正本 博士

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/23 10:10
 
アバター
研究者氏名
正本 博士
 
マサモト ヒロシ
学位
博士(工学)(福岡大学)
科研費研究者番号
30122740

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
福岡大学 工学部化学システム工学科 助教
 

学歴

 
 
 - 
1977年
福岡大学 工学部 化学工学
 

論文

 
Influence of Substituent to the Thermal Decomposition of 1H-1,2,4-Triazole
田籠 しずか、桑原 祐輔、正本 博士、重松 幹二、コウハクル ワサナ
4th International Conference on Biology, Environment and Chemistry (ICBEC)   53 66-70   2013年11月
.Extraction of β-Glucan and Tannin from Fungi and Bark with Superheated Water by Using Macchinetta Extractor
足立 真人,コウハクル ワサナ、正本 博士,重松 幹二、
4th International Conference on Biology, Environment and Chemistry (ICBEC)   58 71-76   2013年11月
防災クロスロードの回答結果にみられる東日本大震災前後での防災意識変化
重松幹二、正本博士、コウハクル ワサナ、廣嶋道子
地域共生研究   4 23-26   2015年
Thermal Behavior of Used Alkaline Primary Button Batteries Disposed as General Waste
コウハクル ワサナ、正本 博士、重松 幹二
International Journal of Chemical Engineering and Applications   5(6) 511-515   2014年12月   [査読有り]
Reduction of the Cloud Point of Biodiesel by Combination of Various Factors
コウハクル ワサナ、正本 博士、重松 幹二
International Journal of Chemical Engineering and Applications   5(6) 479-482   2014年12月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
生薬ならびに木質熱水抽出物のエタノール発酵促進効果
福原佑太郎、横田洋純、和多奎弥、正本博士、コウハクル ワサナ、重松幹二
第23回日本木材学会九州支部大会   2016年9月11日   
精油の香りのカテゴリー化に対する官能評価とにおい識別センサーとの比較
土山真未、正本博士、コウハクルワサナ、重松幹二、喜多幸司、山下怜子
第29回におい・かおり環境学会   2016年8月30日   
木粉の粉じん爆発危険性に対する抽出成分の影響
長山泰輔、コウハクル ワサナ、正本博士、永島 大、重松幹二
第66回日本木材学会   2016年3月29日   
Improving oxidation stability of biodiesel by antioxidant derived from spent coffee ground
TODAKA Masatoshi, KOWHAKUL Wasana, MASAMOTO Hiroshi, SHIGEMATSU Mikiji
The International Chemical congress of Pacific Basin Societies 2015   2015年12月17日   
Thermal decomposition study of 1H-tetrazole and 1H-1,2,4-triazole by molecular orbital calculation
NAKAGAWA Yuki, MASAMOTO Hiroshi, SHIGEMATSU Mikiji, KOWHAKUL Wasana
28th International Symposium on Chemical Engineering   2015年12月5日   

競争的資金等の研究課題

 
マイクローブリフトを用いた池水浄化に関する実験的研究
株式会社 九電工: 
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 中原 俊輔
無機多孔質材への硝化菌の固定化およびその評価の研究
長崎県窯業技術センター: 
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 中原 俊輔
ハクバイオPLBを用いた藻類の除去に関する実験的研究
株式会社 九電工: 
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 中原 俊輔
難生物分解性物質のオゾン分解に関する研究
三井東圧化学 株式会社 大牟田研究所: 
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月    代表者: 中原 俊輔
Ⅰ排水の脱窒・脱燐プロセスに関する研究、 Ⅱ中空糸モジュールによる排水処理の研究-MF膜モジュールについて-
株式会社 九電工: 
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 中原 俊輔

特許

 
FU070129 : オリゴ糖の製造方法
重松 幹二 正本 博士 瑞木 由美
高温高圧水蒸気を用いてオリゴ糖を簡易かつ選択的に製造する方法に関するもの