Rode, N. Sugimoto
日本化学会第97回春季年会   2017年3月   
Topology of non-canonical DNA structures: the role for replication
N.Sugimoto
Gordon Research Conference RNA Nanotechnology   2017年1月   
New Targets of Pharmaceutical Products; G-quadruplexes of DNA and RNA
N. Sugimoto
第8回武田科学振興財団薬化学シンポジウム   2016年   
医薬品の新しい標的:核酸のG-カルテット
杉本 直己
バイオ技術に関するアジアワークショップ   2016年   
核酸医薬の新しい標的
杉本 直己
生体分子素子技術を礎とするメディカル・バイオ研究の最先端シンポジウム   2016年   
生体分子を含んだクラウディング環境がDNAに与える安定性変化のメカニズム
中井大樹、山口大輔、杉本直己、中野修一
日本化学会第96春季年会(2016)   2016年   
脱ワトソン・クリックの核酸化学(26): カチオン性高分子によるDNA二重鎖の可逆的B-A構造遷移の誘起
山口野乃花、嶋田直彦、中野修一、杉本直己、丸山厚、三好大輔
日本化学会第96春季年会(2016)   2016年   
脱ワトソン・クリックの核酸化学(25): ヒストンテールペプチドとDNAとの結合親和性に対するエピジェネテック化学修飾の影響
東田崇、村田耕平、杉本直己、三好大輔
日本化学会第96春季年会(2016)   2016年   
脱ワトソン・クリックの核酸化学(24): 蛍光プローブを用いたスクリーニングシステムによるDNA四重らせん構造リガンドの新規構造モチーフの探索
寺田康介、今川佳樹、前田龍一、杉本直己、三好大輔
日本化学会第96春季年会(2016)   2016年   
脱ワトソン・クリックの核酸化学(23): アニオン性フタロシアニンによるがん関連遺伝子内の四重らせん構造の特異的光切断
村田耕平、松野仁志、小川圭祐、杉本直己、三好大輔
日本化学会第96春季年会(2016)   2016年   
脱ワトソン・クリックの核酸化学(22): 二次構造を形成したDNAとグラフェン酸化物の吸着挙動の解明
上田侑美、造住有輝、杉本直己、三好大輔
日本化学会第96春季年会(2016)   2016年   
脱ワトソン・クリックの核酸化学(21): テトラエチレングリコールによるDNA四重鎖の安定化メカニズムの解明
大山達也、建石寿枝、田中成典、村岡貴博、金原数、杉本直己
日本化学会第96春季年会(2016)   2016年   
mRNA が形成する四重らせん構造を狙った分子標的型光線力学療法
村田耕平、松野仁志、杉本渉、川内敬子、杉本直己、三好大輔
日本ケミカルバイオロジー学会 第11回年会   2016年   
Beyond the Watson-Crick DNA World: Functions of nucleic acids with non-canonical structures and their regulations
Naoki Sugimoto
第53回化学関連支部合同九州大会   2016年   
核酸の非標準構造を標的とした先制核酸医工学
杉本直己
第10回バイオ関連化学シンポジウム   2016年   
亜鉛フタロシアニンによるがん関連mRNAの光切断
村田耕平、杉本渉、高木一樹、松野仁志、杉本直己、川内敬子、三好大輔
第10回バイオ関連化学シンポジウム   2016年   
がん化による細胞内の化学環境の変化がc-Myc遺伝子上のグアニンリッチ配列の転写に及ぼす影響
建石寿枝、川内敬子、杉本直己
第10回バイオ関連化学シンポジウム   2016年   
RNA酵素の活性を向上させる方法の開発
山下博史、小林未来、田辺和也、杉本直己、中野修一
第10回バイオ関連化学シンポジウム   2016年   
グラフェン酸化物-DNAバイオセンサーの検出感度に対するDNA構造の効果
造住有輝、坂下祐介、上田侑美、杉本直己、三好大輔
第10回バイオ関連化学シンポジウム   2016年   
がん関連遺伝子のグアニン四重鎖構造に対する酸化損傷の影響
高橋俊太郎、Podbevsek Peter、藤井大雅、Plavec Janez、杉本直己
第10回バイオ関連化学シンポジウム   2016年   
PNA-RNA三重鎖の速度論的、熱力学的バラメータに対するpHの影響
遠藤玉樹、Annoni Chiara、Hnedzko Dziyama、Rozners Eriks、杉本直己
第10回バイオ関連化学シンポジウム   2016年   
テトラエチレングリコール修飾によるDNA四重鎖の安定化機構の解明
大山達也、建石寿枝、田中成典、村岡貴博、金原数、杉本直己
第10回分子科学討論会   2016年   
核酸非標準構造のトポロジーを活用した酵素反応の制御
高橋俊太郎、杉本直己
第65回高分子討論会   2016年   
Nucleic acids with non-canonical structures
Naoki Sugimoto
国際大学院設立を目指したChemical Communication Symposium ミニプレシンポジウム&次世代メディカル・バイオ機能材料への展開を指向した生体分子素子技術の開発[B-2]ポストシンポジウム   2016年   
RNAポリメラーゼリボザイム活性のP-T依存症
高橋俊太郎、大倉裕道、杉本直己
第57回高圧討論会   2016年   
テトラエチレングリコール修飾塩基をもつ四重鎖構造を用いた逆転写反応制御
建石寿枝、大山達也、村岡貴博、Peter Podbevsek、田中成典、金原数、Janez Plavec、杉本直己
日本核酸医薬学会 第2回年会   2016年   
グアニン四重鎖をターゲットとした共有結合性リガンドによるDNA複製
高橋俊太郎、建石寿枝、佐藤憲大、鬼塚和光、永次史、杉本直己
