KAWAZOE Kazuyoshi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 11:22
 
Avatar
Name
KAWAZOE Kazuyoshi
Affiliation
Showa University
Section
School of Pharmacy
Job title
Associate Professor
Degree
Ph D(Osaka University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
professor, School of Pharmacy, Showa University
 
2004
 - 
2005
Associate Professor, Institute of Health Biosciences,
 
2003
 - 
2004
Associate Professor, Faculty of Pharmaceutical Sciences,
 
1994
 - 
2003
Lecturer, Faculty of Pharmaceutical Sciences,
 
1992
 - 
1994
Research Associate, Faculty of Pharmaceutical
 

Education

 
Apr 1987
 - 
1992
Division of Pharmaceutical Sciences, Graduate School of Osaka University
 
Apr 1983
 - 
Mar 1987
Faculty of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokushima
 
 
 - 
1987
Faculty of Pharmaceutical Science, The University of Tokushima
 

Published Papers

 
What is the correct adjustment protocol for serum creatinine value to reflect renal function in bedridden elderly patients?
大谷 知子, 賀勢 泰子, 國友 一史, 下岡 和美, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子
日本腎臓病薬物療法学会誌   7(1) 3-12   Jun 2018   [Refereed]
寝たきり高齢患者のための有効で安全な薬物療法を行うためには、加齢が薬物体内動態に影響を及ぼすため、腎機能の正確な評価が必要である。日本では、酵素法により測定された血清クレアチニン(SCr)値を基にした日本人向け推算糸球体濾過量(eGFR)やCockcroft-Gault(CG)式により算出した推定クレアチニンクリアランス(eCCr)が患者の腎機能の指標として使用されている。しかし、eGFRやeCCrを高齢患者にそのまま使用するにはいくつかの問題があり、CG式は、外国人母集団のデータを基に作...
Suyama Y, Tanaka N, Kawazoe K, Murakami K, Li SL, Sun HD, Kashiwada Y
Journal of natural medicines   72(2) 576-581   Mar 2018   [Refereed]
Otani T, Kase Y, Kunitomo K, Shimooka K, Naoe M, Yamamoto H, Kawazoe K, Sato Y, Yamauchi A
The journal of medical investigation : JMI   65(3.4) 195-202   2018   [Refereed]
Okada N, Kobayashi S, Moriyama K, Miyataka K, Abe S, Sato C, Kawazoe K
Asian Pacific journal of tropical medicine   10(5) 439-443   May 2017   [Refereed]
Konaka K, Moriyama K, Sakurada T, Okada N, Imanishi M, Zamami Y, Kawazoe K, Fushitani S, Ishizawa K
Journal of pharmaceutical health care and sciences   3 20   2017   [Refereed]
Lu S, Tanaka N, Kawazoe K, Murakami K, Damdinjav D, Dorjbal E, Kashiwada Y
Journal of natural medicines   70(4) 780-788   Oct 2016   [Refereed]
Okada N, Hanafusa T, Abe S, Sato C, Nakamura T, Teraoka K, Abe M, Kawazoe K, Ishizawa K
Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer   24(9) 3979-3985   Sep 2016   [Refereed]
Abe S, Kaneko MK, Tsuchihashi Y, Izumi T, Ogasawara S, Okada N, Sato C, Tobiume M, Otsuka K, Miyamoto L, Tsuchiya K, Kawazoe K, Kato Y, Nishioka Y
Cancer science   107(9) 1198-1205   Sep 2016   [Refereed]
PCR法を用いた病院内の実態調査からみる来院者がMRSA分布に及ぼす影響
柴田 高洋, 柴田 洋文, 岡田 直人, 伏谷 秀治, 長尾 多美子, 高開 登茂子, 川添 和義, 石澤 啓介
医療薬学   42(6) 400-407   Jun 2016
PCR法を用いた病院内の実態調査からみる来院者がMRSA分布に及ぼす影響について検討した。外来診療棟の玄関ホールに設置された長椅子19脚、小児科外来の廊下に設置された長椅子18脚、内科外来の廊下に設置された長椅子14脚を対象として、それぞれ2回行った。調査した全ての長椅子から好気性細菌を検出した。そのうち、S.aureusは、玄関ホールの長椅子29脚、小児科外来の長椅子25脚、内科外来の長椅子22脚から検出し、MRSAは、玄関ホールの長椅子14脚、内科外来の長椅子16脚から検出した。玄関ホ...
Eldin NE, Abu Lila AS, Kawazoe K, Elnahas HM, Mahdy MA, Ishida T
European journal of pharmaceutical sciences : official journal of the European Federation for Pharmaceutical Sciences   81 60-66   Jan 2016   [Refereed]
Okada N, Fushitani S, Azuma M, Nakamura S, Nakamura T, Teraoka K, Watanabe H, Abe M, Kawazoe K, Ishizawa K
Biological & pharmaceutical bulletin   39(2) 295-300   2016   [Refereed]
Tada T, Aki K, Oboshi W, Kawazoe K, Yasui T, Hosoi E
Drug design, development and therapy   10 3099-3107   2016   [Refereed]
Ando H, Kobayashi S, Abu Lila AS, Eldin NE, Kato C, Shimizu T, Ukawa M, Kawazoe K, Ishida T
Journal of controlled release : official journal of the Controlled Release Society   220(Pt A) 29-36   Dec 2015   [Refereed]
Mizuguchi H, Nariai Y, Kato S, Nakano T, Kanayama T, Kashiwada Y, Nemoto H, Kawazoe K, Takaishi Y, Kitamura Y, Takeda N, Fukui H
Pharmacology research & perspectives   3(5) e00166   Oct 2015   [Refereed]
病棟薬剤師による抗MRSA薬の適正使用に対する介入の効果
岡田 直人, 伏谷 秀治, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介, 東 桃代, 中村 信元, 中曽 亜佐美, 藤原 範子, 渡辺 浩良, 安倍 正博
