MIZOKAMI Atsushi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 10, 2019 at 11:02
 
Avatar
Name
MIZOKAMI Atsushi
Affiliation
Kanazawa University
Section
Hospital, Hospital, Urology

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Aug 2016
 - 
Today
Professor, Department of Urology, Kanazawa University
 
Oct 2013
 - 
Jul 2016
Associate Professor, Department of Urology, Kanazawa University
 
Apr 2004
 - 
Sep 2014
Lecturer, Department of Urology, Kanazawa University
 
Apr 2000
 - 
Sep 2010
Assistant, Department of Urology, Kanazawa University
 
Sep 1992
 - 
Feb 1995
Research Associate, Comprehensive Cancer Center, University of Wisconsin
 

Education

 
Sep 1992
 - 
Feb 1995
Comprehensive Cancer Center, University of Wisconsin
 
 
 - 
1992
Urology, Graduate School, Division of Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan
 
 
 - 
1987
Faculty of Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan
 

Published Papers

 
Sakamoto J, Shigehara K, Nakashima K, Kawaguchi S, Nakashima T, Shimamura M, Yasuda M, Kato T, Hasegawa T, Kobori Y, Okada H, Deguchi T, Izumi K, Kadono Y, Mizokami A
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   78 148-154   Jan 2019   [Refereed]
Natsagdorj A, Izumi K, Hiratsuka K, Machioka K, Iwamoto H, Naito R, Makino T, Kadomoto S, Shigehara K, Kadono Y, Lin WJ, Maolake A, Mizokami A
Cancer science   110(1) 279-288   Jan 2019   [Refereed]
Saito Y, Mizokami A, Tsurimoto H, Izumi K, Goto M, Nakagawa-Goto K
European journal of medicinal chemistry   157 1143-1152   Sep 2018   [Refereed]
Izumi K, Iwamoto H, Yaegashi H, Shigehara K, Nohara T, Kadono Y, Mizokami A
In vivo (Athens, Greece)   33(1) 167-172   Jan 2019   [Refereed]
Yaegashi H, Izumi K, Kadomoto S, Naito R, Makino T, Iwamoto H, Nohara T, Shigehara K, Kadono Y, Mizokami A
Anticancer research   39(1) 375-380   Jan 2019   [Refereed]
Makino T, Nakashima K, Iijima M, Kawaguchi S, Nohara T, Shigehara K, Izumi K, Kadono Y, Kumano T, Mizokami A
Anticancer research   39(1) 477-486   Jan 2019   [Refereed]
Iwamoto H, Izumi K, Natsagdorj A, Naito R, Makino T, Kadomoto S, Hiratsuka K, Shigehara K, Kadono Y, Narimoto K, Saito Y, Nakagawa-Goto K, Mizokami A
The Prostate      Dec 2018   [Refereed]
Machioka K, Kadono Y, Naito R, Nakashima K, Iijima M, Kawaguchi S, Shigehara K, Nohara T, Izumi K, Mizokami A
Neurourology and urodynamics      Dec 2018   [Refereed]
Kawaguchi S, Narimoto K, Urata S, Takeyama M, Kadono Y, Mizokami A
BMC women's health   18(1) 174   Oct 2018   [Refereed]
Iwamoto H, Izumi K, Kadono Y, Mizokami A
International braz j urol : official journal of the Brazilian Society of Urology   44    Oct 2018   [Refereed]

