岩永 忠康

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 16:19
 
アバター
研究者氏名
岩永 忠康
 
イワナガ タダヤス
学位
商学修士(福岡大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
中村学園大学 流通科学部 特任教授
 
2012年4月
 - 
2013年
中村学園大学 流通科学部 特任教授
 
2011年
   
 
佐賀大学 経済学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
2005年3月
福岡大学大学院 商学研究科博士後期課程(商学博士) 
 
1976年4月
 - 
1979年3月
福岡大学大学院 商学研究科博士後期課程(満期退学) 
 
1975年4月
   
 
福岡大学大学院 商学研究科聴講生(1976年3月) 
 
1972年4月
   
 
九州大学 経済学部(大学院)研究生(1975年3月) 
 
1969年4月
 - 
1972年3月
福岡大学大学院 商学研究科修士課程(商学修士) 
 
1965年4月
 - 
1969年3月
福岡大学 商学部 商学科
 

委員歴

 
2012年4月
   
 
長崎県平戸市根獅子集落機能再編協議会  市民大学学長
 
2003年6月
 - 
2011年10月
日本消費経済学会会員  九州部会長
 
1999年6月
 - 
2011年10月
日本消費経済学会会員  理事
 
2006年8月
 - 
2011年7月
日本産業科学学会  副会長
 
2006年8月
 - 
2011年7月
日本産業科学学会  理事
 

受賞

 
2006年10月
日本流通学会 学会賞:『現代日本の流通政策』創成社
 
2005年10月
日本消費経済学会 学会賞優秀賞:『現代日本の流通政策』創成社
 
2003年12月
日本消費経済学会 学会賞:『マーケティング戦略論』五絃舎
 
2000年6月
日本消費経済学会 日本消費経済学功労賞
 

Misc

 
「北九州における住宅・宅地需給の実態(1・4)」
『北九州における住宅事情の特徴と住宅・宅地開発の実態』(九州経済調査協会研究報告)   (166)    1974年
「商標品の品質保証機能をめぐる諸見解について」
『福岡大学大学院論集』   10(1) 105-119   1978年
「商業独占に関する一考察」
『福岡大学大学院論集』   11(2) 227-248   1979年
「わが国商業政策における中小小売商業の位置づけ」
『福岡大学大学院論集』   13(2) 103-120   1981年
「製品差別化におけるブランド」
『熊本短大論集』   31(3) 183-178   1981年
「マーケティングにおける消費者および流通政策の役割」
『日本消費経済学会会報』   4    1982年
「鹿児島市における消費構造と消費ニーズの動向」
『都市における消費構造と消費ニーズの動向』(九州流通政策研究会『1983年度九州流通白書』)      1983年
「長崎大水害における生活必需物資の安定供給確保等に関する調査』
(執筆担当:「消費者の購買行動等に関する調査結果」、 ?「長崎大水害における物価動向」、 ?「付表1、調査表」・「付表2、単純集計結果」)
経済企画庁委託調査「長崎県生活福祉部生活課」      1983年3月
「都市災害における消費生活と購買行動」
『日本消費経済学会会報』第3号      1983年3月
「八代市小売業の地域間競争と業種変動」
『都市小売業の地域間競争と業種変動』(九州流通政策研究会『1984年度九州流通白書』)      1984年
「災害に備えての購買行動に関する調査結果」
『長崎総合科学大学地域論叢』   (1)    1984年
「長崎県の小売業の現状と構造分析」
『長崎総合科学大学地域論叢』   (2) 42-54   1985年
「業態別にみた大型店の立地動向」
『大型店の立地変動と変革への展望』(九州流通政策研究会『1986年度九州流通白書』)      1986年
Helmut Laumer,Der Warendistribution in Japan,1979.『流通システムの日独比較』(訳書)