第16回東北大学多元物質科学研究所 研究発表会   2016年   
Roles of Nucleic Acids with Non-canonical Structures
N. Sugimoto
FIBER-SLONMR symposium "Frontiers on wonderful world of nucleic acid"   2016年   
Regulation of Gene expressions Using the Formation of Non-canonical Structures of DNA and RNA
H. Tateishi-Karimata and N. Sugimoto
The Fourth Asian Chemical Biology Conference (ACBC2016)   2016年   
Stability and function of nucleic acids under molecular crowding conditions
N. Sugimoto
BIT's 7th World Gene Convention 2016   2016年   
Novel function of tRNA: A regulator of oncogenes expression through switching hairpin-G-quadruplex equilibrium
A.B. Rode, T. Endoh, N. Sugimoto
第43回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2016)   2016年   
Investigation of G-quadruplex transformation in G-rich template during transcription
Ye Teng, Hisae Tateishi-Karimata, Naoki Sugimoto
第43回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2016)   2016年   
Effects of epigenetic modifications of histone tails on transcriptional efficiency
Kohei Murata, Shu Higashida, Smritimoy Pramanik, Naoki Sugimoto, Daisuke Miyoshi
第43回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2016)   2016年   
Stabilization of A-form nucleic acid by synthetic cationic copolymers
Yu-ki Zouzumi, Nonoka Yamaguchi, Naohiko Shimada, Shu-ichi Nakano, Naoki Sugimoto, Atsushi Maruyama, Daisuke Miyoshi
第43回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2016)   2016年   
Effect of molecular crowding on the nucleotide selectivity of RNA polymerase
Hiromichi Okura, Shuntaro Takahashi, Naoki Sugimoto
第43回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2016)   2016年   
Effect of cyclic naphthalene diimide on the topology dependent replication reaction
Shuntaro Takahashi, Hiromichi Okura, Shinobu Sato, Shigeori Takenaka, Naoki Sugimoto
第43回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2016)   2016年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
A 24 mer peptide can discriminate a single-standard DNA from a double-standarded DNA Gordon Research Conforences(Nucleic Acids Section), RI, USA, July
1999年
分子レベルの生命現象(36)二重鎖DNAに導入した鏡像異性体核酸の挙動 日本化学会第76春季年会,3A601
1999年
分子レベルの生命現象(37)RNA/DNAハイブリッドのミスマッチ塩基対の安定性に及ぼすdUとdTの効果 日本化学会第76春季年会,3A602
1999年
分子レベルの生命現象(38)コンビナトリアルケミストリー法によるDNAテトラループを認識する短鎖ペプチドの選択 日本化学会第76春季年会,3A603
1999年
分子レベルの生命現象(39)各種の塩濃度条件下における核酸の二重鎖構造の安定性予測 日本化学会第76春季年会,3A607
1999年

競争的資金等の研究課題

 
特異なmRNA構造を活用した翻訳フレームシフト及び産生タンパク質機能の制御
公益財団法人長瀬科学技術振興財団: 長瀬科学技術振興財団助成金
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 杉本 直己
分子クラウディング環境を活用した遺伝子発現系で活躍する機能性分子のデザイン・開発システムの構築
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 杉本 直己