Misc

 
ロボット支援根治的前立腺全摘術における神経温存別の経時的下部尿路機能評価
内藤 伶奈人, 角野 佳史, 八重樫 洋, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 重原 一慶, 野原 隆弘, 泉 浩二, 溝上 敦
西日本泌尿器科   80(増刊) 203-203   Oct 2018
抗男性ホルモン療法による治療効果を認めた前立腺乳頭状嚢胞腺癌の1例
中野 泰斗, 溝上 敦, 角野 佳史, 加藤 佑樹, 八重樫 洋, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 泉 浩二, 重原 一慶, 野原 隆弘
西日本泌尿器科   80(増刊) 222-222   Oct 2018
前立腺癌におけるコーヒージテルペンkahweol acetateおよびcafestolの抗腫瘍活性(The anticancer activity of coffee diterpens kahweol acetate and cafestol in prostate cancer)
岩本 大旭, 泉 浩二, ナッサグドルジ・アリウンボルド, 門本 卓, 牧野 友幸, 内藤 伶奈人, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 野原 隆弘, 重原 一慶, 角野 佳史, 溝上 敦
西日本泌尿器科   80(増刊) 235-235   Oct 2018
前立腺癌骨微小環境におけるCCL5による癌進展機構
浦田 聡子, 泉 浩二, 平塚 薫, 重原 一慶, 岩本 大旭, 門本 卓, 牧野 友幸, 内藤 伶奈人, 角野 佳史, 溝上 敦, Lin Wen-Jye, 成本 一隆
西日本泌尿器科   80(10) 510-516   Oct 2018
進行前立腺癌における転移の大部分は骨転移であるが、ひとたび転移を起こすと根治は困難となる。近年、様々な癌でケモカインが癌の進展に関わることが示唆されているが、前立腺癌における役割は明らかではない。ヒト前立腺癌細胞株LNCaP、LNCaP-SF、PC-3、ヒト骨芽細胞様細胞株SaOS-2、正常骨組織および前立腺癌骨転移組織から初期培養した骨間質細胞を使用し、癌細胞と骨関連細胞の共培養を行うことによって、癌細胞の遊走能・増殖能の変化を調べた。骨関連細胞により、アンドロゲン受容体(androge...
日本人男性における尿及び肛門のマイコプラズマ検出率についての検討
川口 昌平, 重原 一慶, 中嶋 一史, 八重樫 洋, 坂本 次郎, 中川 朋美, 井戸田 一朗, 上田 幹夫, 中嶋 孝夫, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   29(2) 243-243   Oct 2018
陰茎癌におけるHPV感染の役割と発癌メカニズムについての検討
坂本 次郎, 重原 一慶, 中嶋 一史, 川口 昌平, 中嶋 孝夫, 島村 正喜, 安田 満, 小堀 善友, 出口 隆, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   29(2) 255-255   Oct 2018
男性における尿検体を用いたHPV検査の意義
重原 一慶, 川口 昌平, 中嶋 一史, 八重樫 洋, 中川 朋美, 坂本 次郎, 泉 浩二, 北村 唯一, 島村 正喜, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   29(2) 259-259   Oct 2018
尿路上皮癌患者の膀胱洗浄液におけるHPV検出率の検討
中川 朋美, 重原 一慶, 川口 昌平, 中嶋 一史, 八重樫 洋, 飯島 将司, 野原 隆弘, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   29(2) 260-260   Oct 2018
TNF-αはCCR7を介してリンパ節内の前立腺癌細胞の遊走を亢進する(Tumor necrosis factor-α induces prostate cancer cell migration in lymphatic metastasis via CCR7 upregulation)
牧野 友幸, 泉 浩二, Natsagdorj Ariunbold, 岩本 大旭, 門本 卓, 内藤 伶奈人, 角野 佳史, 溝上 敦
日本癌学会総会記事   77回 2373-2373   Sep 2018
経尿道的にホルミウム・ヤグレーザーを用いた治療が奏効した尿道コンジローマの1例
坂本 次郎, 重原 一慶, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 野原 隆弘, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   29(1) 123-126   Sep 2018
【まるごと 見逃してはならない泌尿器科疾患の初期症状】 泌尿器がん・腫瘍 前立腺がん
中嶋 一史, 溝上 敦
Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure   23(3) 275-278   Jun 2018
癌化学療法における末梢(上腕)留置型中心静脈カテーテル(PICC)の有用性
武澤 雄太, 神島 泰樹, 島 崇, 大筆 光夫, 瀬戸 親, 泉 浩二, 飯島 将司, 中嶋 一史, 川口 昌平, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 角野 佳史, 溝上 敦
