藤田 泰太郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/07 09:44
 
アバター
研究者氏名
藤田 泰太郎
 
フジタ ヤスタロウ
eメール
yasutarofujitagmail.com
所属
福山大学
職名
名誉教授
学位
農学博士(京都大学)

プロフィール

 大学院生の時から半世紀、枯草菌研究を続けた。還暦に日本農芸化学会功績賞「枯草菌代謝ネットワークのカタボライト制御の分子機作」を授賞したが、その折「化学と生物」45巻3号の巻頭言(p.151, 2007)を執筆した。それをもってプロフィールに当てる。

「生命現象の普遍性と多様性」                     
 一介の研究者が、一生の研究生活で取り組める研究課題は、極めて限られた学問分野の十指にも満たない。どの研究課題を選択するかに、その研究成果の質の殆どが規定される。ところが、研究課題は、それまで教授された知見や個人の限られた研究生活の中の偶然の要素により決まるか、あるいは、はぼ選択の余地なく与えられるのが普通である。その研究課題に切磋琢磨して取り組み、やっと得られた研究成果がどれだけ普遍化される知見であるかは、その研究に着手する前から判断する事は容易ではなく、偶然に左右されることが極めて大きい。
 筆者が、枯草菌を研究対象にしたのは、学園紛争の嵐が東京から京都に押し寄せた頃で、A. Kornberg博士ら著名な大腸菌分子生物学者が、枯草菌の胞子形成に興味を抱き研究を始めた頃でもあった。博士号を取得後、筆者が米国国立衛生研究所(NIH)で枯草菌代謝研究に取り組んでいた頃に抱いた次の2つ疑問に、その後の40年の研究の大筋が規定される事になった。一つは、「複数の酵素を欠損し、胞子形成不能の極めて多面発現的な変異の本質は何か?」もう一つは「サイクリックAMPの関与しないカタボライト抑制とはどのような機構か?」であった。
 最初の疑問は、欠損酵素の研究とそれらの遺伝子のマッピングなどの成果に結びついたが、最終的にこの多面発現変異の全貌がわかったのは、ゲノムの全塩基配列の決定後であった。ゲノム切断と再結合に基づく転移と欠失の結果であり、長年の思い入れが解明されればそういうことだったのかと思い知らされる事となった。もう一つの疑問は、枯草菌のカタボライト抑制機構の解明、さらにはこのカタボライト制御を基盤とする枯草菌の代謝制御ネットワークの解明へと展開することができた。
 生命現象の解明の成果は、生物全般に適応できる普遍性をもつものとその生物に特有な多様性の一つについての知見とに区別されうる。きわめて普遍的な生命現象の解明は、ノーベル賞にも結びつくものであるが、生物の普遍的研究の黄金時代は30年以上前に過ぎ去ったと思われる。枯草菌研究では、R. Losick博士の胞子形成に関する圧倒的な研究成果もノーベル賞候補にすら挙がっていない。それどころか、20年以上前にそれまで細菌の基礎研究に携わって者の多くが、研究費の獲得ということもあって、その研究成果をひっさげて高等生物へと研究対象を転換していった。筆者は、幸運にも1990年前後からのゲノム学の発展により、枯草菌がモデル生物の一つとして取り上げらたことから、ゲノムの全塩基配列決定とその後のオーム研究に従事することができた。モデル微生物のゲノム研究は、ポストゲノム研究の幕を開いたが、網羅的で圧倒的なオーム研究の個々のデータの解析に、ほぼ従来の研究手法による分子レベルの解析研究に頼るという、かつての個別研究に戻ろうとしている。
 筆者の研究のうち枯草菌の代謝制御ネットワークのカタボライト制御研究の成果は、グラム陽性低GC細菌に普遍的に適用できるが、生物全般から見ると多様な生物現象の一つに過ぎない。しかし、膨大な労力を必要とし、その殆どが徒労に終わる応用研究には、生物機能の多様性についてのデータは基礎知識として大きな意味をもつ。ともあれ、有能な研究者の研鑽の賜である、その研究分野の国際的評価に耐えた、普遍度の高い一流の一編一編の学術論文に最大限の敬意を払うものである。

Yasutaro Fujita 英文論文・著書・総説106編の被引用状況 [総被引用件数10,828件(Google scholar, 2019.6.8現在)(内訳:1000件以上 2編、999-200件 7編、199-100件 7編、99-50件 21編、49-25件 24編)].Yasutaro Fujita h指数:43. 日本農芸化学会功績賞のAward Review, 'Carbon Catabolite Control of the Metabolic Network in Bacillus subtilis', Biosci. Biotechnol. Biochem. 73: 245-259 (2009)の被引用件数、249件.

尚、福山大学当研究室での枯草菌研究により、2002年3月、吉田健一講師(現神戸大学教授)が農芸化学奨励賞「ゲノム情報に基づく枯草菌の逆遺伝学的研究」、さらに2013年3月、広岡和丈准教授が農芸化学奨励賞「植物の生育促進への利用に資する、枯草菌の転写応答機構の研究」の受賞に至っている。また、2012年3月、広岡和丈と藤田泰太郎の学術論文、'Identification of Aromatic Residues Critical to the DNA Binding and Ligand Response of the Bacillus subtilis QdoR (YxaF) Repressor Antagonized by Flavonoids', Biosci. Biotechnol. Biochem. 75: 1325-34 (2011)にBBB論文賞が授与された。

2012年3月、福山大学を定年退職、4月に再雇用後、2017年3月満期退職となった。この満期退職に当たって、生涯の研究を纏める解説「真正細菌フィルミクテス門に属する枯草菌の代謝制御の分子生物学の過去半世紀の展開」(化学と生物,54(9):657-667 (2016))を執筆した。

研究分野

 
 

