二見 喜太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/28 03:18
 
アバター
研究者氏名
二見 喜太郎
 
フタミ キタロウ
所属
福岡大学
部署
筑紫病院
職名
准教授
学位
医学博士(福岡大学)
科研費研究者番号
70181427

研究分野

 
 

経歴

 
1978年6月
 - 
1982年5月
福岡大学第1外科 研修医
 
1982年6月
 - 
1984年9月
福岡大学第1病理 医員
 
1984年10月
 - 
1985年5月
福岡大学第1外科 助手
 
1985年6月
 - 
1990年3月
福岡大学筑紫病院外科 助手
 
1990年4月
 - 
1993年9月
福岡大学筑紫病院外科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1978年
福岡大学 医学部 医学科
 

論文

 
【炎症性腸疾患外科治療の最近の動向】 Crohn病肛門病変に対する治療
日本外科学会雑誌   116(2) 87-93   2014年
特集:大腸癌イレウスの治療と問題点 6.左側大腸癌イレウスに対する二期手術 (ストーマ造設のみ、Hartmann手術)
外科   77(13) 1533-1539   2014年
seton法vsその他の治療
外科   76(3) 287-292   2014年
Crohn病発癌症例の診断・治療・予後
消化器外科   36(1) 97-105   2013年
Cancer of the Small Intestine in Patients with Crohn's Disease
Anticancer Research   33(7) 2977-2980   2013年

Misc

 
Crohn病肛門病変の診断と治療
二見喜太郎
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 平成17年度研究報告書      2006年
Crohn病肛門病変の診断と治療 -Crohn病肛門病アトラスの作成ー
二見喜太郎, 東大二郎, 有馬純孝
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 平成16年度研究報告書      2005年
Crohn病痔瘻に対するレミケードの使用経験
二見喜太郎, 東大二郎, 有馬純孝
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 平成16年度研究報告書      2005年
生活習慣要因と大腸癌に関する患者対象研究
古野純典, 壬生隆一, 掛地吉宏, 安波洋一, 前川隆文,, 二見喜太郎, 岡村健, 池尻公二, 今永暢登志, 一宮仁, 竹中賢治
文部科学省研究費補助金特定領域研究(がん特定C) 研究報告書      2004年
Pouchitis内視鏡診断アトラス
日比紀文, 佐々木巌, 名川弘一, 渡辺聡明, 杉田昭, 藤井久男, 畠山勝義, 澤田俊夫, 福島恒男, 山村武平, 吉岡和彦, 亀岡信悟, 楠正人, 二見喜太郎, 小西文雄, 味村俊樹, 渡辺昌彦, 木内喜孝, 高木承
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 平成15年度研究報告書      2004年

書籍等出版物

 
炎症性腸疾患の外科治療/クローン病 手術手技の実際 肛門病変
2013年   
炎症性腸疾患の外科治療/クローン病 手術手技の実際 クローン病に対する手術法の歴史
2013年   
外科学 温故知新/炎症性腸疾患の外科
2012年   
急性期看護学習ガイド/7.炎症性腸疾患:潰瘍性大腸炎、クローン病
2011年   
IBD(炎症性腸疾患)を究める/5.炎症性腸疾患の外科的治療 クローン病肛門病変に対する外科治療
2011年   

講演・口頭発表等

 
IBD治療における内科と外科の連携 クローン病外科治療に対するより良い施設間の連携を考える
第70回 日本大腸肛門病学会学術集会   2015年   
手術既往を有する穿通型クローン病に対する手術手技
第69回日本大腸肛門病学会学術集会   2014年   
クローン病肛門部病変の長期経過
第68回日本大腸肛門病学会   2013年   
クローン病手術症例における腸管外合併症の検討
第67回日本大腸肛門病学会学術集会   2012年11月16日   
クローン病に合併したColitic cancerにおける腫瘍マーカーの検討
DDW2012   2012年10月10日