泌尿器科紀要   64(5) 242-243   May 2018
肺転移を契機に発見されたベリニ管癌の1例
内藤 伶奈人, 泉 浩二, 門本 卓, 成本 一隆, 野原 隆弘, 重原 一慶, 川口 昌平, 飯島 将司, 中嶋 一史, 角野 佳史, 溝上 敦, 小中 弘之
泌尿器科紀要   64(5) 246-247   May 2018
T3a、T3bの前立腺癌患者への外照射併用高線量率組織内照射の検討
坂本 次郎, 牧野 友幸, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 野原 隆弘, 重原 一慶, 成本 一隆, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
泌尿器科紀要   64(5) 248-248   May 2018
hCG産生腫瘍の手術前後における内分泌学的変化
飯島 将司, 加藤 祐樹, 岩本 大旭, 浦田 聡子, 中嶋 一史, 川口 昌平, 重原 一慶, 野原 隆弘, 泉 浩二, 成本 一隆, 角野 佳史, 溝上 敦
泌尿器科紀要   64(5) 253-253   May 2018
BCG膀胱内注入療法後に生じたReiter症候群の2例
中川 朋美, 重原 一慶, 内藤 伶奈人, 中嶋 一史, 飯島 将司, 野原 隆弘, 成本 一隆, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
泌尿器科紀要   64(5) 254-254   May 2018
新規検査法によるY染色体微小欠失の結果
飯島 将司, 重原 一慶, 鈴木 康夫, 小堀 善友, 辻 祐治, 溝上 敦
日本生殖医学会雑誌   63(1-2) 95-96   Apr 2018
局所前立腺癌に対する外照射併用高線量率組織内単回照射の治療成績および患者QOLの検討
牧野 友幸, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 重原 一慶, 野原 隆弘, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   106回 OP-224   Apr 2018
血清骨代謝マーカーからみる中高年男性の骨代謝におけるテストステロンの役割について
泉 浩二, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 野原 隆弘, 重原 一慶, 角野 佳史, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   106回 OP-276   Apr 2018
腎癌転移に関与する因子と腎部分切除妥当性の現在の腎癌取り扱いに基づく検証
中川 朋美, 角野 佳史, 川口 昌平, 野原 隆弘, 重原 一慶, 成本 一隆, 泉 浩二, 溝上 敦, 八重樫 洋, 宮城 徹, 中嶋 孝夫, 瀬戸 親
日本泌尿器科学会総会   106回 PP1-003   Apr 2018
free/total PSA比を併用した前立腺癌検診の検討
中嶋 一史, 越田 潔, 中嶋 孝夫, 宮崎 公臣, 中嶋 和喜, 飯島 将司, 川口 昌平, 野原 隆弘, 重原 一慶, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   106回 PP1-064   Apr 2018
サイトカイン療法により長期生存を得られている腎細胞癌肺転移の一例
加藤 佑樹, 重原 一慶, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 野原 隆弘, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   106回 PP1-184   Apr 2018
脳転移を有する進行性腎細胞癌に対してNivolumabが奏功した1例
門本 卓, 泉 浩二, 浦田 聡子, 飯島 将司, 角野 佳史, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   106回 PP2-022   Apr 2018
当院での外照射併用HDR-brachytherapyの治療成績の検討
坂本 次郎, 牧野 友幸, 中嶋 一史, 飯島 将司, 島 崇, 川口 昌平, 野原 隆弘, 重原 一慶, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦, 熊野 智康
日本泌尿器科学会総会   106回 PP3-073   Apr 2018
1年間のテストステロン補充療法は将来の前立腺癌のリスクになるか? 治療後8年間の長期経過観察例での検討
重原 一慶, 小中 弘之, 飯島 将司, 泉 浩二, 角野 佳史, 杉本 和宏, 高 栄哲, 並木 幹夫, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   106回 PP3-375   Apr 2018
全サブテロメアFISHおよびDNAマイクロアレイにより診断しえたクラインフェルター症候群、47,XY,der(X)del(X)(p22.3p22.2)ins(X)(q27.8q28)の一例
飯島 将司, 重原 一慶, 鈴木 康夫, 新井田 要, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   106回 PP3-377   Apr 2018
尿管皮膚瘻からBCGを尿管内へ注入した1例
加藤 佑樹, 泉 浩二, 野原 隆弘, 重原 一慶, 角野 佳史, 溝上 敦
泌尿器外科   31(3) 321-324   Mar 2018
