日置 英彰

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 23:05
 
アバター
研究者氏名
日置 英彰
 
ヒオキ ヒデアキ
eメール
hiokigunma-u.ac.jp
所属
群馬大学
部署
教育学部
職名
教授
学位
博士(薬学)(徳島文理大学)
科研費研究者番号
00208737

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1999年
徳島文理大学薬学部助手
 
1996年
 - 
1997年
米国コロンビア大学博士研究員
 
1999年
 - 
2007年
徳島文理大学薬学部助教授
 
2007年
 - 
2010年
徳島文理大学薬学部准教授
 
2010年
   
 
群馬大学教育学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
東北大学 理学部 化学第二学科
 
 
 - 
1988年
東北大学大学院 理学研究科 化学第二専攻
 

受賞

 
2004年
平成16年度日本薬学会中国四国支部奨励賞受賞
 

論文

 
日置英彰,青木尚之,小野智信,益田裕充,栗原淳一
科学教育研究   41(1) 47-53   2017年1月   [査読有り]
Yamaguchi Kota, Noda Takeshi, Tomizawa Toshiki, Kanai Eriko, Hioki Hideaki
EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   (22) 4990-4995   2015年8月   [査読有り]
Harada Kenichi, Kubo Miwa, Horiuchi Hiroki, Ishii Akiko, Esumi Tomoyuki, Hioki Hideaki, Fukuyama Yoshiyasu
JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   80(14) 7076-7088   2015年7月   [査読有り]
Harada Kenichi, Imai Akiko, Uto Kazuharu, Carter Rich G., Kubo Miwa, Hioki Hideaki, Fukuyama Yoshiyasu
TETRAHEDRON   71(15) 2199-2209   2015年4月   [査読有り]
理科授業を活用したくすりに関する科学的リテラシーを向上させるカリキュラム開発 : 中学校理科第7単元「科学技術と人間」「自然と人間」に着目して
日置英彰・山口滉太・益田裕充・半田良廣・松本誠
臨床教科教育学会誌   15(1) 63-73   2015年3月   [査読有り]
Yamaguchi Kota, Noda Takeshi, Higuchi Yusuke, Aoki Naoyuki, Yamaguchi Rika, Kubo Miwa, Harada Kenichi, Fukuyama Yoshiyasu, Hioki Hideaki
TETRAHEDRON LETTERS   55(42) 5793-5797   2014年10月   [査読有り]
Harada Kenichi, Makino Kosho, Shima Naoki, Okuyama Haruka, Esumi Tomoyuki, Kubo Miwa, Hioki Hideaki, Asakawa Yoshinori, Fukuyama Yoshiyasu
TETRAHEDRON   69(34) 6959-6968   2013年8月   [査読有り]
Total Synthesis of Bisbibenzyl Dibenzofuran Asterelin A via Intramolecular Oxidative Coupling
Makino Kosho, Harada Kenichi, Kubo Miwa, Hioki Hideaki, Fukuyama Yoshiyasu
NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS   8(7) 915-918   2013年7月   [査読有り]
Hioki Hideaki, Matsushita Kimihito, Noda Takeshi, Yamaguchi Kota, Kubo Miwa, Harada Kenichi, Fukuyama Yoshiyasu
TETRAHEDRON LETTERS   53(33) 4337-4342   2012年8月   [査読有り]
Kubo Miwa, Shima Naoki, Harada Kenichi, Hioki Hideaki, Fukuyama Yoshiyasu
CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   59(7) 898-901   2011年7月   [査読有り]

Misc

 
理科指導法を通した学生の変容に基づく 教科専門科目の指導に関する考察
益田 裕充,杉山 奈津美,日置 英彰,佐藤 綾,藤本 義博,半田 良廣
群馬大学教育学部紀要 自然科学編   66 29-40   2018年
エノンを用いない共役付加反応 -新しいシリルエノールエーテルの化学-
日置英彰
ファルマシア   29(1) 54   1993年

講演・口頭発表等

 
インジゴ誘導体の合成と染色を通して構造-機能相関を探究的に学習する授業プログラムの開発
鈴木 悠一,飯田 理穂,大竹 崇之,大谷 龍二,野田 毅,日置 英彰
日本化学会 第98春季年会 (船橋)   2018年3月21日   
批判的思考力の育成に重要な学習過程の実態
亀田絵理,日置英彰 ,益田裕充
日本理科教育学会第66回全国大会(長野)   2016年8月4日   
身近なくすりを教材とした高校化学の授業プログラムの開発
亀田絵理・小野智信・益田裕充・日置英彰
日本化学会 第96春季年会(京都)   2016年3月24日   
高校化学の授業におけるくすり教育プログラム開発 -アセチルサリ酸を教材として -
青木尚之,小野智信,益田裕充,栗原淳一,日置英彰
日本理科教育学会第54回関東支部大会(水戸)   2015年12月5日   
アルコキシアミンリンカーを用いたインドール類,キノリン類の固相合成法の開発
山口滉太, 富澤利樹, 山口里香, 河野知己, 日置英彰
日本化学会第94年会(名古屋)   2014年3月28日   

競争的資金等の研究課題

 
染料を教材とした,学習内容と実生活を関連づける探究的な理科授業プログラムの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 日置 英彰
科学的な見方や考え方に基づくくすり教育プログラムの開発に関する実証的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 益田 裕充
オーダーメイドの固定化人工酵素の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 日置英彰
再利用可能な新規リンカーを用いた含窒素化合物のコンビナトリアル合成法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 日置 英彰
新規リンカーの開発と含窒素ヘテロ環化合物の固相コンビナトリアル合成法の開発
オリゴペプチドを検出する化学センサーチップの開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 日置 英彰
コンビナトリアルアプローチによる人工加水分解酵素の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2001年3月 - 2003年3月    代表者: 日置 英彰
化学センサーの機能を有するホストライブラリーの構築
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 日置 英彰
縮環大環状テルペノイドの合成研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 児玉三明
イミンヘの分子内付加反応を利用した鎖状アミノアルコールの高立体選択的合成法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 日置 英彰
分子内共役付加反応を利用したヒドロキシ-α-アミノ酸類の高立体選択的合成
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1989年4月 - 1990年3月    代表者: 日置 英彰

特許

 
固相合成法によるイミン型液晶ライブラリーの合成
特許公開2005-82603

社会貢献活動

 
有機合成の理科授業への活用
【講師】  群馬県総合教育センター  2018年9月28日