(H.ラウマー著、鈴木武監訳、宇野史郎・藤澤史郎・長谷川恒・岩永忠康共訳)(担当訳:第4章7・.8・9・10・11)
九州大学出版会      1986年3月
岩永 忠康
第一経大論集   16(4) p97-122   1987年3月
「八代市小売業の商圏構造と活動水準」
『都市小売業の商圏構造と活動水準』(九州流通政策研究会『1987年度九州流通白書』)      1988年
長崎大百科辞典(一部執筆)
長崎新聞社      1988年
「長崎県の小売構造分析」
『第一経大論集』   18(1) 55-94   1988年
岩永 忠康
第一経大論集   17(4) p27-59   1988年3月
「大学・短大生の購買行動と利用形態」
『大学・短大生の生活意識と消費購買行動』(九州流通政策研究会『1989年度九州流通白書』)      1989年
「現代学生の購買行動等に関する実証分析」
『第一経大論集』   19(2)    1989年
「無店舗販売にたいする消費者の購買行動」
『日本消費経済学会年報』第10集(1988年度)      1989年
岩永 忠康
第一経大論集   18(4) p83-110   1989年3月
Michael R.Czinkota/JonWoronoff, Japan's Market : The Distribution System, Praeger Publishers, 1986.『ジャパンズマーケット』(訳書)
(ツィンコータ/ウォロノフ著、鈴木武監訳、秋山聡美・岩永忠康・山本久義共訳)(担当訳:第?部第10~13章)
同文舘      1989年8月
岩永 忠康
第一経大論集   19(2) p15-47   1989年9月
「中小小売商業振興政策」
『第一経大論集』   21(2) 27-49   1991年
「流通政策としての大店法」
『第一経大論集』   20(4) 23-41   1991年
「鈴木武先生の学問と人柄」『現代流通の解明』
(編著)(還暦記念論文集)
ミネルヴァ書房      1991年1月
岩永 忠康
第一経大論集   20(4) p23-41   1991年3月
岩永 忠康
第一経大論集   21(2) p27-49   1991年9月
岩永 忠康
第一経大論集   22(1) p83-116   1992年6月
「鹿児島県における小売業態の動向」
『九州各県における小売業態の動向』(九州流通政策研究会『1992年度九州流通白書』)      1993年
岩永 忠康
第一経大論集   24(1) p121-137   1994年6月
岩永 忠康
第一経大論集   24(4) p1-19   1995年3月
「日本の公的規制と流通規制緩和」
『第一経大論集』   26(3)    1996年
「わが国の中小小売商業政策」
『日本産業科学学会研究論叢』創刊号      1996年
岩永 忠康
信用金庫   50(6) 6-10   1996年6月
岩永 忠康
第一経大論集   26(3) 45-73   1996年12月
岩永 忠康
第一経大論集   27(2) 1-29   1997年12月
「無店舗販売にたいする消費者の購買行動」
岩永 忠康
『日本消費経済学会年報』第10集      1998年
「消費者保護政策」
『日本産業科学学会研究論叢』   (3)    1998年
「安部文彦教授の学問と人柄」『現代マーケティング論』
(編著)(還暦記念論文集)
ミネルヴァ書房      1998年5月
商店街活性化支援調査報告書
佐賀県商工労働部経営流通課      2000年
佐賀県小売業の構造分析(共著)
佐賀大学経済学部地域経済研究センター      2000年
現代流通の潮流と課題(共著)
創成社   第2章 9.22-40 第9章 9.201-226    2000年
岩永 忠康, 篠原 明子, 山崎 裕二
地域経済研究センター年報   11 81-90   2000年3月
わが国の流通政策の形成過程-大店法成立過程の政治的メカニズム-
佐賀大学経済論集   33(5・6) 41-61   2001年
現代マーケティングと流通(編著)
多賀出版   第10章 9.189-208    2001年
「鈴木武先生の古希を祝って」『現代マーケティングと流通』
(編著)(古希記念論文集)
多賀出版      2001年1月

