伊藤 良子

J-GLOBALへ         更新日: 13/09/06 17:26
 
アバター
研究者氏名
伊藤 良子
 
イトウ ヨシコ
所属
学習院大学
部署
文学部 心理学科
学位
博士(教育)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
京都大学 大学院教育学研究科 附属臨床教育実践研究センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
京都大学 教育学研究科 教育方法学(臨床心理学)
 
 
 - 
1967年
神戸女学院大学 文学部 社会学科
 

委員歴

 
2003年
   
 
関西心理学会  委員
 
2002年
   
 
日本遺伝カウンセリング学会  評議員
 
2002年
   
 
日本遊戯療法学会  常任理事
 

受賞

 
2000年
河合隼雄賞(日本箱庭療法学会)
 

Misc

 
自閉症児の〈見ること〉の意味-身体イメージ獲得による象徴形成に向けて-
心理臨床学研究   1(2)    1984年
箱庭表現の深さについて-眠れる少年-
箱庭療法学研究   1(1)    1988年
転移について
京都大学教育学部紀要   31    1985年
発話者としての<私>の生成の場-心理療法における転移-
京都大学 (博士論文)      1993年
臨床人間形成学
京都大学教育学部附属臨床教育実践研究センター   1    1997年

書籍等出版物

 
子どもの心的世界における「父」と「母」-ことばをもたらすもの
心理臨床ケース研究3(誠信書房)   1985年   
「死の欲動」論の彼岸
臨床的知の探究(下)(創元社)   1988年   
子どものパロールに現れた母親の無意識
ラカンと臨床問題(弘文堂)   1990年   
初回面接
臨床心理学第3巻アセスメント(創元社)   1991年   
書き印す行為-青年期の心理療法-
青年期・美と苦悩(金剛出版)   1990年   

競争的資金等の研究課題

 
子ども及び成人の心理療法
人間存在と言葉
遺伝カウンセリングにおける心理臨床
研究期間: 2000年   
心の働きの総合的研究
研究期間: 2002年