山口 泰典

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/01 14:53
 
アバター
研究者氏名
山口 泰典
 
ヤマグチ ヤスノリ
所属
福山大学
部署
生命工学部 生物工学科 動物細胞工学研究室
職名
教授
学位
理学博士(大阪市立大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1979年
大阪市立大学 理学研究科 生物学
 
 
 - 
1977年
静岡大学 理学部 生物学
 

受賞

 
2015年7月
日本哺乳類学会 論文賞 A few decades of habitat fragmentation has reduced population genetic diversity: A case study of landscape genetics of the Japanese field mouse, Apodems speciosus
受賞者: 佐藤淳、川上司、田坂由里奈、為西雅也、山口 泰典
 
2000年
第6回「薬剤学」論文賞(優秀論文賞) 多糖類高分子の肝組織内分布特性
受賞者: 金尾義治,中野貴透,田中哲郎,玉木玲子,岩瀬宏樹,山口泰典
 
1997年
日本動物学会 Zoological Science Award 1997 Immunohistology with Antibodies Specific to Test Cells in the Ascidian Ciona intestinalis Suggests Their Role in Larval Tunic Formation
 

Misc

 
ヒト及びアカネズミ毛根由来細胞の培養
山口 泰典、古志 直之、田下 智亜紀
福山大学生命工学部研究年報   14 1-12   2015年
Jun J. Sato, Tsukasa Kawakami, Yurina Tasaka, Masaya Tamenishi, Yasunori Yamaguchi
Mammal Study   39 1-10   2014年   [査読有り]
Jun J. Sato, Akio Shinohara, Nobumoto Miyashita, Chihiro Koshimoto, Kimiyuki Tsuchiya, Ikuyo Nakahara, Tetsuo Morita, Hiromichi Yonekawa, Kazuo Moriwaki, Yasunori Yamaguchi
Mammalian Genome   19(3) 155-162   2006年   [査読有り]
多糖類高分子の肝組織内分布特性
薬剤学   60(3) 183-195   2000年
多糖の肝臓内分布を探る
科学と薬学の教室   (137) 1   2000年

書籍等出版物

 
線虫学実験
京都大学学術出版   2014年10月   
動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術
技術情報協会   2014年4月   
生物工学実験書(共著)
培風館   1992年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
過酸化毒性を消去/緩和する天然由来成分のヒト培養細胞による検索
財団法人サタケ技術振興財団: 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 山口 泰典
線虫C.elegansストレス応答の研究
研究期間: 1999年   
野生マウスDNA多型の研究
委託研究
研究期間: 1998年   
唾液腺由来obigopotent幹細胞の移植
特殊法人等における新たな基礎研究推進制度
研究期間: 2003年   
モノクローナル抗体スクリーニングの自動化