書籍等出版物

 
『地域の再生と流通・まちづくり』(共著)
白桃書房   2013年5月   
岩永忠康, 佐々木保幸 (担当:共編者)
五絃舎   2013年4月   ISBN:4864340277
岩永 忠康, 片山 富弘, 西島 博樹 (担当:監修)
五絃舎   2013年3月   ISBN:4864340226
岩永 忠康 (担当:編者)
五絃舎   2012年10月   ISBN:486434017X
『現代のマーケティングと商業』(共著)
伊部泰弘, 今光俊介, 松井温文 (担当:共著)
五絃舎   2012年2月   
岩永 忠康, 片山 富弘, 西島 博樹 (担当:監修)
五絃舎   2011年3月   ISBN:4901810987
西島 博樹, 宮崎 卓朗, 片山 富弘 (担当:監修)
同友館   2009年9月   ISBN:4496045826
那須 幸雄, 岩永 忠康, 渦原 実男, 安部 文彦 (担当:共編者)
五絃舎   2008年9月   ISBN:4901810766
岩永 忠康・佐々木保幸 (担当:共編者)
慶應義塾大学出版会   2008年4月   ISBN:4766415094
田中 冨志雄, 安部 文彦, 岩永 忠康, 宇野 史郎 (担当:共編者)
2007年10月   ISBN:479442275X
五絃舎   2007年1月   ISBN:4901810588
『流通・マーケティング』(共著)
渡辺好章 (担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2005年10月   
岩永 忠康
五絃舎   2005年3月   ISBN:4901810367
岩永 忠康
創成社   2004年10月   ISBN:4794421923
鈴木 武, 岩永 忠康 (担当:共編者)
五絃舎   2004年3月   ISBN:4901810200
岩永忠康
五絃舎   2002年10月   ISBN:4901810022
『現代流通の構造・競争・行動』(共著)
鈴木武, 夏春玉 (担当:共著)
同文舘   2002年2月   
安部 文彦, 山本 久義, 岩永 忠康 (担当:共編者)
多賀出版   2001年1月   
『現代流通の潮流と課題』(共著)
鈴木武, 山本久義, 岩永忠康, 西島博樹, 張在華 (担当:共著)
創成社   2000年5月   
建野 堅誠, 岩永 忠康 (担当:共編者)
創成社   2000年1月   ISBN:4794420994
安部 文彦, 岩永 忠康, 森 泰一郎 (担当:共編者)
ナカニシヤ出版   1999年4月   ISBN:4888485127
『都市小売業の構造と動態』(編著)
創成社   1999年   
『日本の流通システム』(編著)
ナカニシヤ出版   1999年   
鈴木 武, 岩永 忠康 (担当:共編者)
創成社   1998年9月   ISBN:4794420862
安部 文彦, 岩永 忠康 (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   1998年5月   ISBN:4623028623
田中 由多加, 吉沢 清, 岩永 忠康, 篠原 一寿, 城田 吉孝, 野口 智雄, 石居 正雄 (担当:共著)
創成社   1997年4月   ISBN:4794420757
『現代流通のダイナミズム』(共著)
晃洋書房   1997年   
『商業理論と流通政策』(共著)
ミネルヴァ書房   1997年   
岡田 千尋, 岩永 忠康, 尾碕 真 (担当:共編者)
ナカニシヤ出版   1995年10月   
『中小小売業と街づくり』(共著)
大月書店   1995年   
『流通研究の現状と課題』(共著)
ミネルヴァ書房   1995年   
『現代マーケティング戦略の基礎理論』(単著)
ナカニシヤ出版   1995年   
ナカニシヤ出版   1994年8月   ISBN:4888482454
『現代の消費と流通』(共著)
ミネルヴァ書房   1993年   
『現代商業の構造と政策』(共著)
ナカニシヤ出版   1992年   
尾碕 真, 岩永 忠康, 岡田 千尋, 藤澤 史郎
ナカニシヤ出版   1992年   ISBN:4888481733
『現代の流通問題』(共著)
岩永 忠康 (担当:共著)
1991年6月   
阿部 真也, 加藤 義忠, 白石 善章, 岩永 忠康 (担当:共編者)
ミネルヴァ書房   1991年1月   ISBN:4623020304
『現代経営学総論』(共著)
経林書房   1991年   
ツィンコータ/ウォロノフ『ジャパンズマーケット』(共訳)
同文舘   1989年   
田中 由多加, 蔵谷 哲也, 野口 智雄, 篠原 一寿, 岩永 忠康 (担当:共著)
創成社   1988年9月   ISBN:4794420285
ラウマー『流通システムの日独比較』(共訳)
九州大学出版会   1986年   

