林 日出男

J-GLOBALへ         更新日: 17/02/27 14:41
 
アバター
研究者氏名
林 日出男
 
ハヤシ ヒデオ
所属
熊本学園大学
部署
外国語学部 英米学科
職名
教授
学位
文学修士(神戸市外国語大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2001年
 - 
現在
熊本学園大学 大学院 国際文化研究科 教授
 
1994年
 - 
現在
熊本学園大学 外国語学部 英米学科 教授
 
1982年
 - 
1994年
熊本商科大学 教養部
 
1976年
 - 
1982年
兵庫県立高等学校 教論
 

学歴

 
 
 - 
2014年9月
関西大学  外国語教育学研究科
 
 
 - 
1976年
神戸市外国語大学 外国語学研究科 英語学
 
 
 - 
1973年
天理大学 外国語学部 英米学科
 

委員歴

 
1986年
   
 
大学英語教育学会(JACET)九州沖縄支部、運営委員(現、支部役員)1986、4月―
 
2008年4月
   
 
大学英語教育学会(JACET)九州沖縄支部、紀要編集委員長 2008, 4月—2010、3月
 
2010年
   
 
大学英語教育学会(JACET)研究紀要、編集委員 2010、4月―
 
2001年
   
 
外国語教育メディア学会九州沖縄支部、評議員 2001、4月―
 
1992年
   
 
大学英語教育学会(JACET)  九州沖縄支部運営委員(現、支部役員)
 

受賞

 
 
大学英語教育学会 大学英語教育学会学術賞 動機づけ視点で見る日本人の英語学習:内発的・外発的動機づけを軸に
 

論文

 
37. Roles of perceived needs for English of adult EFL learners and differences in social contexts between Korea and Japan.
林 日出男
Studies in English Language and Literature (The Association of English Language and Literature in Korea   42(4) 163-184   2016年   [査読有り]
36. 動機づけ視点で見る日本人の英語学習―内発的・外発的動機づけを軸に―
林 日出男
関西大学 博士後期課程外国語教育学研究科      2014年9月   [査読有り]
35. Dual goal orientation in the Japanese context: A case study of two EFL learners.
林 日出男
Language Learning Motivation in Japan (Bristol: Mult-lingual Mattters   75-92   2013年   [査読有り]
Roles of perceived needs for English in the Japanese context.
林 日出男
2013 PKETA International Conference (Proceedings)   65-70   2013年   [査読有り]
33. 高校高学年での英語学習における入試緊張・動機づけ・自己調整・学習意欲・学習時間の因果モデル
林 日出男
大学英語教育学会 九州沖縄支部紀要   (16) 1-14   2011年   [査読有り]

Misc

 
ESL学習者によるポーズ形態習得についてのケーススタディ
「現代の言語研究」      1988年
Communication StrategyとしてのFunctional Reductionの実在を巡る実験的考察
熊本商大編集      1988年
ESL発話における伝達意味・発話速度・文法性についての実験的考察
「応用言語学の研究」JACET応用言語学研究会編      1990年
ESL学習におけるGood LearnerとPoor Learnerの学習ストラテジーの対照学研究
熊本学園創立50周年記念編集      1992年
教室型学習環境における同化モーティヴ型英語学習者ーその直面する諸問題と提言ー
熊本学園大学文学・言語学論集   1(1-2) 1-18   1994年

書籍等出版物

 
動機づけ視点で見る日本人の英語学習―内発的・外発的動機づけを軸に―
林 日出男
金星堂   2012年9月   
外国語教育理論の新事実(一部執筆)
エデユカ出版   1984年   
応用言語学辞典(一部執筆)
研究社   2003年   

講演・口頭発表等

 
Acquisition of Pause Patterning in a Second Language: a case study of an adult Japanese
The 5th Rocky Mountain Regional TESOL Conference(Stouffer Concourse Hotel, Denver, Colorado)   1988年   
伝達意味 発話速度 文法性についての実験的考察
大学英語教育学会(JACET)応用言語学第1回大会(於:青山学院大学)   1989年   
日本人英語学習者の動機づけ推移——自己決定理論の視点から——
言葉の科学研究会月例会(於、関西学院大学KGハブスクエア)   2004年   
授業の種類—授業間の有機的なつながりをさぐる
大学英語教育学会(JACET)第45回大会(於:関西外国語大学)   2006年   
英語学習の「楽しさ」「重要性」「実践」についての学習者間比較——動機づけの立場から――
福岡教育大学 特別発表   2008年   

Works

 
調査報告書「高校生の英語学習についての質問紙調査」
2006年

競争的資金等の研究課題

 
外国語習得における情意的/認知的要因
研究期間: 1990年   
外国語学習動機の研究
研究期間: 1998年