四国医学雑誌   71(1-2) 49-50   Apr 2015
Miyamoto L, Yagi Y, Hatano A, Kawazoe K, Ishizawa K, Minakuchi K, Tomita S, Tsuchiya K
Biochimica et biophysica acta   1850(4) 640-646   Apr 2015   [Refereed]
Sakurada T, Kakiuchi S, Tajima S, Horinouchi Y, Okada N, Nishisako H, Nakamura T, Teraoka K, Kawazoe K, Yanagawa H, Nishioka Y, Minakuchi K, Ishizawa K
The Annals of pharmacotherapy   49(4) 398-404   Apr 2015   [Refereed]
Sakurada T, Kakiuchi S, Tajima S, Horinouchi Y, Konaka K, Okada N, Nishisako H, Nakamura T, Teraoka K, Kawazoe K, Yanagawa H, Nishioka Y, Ishizawa K
Biological & pharmaceutical bulletin   38(11) 1752-1756   2015   [Refereed]
ATP拭き取り調査による院内環境表面のモニタリング(Investigation of the Cleanliness of Hospital Environmental Surfaces by Adenosine Triphosphate Bioluminescence Assay)
柴田 洋文, 川添 和義, 柴田 高洋, 伏谷 秀治, 渡邉 美穂, 高開 登茂子, 長尾 多美子, 東 満美, 水口 和生
日本環境感染学会誌   29(6) 417-423   Nov 2014
病院環境表面のモニタリングについて、アデノシン三リン酸(ATP)生物発光および微生物学検定を組み合わせて使用することにより評価した。目的は、患者に対して危険をもたらしうる微生物汚染の迅速な検知方法を開発することである。この目的のために、私たちは、外来患者病棟におけるトイレ設備表面のATP生物発光分析および微生物学的検査を行なった。5ヶ所のスクリーニング部位はすべて、清潔で消毒されたステンレス鋼表面よりも著しく高いATPレベルを示し、高度接触表面であること、そして有意に高い濃度の有機物を保持...
インスリン注射により生じた皮下硬結を有する患者の実態調査とその介入の有用性の検討
鈴木 麗子, 大和 光, 川添 和義, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安藝 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英
プラクティス   31(6) 815-821   Nov 2014
インスリン注射による皮下硬結は血糖管理を妨げる重要な一因である。本研究は、皮下硬結の発生率と要因を横断的に解析すること、自己注射の指導が皮下硬結の改善に及ぼす効果を検討することを目的とした。対象は徳島大学病院フットケア外来のインスリン治療患者50人であり、そのうち54%が皮下硬結を有していた。その関連因子として、多い注射回数あるいは長い治療期間、限局した部位への注射、皮下硬結に関する低い自覚が抽出された。皮下硬結を有する患者に対し看護介入を実施し、消失状況の臨床背景や消失期間について検討し...
Hashida C, Tanaka N, Kawazoe K, Murakami K, Sun HD, Takaishi Y, Kashiwada Y
Journal of natural medicines   68(4) 737-742   Oct 2014   [Refereed]
Horinouchi Y, Summers FA, Ehrenshaft M, Kawazoe K, Tsuchiya K, Tamaki T, Mason RP
Free radical biology & medicine   75 Suppl 1 S33   Oct 2014   [Refereed]
Okada N, Hanafusa T, Sakurada T, Teraoka K, Kujime T, Abe M, Shinohara Y, Kawazoe K, Minakuchi K
Journal of clinical medicine research   6(4) 252-260   Aug 2014   [Refereed]
ヒト結腸腺癌由来Caco-2細胞の増殖に与える酸素分圧の影響
秦野 彩, 宮本 理人, 八木 祐子, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 川添 和義, 水口 和生
四国医学雑誌   70(1-2) 42-43   Apr 2014
Yoshida K, Yoshioka M, Okamura H, Moriyama S, Kawazoe K, Grenier D, Hinode D
PloS one   9(11) e112689   2014   [Refereed]
徳島大学病院における臨床研究・治療教育 薬学生実務実習における現状
渡邉 美穂, 田島 壮一郎, 大和 志保, 天羽 亜美, 明石 晃代, 高井 繁美, 宮本 登志子, 楊河 宏章, 阿部 真治, 東 満美, 伊勢 夏子, 伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生
四国医学雑誌   69(5-6) 297-297   Dec 2013
Suyama Y, Kurimoto SI, Kawazoe K, Murakami K, Sun HD, Li SL, Takaishi Y, Kashiwada Y
Fitoterapia   91 166-172   Dec 2013   [Refereed]
Abe S, Morita Y, Kaneko MK, Hanibuchi M, Tsujimoto Y, Goto H, Kakiuchi S, Aono Y, Huang J, Sato S, Kishuku M, Taniguchi Y, Azuma M, Kawazoe K, Sekido Y, Yano S, Akiyama S, Sone S, Minakuchi K, Kato Y, Nishioka Y
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   190(12) 6239-6249   Jun 2013   [Refereed]
開発培養チャンバーを用いた物理的圧迫によるHUVEC細胞骨格変化の影響
庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生
四国医学雑誌   69(1-2) 108-108   Apr 2013
Okada N, Kawazoe K, Teraoka K, Kujime T, Abe M, Shinohara Y, Minakuchi K
Biological & pharmaceutical bulletin   36(10) 1622-1626   2013   [Refereed]
新規開発培養チャンバーを用いた物理的圧迫によるHUVEC細胞骨格への影響
庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生
臨床検査   56(7) 803-805   Jul 2012
内皮細胞は機械的な圧迫刺激にさらされている.しかし,曝露が内皮細胞機能にどのような影響をもたらすか十分理解されていない.そこで,筆者らは正常ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)を3日間培養し,機械的な圧迫状態にできる還流培養チャンバーを開発し,顕微鏡下で37℃,150mmHgの機械的圧迫状態を観察しながら,30分間培養した.その後,4%PFAで固定し,ファロイジンでアクチン染色を行い,その形態変化を蛍光顕微鏡で撮影後検討した.その結果,機械的圧迫状態で30分間処理したHUVEC細胞内アクチン...
高麗紅参バチラス(Red Ginseng Bacillus)の水系およびアルコール抽出成分によるウシ副腎クロマフィン細胞内遊離カルシウムへの影響
庄野 正行, 金 泰潤, 小中 健, 宮谷 綾, 川添 和義, 水口 和生
臨床検査   56(6) 690-692   Jun 2012
ウシ副腎クロマフィン細胞において,アセチルコリン(Ach)刺激によるカテコールアミン分泌には,細胞内遊離カルシウム濃度の上昇が必須である.今回,高麗紅参バチラス(RGB)とニンジン(日本薬局方ニンジン)由来のアルコール抽出物および水系抽出物を副腎クロマフィン細胞に添加し,Ach存在下,非存在下における細胞内カルシウム濃度の変化を観察した.その結果,Ach非存在下において,RGBおよびニンジンのアルコール抽出物は,その単独投与で細胞内カルシウム濃度を一過性に上昇させた.一方,RGBおよびニン...
