柳原 延章

J-GLOBALへ         更新日: 11/02/02 00:00
 
アバター
研究者氏名
柳原 延章
 
ヤナギハラ ノブユキ
所属
産業医科大学
部署
医学部 薬理学
職名
教授
学位
医学博士(徳島大学), 薬学修士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1980年
 - 
1984年
産業医科大学医学部 助手
 
1984年
 - 
1992年
産業医科大学医学部 講師
 
1992年
 - 
2000年
産業医科大学医学部 助教授
 
2000年
   
 
- 産業医科大学医学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
徳島大学 医学研究科 薬理学
 
 
 - 
1974年
岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学科
 

委員歴

 
1984年
   
 
日本薬理学会  評議員
 

受賞

 
1991年
第9回 産業医科大学学会総会学会長賞
 

Misc

 
副腎髄質クロマフィン細胞におけるCa2+情報伝達機序
蛋白質 核酸 酸素   43(12) 1777-1783   1998年
GABA〈sub〉A〈/sub〉受容体の構造と機能:アミノ酸変異導入法による最近の研究から
蛋白質 核酸 酵素   46(14) 2042-2051   2001年
一酸化窒素合成酵素の構造と機能:とくに血管組織における動態と意義
蛋白質 核酸 酵素   47(15) 2024-2031   2002年
Vasculoprotective roles of neuronal nitric oxide synthase
The FASEB Journal   (16) 1994-1996   2002年

書籍等出版物

 
イオンチャネル・1:Aキナーゼによる修飾
メジカルビュー社   1993年   
イオンチャネル・1:カムキナーゼによる修飾
メジカルビュー社   1993年   

競争的資金等の研究課題

 
細胞情報伝達機構,特にカテコールアミン生合成の調節機序
研究期間: 1976年   
内分泌かく乱化学物質によるカテコールアミン神経系に及ぼす影響
研究期間: 1998年   
カテコールアミン分泌に影響を及ぼすリンパ球由来因子のクローニング
研究期間: 1995年   
細胞膜エストロゲン受容体の薬理学的解析と遺伝子クローニング
研究期間: 2005年   
一酸化窒素合成酵素ノックアウトマウスにおける神経薬理学的検討
研究期間: 2001年