高木 健次

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/11 00:00
 
アバター
研究者氏名
高木 健次
 
タカギ ケンジ
所属
旧所属 名古屋大学 医学部保健学科 検査技術科学専攻
職名
准教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

受賞

 
2009年
平成20年度日本衛生学会最優秀論文賞
 

Misc

 
Involvement of nitric oxide in a rat model of carrageenin-induced pleurisy
Hindawa Publishing Corporation Mediators of Inflammation   2010 1-11   2010年
UEYAMA Jun, KAMIJIMA Michihiro, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenji, SHIBATA Eiji, HASEGAWA Takaaki, WAKUSAWA Shinya, TAKI Tomoko, GOTOH Masahiro, SAITO Isao
J. Chromatogra. B   878(17-18) 1257-1263   2010年
UEYAMA Jun, HIROSAWA Naoko, MOCHIZUKI Aiko, KIMATA Akiko, KAMIJIMA Michihiro, KONDO Takaaki, TAKAGI Kenji, WAKUSAWA Shinya, HASEGAWA Takaaki
Environmental Toxicology and Pharmacology   30(1) 88-91   2010年
UEYAMA J., KONDO T., TAKAGI K., KIMATA A., WAKUSAWA S., SATOH T., SHIBATA E., GOTO M., SAITO I., HASEGAWA T., KAMIJIMA M.
Toxicol Lett   193(1) 115-119   2010年

書籍等出版物

 
広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査 ーその数値をどうよむかー[第7版]   有機リン系農薬(ダイアジノン,フェニトロチオン,メタミドホス,ジクロルボスなど)
日本臨床   2010年   
スタンダード 生化学
文光堂   2004年   
ブルンツェル 尿・体液検査 ー基礎と臨床
西村書店   2007年   
覚せい剤精神病と麻薬依存・覚醒剤の体内運命
東北大学出版会   2004年   
エンドトキシン研究4 -世界をリードするわが国の研究・K pneumoniae 由来 エンドトキシンによる肝薬物代謝酵素活性低下および一酸化窒素過剰産生に対するサイトカインの関与
医学図書出版   2001年   

Works

 
殺虫剤の生体影響リスク評価へのメタボノミクスの導入
2008年 - 2011年
殺虫剤の尿中代謝物プロファイリングによる体内負荷量の定量と健康影響のリスク評価
2005年 - 2008年
有機リン曝露の生物学的モニタリングを用いた殺虫剤・農薬取り扱い作業者を対象とする特殊健康診断法の開発
2004年 - 2004年
化学物質によるヒト生殖・次世代影響の解明と内分泌かく乱 作用検出のための新たなバイオマーカーの開発
2002年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
殺虫剤暴露による生体への影響および生物学的モニタリング開発に関する研究
研究期間: 2002年 - 2006年
ポリアミン分析と臨床応用
胆汁塩および胆汁アルコール分析と臨床応用