細菌感染症患者におけるスタチンの多面的効果
西谷 典子, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 瀧口 益史, 川添 和義, 吉原 新一, 水口 和生
四国医学雑誌   68(1-2) 29-34   Apr 2012
入院患者延べ30546名中細菌感染症患者は2209名で、うちスタチン服用者は152名であった。スタチン服用群と非服用群では、性別に有意差はなく、年齢別で39歳以下は非服用群で、40歳以上は服用群で有意に多かった。感染症別では服用群で肺炎罹患率が、非服用群で敗血症罹患率が有意に高かった。院内感染原因菌9種が分離された肺炎・敗血症患者は1211名(男性747名、女性464名、スタチン服用群84名、非服用群1127名)で、分離菌はS.aureus:37.8%、K.pneumoniae:17.8%...
DPIにより誘導されるヒト培養HepG2細胞死のDNA構造の解明
庄野 正行, 北村 光夫, 小中 健, 川添 和義, 水口 和生
臨床検査   56(3) 331-334   Mar 2012
アポトーシスによる細胞死は,DNAが損傷を受けて自ら死ぬことを言う.DPIは,NADPHオキシダーゼを含むフラビン酵素の阻害剤として知られており,また,ミトコンドリア呼吸鎖の複合体Iを阻害することも知られている.しかし,DPIにより誘導されるアポトーシス型細胞死において,どのようなDNA構造で壊れているかは知られていない.そこで今回,培養ヒト肝臓癌細胞HepG2を用いて,DNA染色,DAPIとPIの二重蛍光染色法を用いてDNA構造を解明したので報告する.(著者抄録)
Tajima S, Ikeda Y, Sawada K, Yamano N, Horinouchi Y, Kihira Y, Ishizawa K, Izawa-Ishizawa Y, Kawazoe K, Tomita S, Minakuchi K, Tsuchiya K, Tamaki T
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   302(1) E77-86   Jan 2012   [Refereed]
Shibata H, Nishitani N, Yaohara S, Arakaki N, Higuti T, Kawazoe K, Minakuchi K
The journal of medical investigation : JMI   59(1月2日) 186-191   2012   [Refereed]
Kirino Y, Sei M, Kawazoe K, Minakuchi K, Sato Y
Endocrine journal   59(10) 949-953   2012   [Refereed]
血圧上昇を指標としたベバシズマブ投与結腸・直腸がん患者の効果予測に関する検討
堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 田島 壮一郎, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生
薬学雑誌   131(8) 1251-1257   Aug 2011
ベバシズマブ併用mFOLFOX6およびFOLFIRI療法を施行した切除不能進行再発結腸・直腸癌患者36例(男20名、女16名、36〜81歳)を対象に、血圧変動について調査し、血圧上昇と治療効果との関連性について検討した。ベバシズマブ投与後4コースまでに血圧上昇を認めた10例を血圧上昇群、26例を非上昇群とした。血圧上昇群の血圧はベバシズマブ初回投与前に比べ、非上昇群よりも大きく変動し、また持続的な血圧上昇が認められた。奏効率は血圧上昇群60.0%、非上昇群23.1%、病勢コントロール率は血...
ヒト腎糸球体血管内皮細胞において細胞内遊離鉄はangiotensin IIによるICAM-1の発現を増強する
田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃
日本腎臓学会誌   53(3) 395-395   May 2011
Okada N, Yamamoto T, Watanabe M, Yoshimura Y, Obana E, Yamazaki N, Kawazoe K, Shinohara Y, Minakuchi K
Protein expression and purification   77(1) 118-123   May 2011   [Refereed]
Kawazoe K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   131(3) 401-405   Mar 2011   [Refereed][Invited]
Kirino Y, Sato Y, Kamimoto T, Kawazoe K, Minakuchi K
American journal of physiology. Endocrinology and metabolism   300(2) E372-9   Feb 2011   [Refereed]
Nishisako H, Ikehara T, Shiraishi T, Minami Y, Sasaki HI, Houchi H, Kawazoe K, Minakuchi K, Kitamura M, Shono M, Yoshizaki K, Kinouchi Y, Miyamoto H
The journal of medical investigation : JMI   58(1月2日) 95-105   Feb 2011   [Refereed]
Fukuhara Y, Tsuchiya K, Horinouchi Y, Tajima S, Kihira Y, Hamano S, Kawazoe K, Ikeda Y, Ishizawa K, Tomita S, Tamaki T
The journal of medical investigation : JMI   58(1月2日) 118-126   Feb 2011   [Refereed]
Sato Y, Koshioka S, Kirino Y, Kamimoto T, Kawazoe K, Abe S, Minakuchi K, Nakahori Y
Life sciences   88(1月2日) 43-49   Jan 2011   [Refereed]
Horinouchi Y, Tsuchiya K, Taoka C, Tajima S, Kihira Y, Matsuda Y, Shishido K, Yoshida M, Hamano S, Kawazoe K, Ikeda Y, Ishizawa K, Tomita S, Tamaki T
Chemical & pharmaceutical bulletin   59(2) 208-214   2011   [Refereed]
Horinouchi Y, Sakurada T, Nakamura T, Tajima S, Nishisako H, Abe S, Teraoka K, Kujime T, Kawazoe K, Minakuchi K
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   131(8) 1251-1257   2011   [Refereed]
Kim SY, Kashiwada Y, Kawazoe K, Murakami K, Sun HD, Li SL, Takaishi Y
Chemical & pharmaceutical bulletin   59(10) 1281-1284   2011   [Refereed]
Ikehara T, Nishisako H, Minami Y, Ichinose Sasaki H, Shiraishi T, Kitamura M, Shono M, Houchi H, Kawazoe K, Minakuchi K, Yoshizaki K, Kinouchi Y, Miyamoto H
Biochimica et biophysica acta   1800(12) 1221-1230   Dec 2010   [Refereed]
Tajima S, Tsuchiya K, Horinouchi Y, Ishizawa K, Ikeda Y, Kihira Y, Shono M, Kawazoe K, Tomita S, Tamaki T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   33(7) 713-721   Jul 2010   [Refereed]
Yanagawa H, Terao J, Takeda E, Takaishi Y, Kashiwada Y, Kawazoe K, Fushitani S, Tsuchiya K, Yamauchi A, Sato C, Irahara M
Experimental and therapeutic medicine   1(3) 481-483   May 2010   [Refereed]