経歴

 
1974年
 - 
1977年
米国国立衛生研究所 (NIH)客員研究員
 
1977年
 - 
1978年
米国国立衛生研究所 (NIH)客員准教授
 
1978年
 - 
1987年
浜松医科大学 助手
 
1987年
 - 
1989年
福山大学工学部助教授
 
1989年
 - 
2000年
福山大学工学部教授
 
2000年
 - 
2017年
福山大学生命工学部教授
 
2008年4月
 - 
2011年3月
福山大学大学院生命工学系研究科長
 
2011年4月
 - 
2012年3月
福山大学グリーンサイエンス研究センター長
 
2015年2月
 - 
現在
日本農芸化学会 フェロー
 
2016年10月
 - 
現在
日本農芸化学会 有功会員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
東海大学海洋研究所客員教授
 
2017年4月
 - 
現在
福山大学名誉教授
 

学歴

 
1962年4月
 - 
1965年3月
滋賀県立膳所高等学校  
 
1965年4月
 - 
1969年3月
京都大学 農学部 農芸化学科
 
1969年4月
 - 
1974年3月
京都大学 農学研究科 農芸化学専攻
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
日本農芸化学会関西支部  顧問
 
2007年4月
 - 
現在
日本国際賞推薦人
 
2002年4月
 - 
2017年3月
日本農芸化学会中四国支部評議員・参与
 
2009年1月
 - 
2014年12月
BMC Microbiology, Associate editor
 
2011年12月
 - 
2013年11月
科学研究費委員会専門委員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本農芸化学会受賞選考委員
 
2008年4月
 - 
2013年3月
NBRP原核生物運営委員
 
2002年4月
 - 
2013年3月
日本農芸化学会中四国支部役員・監査
 
2002年4月
 - 
2010年3月
日本農芸化学会評議員
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本農芸化学会受賞選考委員
 
2001年4月
 - 
2005年3月
「化学と生物」企画委員
 

受賞

 
2007年3月
日本農芸化学会功績賞
 
2008年9月
日本農芸化学会中四国支部功労賞
 
2012年3月
BBB論文賞
 
2012年6月
学長賞(福山大学)
 

