安田 美弥子

J-GLOBALへ         更新日: 08/01/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
安田 美弥子
 
ヤスダ ミヤコ
所属
旧所属 東京都立保健科学大学 保健科学部 看護学科
職名
教授
学位
博士(医学)(昭和大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1966年
東京大学 医学部 保健学科
 

委員歴

 
1986年
   
 
日本精神衛生学会  理事
 
2000年
 - 
2002年
看護科学学会  企画委員
 
1999年
   
 
東京保健科学学会  評議員
 
2002年
   
 
日本アディクション看護学会  理事長
 

Misc

 
アルコール依存症者の背景と社会療法
埼玉県立衛生短大紀要   (9)    1984年
呆け老人の性格特性と社会活動
心の健康   2(1)    1987年
アルコール依存症の親をもつ子供の問題
社会精神医学   11(4)    1988年
アルコール衣存症者の子供の問題-その特徴と今後の対策-
こころの健康   6(2)    1991年
アルコール依存症者を親にもつ子供の問題-地域ケアを考える-
平成2年度科学研究費補助金研究成果報告書      1991年

書籍等出版物

 
こうして酒を断っている
太陽出版   1989年   
お父さんお酒やめて-アルコール依存症克服の軌跡
大陽出版   1990年   
若い宴-女性のアルコール依存症-
太陽出版   1992年   
アル中家庭と子供たち
大陽出版   1994年   
家族の誰かが呆けたとき-とどけたい介護者の声-
太陽出版   1994年   

Works

 
埼玉県所沢市における在宅呆け老人・家族の実態調査
1984年
埼玉県における在宅障害老人を支える地域ケアシステムの研究
1989年
中高年単身赴任者の健康管理に関する調査研究
1992年
アディクション看護学の研究
2002年

競争的資金等の研究課題

 
アルコール依存症者の子供の問題
地域におけるセルフヘルプグループと専門職との連携に関する研究
依存症の回復におけるセルフヘルプグループの機能の研究
依存症 への支援システムの研究