松木 光子

J-GLOBALへ         更新日: 08/02/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
松木 光子
 
マツキ ミツコ
所属
旧所属 日本赤十字北海道看護大学 
職名
教授,学長
学位
文学修士(神戸女学院大学), 医学博士(金沢大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1975年
 - 
1993年
大阪大学医療技術短期大学部 助教授,教授
 
1985年
   
 
- 文部省在外研究員(米国)
 
1988年
 - 
1991年
金沢大学医学部衛生学教室 専修生
 
1993年
 - 
1997年
大阪大学医学部保健学科 教授
 
1997年
 - 
1999年
福井医科大学医学部看護学科 教授, 大阪大学 名誉教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
神戸女学院大学 文学研究科 社会学
 
 
 - 
1969年
佛教大学 社会福祉学部 社会福祉
 

委員歴

 
1987年
   
 
日本看護科学々会  評議員
 
1991年
   
 
日本看護研究学会  評議員
 
1989年
 - 
1995年
日本癌看護学会  評議員
 
1995年
 - 
2001年
日本看護診断学会  理事長,第1回 学術大会会長,理事
 
1992年
 - 
1996年
Inter national Soiety of Nursing in Cancer Care  Member of Board of Directors
 

受賞

 
1998年
North American Nursing Diagnosis AssociationよりUnique Contribution AwardおよびBetty Mottet Award
 

Misc

 
乳癌手術患者の心理的適応に関する縦断的研究(1)-術前から術後3年にわたる心理反応
日本看護研究学会雑誌   15(3)    1992年
乳癌手術患者の心理的適応に関する縦断的研究(2)-リーシャルサポートネットワークを中心に
日本看護研究学会雑誌   15(3)    1992年
モジュール型断続受持方式の仮説と構想
ナースステーション   20(2)    1990年
モジュール型継続受持方式の実際例とその評価
ナースステーション   20(2)    1990年
アセトニトリルの生体作用-他種のニトリル類との作用の比較
金沢大学十全医学会雑誌   100(4)    1991年

書籍等出版物

 
看護診断の実際
南江堂   1988年   
クオリティケアのための看護方式
南江堂   1992年   
看護理論とその実践への展開
金原出版   1990年   
ケーススタディ看護過程
JJNブックス 医学書院   1995年   
死の臨床から生の臨床へ
金原出版   1992年   

Works

 
わが国における看護実践国際分類の妥当性と普及に関する研究
2000年
わが国における看護共通言語体系構築に関する研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
看護実践モデル
癌看護研究
看護診断の妥当性研究