Misc

 
Fujita, Y., Ogura, M., Nii, S., and Hirooka, K.
Front. Microbiol.   8 Article 2502   2017年12月   [査読有り]
藤田 泰太郎
化学と生物   54(9) 657-667   2016年9月   [査読有り][依頼有り]
Hirooka, K., Kodoi, Y., Satomura, T., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   198(5) 830-845   2016年   [査読有り]
Ara, K., Manabe, K. et al.
Microbial Production, Splinger, Tokyo   3-15   2014年
Fujita, Y., Satomura, T., Tojo, S., and Hirooka, K.
J. Bacteriol.   196(21) 3793-3806   2014年   [査読有り]
Fujihashi, M., Nakatani, T., Hirooka, K., Matsuoka, H., Fujita, Y., and Miki, K.
Proteins   82(7) 1301-1310   2014年
Tojo, S., Hirooka, K., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   195(8) 1656-1665   2013年   [査読有り]
Fujita, Y., Tojo, S. and Hirooka, K.
Escherichia coli and Bacillus subtilis: The Frontier of Molecular Microbiology, Revisited, 2012, Research Signpost, India   179-196   2012年   [依頼有り]
Hirooka, K., Edahiro, T., Kimura, K., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   194(20) 5675-5687   2012年   [査読有り]
東條繁郎、広岡和丈、藤田泰太郎
福山大学生命工学部研究年報   (11) 1-20   2012年
Tojo, S., Satomura, T., Matsuoka, H., Hirooka, K., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   193(10) 2388-2395   2011年   [査読有り]
Hirooka, K., and Fujita, Y.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   74(5) 1030-1038   2010年
Morinaga, T., Kobayashi, K., Ashida, H., Fujita, Y., and Yoshida, K.
Microbiology   156(6) 1632-1641   2010年
Ujiie, H., Matsutani, T., Tomatsu, H., Fujihara, A., Ushida, C., Miwa, Y., Fujita, Y., Himeno, H., and Muto, A.
J. Biochem. (Tokyo)   145(1) 59-66   2009年
Inaoka, T., Satomura, T., Fujita, Y., and Ochi, K.
FEMS Microbiol.   291(2) 151-156   2009年
Kim, J., Inaoka, T., Hirooka, K., Matsuoka, H., Murata, M., Ohki, R., Adachi, Y., Fujita, Y., and Ochi K.
J. Bacteriol.   191(10) 3273-3281   2009年
Hirooka, K., Danjo, Y., Hanano, Y., Kunikane, S., Matuoka, H., Tojo, S., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   191(11) 3685-3697   2009年
Tojo, S., Satomura, T., Kumamoto, K., Hirooka, K., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   190(18) 6134-6147   2008年
Yoshida, K., Yamaguchi, M., Morinaga, T., Kinehara, M., Ikeuchi, M., Ashida, H., and Fujita, Y. (>50)
J. Biol. Chem.   283(16) 10415-10424   2008年   [査読有り]
Fujita, Y., Miwa, Y., Tojo, S., and Hirooka, K.
Global Regulatory Networks in Bacillus subtilis, Transworld Research Network, India   91-110   2007年
Asai, K., Ootsuji, T., Obata, K., Matsumoto, T., Fujita, Y., and Sadaie, Y.
Microbiology   153(1) 92-101   2007年
Matsuoka, H., Hirooka, K., and Fujita, Y. (>50)
J. Biol. Chem.   282(8) 5180-5194   2007年
Ogura, M., and Fujita, Y.
FEMS Microbiol. Lett.   268(1) 73-80   2007年
Hirooka, K., Kunikane, S. Matsuoka, H., Yoshida, K., Kumamoto, K., Tojo, S., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   189(14) 5170-5182   2007年
Fujita, Y., Matsuoka, H., and Hirooka, K. (>200)
Mol. Microbiol.   66(4) 829-839   2007年
Harvie, D.R., Andreini, C., Cavallaro, G., Meng, W., Connolly, B.A., Yoshida, K., Fujita, Y., Harwood, C.R., Radford, D.S., Tottey, S., Cavet, J.S., and Robinson, N.J.
Mol. Microbiol.   59(4) 1341-1356   2006年
Yoshida, K., Kim, W.S., Kinehara, M., Mukai, R., Ashida, H., Ikeda, H., Fujita, Y., and Krishnan, H.B.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   70(12) 2957-2964   2006年
メタボローム ゲノム情報と環境の相互作用システム
西岡孝明、寺部 茂、曽我朋義、松田敬子、藤田泰太郎
蛋白質 核酸 酵素   50 2198-2203   2005年
Tojo, S., Satomura, T., Morisaki, K., Deutscher, J., Hirooka, K., and Fujita, Y.(>100)
Mol. Microbiol.   56(6) 1560-1573   2005年   [査読有り]
Satomura, T., Shimura, D., Asai, K., Sadaie, Y., Hirooka, K., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   187(14) 4813-4821   2005年   [査読有り]
モデル細菌のシステマチックなゲノム機能研究
小笠原直毅、藤田泰太郎、饗場浩文、加藤潤一、大森正之、鈴木石根
蛋白質 核酸 酵素   50 2191-2197   2005年
Serizawa, M., Yamamoto, H., Yamaguchi, H., Fujita, Y., Kobayashi, K., Ogasawara, N., and Sekiguchi, J. (>50)
Gene   329 125-136   2004年   [査読有り]
Yoshida, K., Yamaguchi, M., Ikeda, H., Omae, K., Tsurusaki, K., and Fujita, Y.
Microbiology   150(3) 571-580   2004年   [査読有り]
Yoshida, K., Ohki, Y., Murata, M., Kinehara, M., Matsuoka, H., Satomura, T., Ohki, R., Kumano, M., Yamane, K., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   186(17) 5640-5648   2004年
Tojo, S., Satomura, T., Morisaki, K., Yoshida, K., Hirooka, K., and Fujita, Y.
J.Bacteriol.   186(23) 7971-7979   2004年
枯草菌のDNAマイクロアレイ解析
山口弘毅、吉田健一、藤田泰太郎
生化学   75(5) 407-410   2003年
Molle, V., Nakaura, Y., Shivers, R. P., Yamaguchi, H., Losick, R., Fujita, Y., and Sonenshein, A. L. (>200)
J.Bacteriol.   185(6) 1911-1922   2003年   [査読有り]
Asai, K., Yamaguchi, H., Kang, C., Yoshida, Y., Fujita, Y., and Sadaie, Y. (>50)
FEMS Microbiol. Lett.   220(1) 155-160   2003年   [査読有り]