Ishizawa K, Izawa-Ishizawa Y, Dorjsuren N, Miki E, Kihira Y, Ikeda Y, Hamano S, Kawazoe K, Minakuchi K, Tomita S, Tsuchiya K, Tamaki T
Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association   25(2) 364-372   Feb 2010   [Refereed]
脳低温療法時におけるミダゾラムの適正投与に向けて
下岡 幸恵, 鳥井 真由美, 伊勢 夏子, 阿部 真治, 島原 由美子, 川添 和義, 黒田 泰弘, 芳地 一, 水口 和生
TDM研究   27(1) 33-38   Jan 2010
本研究では、脳保護を目的に施行される脳低温療法(BHT)施行患者におけるミダゾラム(MDZ)の適正な投与方法の確立に向け、その体内動態を詳細に検討した。その結果、MDZ血中濃度が低体温期において上昇している者がいた。これらの患者では、低体温期にMDZのCLtotが低下、T1/2(β)が延長していた。また、復温完了時と比べて低体温期に肝血流量が減少していた患者が認められた。以上のことから、低体温期にはMDZ肝代謝能低下が起こり、これには肝血流量減少が関与している可能性が示唆された。さらに、発...
徳島大学病院における結核患者の現状と徳島県の結核診療の動向
飛梅 亮, 中野 沙織, 東 桃代, 西岡 安彦, 曽根 三郎, 川添 和義, 水口 和生, 田蒔 美歩, 大坂 祐貴, 土屋 浩一郎, 阿部 真治
四国医学雑誌   65(5-6) 200-201   Dec 2009   [Refereed]
Ishizawa K, Dorjsuren N, Izawa-Ishizawa Y, Sugimoto R, Ikeda Y, Kihira Y, Kawazoe K, Tomita S, Tsuchiya K, Minakuchi K, Tamaki T
The Journal of endocrinology   202(2) 309-316   Aug 2009   [Refereed]
抗菌薬、抗がん剤による薬物療法における乳酸菌生菌製剤の併用状況
伏谷 秀治, 柴田 洋文, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 西迫 寛隆, 川添 和義, 水口 和生
医療薬学   35(5) 360-367   May 2009   [Refereed]
徳島大学病院におけるビオフェルミン(BF)、ビオフェルミンR(BFR)と抗菌薬、抗がん剤との併用状況をオーダリングシステムより調査し、また、徳島大学病院に勤務する医師に対して、BF、BFRの使用に関するアンケート調査を行った。入院患者、外来患者(院外処方、院内処方)を対象にBF、BFRと抗がん剤、抗菌薬がそれぞれ処方されていた症例を検索した。BFが処方されていた症例数は1631例、BFRが処方されていた症例数は1010例であった。抗がん剤との併用については、BFはBFRよりも抗がん剤(内服...
現役薬剤師を対象とした漢方薬意識調査 効果的な漢方教育の実現に向けて
川添 和義, 坂本 久美子, 伏谷 秀治, 阿部 真治, 久次米 敏秀, 寺岡 和彦, 水口 和生
医療薬学   35(5) 351-359   May 2009   [Refereed]
徳島県を一つのモデルとして、薬剤師にアンケート調査を行い、漢方教育や漢方そのものに対する現役薬剤師の認識、要求などについて明らかにするとともに、その調査結果の統計的解析による効果的な漢方生涯教育の在り方について考察した。調剤薬局が約6割を占め、全体の87.2%の施設で煎剤の調剤を含めた漢方調剤を実施していた。調剤薬局では漢方調剤のみを行っているものが調整残差の検定で有意に多かった。また、漢方製剤の採用数は、病院・診療所と調剤薬局の間で有意差がみられ、項目間では病院・診療所で「10種類未満」...
徳島大学病院における結核患者の臨床的検討
中野 沙織, 西岡 安彦, 曽根 三郎, 川添 和義, 水口 和生, 東 桃代, 田蒔 美歩, 大坂 祐貴, 土屋 浩一郎, 阿部 真治
四国医学雑誌   65(1-2) 51-51   Apr 2009   [Refereed]
Kirino Y, Kamimoto T, Sato Y, Kawazoe K, Minakuchi K, Nakahori Y
Biological & pharmaceutical bulletin   32(3) 463-467   Mar 2009   [Refereed]
Motobayashi Y, Izawa-Ishizawa Y, Ishizawa K, Orino S, Yamaguchi K, Kawazoe K, Hamano S, Tsuchiya K, Tomita S, Tamaki T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   32(3) 188-193   Mar 2009   [Refereed]
Ishizawa K, Izawa-Ishizawa Y, Ohnishi S, Motobayashi Y, Kawazoe K, Hamano S, Tsuchiya K, Tomita S, Minakuchi K, Tamaki T
Journal of pharmacological sciences   109(2) 257-264   Feb 2009   [Refereed]
Kirino Y, Sato Y, Kamimoto T, Kawazoe K, Minakuchi K, Nakahori Y
The Journal of endocrinology   200(1) 53-61   Jan 2009   [Refereed]
Kanematsu Y, Yamaguchi K, Ohnishi H, Motobayashi Y, Ishizawa K, Izawa Y, Kawazoe K, Kondo S, Kagami S, Tomita S, Tsuchiya K, Tamaki T
American journal of physiology. Renal physiology   295(5) F1457-62   Nov 2008   [Refereed]
Ohnishi H, Iwanaga S, Kawazoe K, Ishizawa K, Orino S, Tomita S, Tsuchiya K, Kanematsu Y, Harada N, Mori K, Tsuchihashi T, Ishikawa Y, Tamaki T
Journal of agricultural and food chemistry   56(21) 10092-10098   Nov 2008   [Refereed]
Izawa Y, Yoshizumi M, Ishizawa K, Fujita Y, Kondo S, Kagami S, Kawazoe K, Tsuchiya K, Tomita S, Tamaki T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   30(11) 1107-1117   Nov 2007   [Refereed]
Abe S, Ohnishi H, Tsuchiya K, Ishizawa K, Torii M, Kanematsu Y, Kawazoe K, Minakuchi K, Yoshizumi M, Tamaki T
Journal of pharmacological sciences   102(1) 103-111   Sep 2006   [Refereed]
Ramos F, Takaishi Y, Kawazoe K, Osorio C, Duque C, Acu?a R, Fujimoto Y, Sato M, Okamoto M, Oshikawa T, Ahmed SU
Phytochemistry   67(11) 1143-1150   Jun 2006   [Refereed]
Kanematsu Y, Tsuchiya K, Ohnishi H, Motobayashi Y, Izawa Y, Ishihara M, Ishizawa K, Abe S, Kawazoe K, Tamaki T
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   29(5) 369-374   May 2006   [Refereed]
Tanaka N, Duan H, Takaishi Y, Kawazoe K, Goto S
Phytochemistry   61(1) 93-98   Sep 2002   [Refereed]
Okazaki K, Kawazoe K, Takaishi Y
Phytotherapy research : PTR   16(4) 398-399   Jun 2002   [Refereed]

