山田 作夫

J-GLOBALへ         更新日: 10/08/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
山田 作夫
 
ヤマダ サクオ
所属
川崎医科大学
部署
医学部 医学科 医学部 基礎医学 微生物学
職名
准教授
学位
薬学修士(京都薬科大学), 博士(薬学)(京都薬科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1977年
 - 
1994年
川崎医科大学 助手
 
1994年
 - 
2003年
川崎医科大学 講師
 
2003年
   
 
- 川崎医科大学 助教授
 
2003年
   
 
- 川崎医科大学医学部 基礎医学 微生物学 准教授
 
2007年
   
 
- 川崎医科大学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1977年
京都薬科大学 薬学研究科 微生物学
 

委員歴

 
1988年
   
 
日本細菌学会  支部評議員
 
2005年
   
 
日本ブドウ球菌研究会  運営委員
 
2000年
   
 
日本化学療法学会  評議員
 
2005年
   
 
日本化学療法学会  日本化学療法学会西日本支部活性化委員
 
1998年
   
 
日本顕微鏡学会  微生物研究部会幹事
 

受賞

 
1997年
両備てい園記念財団研究助成
 
2000年
風戸財団平成12年度研究奨励
 

Misc

 
Panida Thanyasrisung, Komatsuzawa Hitoshi, Yoshimura Goh, Fujiwara Tamaki, Yamada Sakuo, Kozai Katsuyuki, Etoh Kazuhiro, Izumi Yuichi, Sugai Motoyuki
Oral microbiology and immunology   24(6) 451-455
200900
Oku Yusuke, Kurokawa Kenji, Matso Miki, Yamada Sakuo, Bok-Luel Lee, Sekimizu Kazuhisa
Journal of bacteriology   191(1) 141-151   2009年1月
Kawai Mako, Yamada Sakuo, Ishidoshiro Ai, Oyamada Yoshihiro, Ito Hideo, Yamagishi Jun-ichi
Journal of medical microbiology   58(3) 331-336   2009年3月
Komatsuzawa Hitoshi, Ohta Kouji, Yamada Sakuo, Ehlert Kerstin, Labischinski Harald, Kajimura Junko, Fujiwara tamaki, Sugai Motoyuki
Antimicrobial agents and chemotherapy   46(1) 75-81   2002年
200200
Yamada Sakuo, Hyo Yukiyoshi, Ohmori Sachiyo, Ohuchi Masanobu
Chemotherapy   53(3) 202-209   2007年4月

書籍等出版物

 
電顕写真「標準微生物学」
医学書院   2002年4月   
電顕写真「標準微生物学」
医学書院   2005年3月   
電顕写真「標準微生物学」
医学書院   1999年1月   
電子顕微鏡による細菌の超微細構造の観察「標準微生物学」
標準微生物学   2009年4月   

講演・口頭発表等

 
Novel mechanism of antiseptic resistance in methicillin-resistant Staphylococcus aureus.
10th Western pacific congress on chemotherapy and infectious diseases   2006年   
Morphological study of bacteriolysis of Staphylococcous aureus induced by a pyrazol bactericidal agent.
8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy (8APEM)   2004年   
表皮剥脱毒素遺伝子保有ファージの比較ゲノム解析
第77回日本細菌学会総会   2004年   
ゲンタマイシン耐性黄色ブドウ球菌臨床分離株における超微形態的特徴
第52回日本感染症学会中日本地方会学術集会・第57回日本化学療法学会西日本支部総会   2009年   
臨床由来ゲンタマイシン耐性黄色ブドウ球菌における特徴ある超微形態像
第54回日本ブドウ球菌研究会   2009年   

Works

 
臨床由来マクロライ耐性黄色ブドウ球菌の細胞壁肥厚に関する研究
2009年4月 - 2012年3月

競争的資金等の研究課題

 
グラム陽性球菌表在性Fcレセプターに関する研究
基礎科学研究
研究期間: 1980年 - 2005年
黄色ブドウ球菌自己溶解酵素の機能に関する研究
研究期間: 1995年   
抗菌剤による黄色ブドウ球菌溶菌機構の解析
基礎科学研究
研究期間: 1998年