生命化学分野に関する学術動向の調査研究
文部科学省: 学術システム研究センター研究員
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 杉本 直己
ひらめき☆ときめき サイエンス~要こそ大学の研究室~KAKENHI
文部科学省: 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 杉本 直己
DNAの高次構造に注目した細胞のがん化機構の解明と化学物質のリスク評価システムの構築
社団法人 日本化学工業協会: 長期自主研究LRI
研究期間: 2008年9月 - 2011年8月    代表者: 杉本 直己
生命化学分野に関する学術動向の調査研究
文部科学省: 学術システム研究センター研究員
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 杉本 直己
ひらめき☆ときめき サイエンス~要こそ大学の研究室~KAKENHI
文部科学省: 「ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室~KAKENHI」研究成果の社会還元・普及事業
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 杉本 直己
高度診断でのニーズを満たす新規細胞組織保存液の研究開発
文部科学省: 企業研究者活用型基礎研究推進事業
研究期間: 2009年12月 - 2010年11月    代表者: 杉本 直己
目指せ分子デザイナー―DNAを学ぶ☆触る☆見る☆デザインする―
文部科学省: 「ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室~KAKENHI」研究成果の社会還元・普及事業
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 杉本 直己
DNAのヒミツ探検隊―バイオがひらく新しいナノワールド―
文部科学省: 「ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室~KAKENHI」研究成果の社会還元・普及事業
研究期間: 2008年6月 - 2009年3月    代表者: 杉本 直己
分母化学概念に基づくテーラーメード・ナノ界面の構築と制御
文部科学省: 戦略的創造研究推進事業(CREST特定課題調査)
研究期間: 2007年10月 - 2008年3月    代表者: 杉本 直己
10億分の1への旅―DNAワールドへの招待状―
文部科学省: 「ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室~KAKENHI」研究成果の社会還元・普及事業
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 杉本 直己
有用な人工生命分子創製のためのテーラーメード・バイオケミストリー
文部科学省: 私立大学学術研究高度化推進事業
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月    代表者: 杉本 直己
リボスイッチ、テロメア、リボザイム
核酸の安定性と高次構造の予測
薬物や蛋白質(ペプチド)と核酸の微視的相互作用
生命分子(核酸・タンパク質等)の物性解析
生命分子間相互作用のデータベース化
生命分子(核酸・タンパク質等)の立体構造の解明

特許

 
オリゴリボヌクレオチド/オリゴデオキシリボヌクレオチド相補塩基対構造の安定性解析方法
特許、発明者、特許出願7-124852、特許公開8-317790
三重鎖核酸の安定化方法、及び核酸三重体の形成方法
特許、発明者、特許出願9-66427、特許公開10-257889
核酸四量体の検出方法、及び核酸四量体の存在を検知、定量する方法
特許、発明者、特許出願9-66426、特許公開10-260186
ペプチド核酸の精製方法
特許、発明者、特許出願2001-200371、特許公開2003-9858
ペプチド核酸の設計方法
特許、発明者、特許出願2001-200370、特許公開2003-9876
カルシウムイオン依存性短鎖デオキシリボザイムを用いたセンサーチップ及び塩基配列検出方法
特許、発明者、特許出願2001-243392、特許公開2003-52373
固定化デオキシリボザイム
特許、発明者、特許出願2002-69930、特許公開2003-265168
変異核酸
特許、発明者、特許出願2002-69931、特許公開2003-267990
ペプチド核酸およびオリゴペプチドからなる化合物、その製造方法ならびにその用途
特許、発明者、特許出願2002-100475、特許公開2003-289871
無細胞タンパク質合成系におけるタンパク質またはペプチドの製造方法、およびこれを用いて製造したタンパク質またはペプチド
特許、発明者、特許出願2002-133209、特許公開2003-325174
pH指示薬、およびそれを用いたpH測定方法
特許、発明者、特許出願2002-281837、特許公開2004-117217、
金ナノ粒子が固定化されたインプリントポリマー
特許、発明者、特許出願2003-144271、特許公開2004-346177
環状一本鎖DNAの製造方法、および環状一本鎖DNAの製造に使用するポリヌクレオチド配列の決定方法
特許、発明者、特許出願2004-95807、特許公開2005-278465、
細胞に導入するためのポリヌクレオチドの前処理方法、ポリヌクレオチドの細胞導入方法、およびそれに用いる細胞導入用キャリアー
特許、発明者、特許出願2005-67604、特許公開2006-246787
修飾核酸鎖・金属イオン多量体
特許、発明者、特許出願2006-59056、特許公開2006-316043
修飾核酸鎖化合物
特許、発明者、特許出願2006-59203、特許公開2006-316044
分子論理素子
特許、発明者、特許出願2005-281941、特許公開2007-96627