講演・口頭発表等

 
「「大型店撤退問題」日本消費経済学会九州部会(於:中村学園大学)
岩永 忠康
2013年9月   
「地域資源を活用した地域活性化―平戸市根獅子町の事例―」
岩永 忠康
日本産業科学学会第19回全国大会   2013年8月   
平戸市民大学「地域資源を活用した地域活性化―平戸市根獅子町の事例―」
岩永 忠康
2013年7月   
講演:平戸市民大学「商店街の現状と問題点」(於:平戸市商店街事務所)
岩永 忠康
2013年7月   
平戸市民大学「商店街の現状と問題点」(於:平戸市北部公民館)
岩永 忠康
2013年5月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 西島 博樹
東アジア地域で進展する国際化(グローバリゼーション)とそれに対抗する勢力としての地域化(ローカリゼーション)という2つの相反する傾向の実態について現地調査するとともに、国際シンポジウム報告および論文執筆を実施した。平成23年度の現地調査としては、中国本土にチェーン展開している日系小売企業(GMS)と台湾に進出している日系小売企業(百貨店)を訪問し、現地社員に対するインタビュー調査を実施した。また同時に、中国と台湾の市場動向を把握するために現地研究者との意見交換および現地小売市場構造に関する...
「大規模集客施設をはじめとする郊外開発の規制誘導に関する研究」
佐賀県: 
研究期間: 2007年5月 - 2010年3月    代表者: 岩永 忠康
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 西島 博樹
東アジア市場において現地小売企業、日系小売企業、研究機関を対象とした聞き取り調査を実施した。日系小売企業の東アジア市場への出店では、日本市場で確立した業態コンセプトを貫いており、それが現地小売企業との差別化として機能していることが確認された。小売外資の市場参入は、中国および台湾の現地小売企業に対して大きなインパクトを与え、小売市場競争を激化させ、旧来型の小売商業構造を変革させる駆動力として作用しているのである。
「有田町の通年観光体制に関する調査研究」
佐賀県有田町商工観光課: 
研究期間: 2009年3月 - 2008年4月    代表者: 岩永 忠康
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 岩永 忠康
日本の小売業の経営は現在では大きく変化している。流通外資もその変化を促進している要因の一つである。日本では近年、流通外資の参入が活発化しているが、しかし近隣のアジア諸国ではより早い時期から流通外資が参入していた。これを研究することが日本での流通外資の展開方向を予測するうえで重要であると思われる。台湾での聞き取り調査では、中国と同様に欧米系の小売企業が好調な業績を残していることがわかった。また一方で日本国内とは逆に日系の小売企業が好調であることも明らかとなった。しかしいわゆる欧米系の流通外資...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 長 安六
本研究では、農業近代化政策のなかで、これまであまり問題にされてない大型水利ダムと灌漑施設を取り上げ、これを梃子とする水田稲作特化型の近代農業の意義と限界を明らかにするとともに、日本、スリランカ、及びタイ王国における事例の調査・研究によって、持続可能な地域農業の発展方向を明らかにした。嘉瀬川(日本)、ナムポン川(タイ)、マハベリ川(スリランカ)の三河川では大型ダム建設により近代的な水利灌漑システムが構築されているが、開発コストが水を商品と化し、費用対効果の点から工業用水や都市用水の経済的優位...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 岩永 忠康
SCMは投機的な意思決定行動から延期的な意思決定行動へのマーケティングの転換の一環として生じている。また消費財マーケティングへの関係性マーケティングの拡大も,SCMが必要とされていることと深い関連がある。つまりSCMは延期的な意思決定行動と市場の確保という両面から必要とされている。しかし喧伝されている割りには実態がああまり変化していないのが実情である。これには一つにはSCMに必要な協調的な企業間関係を形成することが十分にはできていないこと,もう一つには延期的な意思決定行動に基づく生産は多品...
『商店街活性化支援調査報告書』
佐賀県商工労働部経営流通課: 
研究期間: 1999年6月 - 2000年3月    代表者: 岩永 忠康
『長崎大水害における生活必需物資の安定供給確保等に関する調査』
経済企画庁委託調査「長崎県生活福祉部生活課」: 
研究期間: 1982年9月 - 1993年3月    代表者: 市川信愛・岩永忠康
『北九州における住宅事情の特徴と住宅・宅地開発の実態』
九州経済調査協会(日本住宅公団委託): 
研究期間: 1973年7月 - 1974年3月    代表者: 岩永 忠康