膀胱上皮内癌(carcinoma in situ:CIS)に対するBacillus Calmette-Guerin(BCG)膀胱内注入療法は2015年版膀胱癌診療ガイドラインで推奨されている。上部尿路のCISに対しても膀胱からの尿管ステント等を介してのBCG灌流の有効性が報告されている。本症例では、上部尿路のCISに対して膀胱全摘除術後に尿管皮膚瘻を介してBCG灌流を施行した。文献的考察を加え報告する。(著者抄録)
転移性尿路上皮癌における予後予測因子の検討
岩本 大旭, 泉 浩二, 中嶋 一史, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 角野 佳史, 溝上 敦
日本老年泌尿器科学会誌   30 104-104   Mar 2018
高齢男性のセクシャルアクティビティーについての検討
中嶋 一史, 北村 唯一, 重原 一慶, 岩本 大旭, 八重樫 洋, 川口 昌平, 中嶋 孝夫, 島村 正喜, 並木 幹夫, 溝上 敦
日本老年泌尿器科学会誌   30 119-119   Mar 2018
前立腺癌に対する外部照射併用小線源治療に伴う有害事象
水畑 美優, 藤田 真司, 當摩 陽子, 櫻井 孝之, 中川 美琴, 高松 繁行, 熊野 智康, 蒲田 敏文, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦, 並木 幹夫
Japanese Journal of Radiology   36(Suppl.) 23-23   Feb 2018
去勢抵抗性前立腺癌の骨転移に対する塩化ラジウム内用療法
松尾 信郎, 絹谷 清剛, 中嶋 一史, 溝上 敦
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 270-270   Feb 2018
【腎泌尿器診療の国際標準】 去勢抵抗性前立腺がん治療の国際比較
泉 浩二, 溝上 敦
腎臓内科・泌尿器科   7(1) 50-55   Jan 2018
テストステロンと生活習慣病
重原 一慶, 溝上 敦
日本性機能学会雑誌   32(3) 284-284   Dec 2017
泌尿器科を受診した男性患者における尿中ヒトパピローマウイルス検出率とその危険因子
重原 一慶, 中嶋 一史, 坂本 次郎, 川口 昌平, 八重樫 洋, 中嶋 孝夫, 島村 正喜, 並木 幹夫, 溝上 敦, 北村 唯一
日本性感染症学会誌   28(2) 210-210   Nov 2017
経尿道的にホルミウムレーザーを用いた治療が奏効した尿道コンジローマの1例
坂本 次郎, 重原 一慶, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 野原 隆弘, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   28(2) 212-212   Nov 2017
性行動の年代別推移についての検討
中嶋 一史, 北村 唯一, 重原 一慶, 川口 昌平, 中嶋 孝夫, 島村 正喜, 並木 幹夫, 笹川 寿之, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   28(2) 216-216   Nov 2017
Erection Hardness Scoreを用いたRALP後勃起能評価
野原 隆弘, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 重原 一慶, 成本 一隆, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
Japanese Journal of Endourology   30(3) 173-173   Nov 2017
ICIQ-SF、パッド数、パッドテストを用いたロボット支援前立腺全摘前後の尿失禁評価
角野 佳史, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 泉 浩二, 溝上 敦
Japanese Journal of Endourology   30(3) 208-208   Nov 2017
限局性前立腺癌の治療によって生じた医原性膀胱異物
泉 浩二, 重原 一慶, 野原 隆弘, 角野 佳史, 溝上 敦
Japanese Journal of Endourology   30(3) 214-214   Nov 2017
腟ヒト・パピローマウイルスDNAの採取は自己採取が婦人科医採取より勝っている
北村 唯一, 松峯 寿美, 鈴木 基文, 八重樫 洋, 中島 一史, 重原 一慶, 溝上 敦
性の健康   16(3) 8-12   Oct 2017
近年、男女共同参画の政策の下、女性の職場進出が増えた。仕事を持つ女性にとって子宮頸癌検診は時間的制約が伴うため遅延もしくは敬遠しがちである。我々は子宮頸癌検診率を上げるためにはどうすべきかと考え、HPV DNA自己検診がよいのではないかと考えた。しかし、自己検診の結果の信頼性に疑問を持った。そこで、婦人科医採取(G検体)と自己採取(S検体)のHPV DNA検出率の比較検討を行い、その有用性を検討した。腟スメア軽度異形成以上の105例に対して、婦人科医採取と自己採取の検体をペアで採取し、GE...
【まるごと泌尿器がんの化学療法・分子標的療法・免疫療法】 去勢抵抗性前立腺がん Ra-223を用いた治療
溝上 敦
Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure   22(5) 628-631   Oct 2017
【新腎・泌尿器癌(下)-基礎・臨床研究の進歩-】 陰茎癌 陰茎癌の特徴 陰茎癌の疫学と成因
