小林 多寿子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 14:49
 
アバター
研究者氏名
小林 多寿子
所属
一橋大学
部署
社会学研究科
職名
教授
学位
博士(大阪大学), 学術修士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
一橋大学 社会学研究科 教授
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1982年3月
大阪大学 人間科学研究科 
 
1982年4月
 - 
1987年3月
大阪大学 人間科学研究科 
 
 
 - 
1980年3月
同志社大学 文学部 社会学科社会学専攻
 

受賞

 
1998年12月
現代風俗研究会 第8回橋本峰雄賞
 
『物語られる「人生」-自分史を書くということ-』に対して

論文

 
都市の形態論から表象論へ-R・ルドゥリューを中心として-
小林 多寿子
『年報人間科学』大阪大学人間科学部   (4) 177-192   1983年4月
小林 多寿子
ソシオロジ   30(2) 47-67   1985年4月   [査読有り]
都市のなかの「ふるさと」-京阪神芝会の一日-
小林 多寿子
『年報人間科学』大阪大学人間科学部   (7) 17-36   1986年4月
小林 多寿子
『年報人間科学』大阪大学人間科学部   (8) 23-40   1987年4月
トロントにおける日系移民-和歌山県出身者の場合-
小林 多寿子
浦和論叢   (2) 95-110   1989年4月

書籍等出版物

 
『ライフヒストリー研究入門―伝記への人類学的アプローチ―』(共訳)
小林 多寿子 (米山俊直) (担当:共訳, 範囲:(原題 L.L.Langness, Gelya Frank, Lives:an anthropological approach to biopgraphy ))
ミネルヴァ書房   1993年1月   ISBN:978-4623022502
中野卓・桜井厚編『ライフヒストリーの社会学』(共著)
小林 多寿子 (担当:共著, 範囲:「インタビューからライフヒストリーへ-語られた「人生」と構成された「人生」」)
弘文堂   1994年2月   ISBN:978-4335550614
井上忠司・祖田修・福井勝義編『文化の地平線-人類学からの挑戦-』(共著)
小林 多寿子 (担当:共著, 範囲:「「経験の物語」と「複合的自叙伝」-ライフヒストリーの重ね合わせをめぐって-」)
世界思想社   1994年4月   ISBN:978-4790705048
宮本・森下・君塚編『組織とネットワークの社会学』(共著)
小林 多寿子 (担当:共著, 範囲:「合成された「ふるさと」-都市における同郷者集団-」 )
新曜社   1994年4月   ISBN:978-4788504899
『物語られる「人生」―自分史を書くということ―』
小林 多寿子
学陽書房   1997年8月   ISBN:978-43470118

講演・口頭発表等

 
"Narrative and Rashomon-like Technique"
小林 多寿子
The Society for Phenomenology in the Human Sciences   1996年10月1日   
「口述の語りと<学>のことば」
小林 多寿子
関西社会学会第50回大会 ミニシンポジウム「臨床のことばと<学>のことば」   1999年6月1日   
「ライフヒストリー研究と「確からしさ」―「個人的経験のナラティヴ」からの視点―」
小林 多寿子
関東社会学会第47回大会 テーマ部会「質的調査法」   1999年6月1日   
「書くことと語ること―「個人的経験のナラティヴ」への視点」
小林 多寿子
同志社大学社会学研究学会   1999年7月1日   
「ライフヒストリーからみる「トロントの経験」―ある日系一世女性の場合―」
小林 多寿子
日本移民学会第9回大会パネル・ディスカッション「女性移民の人類学」   1999年9月1日   

競争的資金等の研究課題

 
社会学者の自伝とリサーチドキュメントから再構成する質的調査展開の知識社会学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 小林多寿子
科学研究費助成事業
研究期間: 1993年4月 - 1994年3月    代表者: 小林多寿子
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 小林多寿子
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月    代表者: 宮坂靖子
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 小林多寿子