Misc

 
掌蹠膿疱症に防風通聖散合桂枝茯苓丸が有効であった1例
高橋 浩子, 川添 和義, 日笠 久美
日本東洋医学雑誌   70(別冊) 182-182   Jun 2019
【病態と薬剤からわかる 水・電解質・酸塩基平衡】(第7章)電解質異常を生じやすい薬剤 漢方薬
川添 和義
薬事   61(7) 1321-1328   May 2019
<Key Points>・甘草を含む漢方薬には、服薬期間やその含有量の多少に関わらず、偽アルドステロン症や低K血症発症のリスクがあり、特に中高年の女性や高齢者、低体重、低身長の人は注意する必要がある。・電解質異常に気づくためには、漢方薬服用後1ヵ月以内の血液検査が有効で、早期発見のためにも毎日の血圧測定が推奨される。・複数の漢方薬を併用することで副作用発現リスクが高まる可能性がある。・甘草を含む漢方薬は、利尿薬やインスリンとの併用で重篤な低K血症になる危険がある。・OTC医薬品にも甘草やそ...
日本腎臓病薬物療法学会誌に投稿してみよう! 研究デザインから査読まで
辻本 雅之, 山本 武人, 山本 和宏, 川添 和義
日本腎臓病薬物療法学会誌   8(1) 11-16   Apr 2019
天然医薬の可能性を探る
川添 和義
昭和学士会雑誌   79(2) 141-145   Apr 2019
天然医薬の可能性を探る
川添 和義
昭和学士会雑誌   79(2) 214-215   Apr 2019
モンゴル民族伝統薬物に関する研究 オオバコ科植物Linaria buriatica地上部の成分研究(2)
任 翌, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Tsogtbaatar Ariuntuya, Bunddulam Perleidulam, Damjinjv Davaadagva, 柏田 良樹
日本薬学会年会要旨集   139年会(2) 202-202   Mar 2019
紫根に含まれる血液線溶促進活性成分の探索
小池 佑果, 長澤 美侑, 福村 基徳, 高松 智, 川添 和義
日本薬学会年会要旨集   139年会(2) 207-207   Mar 2019
健康寿命の延伸に向けた生薬及び漢方薬の評価
高松 智, 荒川 菜々恵, 岡田 麗, 保谷 実咲, 小池 佑果, 福村 基徳, 安田 佳代, 石井 直明, 川添 和義
日本薬学会年会要旨集   139年会(2) 207-207   Mar 2019
【婦人科漢方でもっと寄り添える!】薬剤師のための漢方基礎知識
川添 和義
調剤と情報   24(16) 2390-2395   Dec 2018
漢方方剤冠元顆粒が糖尿病性腎障害への進展を改善 LLC-PK1細胞とdb/dbマウスを用いた検討(Chinese prescription Kangen-karyu ameliorates the development of diabetic renal damage using LLC-PK1 cells and db/db mice)
岡本 拓也, 朴 鑽欽, 瀬井 康雄, 川添 和義, 横澤 隆子
日本腎臓病薬物療法学会誌   7(3) 171-180   Dec 2018
冠元顆粒は、多彩な生理活性を有し、かつ毒性や副作用がないことから、多くの報告がなされている。我々は、糖尿病性腎障害モデル実験より、冠元顆粒が糖尿病腎に対する治療の証拠を得たので、ここに報告する。まず、腎近位尿細管由来の上皮細胞株のLLC-PK1細胞を用いた実験において、高グルコースでひき起こされる酸化ストレス状態を、冠元顆粒添加群で改善する知見が得られた。さらに、2型糖尿病モデルのdb/dbマウスに、冠元顆粒を投与した腎組織中の終末糖化産物や線維症関連蛋白が低下していた。酸化ストレスや炎症...
モンゴル民族伝統薬物に関する研究 ゴマノハグサ科植物Linaria buriatica地上部の成分研究
任 翌, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Tsogtbaatar Ariuntuya, Bunddulam Perleidulam, Damjinjv Davaadagva, 柏田 良樹
日本生薬学会年会講演要旨集   65回 134-134   Aug 2018
治打撲一方に含まれる血液凝固線溶系に対する活性成分の探索
小池 佑果, 佐藤 香里, 福村 基徳, 高松 智, 川添 和義
日本生薬学会年会講演要旨集   65回 239-239   Aug 2018
抗老化を目指した人参湯類の漢方薬の評価
高松 智, 米野 真織, 小谷野 響子, 林 真雪, 塩田 圭, 上村 風花, 福井 理紗, 小池 佑果, 福村 基徳, 安田 佳代, 石井 直明, 川添 和義
日本生薬学会年会講演要旨集   65回 240-240   Aug 2018
【東洋医学と腎泌尿器疾患】漢方治療の考え方
川添 和義
腎臓内科・泌尿器科   7(5) 435-439   May 2018
モンゴル民族伝統薬物に関する研究 シソ科植物Laphanthus chinensis地上部の成分研究(2)
山田 健太, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Damdinjav Davaadagva, Dorjval Enkhjargal, 柏田 良樹
日本薬学会年会要旨集   138年会(2) 205-205   Mar 2018
抗老化を目指した生薬及び漢方薬の評価
高松 智, 米野 真織, 小谷野 響子, 林 真雪, 小池 佑果, 福村 基徳, 安田 佳代, 石井 直明, 川添 和義
日本薬学会年会要旨集   138年会(2) 210-210   Mar 2018
冠元顆粒による糖尿病性腎症進展への抑制作用
岡本 拓也, 川添 和義, 横澤 隆子
昭和学士会雑誌   78(1) 88-88   Feb 2018
透析患者への薬物適正使用 透析患者への漢方薬適正使用
川添 和義
日本腎臓病薬物療法学会誌   6(2) S58-S58   Sep 2017
オウギに含まれる血液凝固線溶系に影響を与える成分の探索
小池 佑果, 片山 頌子, 福村 基徳, 高松 智, 川添 和義
和漢医薬学会学術大会要旨集   34回 103-103   Aug 2017
徳島大学における担当患者を用いた多職種連携教育の取り組み
吾妻 雅彦, 長宗 雅美, 岩田 貴, 石澤 啓介, 川添 和義, 西岡 安彦, 赤池 雅史
医学教育   48(Suppl.) 223-223   Aug 2017
雲南省産伝統薬物に関する研究 アカネ科植物Rubia yunnanensis根の成分研究
東野 勇佑, 洲山 佳寛, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 李 順林, 孫 漢董, 柏田 良樹
日本生薬学会年会講演要旨集   64回 90-90   Aug 2017
抗老化を目指した生薬及び漢方薬の評価
高松 智, 荒川 菜々恵, 岡田 麗, 保谷 実咲, 舘野 正寛, 田中 雄基, 林 理子, 増田 由妃, 小池 佑果, 福村 基徳, 安田 佳代, 石井 直明, 川添 和義
日本生薬学会年会講演要旨集   64回 272-272   Aug 2017
薬物療法における実践的能力育成に向けたルーブリック評価の活用
佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 土屋 浩一郎, 川添 和義
日本薬学会年会要旨集   137年会(4) 226-226   Mar 2017
薬剤師による処方設計 TDM支援および多職種チームカンファレンスを基盤とした薬剤師によるシームレスな薬物療法支援
岡田 直人, 川添 和義
医薬ジャーナル   52(11) 2537-2541   Nov 2016
病棟薬剤業務実施加算の策定に伴い,病棟薬剤師がシームレスに薬物療法へ関与する機会が増加してきている。徳島大学病院細胞治療センターでは,病棟薬剤師によるTDM(薬物血中濃度モニタリング)支援および感染対策チームによる多職種カンファレンスを通じて,抗MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)薬を用いた感染症治療に対して病棟薬剤師がシームレスに関与している。病棟薬剤師がさまざまなプラットフォームを用いて抗MRSA薬による薬物療法支援を行うことで,ガイドラインに沿った適正なTDMが推進され,有益な臨...
腎と漢方薬
川添 和義
日本腎臓病薬物療法学会誌   5(2) S97-S97   Oct 2016
【あらゆる薬剤の投与方法がバッチリわかる!透析中の薬剤投与のきほん】漢方薬
川添 和義
透析ケア   22(6) 558-560   Jun 2016