重原 一慶, 溝上 敦
日本臨床   75(増刊7 新腎・泌尿器癌(下)) 485-489   Oct 2017
腎癌転移に関与する因子と腎部分切除妥当性の腎癌取扱い規約第4版に基づく検証
角野 佳史, 川口 昌平, 野原 隆弘, 重原 一慶, 成本 一隆, 泉 浩二, 溝上 敦, 八重樫 洋, 宮城 徹, 中嶋 孝夫, 瀬戸 親
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P26-1   Oct 2017
進行腎細胞癌に対するプレサージカル治療としてのアキシチニブの有用性
泉 浩二, 門本 卓, ナッサグドルジ・アリウンボルト, 岩本 大旭, 内藤 伶奈人, 牧野 友幸, 角野 佳史, 溝上 敦
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P27-5   Oct 2017
局所進行前立腺癌に対する外照射併用高線量率組織内単回照射の治療成績
牧野 友幸, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 泉 浩二, 角野 佳史, 中川 美琴, 高松 繁行, 熊野 智康, 溝上 敦
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P72-2   Oct 2017
当院におけるRa-223の初期経験
中嶋 一史, 門本 卓, 岩本 大旭, 野原 隆弘, 重原 一慶, 松尾 信郎, 成本 一隆, 泉 浩二, 角野 佳史, 溝上 敦
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P73-2   Oct 2017
泌尿器科癌におけるソマトスタチン受容体シンチグラフィの有用性の検討
門本 卓, 飯島 将司, 中嶋 一史, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 泉 浩二, 角野 佳史, 池田 博子, 中嶋 憲一, 笹野 公伸, 溝上 敦
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P87-3   Oct 2017
BEP療法施行時におけるpegfilgrastimとfilgrastimの有効性と安全性の検討
岩本 大旭, 泉 浩二, ナッサグドルジ・アリウンボルト, アリケン・モラケ, 門本 卓, 中嶋 一史, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 角野 佳史, 溝上 敦
日本癌治療学会学術集会抄録集   55回 P87-5   Oct 2017
前立腺癌骨転移微小環境におけるCCL5による癌進展機構
浦田 聡子, 泉 浩二, 平塚 薫, Natsagdorj Ariunbold, 牧野 友幸, 内藤 伶奈人, 門本 卓, 溝上 敦
西日本泌尿器科   79(増刊) 186-186   Oct 2017
前立腺癌加療後のLOH症候群に対するアンドロゲン補充療法の安全性と有効性の検討
門本 卓, 泉 浩二, 溝上 敦
西日本泌尿器科   79(増刊) 188-188   Oct 2017
腟ヒト・パピローマウイルスDNAの採取に関して、婦人科医採取と自己採取の検出率の比較
北村 唯一, 松峯 寿美, 鈴木 基文, 八重樫 洋, 中島 一史, 重原 一慶, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   28(1) 61-66   Sep 2017
腟スメア軽度異形成以上の74例(平均年齢36.0±8.0歳)を対象に、婦人科医採取(G検体)と自己採取(S検体)における腟ヒト・パピローマウイルス(HPV)DNAの検出率を比較検討した。その結果、HPV DNA平均検出率はG検体で70.4%、S検体で78.4%と、S検体の検出率が高かった。HPV重複感染においてもS検体の方が検出率が高い傾向にあった。高リスク型HPVの各型については、G検体よりもS検体での検出率が高い型の数が圧倒的に多かった。また、低リスク型HPVの各型においても、G検体よ...
陰茎癌におけるHPV感染の役割と発癌のメカニズムについての検討
坂本 次郎, 重原 一慶, 中嶋 一史, 川口 昌平, 中嶋 孝夫, 島村 正喜, 安田 満, 長谷川 徹, 小堀 善友, 岡田 弘, 出口 隆, 並木 幹夫, 溝上 敦
日本性感染症学会誌   28(1) 85-91   Sep 2017
当院および関連施設で外科的治療を行った陰茎癌患者17例(平均年齢72.5歳)を対象に、HPV感染の役割と発癌メカニズムについて検討した。その結果、HPVは7例から検出され、その内訳は16型が5例、33型が1例、68型が1例であった。ISH法では、HPV陽性7検体のうち6検体で腫瘍細胞核内に、びまん性にHPV-DNAのシグナルが確認された。ISHの染色パターンは、ドット状にシグナルを呈しているものが多かった。p16-INK4aの発現に関しては、HPV陽性例では5例に発現を認め、強陽性が2例、...
カバジタキセル耐性前立腺癌細胞株の樹立
Natsagdorji Ariunbold, 町岡 一顕, 内藤 伶奈人, 武澤 雄太, 岩本 大旭, 泉 浩二, 角野 佳史, 藤沼 翔子, 溝上 敦
日本癌学会総会記事   76回 P-3207   Sep 2017
KahweolおよびCafestolはヒト前立腺癌細胞のアポトーシスを亢進する
岩本 大旭, 泉 浩二, 平塚 薫, ナッサグドルジ・アリウンボルト, 門本 卓, 内藤 伶奈人, 牧野 友幸, 成本 一隆, 角野 佳史, 溝上 敦
日本癌学会総会記事   76回 P-3223   Sep 2017
