菅原 一幸

J-GLOBALへ         更新日: 08/08/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
菅原 一幸
 
スガハラ カズユキ
URL
http://www.kobepharma-u.ac.jp/~biochem/
所属
北海道大学
職名
教授
学位
薬学修士(京都大学), 薬学博士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1976年
 - 
1982年
シカゴ大学小児病院生化学研究室 研究員
 
1982年
 - 
1990年
京都大学薬学部生物化学教室 助手
 

学歴

 
 
 - 
1976年
京都大学 薬学研究科 生化学
 
 
 - 
1971年
京都大学 薬学部 製薬化学科
 

委員歴

 
1997年
   
 
日本糖質学会  評議員
 
1997年
   
 
日本結合組織学会  評議員
 
1994年
   
 
The New York Academy of Sciences  Active member
 

受賞

 
2002年
Honorary Doctor of Medicine (スウェーデン,ウプサラ大学)
 

Misc

 
糖鎖の細胞における運命(共著)
講談社   2,152-179    1993年
グリコサミノグリカン
細胞機能と代謝マップI.細胞の代謝・物質の動態   1 73   1997年
グリコサミノグリカン鎖の分析
細胞外マトリックス研究法-基礎知識からデーターの解釈まで   1 138   1998年
蛋白質核酸酵素 「グリコサミノグリカンの糖鎖骨格の生合成」
共立出版   43(16) 2594-2601   1998年

書籍等出版物

 
生命薬学テキストシリーズ 病態生理・生化学(]G0001[) 病態を理解するための基礎生理・生化学 「糖質・エネルギー代謝」
共立出版   1998年   
生命薬学テキストシリーズ 病態生理・生化学(]G0002[) 病態生理・生化学各論 「代謝性疾患」
共立出版   1998年   
生物化学実験法・生理活性糖鎖研究法 「グリコサミノグリカン(プロテオグリカン糖鎖)」(共著)
学会出版センター   1999年   
糖質(共著)
1999年   
「グリコサミノグリカンと生理活性タンパク質との結合実験」(共著)
『<基礎生化学実験法 第5巻>脂質・糖質・複合糖質』(東京化学同人)   2000年   

競争的資金等の研究課題

 
硫酸化グリコサミノグリカンの構造解析
硫酸化グリコサミノグリカンの機能解析
硫酸化グリコサミノグリカンの生合成の研究