蛍光プローブ及び蛍光検出方法
特許、発明者、特許出願2005-295246、特許公開2007-101498
標的RNAを加水分解する方法および加水分解剤
特許、発明者、特許出願2006-41055、特許公開2007-215502
遺伝子発現制御ポリヌクレオチド
特許、発明者、特許出願2006-90838、特許公開2007-259787
ヌクレアーゼ活性の促進法
特許、発明者、特許出願2006-1848 、特許公開2008-11478
核酸を用いた紫外線吸収剤
特許、発明者、特許出願2006-3222、特許公開2008-133402
プラセンタを用いた紫外線吸収剤
特許、発明者、特許出願2007-8395、特許公開2008-174475
核酸合成を促進する化合物を含む組成物およびその利用、並びに当該化合物の製造方法
特許、発明者、特許出願2007-270700、特許公開2009-96766
核酸を用いた紫外線吸収剤
特許、発明者、特許出願2008-280356、特許公開2009-275205

社会貢献活動

 
高校生向け実験講座 『FIBER リサーチカップ』
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2017年8月9日 - 2017年8月9日
同DNAから性質の異なるタンパク質を作ろう!
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  ひらめき☆ときめきサイエンス  2017年7月29日 - 2017年7月29日
高校生向け実験講座 『FIBER リサーチカップ』
【講師, 運営参加・支援】  2017年3月 - 2017年3月
「DNAから健康生活を考えてみましょう」
【講師】  公益財団法人井植記念会  垂水文化講座  2017年
『健康科学を楽しく学ぶ』
【講師】  兵庫県  ひょうご講座  2016年
新しいDNAセンサーをつくって遺伝子のヒミツを探ろう
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  ひらめき☆ときめきサイエンス  2016年
高校生向け実験講座 『FIBER リサーチカップ』
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学先端生命工学研究所  2016年
DNAの姿・カタチでタンパク質の“はたらき(活性)”を変えよう
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  ひらめき☆ときめきサイエンス  2015年
溶液環境でDNAの“カタチ”や“はたらき”を変えてみよう
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  ひらめき☆ときめきサイエンス  2014年
NanoBioCollege2014社会人向け連続講座
【講師】  甲南大学 先端生命工学研究所  2014年
遺伝暗号を解く~光で視る遺伝子からタンパク質ができるまで~
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  ひらめき☆ときめきサイエンス  2013年
人工DNAによる次世代バイオセンサー~遺伝子の情報を探れ!~
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  ひらめき☆ときめきサイエンス  2012年
NanoBioCollege2012社会人向け連続講座
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2012年
NanoBioCollege2011社会人向け連続講座
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2011年
生体分子を未来センサーとして使おう ~DNA で陽イオンを検出する~
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  ひらめき☆ときめきサイエンス  2011年
最新ノーベル賞堪能ツアー -蛍光タンパク質と光るDNA実験-
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2010年
NanoBioCollege2010社会人向け連続講座/10億分の1から無限大へ
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2010年
NanoBioCollege2010社会人向け連続講座/次世代パートナー“バイオ分子”
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2010年
NanoBioCollege2010社会人向け連続講座/FIBERから発信する最先端テクノロジー
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2010年
目指せ分子デザイナーDNAを学ぶ☆触る☆見る☆デザインする
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  ひらめき☆ときめきサイエンス  2009年
NanoBioCollege2009社会人向け連続講座/分子をコントロールしてナノバイオを創る
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2009年
NanoBioCollege2009社会人向け連続講座/生命のしくみに隠された新しい未来技術ナノバイオの基本を学ぶ
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2009年
NanoBioCollege2009社会人向け連続講座/ナノバイオで自分の設計図を読み取る
【講師, 運営参加・支援】  甲南大学 先端生命工学研究所  2009年