テストステロンとmale LUTS
重原 一慶, 溝上 敦
日本排尿機能学会誌   28(1) 159-159   Sep 2017
腹圧性尿失禁に対するTransobturator Tape(TOT)術前後の排尿状態についての検討
北川 育秀, 加藤 浩章, 西野 昭夫, 成本 一隆, 浦田 聡子, 溝上 敦
日本排尿機能学会誌   28(1) 192-192   Sep 2017
薬剤関連顎骨壊死の早期発見およびリスク評価におけるFDG-PET/CTの有用性
渡辺 悟, 中嶋 憲一, 望月 孝史, 井口 雅史, 野口 夏代, 川尻 秀一, 溝上 敦, 絹谷 清剛
核医学   54(Suppl.) S192-S192   Sep 2017
野原 隆弘, 上野 悟, 中嶋 一史, 重原 一慶, 成本 一隆, 泉 浩二, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦
Japanese Journal of Endourology   30(2) 223-227   Sep 2017
【緒言】当科で施行した、小径腎腫瘍に対するソフト凝固によるミニマム創無阻血無縫合腎部分切除術の治療成績を、腎機能を中心に報告する。【方法】前向き観察研究に同意が得られた19例を対象とした。術前と術後7日目の採血、レノグラムから患側・健側それぞれの推算GFR(split eGFR)を算出し、術前後の分腎機能の変化につき比較検討した。【結果】患側split eGFRは術前比28.5±14.0%の低下を認め、健側腎機能は術前比8.2±12.0%の上昇を認めた。RENAL score 8点以上の症...
LOH症候群における個別化医療 LOH症候群と睡眠障害・夜間頻尿
重原 一慶, 溝上 敦
日本性機能学会雑誌   32(2) 160-160   Aug 2017
メタボリック症候群を伴うLOH症候群へのテストステロン補充療法の効果 本邦における前向きランダム化コントロール試験サブ解析
加藤 佑樹, 重原 一慶, 小中 弘之, 飯島 将司, 泉 浩二, 角野 佳史, 高 栄哲, 並木 幹夫, 溝上 敦
日本性機能学会雑誌   32(2) 205-205   Aug 2017
前立腺全摘後の陰茎長変化とその解剖学的メカニズムの検討
角野 佳史, 中嶋 一史, 飯島 将司, 川口 昌平, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 泉 浩二, 溝上 敦
日本性機能学会雑誌   32(2) 206-206   Aug 2017
【新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩-】 腎癌 腎癌の治療 薬物療法 術前後における補助薬物療法の意義
小中 弘之, 溝上 敦
日本臨床   75(増刊6 新腎・泌尿器癌(上)) 346-353   Aug 2017
無阻血といえども腎機能は低下する ソフト凝固無阻血無縫合腎部分切除術の治療成績
野原 隆弘, 坂本 次郎, 武澤 雄太, 中嶋 一史, 飯島 将司, 重原 一慶, 成本 一隆, 泉 浩二, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦, 上野 悟
泌尿器科紀要   63(7) 280-280   Jul 2017
腎機能低下を契機として発見された後腹膜炎症性線維芽細胞腫瘍の1例
福田 理恵, 重原 一慶, 成本 一隆, 野原 隆弘, 泉 浩二, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦, 池田 博子
泌尿器科紀要   63(7) 288-288   Jul 2017
結石付着により尿管ステント抜去困難となった妊婦の1例
坂本 次郎, 野原 隆弘, 鳥海 蓮, 門本 卓, 岩本 大旭, 武澤 雄太, 中嶋 一史, 角野 佳史, 溝上 敦
泌尿器科紀要   63(7) 299-300   Jul 2017
LOH症候群患者における性機能に影響を及ぼす因子についての検討 高感度CRP値は性機能障害の指標になるか?
重原 一慶, 小中 弘之, 飯島 将司, 中嶋 一史, 泉 浩二, 北川 育秀, 角野 佳史, 溝上 敦, 島村 正喜, 並木 幹夫
日本性機能学会雑誌   32(1) 42-43   Jun 2017
撲滅、医原性性機能障害! 癌薬物療法 内分泌療法と性機能障害
重原 一慶, 溝上 敦, 並木 幹夫
日本性機能学会雑誌   32(1) 47-48   Jun 2017
角野 佳史, 溝上 敦
金沢大学十全医学会雑誌   126(2) 30-33   Jun 2017
手術支援ロボット、ダヴィンチの歴史、日本でのダヴィンチ手術、ロボット支援前立腺全摘術、ロボット支援腎部分切除術、ダヴィンチの問題点などについて概説した。ダヴィンチの登場で外科手術は大きく変化した。日本は世界第2位のダヴィンチ保有国でありながら、その1台あたりの年間使用症例数は世界平均の3分の1以下であり、十分に使用されているとは言いがたい。問題となるコストは医療全体の問題でもあり、限りある医療資源をどのように配分するかは今後の重要な課題といえる。ダヴィンチ以外の新規の手術用ロボットも開発さ...
はじめてのFemale urology 腹圧性尿失禁の診断から治療および中部尿道スリング手術について 当科での手術成績の検討結果を交えて
浦田 聡子, 成本 一隆, 北川 育秀, 溝上 敦
泌尿器外科   30(臨増) 735-737   May 2017
脱落した小線源を核にして形成された膀胱結石の1例
