山田 英二

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 03:36
 
アバター
研究者氏名
山田 英二
 
ヤマダ エイジ
URL
http://eym.sakura.ne.jp/public_html/
所属
福岡大学
部署
人文学部英語学科
職名
教授
学位
文学修士(熊本大学), 博士(言語学)(筑波大学)
科研費研究者番号
20166698

研究分野

 
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1979年3月
熊本大学 教育学部 英語
 
1980年4月
 - 
1982年3月
熊本大学 文学研究科 英文学専攻
 

受賞

 
2011年11月
日本英語学会 2011年度日本英語学会賞 2011 The ELSJ Prize 日本英語学会賞
 

論文

 
Plato's Problem and Recursiveness in English Word Stress Theory: The Case of _SPE_
Eiji Yamada
ことばを編む   156-167   2018年2月
Main Stress Assignment in English Words
Eiji Yamada
JELS   30 229-235   2013年3月   [査読有り]
A New Account of Subsidiary Stresses in English Words
Eiji Yamada
Phonological Studies 2011   14 143-154   2011年7月   [査読有り][招待有り]
招待講演論文(Invited Lecture/Paper)
Optionality in English Subsidiary Stress Assignment
Eiji Yamada
Studies in English Literature, Regional Branch Combined Issue (Kyushu Studies in English Literature)   3 543-556   2011年1月   [査読有り]
Subsidiary Stresses in English
Eiji Yamada
Doctoral Dissertation(The University of Tsukuba)   385 pp   2009年   [査読有り]
Doctoral Dissertation(The University of Tsukuba)

Misc

 
「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2016年4月〜2017年3月)」
山田英二
『英語年鑑2018』(研究社)   2018年版 37-40   2018年1月   [依頼有り]
音の世界の不思議:こどもの脳内スイッチの話
山田英二
中島平三教授退職記念刊行物:<不思議>に満ちたことばの世界   357-361   2017年3月   [依頼有り]
「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2015年4月〜2016年3月)」
山田英二
『英語年鑑2017』(研究社)   2017年版 33-35   2017年1月   [依頼有り]
位置関数理論における計算と表示について
山田英二
現代音韻論の動向:日本音韻論学会20周年記念論文集   212-215   2016年9月
「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2014年4月〜2015年3月)」
山田英二
『英語年鑑2016』(研究社)   2016年版 37-40   2016年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Subsidiary Stresses in English
Eiji Yamada
Kaitakusha   2010年3月   ISBN:9784758921510
「英語の副次強勢をめぐって:最適性理論 vs. 韻律理論」『現代音韻論の論点』
山田英二
晃学出版   2007年9月   ISBN:9784903742045
Tertiary Stress and Opacity in English 『言葉の絆:藤原保明博士還暦記念論文集』
(編集者)卯城祐司、太田一昭、太田聡、滝沢直宏、田中伸一、西田光一、山田英二
開拓社   2006年10月   ISBN:4758921296
"Problems with Optimality Theory Analysis of English Subsidiary Stresses," A New Century of Phonology and Phonological Theory: A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday
Eiji Yamada, Shin-ichi Tanaka, Takeru Homma, Masao Okazaki, Toshiyuki Tabata, et al.
Kaitakusha   2003年   
The Problem of Lexical Treatment in Optimality Theory 『言語学からの眺望 2003』
(編集者)稲田俊明、志水俊広、西岡宣明、山田英二
九州大学出版会   2003年11月   

講演・口頭発表等

 
Theoretical Shortcomings: Counterexamples to Word Stress Treatments in English [招待有り]
Eiji Yamada
ELSJ 11th International Spring Forum 2018   2018年5月12日   English Linguistic Society of Japan
Covert Stress Preservation of Derived Words in English
Eiji Yamada
PAC 2016 International Conference: English Melodies (Marseille, France)   2016年10月1日   Aix-Marseille University
Optimality Theory and Beyond: An Analysis of English Word Stress Using a New Concept of "Positional Function" [招待有り]
Eiji Yamada
PAC 2015 International Conference: Advances in the Phonology and Phonetics of Contemporary English (Toulouse, France)   2015年4月10日   Université Toulouse - Jean Jaurès, Mouvelle Maison de la Recherche
An Overview of the Approach to Word Stress in English in the Generative Tradition: from SPE to Current Optimality Treatments [招待有り]
Eiji Yamada
PAC 2015 International Conference: Advances in the Phonology and Phonetics of Contemporary English (Toulouse, France)   2015年4月10日   Université Toulouse - Jean Jaurès, Mouvelle Maison de la Recherche
Treatment of Extrametricality in Positional Function Theory
Eiji Yamada
5th International Conference on Phonology and Morphology 2014 (Gwangju, Korea)   2014年7月4日   

競争的資金等の研究課題

 
英語多音節語句のプロソディック分析
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 山田英二
英語を中心とする多音節語句・表現の音声・音韻的研究
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 山田英二
数理科学と情報科学の応用(機械翻訳を中心に)
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 柴田勝征

社会貢献活動

 
日本英語学会
【】  2012年4月
日本英文学会
【】  2017年4月11日 - 2019年3月31日
日本英文学会九州支部
【】  2017年4月1日 - 2019年3月31日
日本音韻論学会
【】  2017年4月1日 - 2021年3月31日
日本英文学会
【】  2012年4月1日 - 2015年3月31日