伊藤 雅浩

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/30 13:44
 
アバター
研究者氏名
伊藤 雅浩
 
イトウ マサヒロ
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部 熊本大学大学院生命科学研究部(保健学系)構造機能解析学
職名
講師
学位
医学博士(熊本大学), 体育学修士(鹿屋体育大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1994年
 - 
1995年
自由大学(オランダ王国) 研究員 Faculty of Human Movement Sciences
 
1997年
 - 
1998年
自由大学(オランダ王国) 日本学術振興会研究員(リサーチ・アソシエイト)
 
1998年
   
 
カルガリー大学(カナダ) 日本学術振興会研究員(リサーチ・アソシエイト)
 
1992年
 - 
2003年
熊本大学医療技術短期大学部 講師
 
2003年
 - 
2009年
熊本大学医学部保健学科 講師
 
2010年
 - 
現在
 熊本大学大学院生命科学研究部(保健学系)構造機能解析学 講師
 

学歴

 
 
 - 
1990年
鹿屋体育大学 体育学研究科 修士課程
 
 
 - 
1988年
鹿屋体育大学 体育学部 
 

委員歴

 
2000年
 - 
2014年
熊本県体育協会  医科学委員
 

受賞

 
1996年
熊本県スポーツ優秀賞
 
1997年
熊本県スポーツ優秀賞
 
1997年
熊本日日新聞社スポーツ奨励賞
 

Misc

 
医科学サポート事業2013年度
伊藤雅浩、坂田礼司、平崎和雄、中村弘幸
熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要      2015年
医科学サポート事業2012年度
坂田礼司、平﨑和雄、中村弘幸
熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要   29    2014年
医科学サポート事業2011年度
伊藤雅浩、坂田礼司、鈴木公、平崎和雄
熊本県体育協会医科学      2012年
注排水による不感温浸水負荷が回復期急性心筋梗塞患者の循環応答に与える影響
伊藤雅浩、小島 淳,坂本知浩,福岡義之、小川久雄
日本心臓リハビリテーション学会誌   17(1) 76-81   2012年
医科学サポート事業2010年度
伊藤雅浩、坂田礼司、鈴木公
熊本県体育協会スポーツ医科学委員会紀要      2011年

書籍等出版物

 
レース分析(平泳ぎ)
伊藤雅浩
月刊 水泳   1997年   
スポーツと科学ー健康と競技力向上
コーチング・クリニック   1996年   
スポーツと薬物
医薬ジャーナル社   1994年   
高等学校保健体育 参考書
第一学習社   2003年   

講演・口頭発表等

 
震災特別緊急企画、自らが被災者になったと時、何を、どのように取り組むかを考える
伊藤雅浩
日本運動生理学会   2016年   

Works

 
震災復興支援活動
伊藤雅浩   その他   2016年 - 現在
生活習慣病予防研究事業
伊藤雅浩   その他   2014年 - 現在
国民体育大会(水泳競技)平泳ぎ優勝
1996年
国民体育大会(水泳競技)平泳ぎ優勝
1997年
介護予防事業
2006年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
静水圧の差異が循環動態に及ぼす影響
熊本大学: 学内科学研究費補助金インセンティブ
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 伊藤 雅浩
水中での不整脈発現と安全基準に関する研究〜水位と呼吸制限の相互作用〜
デサントスポーツ科学研究助成: 
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 伊藤 雅浩
中高年者における水泳中の不整脈発現機序に関する研究
熊本大学: 教育研究学内特別経費
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 伊藤 雅浩
トレーニング継続が中高年者の水泳中の不整脈発現に及ぼす影響
熊本大学: 教育研究学内特別経費
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 伊藤 雅浩

社会貢献活動

 
熊本県水泳協会理事(科学技術委員)
【運営参加・支援, 調査担当】  2000年 - 現在