Kobayashi, K., Ehrlich, S.D. et al. (>1000)
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   100(8) 4678-4683   2003年   [査読有り]
Yoshida, K., Yamaguchi, H., Kinehara, M., Ohki, Y., Nakaura, Y, and Fujita, Y.(>50)
Mol. Microbiol.   49(1) 157-165   2003年   [査読有り]
Doan, T., Servant, P., Tojo, S., Yamaguchi, H., Lerondel, G., Yoshida, K., Fujita, Y., and Aymerich, S. (>50)
Microbiology   149(9) 2331-2343   2003年   [査読有り]
Watanabe, S., Hamano, M., Kakeshita, H., Bunai, K., Tojo, S., Yamaguchi, H., Fujita, Y., Wong, S., and Yamane, K.
J. Bacteriol.   185(16) 4816-4824   2003年   [査読有り]
Tojo, S., Matsunaga, M., Matsumoto, T., Kang, C., Yamaguchi, H., Asai, K., Sadaie, Y., Yoshida, K., and Fujita, Y.
J.Biochem. (Tokyo)   134(6) 935-946   2003年
Yoshida, K., Yamamoto, Y, Onae, K., Yamamoto, M., and Fujita, Y. (>50)
J. Bacteriol.   184(4) 983-991   2002年   [査読有り]
Ogura, M., Yamaguchi, H., Kobayashi, K., Ogasawara, N., Fujita, Y., and Tanaka, T.(>100)
J. Bacteriol.   184(9) 2344-2351   2002年
Matsuda, K., Yamaguchi, H., Ueno, Y., Soga, T., Fujita, Y., and Nishioka, T.
Genome Inform.   13 593-594   2002年
Ishii, T., Yoshida, K., Terai, G., Fujita, Y., and Nakai, K. (>50)
Nucleic Acids Res.   29(1) 278-280   2001年
Yoshida, K., Kobayashi, K., Miwa, Y., Kang, C., Matsunaga, M., Yamaguchi, H., Tojo, S., Yamamoto, M, Nishi, R., Ogasawara, N, Nakayama, T., and Fujita, Y. (>200)
Nucleic Acids Res.   29(3) 683-692   2001年   [査読有り]
Miwa, Y., and Fujita, Y. (>50)
J. Bacteriol.   183(20) 5877-5884   2001年   [査読有り]
Ogura, M., Yamaguchi, H., Yoshida, K., Fujita, Y., and Tanaka, T.(>200)
Nucleic Acids Res.   29(18) 3804-3813   2001年   [査読有り]
Kobayashi, K., Ogura, M., Yamaguchi, H., Yoshida, K., Ogasawara, N., Tanaka, T., and Fujita, Y. (>100)
J. Bacteriol.   183(24) 7365-7370   2001年   [査読有り]
枯草菌のトランスクリプトーム解析
藤田 泰太郎
ポストシーケンスのゲノム科学② ゲノム機能、中山書店   40-53   2000年   [査読有り][依頼有り]
Petit, M. -A., Yoshida, K., Fujita, Y., and Ehrlich, S. D.
Microbiology   146 2091-2092   2000年   [査読有り]
Yoshida, K., Ishio, I., Nagakawa, E., Yamamoto, Y., Yamamoto, M, and Fujita, Y. (>50)
Microbiology   146(3) 573-579   2000年   [査読有り]
Miwa, Y., Nakata, A., Ogiwara, A., Yamamoto, M., and Fujita, Y. (>200)
Nucleic Acids Res.   28(5) 1206-1210   2000年   [査読有り]
Yoshida. K., Fujita, Y., and Ehrlich, S.D (>50)
J.Bacteriol.   182(19) 5454-5461   2000年   [査読有り]
小笠原直毅、定家義人、藤田昌也、吉田健一、藤田泰太郎、吉川博文、三輪泰彦、山本博規、関口順一、熊野みゆき、山根國男、村田麻喜子、大木玲子
蛋白質 核酸 酵素   44 1449-1459   1999年
Autret, S., Levine, A., Vannier, F., Fujita, Y., and Seror, S.J.
Mol. Microbiol.   31(6) 1665-1679   1999年   [査読有り]
Yoshida, K., Shibayama, T., Aoyama, D., and Fujita, Y.
J. Mol.Biol.   285(3) 917-929   1999年   [査読有り]
Yoshida, K., Fujita, Y., and Ehrlich, S.D.
J. Bacteriol.   181(19) 6081-6091   1999年   [査読有り]
Fujita, Y., Yoshida, K., Miwa, Y., Yanai, N., Nagakawa, E., and Kasahara, Y. (>50)
J. Bacteriol.   180(16) 4309-4313   1998年   [査読有り]
Winstedt, L., Yoshida, K., Fujita, Y., and von Wachenfeldt, C.(>100)
J. Bacteriol.   180(24) 6571-6580   1998年
Miwa, Y., Nagura, K., Eguchi, S., Fukuda, H., Deutscher, J., and Fujita, Y. (>50)
Mol. Microbiol.   23(6) 1203-1213   1997年   [査読有り]
Yoshida, K., Aoyama, D., Ishio, I., Shibayama, T., and Fujita, Y. (>100)
J.Bacteriol.   179(14) 4591-4598   1997年   [査読有り]
Kunst, F., Ogasawara, N., Moszer, I. et al. (>1000)
Nature   390(6657) 249-256   1997年   [査読有り]
Yoshida, K., Shindo, K., Sano, H., Seki, S., Fujimura, M., Yanai, N., and Fujita, Y.
Microbiology   142(11) 3113-3123   1996年   [査読有り]
Ogasawara, N., Fujita, Y., Kobayashi, Y., Sadaie, Y., Tanaka, T., Takahashi, H., Yamane, K., and Yoshikawa, H.
Microbiology   141(2) 257-259   1995年   [査読有り]
Yoshida, K., Sano, H., Seki, S., Oda, M., Fujimura, M., and Fujita, Y.
Microbiology   141(2) 337-343   1995年
Yoshida, K., Seki, S., Fujimura, M., Miwa, Y., and Fujita, Y.
DNA Res.   2(2) 61-69   1995年   [査読有り]
Yoshida, K., Ohmori, H., Miwa, Y., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   117(16) 4813-4816   1995年   [査読有り]
Yoshida, K., Fujimura, M., Yanai, N., and Fujita, Y.
DNA Res.   2(6) 295-301   1995年
Fujita, Y., and Miwa, Y. (>50)
J. Bacteriol.   176(2) 511-513   1994年
Yoshida, K.,Seki, S., and Fujita, Y.
DNA Res.   1(4) 157-162   1994年   [査読有り]
Yoshida, K.,Sano, H., Miwa, Y., Ogasawara, N., and Fujita, Y.
Microbiology   140(19) 2289-2298   1994年   [査読有り]
Miwa, Y., Saikawa, M., and Fujita, Y. (>50)
Microbiology   140(10) 2567-2575   1994年   [査読有り]
Yoshida, K., Fujita, Y., and Sarai, A.
J. Mol. Biol.   231(2) 167-174   1993年   [査読有り]
Miwa, Y., and Fujita, Y.
J. Biochem. (Tokyo)   113(6) 665-671   1993年   [査読有り]
Yoshida, K., Fujita, Y., Mukai, E., Sen, K., Himeno, M, and Komano, T.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   57(4) 584-590   1993年   [査読有り]
