百合草 裕康

J-GLOBALへ         更新日: 09/02/03 00:00
 
アバター
研究者氏名
百合草 裕康
 
ユリクサ ヒロヤス
所属
旧所属 兵庫県立大学 経営学部 組織経営学科
職名
教授
学位
商学修士(関西学院大学), 博士(商学)(関西学院大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
1993年
 奈良産業大学経済学部 講師
 
1993年
 - 
1996年
 奈良産業大学経済学部 助教授
 
1996年
 - 
2002年
 三重大学人文学部 助教授
 
2002年
 - 
2004年
 三重大学人文学部 教授
 
2004年
   
 
-  兵庫県立大学経営学部 教授 
 

学歴

 
 
 - 
1991年
関西学院大学 商学研究科 商学
 
 
 - 
1986年
関西学院大学 商学部 
 

受賞

 
1999年
日本会計研究学会・学会賞
 
2001年
日本経営分析学会賞
 
2001年
日本会計研究会太田・黒澤賞
 

Misc

 
米国における会計情報内容分析の研究-キャッシュ・フロー情報内容研究を中心に-
商学論究   38(3)    1990年
国際会計基準改訂第7号『キャッシュ・フロー計算書』の特徴とその意義-公開草案第36号に対するコメントレターをふまえて
奈良産業大学 産業と経済   8(3-4) 117-131   1994年
資金収支情報に関する一考察-わが国の『資金収支表」の分析をふまえて
奈良産業大学 産業と経済 奈良産業大学経済学部創立10周年記念論文集   149-165   1994年
FASBにおけるキャッシュ・フロー情報の有用性に関する一考察-FASB概念構造を中心として-
関西学院商学研究   26    1989年
米国資金会計の生成と発展-APB意見書第19号までを中心として-
関西学院商学研究   25    1989年

書籍等出版物

 
シンガポールの開示の現状(共稿)
アジアNIESの会計(清文社)   1992年   
SASによる財務指標の順位づけ
SASによる会計情報の分析(中央経済社)   1992年   
NEEDS/CONSOの管理運用編
会計情報分析システム(啓文社印刷)   1990年   
資金情報の開示
連結会計基準の国際比較(中央経済社)   1993年   
収益性分析/活動性分析
会計情報分析の理論と実際(東京経済情報出版)   1994年   

Works

 
中東欧諸国の会計
2000年 - 2002年
連結キャッシュ・フロー情報の有用性
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
キャッシュ・フロー情報の分析
キャッシュ・フロー情報の分析
会計情報の分析システム