牟田 和恵

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/18 05:23
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
牟田 和恵
 
ムタ カズエ
通称等の別名
牟田和恵
所属
大阪大学
部署
人間科学研究科 人間科学専攻
職名
教授
学位
文学修士(京都大学), 博士(人間科学)(大阪大学)
その他の所属
大阪大学
科研費研究者番号
80201804
Twitter ID
peureka

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1989年
佐賀大学 講師
 
1989年
 - 
1991年
佐賀大学 助教授
 
1991年
 - 
2001年
甲南女子大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1987年
京都大学 文学研究科 社会学
 
 
 - 
2007年
大阪大学 人間科学研究科 
 
 
 - 
1983年
京都大学 文学部 社会学
 

委員歴

 
2013年9月
 - 
現在
大阪府  男女共同参画審議会委員
 
2012年4月
 - 
現在
日本学術振興会学術システム研究センター  専門研究員
 
2006年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2010年9月
 - 
2013年8月
日本家族社会学会  理事、学会賞選考委員長
 
2010年5月
 - 
2013年4月
関西社会学会  理事、学会誌編集委員長
 

論文

 
脱政治化される戦争---戦争の記憶をめぐるジェンダーの政治
牟田和恵
『競合するジャスティス---ローカリティ・伝統・ジェンダー』      2012年3月
Gender and the De-Politicization of War Memorialization in Japan
Muta Kazue
Gender Politics of War Memory: The Asia-Pacific and Beyond      2012年3月
Muta Kazue
Current Sociology   64(4) 620-636   2016年7月   [査読有り]
http://csi.sagepub.com/content/64/4/620.abstract
“The making of Sekuhara :the concept and politics of sexual harassment in Japan”
Muta Kazue
Center for Women’ Studies, The University of York (UK)      2009年7月   [招待有り]
CEDAW(国連女性差別撤廃委員会)勧告2009「性暴力]
牟田和恵
日本学術会議シンポジウム      2010年3月   [招待有り]

Misc

 
CEDAW勧告と性暴力
学術の動向   15巻9号36-41    2010年
CEDAW(国連女性差別撤廃委員会)勧告2009「性暴力]
日本学術会議シンポジウム      2010年
Las mujeres japonesas en el siglo XX y mas alla
Mujeres Asiatics: Cambio Social y Modernidad   pp.15-36    2006年
The Making of Sekuhara: Sexual Harassment in Japanese Culture
East Asian Sexualities: Modernity, Gender and New Sexual Cultures   52-68    2008年
New Woman Hybridities: Femininity, Feminism, and International Consumer Culture, 1880-1930   pp205-219    2004年

書籍等出版物

 
Gender Politics of War Memory: The Asia-Pacific and Beyond
Muta Kazue, Beverley Ann Yamamoto eds, Kimura Ryoko, Fujime Yuki, et al. (担当:共著)
大阪大学出版会   2012年3月   
部長、その恋愛はセクハラです!
牟田和恵
集英社   2013年6月   ISBN:978-4-08-720696-8
『家族を超える社会学---新たな生の基盤を求めて』第3章「ジェンダー家族のポリティクス
牟田和恵
新曜社   2009年12月   
『家族を超える社会学---新たな生の基盤を求めて』
牟田和恵
新曜社   2009年12月   
『競合するジャスティス---ローカリティ・伝統・ジェンダー』
牟田和恵,平沢安政,石田慎一郎,友枝敏雄,山本ベバリーアン,木村涼子,玉城福子他 (担当:共著)
大阪大学出版会   2012年3月   ISBN:9784872594041

Works

 
キャンパス・セクシュアル・ハラスメントに対する取り組みの現状と課題
2001年
非婚女性の貧困と生活不安に抗する家族のオルタナティブに関する研究
2009年

競争的資金等の研究課題

 
ジェンダー平等社会の実現に資する研究と運動の架橋とネットワーキング
日本学術振興会: 科研費(基盤B)
研究期間: 2014年4月       代表者: 牟田 和恵
家族のオルタナティブに関する研究
文部科学省: 科研費(基盤C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 牟田 和恵
近代日本の家族変動に関する歴史社会学的研究
セクシュアル・ハラスメントに関する社会学的研究
「新しい女」に関する比較社会学的研究