Yoshida, K., Fujita, Y., Mukai, E., Sen, K., Himeno, M, and Komano, T.
Biosci. Biotechnol. Biochem.   57(7) 1200-1201   1993年
枯草菌グルコン酸オペロンの制御系の解明-Bacillus属細菌の酵素誘導制御のモデル
藤田 泰太郎
微生物の機能開発 バイオ研究の最前線、学会出版センター   185-196   1992年   [査読有り][依頼有り]
Fujita, Y., Shindo, K., Miwa, Y., and Yoshida, K.
Gene   108(1) 121-125   1991年   [査読有り]
Fujita, Y., Fujita, T., and Miwa, Y.
FEBS Lett.   267(1) 71-74   1990年   [査読有り]
Miwa, Y., and Fujita, Y.
Nucleic Acids Res.   18(23) 7049-7053   1990年
枯草菌胞子形成の制御 -細胞分化に伴う遺伝子発現制御のモデル
藤田 泰太郎
微生物   5 301-312   1989年
Fujita, Y., and Miwa, Y.
J. Biol. Chem.   264(7) 4201-4206   1989年
Fujita, Y., and Fujita, T.
J. Bacteriol.   171(3) 1751-1754   1989年   [査読有り]
枯草菌のグルコン酸オペロン -グラム陽性菌の酵素誘導のモデルとして-
藤田 泰太郎
生化学   60 436-441   1988年
Miwa, Y., and Fujita, Y. (>50)
J. Biol. Chem.   263(26) 13252-13257   1988年   [査読有り]
Miwa, Y., and Fujita, Y.
J. Bacteriol.   169(11) 5333-5335   1987年   [査読有り]
Fujita, Y., and Fujita, T. (>50)
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   84(13) 4524-4528   1987年   [査読有り]
Fujita, Y. and Fujita, T.
Nucleic Acids Res.   14(3) 1237-1252   1986年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Creation of novel technologies for extracellular protein production toward the development of Bacillus subtilis genome factories (Microbial Production; From Genome Design to Cell Engineering, edited by H. Anazawa and S. Shimizu)
Ara, K., Manabe, K., Liu, S., Kageyama, Y., Ozawa, T., Tohata, M., Endo, K., Sawada, K., Shibata, N., Kawahara, A., Saito, K., Kodama, H., Kimura, Y., Ozaki, K., Takema. Y., Kakeshita, H., Nakamura, K., Yamane, K.,Kodama, T., Sekiguchi, J., Morimoto, T., Kadoya, R., Kanaya, S., Fujita, Y., Kawamura, F., and Ogasawara, N. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 3-15)
Springer Japan, Tokyo, Japan   2014年1月   ISBN:978-4-431-54606-1
DOI:10.1007/978-4-431-54607-8
Stringent transcription control of Escherichia coli and Bacillus subtilis (Escherichia coli and Bacillus subtilis: The Frontiers of Molecular Microbiology Revisited, 2012, edited by Y. Sadaie and K. Matsumoto)
Fujita, Y., Tojo, S., and Hirooka, K. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 179-196)
2012年   ISBN:978-81-308-0492-7
Global regulatory networks in Bacillus subtilis, edited by Y. Fujita
Transworld Research network, India   2007年   ISBN:978-81-7895-299-4
Carbon catabolite control and metabolic retworks mediated by the CcpA protein in Bacillus subtilis (Global Regulatory Networks in Bacillus subtilis 2007, edited by Y. Fujita)
Fujita, Y., Miwa, Y., Tojo, S., and Hirooka, K. (担当:分担執筆, 範囲:pp.91-110)
2007年   
枯草菌のメタボローム解析とトランスクリプトーム解析(メタボローム研究の最前線、冨田勝、西岡孝明編)
西岡孝明、松田敬子、藤田泰太郎 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 103-118)
シュプリンガー・フェアラーク東京(株)   2003年   ISBN:4-431-71063-9
枯草菌のトランスクリプトーム解析(ポストシークエンスのゲノム科学②、ゲノム機能、発現プロファイルとトランスクリプトーム、松原謙一編)
藤田 泰太郎 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 40-53)
中山書店   2000年   ISBN:4-521-61021-8
List of Bacillus subtilis mutants constructed by the Japanese functional analysis project (Functional analysis of bacterial genes, a practical manual, edited by W. Schumann, S. D. Ehrlich, and N. Ogasawara)
Fujita, Y., Yoshida, K., Yoshikawa, H., Tanaka, T.,Yamane, K., Kawamura, F., Sadaie, Y., Sekiguchi, J.,, Yamamoto, H., Takeuchi, M., Asai, K., Kobayashi, K., and Ogasawara. N. (担当:分担執筆, 範囲:Appendix 2)
John Wiley & Sons, LTD   2000年   ISBN:0-471-49008-3
Bacillus subtilis ゲノム解析(遺伝子の構造と機能、駒野 徹 編)
吉田健一、藤田泰太郎 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 153-162)
学会出版センター   1998年   ISBN:4-7622-1871-5
枯草菌染色体DNAの単離(生物化学実験書33「組換えDNA実験入門」)
藤田 泰太郎 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 51-54)
学会出版センター   1994年   ISBN:9784762277689
枯草菌グルコン酸オペロンの制御系の解明 -Bacillus属細菌の酵素誘導のモデル (微生物の機能開発 -バイオ研究の最前線-、山田秀明・別府輝彦・深沢俊夫編)
藤田 泰太郎 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 185-196)
学会出版センター   1992年   ISBN:4-7622-5687-0
代謝活性(新生化学実験講座17、微生物実験法、日本生化学会編)
藤田 泰太郎 (担当:分担執筆, 範囲:pp.297-302, pp. 308-311)
東京化学同人   1992年   ISBN:9784807910670
Aspergillus nigerによるグルコン酸発酵、Penicillium chrysogenumによるペニシリン発酵(生物工学実験書、日本生物工学会編)
吉田健一, 三輪泰彦, 藤田泰太郎 (担当:分担執筆, 範囲:pp. 278-280, pp. 286-288.)
培風館   1992年   ISBN:4-563-07774-7
Organization and cloning of a gluconate (gnt) operon of Bacillus subtilis (Molecular Biology of Microbial Differentiation, edited by J. A. Hoch and P. Setlow)
Fujita, Y., Nihashi, J., and Fujita, T. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 203-208)
American Society for Microbiology, USA   1985年   ISBN:0-914826-75-1
Control of enzyme synthesis during growth and sporulation (Microbiology 1976, edited by D. Schlessinger)
Freese, E., and Fujita, Y. (担当:分担執筆, 範囲:pp. 164-184)
American Society for Microbiology, USA   1976年   ISBN:0-914826-11-5