ペメトレキセド封入カチオン性リポソームの胸腔内直接投与を介した悪性胸膜中皮腫治療
安藤 英紀, 小林 早紀子, Lila Amr S. Abu, 川添 和義, 石田 竜弘
日本薬剤学会年会講演要旨集   31年会 133-133   May 2016
漢方薬ききめのめきき 漢方製剤のエビデンスを使いこなす
新井 一郎, 川添 和義, 篠原 久仁子, 元雄 良治
薬事   58(5) 843-848   Apr 2016
雲南省産伝統薬物に関する研究 Gentiana rigescensの成分研究(7)
洲山 佳寛, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 柏田 良樹
日本薬学会年会要旨集   136年会(2) 61-61   Mar 2016
パクリタキセル誘発性神経障害に対する漢方製剤抽出物の影響
小中 健, 花房 剛志, 田中 恭平, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 川添 和義, 石澤 啓介
日本薬学会年会要旨集   136年会(3) 188-188   Mar 2016
悪性胸膜中皮腫同所移植マウスに対する抗ポドプラニン抗体NZ-12とペメトレキセドの併用効果の検討
和泉 俊尋, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 岡田 直人, 加藤 幸成, 西岡 安彦, 川添 和義
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 76-76   Mar 2016
自家造血幹細胞移植併用大量化学療法における味覚障害の発現に関与する危険因子の探索
岡田 直人, 花房 剛志, 阿部 真治, 佐藤 智恵美, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介, 川添 和義
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 89-89   Mar 2016
薬局実務実習における能動的な学びの促進と課題解決能力の醸成に向けた連携指導の検討
佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 山本 香織, 東 満美, 土屋 浩一郎, 川添 和義
日本薬学会年会要旨集   136年会(4) 225-225   Mar 2016
寝たきり高齢者における腎機能評価 Scr補正の検証
大谷 知子, 賀勢 泰子, 國友 一史, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子
日本腎臓病薬物療法学会誌   4(2) S168-S168   Sep 2015
モンゴル民族伝統薬物に関する研究 キク科植物Saussurea pricei花部の成分研究
苅舎 里紗, 田中 直伸, 川添 和義, 村上 光太郎, Damdinjav Davaadagva, Dorjval Enkhjargal, 柏田 良樹
日本生薬学会年会講演要旨集   62回 132-132   Aug 2015
当院薬剤部における管理ツール作成による副作用情報収集の効率化
石田 俊介, 伏谷 秀治, 前田 和輝, 渡邉 美穂, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介
日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集   18回 130-130   Jun 2015
精神科病棟における炭酸リチウムの適正使用状況の推移
桐野 靖, 中村 敏巳, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介
日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集   18回 140-140   Jun 2015
キクイモ(Helianthus tuberosus)の肝臓における脂肪蓄積抑制効果の検討
小林 真也, 森山 耕太, 松田 実紗, 岡田 直人, 福壽 由法, 富加見 正樹, 森本 俊司, 川添 和義, 石澤 啓介
日本薬学会年会要旨集   135年会(2) 93-93   Mar 2015
病棟薬剤師によるプロトコルに基づく薬物治療管理の実践 抗MRSA薬の適正使用に対する効果
岡田 直人, 伏谷 秀治, 東 桃代, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 渡辺 浩良, 安倍 正博, 石澤 啓介
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 87-87   Mar 2015
徳島大学病院における真菌感染BUNDLEの活用について
西迫 寛隆, 中川 博之, 東 桃代, 下岡 幸恵, 伏谷 秀治, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義, 石澤 啓介
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 89-89   Mar 2015
高齢者における腎機能評価に影響を与える因子の検討 実測Ccrと推定Ccrの比較
大谷 知子, 賀勢 泰子, 山本 浩子, 國友 一史, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子
日本薬学会年会要旨集   135年会(4) 193-193   Mar 2015
肺癌薬物療法における薬剤性間質性肺炎の発症とそのリスク因子の解析
櫻田 巧, 柿内 聡司, 田島 壮一郎, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 西岡 安彦, 楊河 宏章, 水口 和夫
肺癌   54(5) 573-573   Oct 2014
産婦人科におけるシスプラチンによる腎障害に対する予測因子の検討
田中 里奈, 鈴木 杏奈, 小中 健, 上村 卓広, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 川添 和義
日本腎臓病薬物療法学会誌   3(2) S155-S155   Sep 2014
若手医師とコメディカルのための透析患者の薬物適正使用 透析患者への漢方薬適正使用
川添 和義
日本透析医学会雑誌   47(Suppl.1) 440-440   May 2014
雲南省産伝統薬物に関する研究 Gentiana rigescensの成分研究(4)
洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹
日本薬学会年会要旨集   134年会(2) 163-163   Mar 2014
雲南省伝統薬物に関する研究 Potentilla freyniana地上部の成分研究
市川 沙季, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹
日本薬学会年会要旨集   134年会(2) 163-163   Mar 2014
モンゴル民族伝統薬物に関する研究 Sanguisorba officinalis花部の成分研究(2)
小早川 夏樹, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹
日本薬学会年会要旨集   134年会(2) 163-163   Mar 2014
モンゴル民族伝統薬物に関する研究 Gentiana algida地上部の成分研究
武方 みなみ, 栗本 慎一郎, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, Dorjval Enkhjargal, Damdinjav Davaadagva, 柏田 良樹
日本薬学会年会要旨集   134年会(2) 163-163   Mar 2014
血管内皮細胞におけるビンカロイドの細胞傷害に対するエフェリドンの影響
小中 健, 花房 剛志, 森山 耕太, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   134年会(2) 225-225   Mar 2014
悪性胸膜中皮腫移植マウスに対するNZ-1およびラットNK細胞併用投与の抗腫瘍効果
阿部 真治, 木宿 昌俊, 中瀬 真理, 佐藤 智恵美, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   134年会(4) 55-55   Mar 2014
加味逍遙散及び芍薬甘草湯がpaclitaxelによる末梢神経障害モデル細胞に与える影響
