伊藤 裕子

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/21 10:16
 
アバター
研究者氏名
伊藤 裕子
 
イトウ ユウコ
所属
文京学院大学
部署
人間学部 心理学科
職名
教授
学位
文学修士(東京教育大学), 博士(心理学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
現在
文京学院大学 教授
 
1980年
 - 
1989年
PL学園女子短期大学 助教授
 
1989年
 - 
1997年
山村女子短期大学 教授
 
1997年
 - 
2007年
聖徳大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
筑波大学 心理学研究科 心理学
 
 
 - 
1974年
東京教育大学 教育学部 心理学科
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
現在
ふじみ野市教育振興計画策定委員会委員長
 
2013年4月
 - 
現在
日本青年心理学会監事
 
2006年4月
 - 
現在
日本心理学会代議員
 
2012年5月
 - 
2012年12月
ふじみ野市男女共同参画社会基本計画策定懇話会委員長
 
2009年4月
 - 
2010年12月
大学基準協会評価委員
 
2006年4月
 - 
2010年3月
日本青年心理学会理事
 
2007年5月
 - 
2007年11月
ふじみ野市男女共同参画社会基本計画策定懇話会委員長
 
2001年4月
 - 
2003年3月
松戸市教育改革懇話会委員
 
2000年9月
 - 
2003年3月
文部省生涯学習局男女共同参画課委員
 
1998年11月
 - 
2003年3月
松戸市男女共同参画推進協議会委員
 
2000年1月
 - 
2001年12月
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
 
1998年7月
 - 
2000年3月
松戸市青少年問題協議会委員
 

論文

 
中高年期夫婦における結婚コミットメントと適応
伊藤 裕子・加曽利岳美・相良順子
文京学院大学総合研究所紀要   (15) 107-118   2015年3月
中年期から高齢期における社会的活動と精神的健康
伊藤 裕子・相良 順子
文京学院大学人間学部研究紀要   (13) 85-99   2012年3月
夫婦の愛情と個別化志向からみた夫婦の関係―中高年期夫婦を対象に
伊藤 裕子・相良順子
文京学院大学人間学部研究紀要   (14) 1-14   2013年3月
中年期から高齢期における夫婦の役割意識―個別化の視点から
伊藤 裕子・相良 順子
文京学院大学人間学部研究紀要   (12) 163-176   2010年12月
中高年期における夫婦の関係と心理的健康―世代比較を中心に
伊藤 裕子・下仲 順子・相良 順子
文京学院大学総合研究所紀要   (10) 191-204   2009年12月
夫婦の結婚満足度と家事・育児分担における理想と現実のずれ
相良 順子・伊藤 裕子・池田 政子
家族心理学研究   22(2) 119-128   2008年11月   [査読有り]
思春期・青年期における死生観の発達
伊藤 裕子・斎藤 文江
カウンセリング研究   41(3) 213-223   2008年10月   [査読有り]
夫婦のコミュニケーションが関係満足度に及ぼす影響-自己開示を中心に
伊藤 裕子・相良 順子・池田 政子
文京学院大学人間学部研究紀要   (9) 1-15   2007年12月
高校生における携帯メールの心理的機能と問題行動との関連
伊藤 裕子・高野 由起子・菰田 孝行
児童学研究   (8) 133-140   2006年3月
夫婦のコミュニケーションと関係満足度,心理的健康の関連―子育て期のペア・データの分析
伊藤 裕子・相良 順子・池田 政子
聖徳大学家族問題相談センター紀要   (4) 51-61   2006年2月

Misc

 
結婚コミットメント尺度の作成―中高年期夫婦を対象に
伊藤 裕子・相良順子
心理学研究   86(1) 42-48   2015年4月   [査読有り]
伊藤 裕子
心理学研究   84(6) 612-617   2014年2月   [査読有り]
愛情尺度の作成と信頼性・妥当性の検討―中高年期夫婦を対象に
伊藤 裕子・相良順子
心理学研究   83(3) 211-216   2012年8月   [査読有り]
定年後の夫婦関係と心理的健康との関連―現役世代との比較から
伊藤 裕子・相良順子
家族心理学研究   26(1) 1-12   2012年6月   [査読有り]
多重役割に従事する子育て期夫婦の関係満足度と心理的健康―妻の就業形態による比較
伊藤 裕子・相良 順子・池田 政子
聖徳大学研究紀要   (17) 33-40   2006年12月
伊藤 裕子・相良 順子・池田 政子
発達心理学研究   17(1) 62-72   2006年4月   [査読有り]
相良 順子・伊藤 裕子・池田 政子
Japanese Psycological Research   48(1) 17-26   2006年4月   [査読有り]
伊藤 裕子, 相良 順子, 池田 政子
心理学研究   75(5) 435-441   2004年
主観的幸福感尺度の作成と信頼性・妥当性の検討
伊藤裕子・相良順子・池田政子・川浦康至
心理学研究   74(3) 276-281   2003年
伊藤裕子
教育心理学研究   49(4) 458-468   2001年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
夫婦関係と心理的健康―子育て期から高齢期まで
伊藤裕子・池田政子・相良順子 (担当:共著)
ナカニシヤ出版   2014年2月   
日本の男性の心理学―もう一つのジェンダー問題
柏木恵子・高橋恵子(編) (担当:分担執筆)
有斐閣   2008年6月   
ジェンダー・アイデンティティ―揺らぐ女性像
伊藤裕子(編) (担当:編者)
至文堂   2006年7月   
ジェンダーの発達心理学
伊藤裕子(編) (担当:編者)
ミネルヴァ書房   2000年11月   
青年期における性役割観の形成
伊藤裕子
風間書房   1997年11月   

Works

 
世田谷区の女性にみる生活ネットワークの広がり
1992年
性差意識の形成環境に関する研究
1994年 - 1996年
職業生活と家庭生活が夫婦の心理的健康に及ぼす影響
伊藤裕子・池田政子・相良順子   2001年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
結婚コミットメントと心理的健康―子育て期から高齢期まで
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 伊藤 裕子
中高年期夫婦における結婚コミットメントと適応
文京学院大学: 共同研究
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 伊藤 裕子
職業生活と家庭生活が夫婦の心理的健康に及ぼす影響―ジェンダー・ギャップの視点から
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 伊藤裕子
中高年期における夫婦の関係と心理的健康―世代比較を中心に
文京学院大学: 共同研究
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 伊藤裕子