KAWASE YOSHIKIYO


KAWASE YOSHIKIYO

J-GLOBAL         Last updated: Oct 24, 2019 at 02:41
 
Avatar
Name
KAWASE YOSHIKIYO
Affiliation
Seinan Gakuin University
Section
Department of Literature, Division of Foreign Languages English Course
Job title
Professor
Research funding number
20108616

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Analyzing Speech Pauses and Facial Movement Patterns in Multimodal Public-Speaking Data of EFL Learners
Miharu Fuyuno, Yuko Yamashita, Yoshitaka Nakajima
Learner Corpus Studies in Asia and the World   2 237-250   May 2014
An Analysis of Passive Voice Sentences by Japanese Learners of English: Some effects of learners’ native language
日本人英語学習者の概念構造の解明に向けた統計的研究   15-26   Mar 2013
A Corpus-based Analysis on the Selection of Prepositions in English Psychological Passives
冬野 美晴
LET Kyushu-Okinawa BULLENTIN   (13) 71-83   Mar 2013   [Refereed]
Developing a Pedagogical Cognitive Grammar: Focusing on the English Prepositions in, on, and at
Cho, Kanako
ARELE   23 153-168   Mar 2012
英語母語話者の英語受動文の概念構造
日本人英語学習者の概念構造に関する統計的研究   27-37   Mar 2012

Misc

 
学校英文法と言語学の接点―認知言語学からの提言
長 加奈子
西南学院大学英語英文学論集   50(1・2・3合併) 267-279   Mar 2010

Books etc

 
認知言語学研究の広がり
大橋浩 川瀬義清 古賀恵介 長加奈子 村尾治彦(編) (Part:Joint Work)
開拓社   Sep 2018   ISBN:978-4-7589-2264-7
Semantics: A Coursebook
吉田悦子・大橋浩・村尾治彦 (Part:Joint Translation)
ひつじ書房   Nov 2014   ISBN:978-4-89476-567-9
事態の認知プロセスと構文-二重目的語構文を例に-
英宝社 『言葉のからくり』   Mar 2004   
Implicature of the Perfect in before
『英語学の視点』九州大学出版会   1989   

Conference Activities & Talks

 
コーパスからの認知言語学へのアプローチ
英語コーパス学会第41回大会   3 Oct 2015   英語コーパス学会
日英事態把握の違いから見る英作文教育:認知言語学からのアプローチ
大学英語教育学会 第54回(2015年度)国際大会   30 Aug 2015   大学英語教育学会
Japanese Demonstratives from a Cognitive Point of View
WFU Linguistic Circle   23 Jan 2015   WFU Linguistic Circle
事態把握のあり方から見る日本語と英語の特徴
第1回JACET応用認知言語学研究会   22 Jun 2013   JACET応用認知言語学研究会
応用認知言語学—教育現場への応用に向けた展望とその課題
JACET第51回国際大会   1 Sep 2012   社団法人大学英語教育学会

Research Grants & Projects

 
事態把握の日英比較に基づく体系的な英語学習を目指して:認知言語学からのアプローチ
Project Year: 2013 - 2015
認知言語学的観点に立った学校英文法の再構築
Project Year: 2009 - 2011