花房 剛志, 須江 和由, 森山 耕太, 小中 健, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   134年会(4) 133-133   Mar 2014
ハイリスク薬チェックにおけるファイルメーカーProの活用
伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 川添 和義, 桐野 靖, 石田 俊介, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   134年会(4) 153-153   Mar 2014
ペメトレキセド治療における皮疹に対するデキサメタゾン投与量の検討
櫻田 巧, 田島 壮一郎, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 西岡 安彦, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   134年会(4) 190-190   Mar 2014
雲南省産伝統薬物に関する研究 Saussurea lanicepsの成分研究(2)
中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹
日本生薬学会年会講演要旨集   60回 195-195   Aug 2013
雲南省産伝統薬物に関する研究 Gentiana rigescensの成分研究(3)
洲山 佳寛, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 柏田 良樹
日本生薬学会年会講演要旨集   60回 196-196   Aug 2013
センリョウ科Chloranthus spicatus根の成分研究
金 尚永, 柏田 良樹, 高石 喜久, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高上馬 希重
日本生薬学会年会講演要旨集   60回 280-280   Aug 2013
剤型の違いによる麻子仁丸の脂質含量ならびに成分変化の差異に関する考察
川添 和義
日本東洋医学雑誌   64(別冊) 252-252   Apr 2013
ヒトNK細胞を介した抗ポドプラニン抗体NZ-8の悪性胸膜中皮腫に対する抗腫瘍効果
阿部 真治, 加藤 幸成, 金子 美華, 木宿 昌俊, 川添 和義, 東 満美, 埴淵 昌毅, 水口 和生, 西岡 安彦
日本呼吸器学会誌   2(増刊) 331-331   Mar 2013
新規ヒト・キメラ型抗ポドプラニン抗体の悪性胸膜中皮腫に対する選択性の検討
阿部 真治, 谷口 友紀, 木宿 昌俊, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   133年会(4) 64-64   Mar 2013
抗菌薬適正使用のための使用状況管理ツールの構築
石田 俊介, 伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   133年会(4) 146-146   Mar 2013
デノスマブによる低カルシウム血症に対する予防投与の有用性
岡田 直人, 河野 渉, 伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   133年会(4) 183-183   Mar 2013
種々のセラミド1-リン酸分子種の細胞遊走及び抗アポトーシス活性
山下 量平, 安藤 千恵, 田畑 優美香, 喜田 孝史, 清水 嘉文, 西迫 寛隆, 川添 和義, 田中 保, 徳村 彰
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 2P-088   Dec 2012
機能未知タンパク質TMEM45Bの熱凝集に関与するアミノ酸配列の同定
岡田 直人, 山本 武範, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 尾華 絵里子, 山崎 尚志, 川添 和義, 篠原 康雄, 水口 和生
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   85回 3P-178   Dec 2012
抗ポドプラニン抗体NZ-1の悪性胸膜中皮腫に対する抗体依存性細胞障害活性と抗腫瘍効果
埴淵 昌毅, 阿部 真治, 加藤 幸成, 金子 美華, 木宿 昌俊, 川添 和義, 黄 俊, 三橋 惇志, 水口 和生, 西岡 安彦
肺癌   52(5) 769-769   Oct 2012
UGT1A1遺伝子のヘテロ接合体(*6または*28)を持つイリノテカン投与患者における治療安全性ならびに継続性に関する検討
田島 壮一郎, 櫻田 巧, 柿内 聡司, 上松 卓, 片島 るみ, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 西岡 安彦, 楊河 宏章, 水口 和生
臨床薬理   43(Suppl.) S220-S220   Oct 2012
悪性胸膜中皮腫に対するラット-ヒトキメラ型抗ポドプラニン抗体NZ-8の抗腫瘍効果(Antitumor effects of anti-podoplanin rat-human chimeric antibody NZ-8 against malignant mesothelioma)
西岡 安彦, 阿部 真治, 木宿 昌俊, 川添 和義, 黄 俊, 埴淵 昌毅, 水口 和生, 曽根 三郎, 加藤 幸成
日本癌学会総会記事   71回 148-148   Aug 2012
鉄キレート剤は肥満の脂肪肥大進展を抑制する
田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃
日本薬理学雑誌   139(3) 30P-30P   Mar 2012
悪性胸膜中皮腫に対する抗ポドプラニン抗体NZ-1の抗腫瘍効果に関する検討
阿部 真治, 加藤 幸成, 金子 美華, 木宿 昌俊, 川添 和義, 東 満美, 水口 和生, 曽根 三郎, 西岡 安彦
日本呼吸器学会誌   1(増刊) 166-166   Mar 2012
内皮系細胞における葛根湯成分の影響
小中 健, 村上 明希, 小山 智史, 西迫 寛隆, 庄野 正行, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   132年会(2) 264-264   Mar 2012
肺癌における新規癌抗原OFA-iLRP発現の検討
阿部 真治, 谷口 友紀, 木宿 昌俊, 里吉 良子, 川添 和義, 東 満美, 西岡 安彦, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   132年会(4) 177-177   Mar 2012
抗菌薬の薬学的管理の重要性 リネゾリド適正使用に向けて
足立 麻美, 桐野 靖, 伏谷 秀治, 川添 和義, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   132年会(4) 263-263   Mar 2012
当大学病院における注射薬搬送カートのATP拭き取り調査と細菌調査
柴田 高洋, 伏谷 秀治, 柴田 洋文, 長尾 多美子, 川添 和義, 水口 和生
日本環境感染学会誌   27(Suppl.) 318-318   Jan 2012
血液培養細胞を用いた血小板機能に及ぼす各種薬剤作用の解析
足立 麻衣, 安藝 健作, 曽根 淳美, 泉 あずさ, 松本 直貴, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司
中国四国医学検査学会抄録集   44回 175-175   Nov 2011
集学治療病棟専任薬剤師によるテイコプラニン投与設計への関与 持続的血液濾過透析施行患者を対象に
伊勢 夏子, 下岡 幸恵, 生田 賢治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 西村 匡司, 水口 和生
TDM研究   28(3) s178-s178   Jun 2011
生薬学の伝統と革新 教育・研究・臨床の立場から 薬剤師にとって「生薬学」とは
川添 和義
薬学雑誌   131(3) 401-405   Mar 2011
Nitrosonifedipineの細胞保護効果に関する検討
堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   131年会(3) 193-193   Mar 2011
肺炎および敗血症患者におけるスタチン服用の有無と予後の関連性
西谷 典子, 伏谷 秀治, 川添 和義, 瀧口 益史, 水口 和生, 吉原 新一
