鈴木 俊明

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/03 14:41
 
アバター
研究者氏名
鈴木 俊明
 
スズキ トシアキ
URL
http://homepage2.nifty.com/enro/
所属
関西医療大学
部署
保健医療学部 臨床理学療法学教室
職名
教授
学位
博士(医学)(藤田保健衛生大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1994年
京都大学医療技術短期大学部理学療法学科 助手
 
1992年
 - 
2002年
藤田保健衛生大学医学部大学院医学研究科 研究生
 
1999年
 - 
現在
 関西医科大学精神神経学教室 研究員
 
2002年
 - 
現在
 藤田保健衛生大学リハビリテーション医学講座 訪問研究員
 

学歴

 
2002年3月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 博士(医学) 
 
1994年2月
 - 
現在
学位授与機構 学士(保健衛生学) 
 
 
 - 
1989年
佛教大学 社会学部 社会福祉学科
 
1983年4月
 - 
1986年3月
京都大学医療技術短期大学  理学療法学科
 

委員歴

 
2013年12月
 - 
現在
(社)日本理学療法士協会  日本基礎理学療法学会 運営幹事
 
2013年8月
 - 
現在
(社)大阪府理学療法士会  泉州ブロック長
 
2000年4月
 - 
2011年5月
(社)大阪府理学療法士会  泉州ブロック長
 
1997年6月
 - 
2005年12月
(社)全日本鍼灸学会和歌山地方会  理事
 
1999年4月
 - 
2004年3月
(社)日本理学療法士協会  調査部部長
 

受賞

 
2005年
大阪府理学療法士協会 学術奨励賞(研究指導者)
 
1997年
第31回日本理学療法士学会奨励賞
 
1998年
平成9年度大阪府理学療法士会学術奨励賞
 
1994年
雑誌「理学療法ジャーナル」賞 奨励賞
 

論文

 
脳血管障害片麻痺患者の麻痺側筋緊張亢進の要因は誘発筋電図により解明できる
鈴木 俊明、谷埜予士次、米田浩久、吉田隆紀、鬼形周恵子、文野住文、谷万喜子、若山育郎、吉田宗平
理学療法学   42 176-177   2015年   [査読有り]
Excitability of spinal neural function during motor imagery in Parkinson’s disease
鈴木 俊明
Functional Neurology   24 263-267   2014年   [査読有り]
Excitability of Spinal Neurons during Relaxation Imagery for 2 Minutes
鈴木 俊明
Int J Neurorehabilitation Eng   1 105   2014年   [査読有り]
経穴刺激理学療法の効果に関する基礎的検討―尺沢への抑制手技が母指球筋のF波および自律神経機能に与える影響―
鈴木俊明、米田浩久、谷埜予士次、高崎恭輔、谷万喜子、鬼形周恵子、吉田隆紀、文野佳文、浦上さゆり、若山育郎、吉田宗平
理学療法学   40 136-137   2013年   [査読有り]

Misc

 
痙縮の病態生理と電気生理学的評価
鈴木俊明
MB Med Reha   180 23-28   2015年   [査読有り]
熱く対応することの素晴らしさ
鈴木俊明
理学療法ジャーナル   49 97   2015年   [査読有り]
理学療法と鍼灸の融合とは何か-「経穴刺激理学療法」と評価の重要性
鈴木 俊明
Sportsmedicine   161 2-4   2014年   [査読有り]
鈴木 俊明、文野住文、鬼形周恵子、谷万喜子、米田浩久
14 27-31   2014年   [査読有り]
運動イメージと脊髄神経機能
鈴木俊明、文野住文、鬼形周恵子、谷万喜子
関西理学   13 1-9   2013年   [査読有り]

書籍等出版物

 
筋緊張に挑む
鈴木 俊明 (担当:共著, 範囲:運動・生理学からみた筋緊張)
文光堂   2015年   
図解 鍼灸療法技術ガイド
鈴木 俊明 (担当:共著, 範囲:電気療法,牽引療法,光線療法)
文光堂   2012年   
医療従事者のためのこれだけは知っておきたい61の法律
鈴木 俊明 (担当:共著)
金芳堂   2012年   
腰痛のリハビリテーションとリコンディショニング ―リスクマネジメントに基づいたアプローチ
鈴木 俊明 (担当:共著, 範囲:脊柱の構造と機能)
文光堂   2012年   
The Real Physical Therapy ―理学療法の現場から―
鈴木 俊明 (担当:監修)
アイペック   2010年   

講演・口頭発表等

 
F-WAVE WAVEFORM VALUES INCREASED FOLLOWING IMPROVED VOLUNTARY MOVENENTS IN A PATIENT WITH CEREBROVASCULAR DISEASE
鈴木 俊明
The 4th Japan-Korea NeuroRehabilitation Conference   2015年2月22日   
Effects of 1-and 2-min periods of relaxation imagery on spinal neuronal excitability
鈴木 俊明
8th World Congress for NeuroRehabilitation Towards New Horaizons in NeuroRehabilitation   2014年4月   
Excitability of spinal neural function under relaxation imagery for two minutes
鈴木 俊明
The 6th Asia-Western Pacific Region Congress of the World Confederation for Physical Therapy & The 12th International Congress of Asia Confederation for Physical Therapy   2013年9月   
A novel method of acupuncture on writer’s cramp
鈴木 俊明
SECOND INTERNATIONAL CONGRESS ON TREATMENT OF DYSTONIA   2013年5月   
Excitability of Spinal Neural Function by Motor Imagery with Isometric Opponens Activity: Influence of Vision
鈴木 俊明
2nd Japan-Korea NeuroRehabilitation Conference   2013年2月16日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
神経疾患に対する運動療法、鍼治療効果の神経生理学的研究
研究期間: 1994年   
神経疾患に対する運動療法、鍼治療の効果を神経生理学的手法を用いて検討している。
経穴刺激理学療法の開発と効果検討に関する神経生理学的研究
研究期間: 2004年   
理学療法と鍼灸医学を併用した新しい理学療法である経穴刺激理学療法を開発した。この効果検討を筋電図学的分析などを用いて研究する。
運動イメージを用いたリハビリテーションに関する神経生理学的研究
研究期間: 2008年   
平成2年度学術助成研究
日本理学療法士協会: 
代表者: 鈴木 俊明
日本理学療法士協会: 平成3年度学術助成研究
代表者: 鈴木 俊明