須貝 高

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/29 09:44
 
アバター
研究者氏名
須貝 高
 
スガイ タカシ
学位
工学博士
科研費研究者番号
30107536

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
福岡大学 工学部建築学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東京理科大学 工学部 建築学科
 
 
 - 
1976年
東京大学 工学系研究科 建築学専攻
 

受賞

 
1998年
空気調和・工学会賞・受賞
 

論文

 
基礎断熱の底盤内に電気ヒーターを入れた住宅の温熱測定-福岡市内の戸建木造住宅(展示場)の深夜電力利用の床下温湿度-
須貝 高,石田 卓,岡部 省吾
福岡大学工学集報   (94) 15-26   2015年3月
Y木造住宅と軽量鉄骨住宅の暖冷房負荷の比較-新潟市における熱負荷計算-
須貝 高,石田 卓,岡部 省吾
福岡大学工学集報   (94) 7-14   2015年3月
夏季における戸建住宅の室内の不快指数( DI )の分析-福岡市の2013年8月6日~22日の17日間の猛暑日
須貝 高,石田 卓,岡部 省吾
福岡大学工学集報   (92) 27-36   2014年3月
ホルムアルデヒド・BTXの揮発による室内空気汚染 その10
石田 卓,須貝 高,田中 隆一,関口 博史
福岡大学工学集報   (86) 21-46   2011年3月
木造断熱住宅の床下の土台・1階柱脚の含水率の実験的研究
須貝 高、石田 卓
福岡大学工学集報   (85) 41-48   2010年9月

Misc

 
人体に接する家電製品から発生する電磁波の測定-電気式敷毛布の測定-
岡部 省吾、石田 卓、須貝 高
福岡大学工学集報   (87) 37-41   2011年9月

書籍等出版物

 
続・間違いだらけの住宅造り「熱環境・湿度環境・空気環境と健康」
上原 裕之,寺島 今朝成,山下 恭弘,長谷川 兼一,須貝 高,石田 卓,水川 伸行 (担当:共著, 範囲:86-114)
川辺書林   2000年10月   

講演・口頭発表等

 
基礎断熱と外張り断熱を採用した住宅(H邸)の温湿度の分析 -躯体内換気システムの効果(福岡市,2015年12月22日~2016年5月17日)-
須貝 高、岡部 省吾、石田 卓
日本建築学会大会   2017年8月31日   日本建築学会
基礎断熱と外張り断熱を採用した住宅の温湿度の分析 -梅雨季における室内の温度・湿度環境の評価-
岡部 省吾、須貝 高
日本建築学会大会   2017年8月31日   日本建築学会
福岡市内の戸建て木造住宅に基礎断熱工法を用いた2棟の冷房費などの分析 梅雨期2016年6月8日~7月18日・夏期2016年7月19日~8月30日
岡部 省吾、須貝 高
日本建築学会研究報告 九州支部   2017年3月5日   日本建築学会九州支部
基礎断熱と外張り断熱及び躯体内換気をもつ住宅の温湿度の分析 -床下・小屋裏温湿度及び含水率の評価(福岡市,2016年5月中旬~2016年梅雨季前)-
須貝 高、岡部 省吾、石田 卓
日本建築学会研究報告 九州支部   2017年3月5日   日本建築学会九州支部
基礎断熱による床下暖房の無と有の2棟の温湿度などの分析 その2.福岡市内の戸建て木造住宅による暖房費などの比較
岡部 省吾、須貝 高
2016年8月25日   日本建築学会

Works

 
季間蒸暑地域における夏季の外壁内部結露と対策例
その他   1994年
532,107-115
夏季冷房時における断熱気密壁体の内部結露に関する研究
その他   1993年
20,327-338
Study on Internal Dew Condensation of Heat Insulated and Airtight Wall in Summer Cooling Time
その他   1993年
20,327-338
米国の住宅設備・建築材料・住宅構法に関する研究
その他   1991年
韓国における温突の構造に関する研究
その他   1978年