日本薬学会年会要旨集   131年会(4) 291-291   Mar 2011
自主臨床研究におけるCRCの役割 放射性薬剤の品質試験について
田島 壮一郎, 寺岡 和彦, 片島 るみ, 宮本 登志子, 川添 和義, 久次米 敏秀, 森田 奈緒美, 水口 和生, 原田 雅史, 楊河 宏章
日本薬学会年会要旨集   131年会(4) 304-304   Mar 2011
徳島大学病院における病院実務実習カリキュラムとその成果
阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   131年会(4) 348-348   Mar 2011
ルミテスターと付着細菌拭き取り検査による院内環境調査
渡邉 美穂, 柴田 洋文, 伏谷 秀治, 高開 登茂子, 長尾 多美子, 川添 和義, 水口 和生
日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   26回 269-269   Feb 2011
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する
田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃
血管   34(1) 40-41   Jan 2011
和漢薬苦参に見いだされたアレルギー疾患感受性遺伝子発現抑制作用を有する新規抗アレルギー化合物の同定
水口 博之, 金山 知代, 成相 祐希, 永井 浩章, 加藤 周平, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行
日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集   83回・33回 1T7-1   Dec 2010
和漢薬苦参からのアレルギー性疾患感受性遺伝子発現抑制成分の単離及び同定
金山 知代, 水口 博之, 加藤 周平, 成相 祐希, 柏田 良樹, 川添 和義, 根本 尚夫, 高石 喜久, 福井 裕行
日本薬理学雑誌   136(4) 22P-22P   Oct 2010
バルプロ酸Naのヒト血小板機能に対する抑制作用
真部 裕一, 安藝 健作, 川添 和義, 水口 和生, 細井 英司
日本輸血細胞治療学会誌   56(3) 418-418   Jul 2010
生薬学の伝統と革新 教育・研究・臨床の立場から 薬剤師にとって『生薬学』とは
川添 和義
日本薬学会年会要旨集   130年会(1) 326-326   Mar 2010
Angiotensin IIによる血管平滑筋細胞遊走に対するnifedipine代謝物の影響
富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 川添 和義, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃
臨床薬理   40(Suppl.) S193-S193   Nov 2009
薬品の使用履歴に基づいた薬品情報配信システムの構築と評価
岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 川添 和義, 伏谷 秀治, 水口 和生, 森口 博基
医療情報学連合大会論文集   29回 1108-1109   Nov 2009
ウシ副腎髄質細胞の容積調節機構に及ぼす変動強磁界の影響
池原 敏孝, 川添 和義, 木内 陽介, 宮本 博司
日本磁気歯科学会雑誌   18(1) 75-75   Oct 2009
AngiotensinII刺激による細胞内酸化ストレスと遊離鉄
田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   32回 257-257   Oct 2009
病院薬剤部・薬局の整備、構造、機能基準の改定に関する研究(最終報告)
水口 和生, 雨宮 美智子, 大坪 健司, 小口 敏夫, 賀勢 泰子, 門林 宗男, 川勝 一雄, 川添 和義, 木平 健治, 京谷 庄二郎, 弦間 貴秀, 西岡 豊, 早狩 誠, 平賀 元, 宮下 精一郎
日本病院薬剤師会雑誌   45(8) 1001-1004   Aug 2009
ウシ副腎髄質クロマフィン細胞に対する葛根湯の影響
阿部 有里子, 宮谷 綾, 西迫 寛隆, 川添 和義, 水口 和生
Journal of Traditional Medicines   26(Suppl.) 100-100   Aug 2009
Angiotensin IIによるヒト腎糸球体血管内皮細胞(HGEC)内における鉄動態の検討
田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 堀ノ内 裕也, 富田 修平, 石澤 啓介, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   129年会(4) 252-252   Mar 2009
薬学部学生のがん治療に対する意識調査
山口 佳津騎, 福岡 憲泰, 鈴木 聖, 谷 久美子, 田中 裕章, 元木 貴大, 朝倉 正登, 新田 正道, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一
日本薬学会年会要旨集   129年会(4) 347-347   Mar 2009
「徳島大学薬学部病院実務実習テキスト」の作成とその活用についての調査
日野出 晴美, 東 満美, 菊石 美也子, 伏谷 秀治, 川添 和義, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   129年会(4) 348-348   Mar 2009
病院薬剤部・薬局の整備、構造、機能基準の改定に関する研究
水口 和生, 雨宮 美智子, 大坪 健司, 小口 敏夫, 賀勢 泰子, 門林 宗男, 川勝 一雄, 川添 和義, 木平 健治, 京谷 庄二郎, 弦間 貴秀, 西岡 豊, 早狩 誠, 平賀 元, 宮下 精一郎, 日本病院薬剤師会学術委員会学術第1小委員会
日本病院薬剤師会雑誌   45(1) 12-15   Jan 2009
徳島大学病院病棟における環境中の浮遊真菌調査について
伏谷 秀治, 柴田 洋文, 柴田 高洋, 川添 和義, 安倍 正博, 阿部 真治, 樋口 富彦, 庄野 文章, 水口 和生
日本環境感染学会誌   24(Suppl.) 452-452   Jan 2009
薬品の使用履歴に基づいた薬品情報配信システムの構築と評価
岡田 達也, 森川 富昭, 玉木 悠, 田木 真和, 川添 和義, 伏谷 秀治, 水口 和生, 森口 博基
医療情報学連合大会論文集   28回 380-381   Nov 2008
低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質由来細胞の容積調節に及ぼす変動磁界の影響
池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司
日本磁気歯科学会雑誌   17(1) 73-74   Sep 2008
明日から使える漢方実践服薬指導シリーズ 当帰芍薬散
苛原 稔, 川添 和義, 原田 恵
漢方医薬学雑誌   16(1) 2-11   Apr 2008
MDCK cell monolayer penetration assayによる漢方製剤の緑膿菌侵襲性に及ぼす影響
西谷 典子, 石塚 洋, 柴田 洋文, 川添 和義, 樋口 富彦, 水口 和生
日本薬学会年会要旨集   128年会(3) 78-78   Mar 2008

Works

 
Recearch of The Traditional Medicines of Minority Races in Yunnan Province And Its Applications
2003 - 2005
Study on Naturally Occurring Drug Materials in Indonesia-5
1994

Research Grants & Projects

 
Investigation of traditional medicine and its application

Patents

 
Anti-MRSA agents containing substituted 2,7-dihydroazuleno[6,5-b]furan-2,7-diones.
JP 2003201234
Medicinal composition for treating infection with drug-resistant Staphylococcus aureus
WO2004066992