講演・口頭発表等

 
藤田 泰太郎
グリーンサイエンス講演会「藤田泰太郎教授 最終講義」、福山大学1号館01101教室   2017年2月25日   
Stringent transcription control of carbon metabolism and sporulation initiationin in Bacillus subtilis [招待有り]
Yasutaro Fujita, Shigeo Tojo, and Kazutake Hirooka
7th International Conference on Gram-Positive Microorganisms, 17th International-Conference on Bacilli, Montecatini Terme, Italy, Abstracts, T51   2013年6月   
広岡 和丈
日本農芸化学会2013年度大会(仙台)、農芸化学奨励賞受賞者講演、受賞講演要旨集(2013年度)、pp. 29-30   2013年3月   
Contruction of the metabolic networks and white biotechnology in the post-genome sequence era of Bacillus subtilis (Symposium: Metabolic Networks and White Biology in Bacillus subtilis, organized by Y. Fujita, and K. Yoshida) [招待有り]
Yasutaro Fujita
XIII. International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, Sapporo (IUSM2011)   2011年9月   
枯草菌代謝制御ネットワークのカタボライト制御
藤田 泰太郎
平成23年度グラム陽性菌ゲノム機能会議(福山)、特別講演、講演要旨集   2011年8月   
転写開始点の塩基種に依存した枯草菌の緊縮転写制御ネットワークの解明
*東條繁郎、広岡和丈、藤田泰太郎
第4回日本ゲノム微生物学会年会(福岡)、要旨集、p. 28   2010年3月   
Stringent control of the carbon-metabolic network in Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita, Shigeo Tojo, and Kazutake Hirooka
5th International Conference on Gram-Positive Microorganisms, 15th International Conference on Bacilli, San Diego, USA , Abstracts, T35   2009年6月   
Global stringent control of carbon metbolism in Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita, Shigeo Tojo, and Kazutake Hirooka
XII. International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, Istanbul, Turkey (IUMS2008), Abstract Book, p. 20   2008年8月   
枯草菌におけるフラボノイド応答性転写制御系の機能解析
*広岡和丈、藤田泰太郎
第2回日本ゲノム微生物学会年会(吹田)、要旨集、p.23   2008年3月   
枯草菌代謝ネットワークのカタボライト制御の分子機作
藤田 泰太郎
2007年度日本農芸化学会中四国・西日本支部合同大会(山口)、2007年度日本農芸化学会功績賞受賞講演、講演要旨集、p. 19   2007年9月   
Global regulation of fatty acid degradation through YsiA in Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita, Hiroshi Matsuoka, and Kazutake Hirooka
4th Conference on Functional Genomics of Gram-Positive Microorganisms. 14th International Conference on Bacilli, Green Park Resort, Tirrenia, Pisa, Italy, Abstracts, T58   2007年6月   
藤田 泰太郎
日本農芸化学会2007年度大会(東京)、大会講演要旨集、日本農芸化学功績賞 受賞者講演要旨(受11-12)   2007年3月   
枯草菌脂肪酸分解系の転写制御ネットワークの解明
*松岡浩史、里村武範、広岡和丈、藤田泰太郎
第1回日本ゲノム微生物学会年会(木更津)、要旨集、p.21   2007年3月   
Elaborate transcription regulation of the Bacillus subtilis ilv-leu operon Involved in the biosynthesis of branched-chain amino acids through global regulators of CcpA, CodY, TnrA and RelA
Yasutaro Fujita, Shigeo Tojo, Takenori Satomura, Kaori Morisaki, and Kazutake Hirooka
3rd Conference on Functional Genomics of Gram-Positive Microorganisms. 13th International Conference on Bacilli, San Diego, USA, Abstracts   2005年6月   
メタボローム解析から見える代謝の実相
*西岡孝明、東條繁郎、藤田泰太郎、蘇我朋義
日本農芸化学会2005年度大会(札幌)、シンポジウム「モノ作りの代謝工学」、講演要旨集、p.474   2005年3月   
枯草菌のシグナル伝達と転写制御−薬剤応答を中心に
藤田 泰太郎
第77回日本細菌学会総会(大阪)、シンポジウム「細菌のシグナルトランスダクション」、日本細菌学雑誌59 : 49   2004年4月   
枯草菌のイノシトール分解系の逆遺伝学〜遺伝子機能の同定と転写制御機構の解明〜
*吉田 健一、藤田 泰太郎
日本農芸化学会2004年度大会(広島)シンポジウム「微生物の転写制御研究のフロンティア」(世話人:藤田泰太郎、堀之内末治)、講演要旨集、p.367   2004年3月   
DNA Microarray analysis of carbon metabolism of Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita, Shigeo Tojo, Hirotake Yamaguchi, and Ken-ichi Yoshida
2nd Functional Genomics of Gram-Positive Microorganisms, 12th International Confrence on Bacilli, Baveno, Italy, Abstracts p.31   2003年6月   
枯草菌代謝制御の体系的DNAマイクロアレイ解析
*山口弘毅、東條繁郎、中浦嘉子、本田雅子、吉田健一、藤田泰太郎
第25回日本分子生物学会年回(横浜)、ワークショップ「バクテリアの分子生物学:新たな挑戦」、要旨集、p.338   2002年12月   
Genome-wide expression analysis of carbon and nitrogen metabolism of Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita
Symposium, "Proteomic and DNA array approaches to physiology", 102nd General Meeting of American Society for Microbiology, Salt Lake City, Utah, USA   2002年5月   
枯草菌のトランスクリプトーム解析
藤田 泰太郎
日本農芸化学会2002年度大会(仙台)、シンポジウム「微生物における代謝研究の最前線」、大会講演要旨集、p.404   2002年3月   
吉田 健一
日本農芸化学会2002年度大会(仙台)、農芸化学奨励賞受賞者講演、大会講演要旨集、pp. 352-353   2002年3月   
枯草菌のトランスクリプトーム解析
藤田 泰太郎
第33回日本放線菌学会講演会(吹田)   2001年12月   
Systematic DNA microarray analysis of Bacillus subtilis regulon; its overview and a focus on transcriptional regulation of nitrogen metabolism
Yasutaro Fujita, Hirotake Yamaguchi, Ken-ichi Yoshida, Kazuo Kobayashi, Naotake Ogasawara, Kei Asai, Yoshito Sadaie, Mitsuo Ogura, and Teruo Tanaka
BACELL network meeting, Newcastle upon Tyne, UK   2001年10月   
Systematic DNA microarray analysis of Bacillus subtilis regulons; its overview and focus on the sigY regulon analysis
Yasutato Fujita, Hirotake Yamaguchi, Masayuki Matsunaga, Ken-ichi Yoshida, Kei Asai, Yoshito Sadaie, Mitsuo Ogura, and Teruo Tanaka
Functional Genomics of Gram-Positive Microorganisms, 11th International conference on Bacilli, San Diego, California, USA   2001年6月   