高野 晃暢, 泉 浩二, 門本 卓, 浦田 聡子, 飯島 将司, 田谷 正樹, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦, 並木 幹夫
泌尿器科紀要   63(4) 169-169   Apr 2017
Ra-223治療における前立腺癌骨転移の変化
八重樫 洋, 飯島 将司, 野原 隆弘, 泉 浩二, 成本 一隆, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦, 並木 幹夫, 中嶋 憲一
泌尿器科紀要   63(4) 169-169   Apr 2017
集学的治療が奏功した進行性尿路上皮癌の1例
福田 理恵, 重原 一慶, 神島 泰樹, 浦田 聡子, 飯島 将司, 野原 隆弘, 泉 浩二, 成本 一隆, 北川 育秀, 角野 佳史, 小中 弘之, 溝上 敦
泌尿器科紀要   63(4) 171-171   Apr 2017
前立腺がん検診内で施行された前立腺再生検の検討
北川 育秀, 浦田 聡子, 溝上 敦, 中嶋 和喜, 越田 潔, 中嶋 孝夫, 宮崎 公臣, 並木 幹夫
泌尿器科紀要   63(4) 172-172   Apr 2017
当科におけるTESEの成績
飯島 将司, 鈴木 康夫, 溝上 敦, 並木 幹夫
日本生殖医学会雑誌   62(1-2) 94-94   Apr 2017
【前立腺癌患者の性機能を考える】 ホルモン療法後の性機能
重原 一慶, 溝上 敦, 並木 幹夫
Prostate Journal   4(1) 39-42   Apr 2017
本邦では、前立腺癌治療としてホルモン療法が選択されるケースが多い。その背景として、諸外国とは性機能保持に対する考え方が異なることや、ホルモン療法を選択する患者は高齢であり、さまざまな合併症を有し、もともと性機能障害を持った患者が多いためである。治療前に性機能について相談し、性機能障害のリスクについてよく説明しておけば、本邦においては診療上で問題となることはないし、十分に満足な治療を提供することができるであろう。(著者抄録)
トリモダリティ療法について TRIP試験を踏まえて
小中 弘之, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 EU10-4   Apr 2017
CRPC骨転移の評価を踏まえた治療戦略
溝上 敦, 泉 浩二, 角野 佳史, 門本 卓, 中嶋 憲一
日本泌尿器科学会総会   105回 SKH13-4   Apr 2017
経腟メッシュ手術(TVM)の選択 1648症例より
成本 一隆, 栗林 正人, 浦田 聡子, 飯島 将司, 重原 一慶, 野原 隆弘, 泉 浩二, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 UP02-4   Apr 2017
神経温存ロボット支援前立腺全摘術
角野 佳史, 中嶋 一史, 飯島 将司, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 泉 浩二, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 OP06-1   Apr 2017
シスプラチン不適応と考えられた腎機能障害を有する進行尿路上皮癌患者に対するゲムシタビン+シスプラチン分割投与療法とゲムシタビン+カルボプラチン療法の比較
泉 浩二, 飯島 将司, 野原 隆弘, 重原 一慶, 角野 佳史, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 OP11-2   Apr 2017
BONENAVIを用いた去勢抵抗性前立腺癌に対するアビラテロン、エンザルタミド、ドセタキセルの骨転移への治療効果の検討
門本 卓, 飯島 将司, 重原 一慶, 野原 隆弘, 泉 浩二, 成本 一隆, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 中嶋 憲一, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 OP36-1   Apr 2017
癌化学療法における上腕留置型カテーテル、ポートの有用性
武澤 雄太, 泉 浩二, 飯島 将司, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 OP46-6   Apr 2017
ICIQ-SFを用いた前立腺全摘前後の尿失禁評価
町岡 一顕, 角野 佳史, 中嶋 一史, 飯島 将司, 重原 一慶, 野原 隆弘, 泉 浩二, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 PP15-06   Apr 2017
北陸3県における腎癌動向
多賀 峰克, 松田 陽介, 伊藤 秀明, 北村 寛, 宮澤 克人, 溝上 敦, 横山 修
日本泌尿器科学会総会   105回 PP43-10   Apr 2017
LOH症候群患者における性機能に影響を及ぼす因子についての検討 高感度CRP値は性機能障害の指標になるか?
重原 一慶, 小中 弘之, 飯島 将司, 中嶋 一史, 泉 浩二, 角野 佳史, 中嶋 孝夫, 島村 正喜, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 PP92-05   Apr 2017
BEP療法施行時のPegfilgrastim使用経験
岩本 大旭, 泉 浩二, 飯島 将司, 重原 一慶, 野原 隆弘, 成本 一隆, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦
日本泌尿器科学会総会   105回 PP93-05   Apr 2017