Extraction of target genes of DNA-binding transcriptional regulatory proteins and gene clustering in Bacilus subtilis
Yasutaro Fujita, Hirotake Yamaguchi, Ken-ichi Yoshida, Kei Asai, Yoshito Sadaie, Mitsuo Ogura, and Teruo Tanaka
BACELL 2001 meeting, Paris, France   2001年4月   
Extraction of target genes of DNA-binding transcriptional regulatory proteins and gene clustering in Bacillus subtilis by means of microarray analysis
Yasutaro Fujita, Hirotake Yamaguchi, Ken-ichi Yoshida, Kei Asai, Yoshito Sadaie, Mitsuo Ogura, and Teruo Tanaka
Rikkyo international symposium: Functional genomics of Bacillus subtilis, Tokyo   2001年1月   
Transcriptome analysis of Bacillus subtilis by DNA microarray technique
Yasutaro Fujita, Ken-ichi Yoshida, Hirotake Yamaguchi, Masayuki Matsunaga, Mitsuo Ogura, and Teruo Tanaka
The 2nd BACELL Network Meeting, Greifswald, Germany   2000年10月   
Strategy for analysis of regulatory networks of gene expression of Bacillus subtilis in Japan
Yasutaro Fujita
The 1st BACELL Network Meeting, Bayreuth, Germany   2000年5月   
Recent progress of the functional analysis of the Bacillus subtilis genome in Japan: mutant construction, high throughput assaying and microarray analysis
Yasutaro Fujita
European meeting on systematic analysis of Bacillus subtilis genes and regulatory network in Bacillus subtilis, Dublin, Ireland   1999年11月   
Molecular genetics of the Bacillus subtilis iol regulon involved in myo-inositol utilization
Yasutaro Fujita, Ken-ichi Yoshida, Yasuhiko Miwa, and Yoshiyuki Yamamoto
The 10th International Conference on Bacilli, Baveno, Italy, Abstract Book   1999年6月   
Basic characterization of integrational mutants and first level test on carbon source utilization and catabolite repression
Yasutaro Fujita, Ken-ichi Yoshida, Mami Yamamoto, and Yoshiyuki Yamamoto
6th European meeting on systematic analysis of Bacillus subtilis genes, Dourdan, France   1999年5月   
Characterization of catabolite responsive element (cre) in Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita, Yasuhiko Miwa, Atsuo Nakata, and Atsushi Ogiwara
International Conference on Bacilli, Japan, Senri-Chuo, Osaka, Japan, Abstract book, p. 56   1998年7月   
Function analysis of the genes in the gnt-sacXY region of Bacillus subtilis genome
Yasutaro Fujita, Ken-ichi Yoshida, and Yasuhiko Miwa
5th European Bacillus subtilis gene function analysis meeting. Technical University of Denmark, Lyngby   1998年5月   
枯草菌におけるポストシーケンシング時代の転写制御研究-Reverse Geneticsとグローバル遺伝子発現制御
藤田泰太郎、三輪泰彦、吉田健一
日本農芸化学会1998年度大会(名古屋)、シンポジウム「微生物における転写制御研究の新展開」、大会講演要旨集、p. 459   1998年4月   
枯草菌ゲノム解析プロジェクトーgnt-sacXY領域の遺伝子機能解析
藤田泰太郎、吉田健一、三輪泰彦
日本学術振興会・未来開拓学術研究推進事業「ヒトゲノム研究推進委員会」主催、1997年国際シンポジウム「微生物研究のフロンティア」、東京、Program and Abstracts, p.27   1997年12月   
Functional analysis of the Bacillus subtilis genes found in the gnt-sacXY and △igf regions
Yasutaro Fujita, Ken-ichi Yoshida, Yasuhiko Miwa, Nobuo Yanai, and Izumi Ishio
9th International Conference on Bacili, Universite de Lausanne, Lausanne, Switzerland, Abstracts of Posters. p.163   1997年7月   
枯草菌の体系的機能解析に向けて
藤田泰太郎、小笠原直毅、小林泰夫、定家義人、関口順一、山根國男、吉川博文
日本農芸化学会1997年度大会(東京)、シンポジウム「微生物ゲノムの解析:塩基配列から機能解析へ」、大会講演要旨集、p.429   1997年3月   
Genetic analysis of a pleiotropic deletion mutation (△igf) based on the nucleotide sequence information of the Bacillus subtilis genome
Yasutaro Fujita, Ken-ichi Yoshida, and Nobuo Yanai
Internartional Workshop on Recent Advance in Genome Biology of Microorganisms, Makuhari Messe, Chiba, Japan, Abstracts of Lectures, p. 19   1996年10月   
枯草菌カタボライト抑制の分子機作の解明
藤田泰太郎、三輪泰彦
第18回日本分子生物学会年会(名古屋)、シンポジウム「原核生物の分子生物学-最近の進歩と再編成への展望」講演要旨集、p.166   1995年12月   
Catabolite repression of the Bacillus subtilis gnt operon involving CcpA, P-Ser-HPr and two catabolite responsible elements (CRE)
Yasutaro Fujita, and Yasuhiko Miwa
8th International Conference on Bacilli, Stanford University, Stanford, California, USA. Abstracts of Lectures, p.18   1995年7月   
Progress in sequencing of the sacXY (333˚)-gnt(344˚) region from B. subtilis chromosome
Yasutaro Fujita, Ken-ichi Yoshida, Yasuhiko Miwa, Shin Seki, and Miyuki Fujimura
Bacillus subtilis Sequencing and Gene Expression, Institut National de la Recherche Agronomique, Joy en Josas, France. Abstracts of Lectures, p. 17   1994年11月   
Bacillus subtilis genome project; Analysis of the region from sacS to gnt (338˚ to 356˚)
Yasutaro Fujita, Ken-ichi Yoshida, Yasuhiko Miwa, and Hidetoshi Sano
Seventh International Conference on Bacilli, Institut Pasteur, Paris, France. Abstracts of Lectures, L39   1993年7月   
Structure and function of the repressor protein (GntR) of the Bacillus subtilis gnt operon
Yasutaro Fujita, and Ken-ichi Yoshida
Seventh International Conference on Bacilli, Institut Pasteur, Paris, France. Abstracts of Lectures, L13   1993年7月   
The structure and function of the repressor protein (GntR) of the Bacillus subtilis gnt operon
Yasutaro Fujita, and Ken-ichi Yoshida
The Second Asian Conference on Transcription, Chejudo, Republic of Korea, Abstracts, p. 35   1993年1月   
Evidence of involvement of transcription attenuation in catabolite repression of the Bacillus subtilis gnt operon
Yasutaro Fujita, and Yasuhiko Miwa
6th International Conference on Bacilli, Stanford, Califronia, USA. Abstracts, p. 49   1991年7月   
枯草菌グルコン酸オペロンの誘導系の解明とその有用性
藤田 泰太郎
平成元年度日本醱酵工学会大会(名古屋)、シンポジウム「遺伝子発現制御」、大会講演要旨集、p. 158   1989年10月   
枯草菌グルコン酸 (gnt) オペロンの構成と制御
藤田泰太郎、藤田民枝、三輪泰彦、二橋純一
第8回 微生物シンポジウム「分子生物学とその薬学領域における応用面」(日本薬学会主催)(金沢)、講演要旨集、p.115   1988年7月   
Molecular mechanism of the gluconate-inducible system of the Bacillus subtilis gnt operon
Yasutaro Fujita, Yasuhiko Miwa, and Tamie Fujita
Tenth International Spores Conference, Woods Hole, Masschusetts, USA   1988年3月   
A promoter of a catabolic operon of Bacilllus subtilis
Yasutaro Fujita
The Third International Conference on Genetics and Biotechnology of Bacilli, Stanford University, Stanford University, Stanford, California, USA   1985年7月   
The organization and cloning of Bacillus subtilis gluconate operon whose expression is under catabolite repression
Yasutaro Fujita, Jun-ichi Nihashi, and Tamie Fujita
Ninth International Spores Conference,Asilomar Coference Center, Pacific Grove, California, USA   1984年9月   
Cloning of gnt genes with bacteriophages and plasmid vectors in Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita
The Second International Conference on Genetics and Biotechnology of Bacilli, Stanford University, Stanford, California, USA   1983年6月   
Genetic analysis of a pleiotropic deletion mutation of Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita, and Tamie Fujita
Fourth International Symposium on Genetics of Industrial Microorgaisms, Kyoto, Japan   1982年6月   
Purification and properties of fructose-1,6-bisphosphase from Bacillus subtilis
Yasutaro Fujita, and Ernst Freese
11th International Congress of Biochemistry, Toronto, Canada, Abstract Book, p. 284   1979年7月   
Control of enzyme synthesis during growh and sporulation
Ernst Freese, and Yasutaro Fujita
ASM Conference on Bacilli: Biochemical Genetics, Physiology, and Industrial Applications, Cornell University, Ithaca, New York   1975年8月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金、基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 藤田 泰太郎
文部科学省: 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 藤田 泰太郎
文部科学省: 科学研究費補助金、基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 藤田 泰太郎
文部科学省: 科学研究費補助金、特定領域研究「ゲノム情報に基づく医学、微生物学の新展開」
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 藤田 泰太郎
「微生物機能を活用した高度製造基盤技術開発」MGP プロジェクト
経済産業省: NEDO
研究期間: 2001年4月 - 2010年3月    代表者: 花王(株)
環境・健康の質の向上を目指すグリーンサイエンスの展開
文部科学省: 私立大学ハイテクリサーチセンター整備事業
研究期間: 2004年4月 - 2009年3月    代表者: 大川 秀郎
文部科学省: 科学研究費補助金、基盤研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 藤田 泰太郎
文部科学省:科学研究費補助金、特定領域研究「ゲノム情報に基づく医学、微生物学の新展開」: 
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 藤田 泰太郎
文部科学省: 科学研究費補助金、特定領域研究「細胞システム解明に向けたゲノム生物学の新展開」
研究期間: 2000年4月 - 2006年3月    代表者: 小笠原 直毅
文部省: 科学研究費補助金、特定領域研究「細胞システム解明に向けたゲノム生物学の新展開」
研究期間: 2000年4月 - 2005年3月    代表者: 藤田 泰太郎
ゲノム比較と系統的相互作用解析に基づく遺伝子・分子ネットワークの解明、枯草菌の遺伝子間相互作用に関する実験研究
科学技術庁: 科学技術振興調整費科学技術総合研究
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 金久 實
文部省: 科学研究費補助金、重点領域研究(1)「ゲノムサイエンス:ヒトゲノム解析に基づくバイオサイエンスの新展開」
研究期間: 1995年4月 - 2000年3月    代表者: 榊 佳之(班員 小笠原 直毅)
モデル生物のゲノムサイエンス
文部省: 日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業(生命科学領域―10、ゲノム微生物学)
研究期間: 1996年4月 - 1999年3月    代表者: 小笠原 直毅
文部省: 科学研究費補助金、一般研究(C)
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 藤田 泰太郎
文部省: 科学研究費補助金「創成的基礎研究費」「ヒトゲノム解析研究」
研究期間: 1991年4月 - 1996年3月    代表者: 松原 謙一(班員 小笠原 直毅)
文部省: 科学研究費補助金、重点領域研究「DNAの高次構造を識別する蛋白質」(代表:京極 好正、班長:饗場 弘二)
研究期間: 1990年4月 - 1993年3月    代表者: 藤田泰太郎 
枯草菌系高効率分泌菌株の創製法
通商産業省: 次世代産業基盤技術研究開発
研究期間: 1981年4月 - 1991年3月    代表者: 三井東圧化学
文部省: 科学研究費、重点領域研究「微生物の新しい機能開発のための基盤研究」
研究期間: 1987年4月 - 1989年3月    代表者: 中沢 淳
細菌の細胞分化:その物質生産への応用
文部省: 文部省科学研究費補助金、総合研究(A)
研究期間: 1985年4月 - 1988年3月    代表者: 小林 泰夫
枯草菌のカタボライトリプレッションの機構の解明
文部省: 科学研究費補助金、一般研究(C)
研究期間: 1983年4月 - 1986年3月    代表者: 藤田 泰太郎
枯草菌を宿主とした誘導可能なプロモーターを持つベクターの開発、枯草菌を宿主とした誘導可能なプロモーターを持つベクターの開発
文部省: 科学研究費補助金、特定領域研究「組換えDNAの発現と生体機能」
研究期間: 1984年4月 - 1985年3月    代表者: 高木 康敬 (班長 中沢 淳)
枯草菌の生産性・その遺伝と制御
文部省: 科学研究費補助金、総合研究(A)
研究期間: 1981年4月 - 1983年3月    代表者: 齋藤 日向
枯草菌フルクトースビスフォスファターゼ欠損変異の解析
文部省: 科学研究費補助金、奨励研究(A)
研究期間: 1981年4月 - 1982年3月    代表者: 藤田 泰太郎
枯草菌糖代謝におけるフルクトース-1,6-ビスフォスファターゼの役割
文部省: 科学研究費補助金、奨励研究(A)
研究期間: 1980年4月 - 1981年3月    代表者: 藤田 泰太郎

特許

 
吉田美寸夫、柴垣ゆかり、島野英明、藤田泰太郎・インテック・ウェブ・アンド・ゲノム・インフォマティクス