PSA基礎値1.0ng/ml以下の中高年男性におけるスクリーニング間隔についての検討
浦田 聡子, 北川 育秀, 松山 聡子, 内藤 伶奈人, 溝上 敦
日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌   25(1) 50-52   Mar 2017
前立腺がん検診を受診した55〜69歳の男性で、初回PSA値が1.0ng/ml以下の8086名を対象とした。初回PSA値に従い、0.0〜0.4ng/mlの1998名(I群)、0.5〜0.6ng/mlの2321名(II群)、0.7〜0.8ng/mlの2076名(III群)、0.9〜1.0ng/mlの1692名(IV群)に分けた。474名(5.86%)でPSA 2.0ng/ml以上まで上昇を認め、28名(0.35%)が前立腺癌と診断され、18名(0.22%)がGleason score(GS)≧...
進行性前立腺癌に対する臨床研究
溝上 敦, 泉 浩二
金沢大学十全医学会雑誌   126(1) 20-21   Mar 2017
去勢抵抗性前立腺がんに有効なフラボノイド誘導体の創出研究
斎藤 洋平, 溝上 敦, 泉 浩二, 武澤 雄太, 後藤 益生, 後藤 享子[中川]
日本薬学会年会要旨集   137年会(2) 240-240   Mar 2017
当院における前立腺癌に対する高線量率組織内照射併用IMRTの経験
熊野 智康, 高松 繁行, 大橋 静子, 中川 美琴, 藤田 真司, 當摩 陽子, 蒲田 敏文, 柴田 哲志, 坊 早百合, 高仲 強, 溝上 敦, 北川 育秀, 並木 幹夫
Japanese Journal of Radiology   35(Suppl.) 29-29   Feb 2017
前立腺癌シード挿入療法ポストプランにおけるMIM Symphonyの使用経験
藤田 真司, 熊野 智康, 高松 繁行, 大橋 静子, 中川 美琴, 當麻 陽子, 蒲田 博文, 柴田 哲志, 坊 小百合, 高仲 強, 小中 弘之, 北川 育秀, 溝上 敦, 並木 幹夫
Japanese Journal of Radiology   35(Suppl.) 30-30   Feb 2017
女性尿道癌に対し高線量率組織内照射を施行した1例
中川 美琴, 熊野 智康, 高松 繁行, 大橋 静子, 藤田 真司, 當摩 陽子, 蒲田 敏文, 柴田 哲志, 坊 早百合, 高仲 強, 溝上 敦, 成本 一隆, 並木 幹夫
Japanese Journal of Radiology   35(Suppl.) 30-30   Feb 2017
前立腺癌シード挿入療法における術前MRI前立腺体積と総放射能の関連性の検討
藤田 真司, 熊野 智康, 高松 繁行, 中川 美琴, 當麻 陽子, 水畑 美優, 蒲田 敏文, 小中 弘之, 北川 育秀, 溝上 敦, 並木 幹夫, 水野 英一, 柴田 哲志
Japanese Journal of Radiology   35(Suppl.) 37-37   Feb 2017
去勢抵抗性前立腺癌に対するラジウム内照射治療 集積評価と副作用
松尾 信郎, 國田 優志, 赤谷 憲一, 廣 正智, 若林 大志, 稲木 杏吏, 虎谷 文音, 中嶋 憲一, 絹谷 清剛, 米山 寛人, 溝上 敦
核医学   54(1) 566-566   Feb 2017
去勢抵抗性前立腺癌に対する塩化ラジウム治療中に骨痛を生じた一例
廣正 智, 松尾 信郎, 國田 優志, 絹谷 清剛, 溝上 敦
核医学   54(1) 662-662   Feb 2017
塩化ラジウム治療後に浮腫および呼吸困難を生じた一例
渡辺 悟, 松尾 信郎, 若林 大志, 絹谷 清剛, 加藤 阿希, 溝上 敦
核医学   54(1) 662-662   Feb 2017
Current Organ Topics Genitourinary Tumor 泌尿器系腫瘍 日本の前立腺癌;最新の動向に関する四つの疑問 CRPCに対する治療 医療経済的側面からの新薬の適応は?
溝上 敦, 角野 佳史, 北川 育秀, 泉 浩二
癌と化学療法   44(1) 41-45   Jan 2017
左室拡張機能の把握は腎移植術後管理において重要である
野原 隆弘, 武澤 雄太, 角野 佳史, 溝上 敦
日本臨床腎移植学会雑誌   4(2) 232-234   Dec 2016
【緒言】腎移植周術期、体液管理を綿密に行っているにもかかわらず肺うっ血・心不全をきたすことを時に経験する。われわれは左室拡張障害の有無による術後経過の違いを後ろ向きに検討した。【方法】当科で2010年1月から2015年8月までに行った腎移植23例を対象とし、心エコーでのE/e'(拡張早期左室流入速度/拡張早期僧帽弁輪移動速度)値を用いて周術期経過を比較した。【結果】非障害群(E/e'<8)、境界群(8≦E/e'≦13)、障害群(E/e'>13)はそれぞれ5、14、4例。術後2日目の体重増加...
Sunitinib療法中の重篤な有害事象2例
門本 卓, 浦田 聡子, 武澤 雄太, 中嶋 一史, 飯島 将司, 田谷 正樹, 野原 隆弘, 泉 浩二, 成本 一隆, 角野 佳史, 北川 育秀, 小中 弘之, 溝上 敦, 並木 幹夫
泌尿器科紀要   62(12) 667-667   Dec 2016
尿路上皮癌に対する転移巣切除の意義
岩本 大旭, 泉 浩二, 野原 隆弘, 成本 一隆, 上野 悟, 北川 育秀, 角野 佳史, 小中 弘之, 溝上 敦, 並木 幹夫
泌尿器科紀要   62(12) 668-668   Dec 2016

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
Prostatic Cancer