渋谷 香織

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/03 20:18
 
アバター
研究者氏名
渋谷 香織
 
シブヤ カオリ
所属
駒沢女子大学
部署
人文学部 日本文化学科 -
職名
教授
学位
文学修士(東京女子大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年
東京女子大学 文学研究科 日本文学
 
 
 - 
1981年
東京女子大学 文理学部(文科系) 日本文学
 

論文

 
横光利一『上海」 に描かれた外国人をめぐる一考察ー井東憲を視座にー
渋谷 香織
駒沢女子大学研究紀要   (18) 1-9   2011年12月

Misc

 
『寝園』論
東京女子大学論集   41(2)    1991年
『上海』の改稿をめぐって(一)人物像の変遷
東京女子大學日本文學   66    1986年
『上海』の改稿をめぐって(二)人間観の変遷
東京女子大學日本文學   67    1987年
横光利一の中国観-『上海』を中心にした一考察
東京女子大学論集   38(2)    1988年
日本、韓国のマスメディアを通じた相互イメージ
情報通信学会誌   8(2)    1990年

書籍等出版物

 
異文化のなかのニッポン
二期出版   1991年   
日本語の表現
圭文社   1993年   
横光利一『春園』試論-もうひとつの『旅愁』-
勉誠社 『傳統と創造』   1996年   
作品で綴る近代文学史(共著)
双文社出版   1996年   
横光利一の文学世界
韓林書房   2006年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 渋谷香織
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 渋谷香織
1920年代から30年代にかけての上海表象が描き込まれたテクストとして、横光利一の長編小説「上海」を取り上げ、研究の土台となる本文校訂とプレテクストの発掘を行った。この小説は二度改稿されており、その異同を踏まえた電子テキストの作成を2008年7月より開始し、2010年3月に完成した。その上で、テクスト内に描かれた五・三〇事件や外国人、あるいは経済といった表象のプレテクストを発掘し、発表した。
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 渋谷香織
本研究は張赫宙の散逸している作品を日本のみならず、韓国の新聞・雑誌などからも収集することから始まった。日本で発表された作品は日本国内の多くの場所に分散しているため、戦前のものはかなり収集できたが、戦後のものまですべて網羅するのは一年間では困難であった。日本国内で発表された1945年までの作品に関して、構成・文体を分析し、日本・日本人像、朝鮮・朝鮮人像について考察した。初期の『餓鬼道』をはじめとする一連の作品は、日本帝国主義に反対するようなものであったが、その後朝鮮人の教師や金持ちの間に起こ...
文部科学省: 科学研究費補助金(総合研究(A))
研究期間: 1993年 - 1995年    代表者: 川竹和夫
本研究では、マスメディアの中の日・独イメ-ジを中心に調査分析した。結果は次の様な点に集約される。(1)テレビ:(a)日本のテレビでは、ドラマ・バラエティなど娯楽番組にドイツはほとんど登場しない。ドイツが扱われることの多いのは、ニュ-ス・ドキュメンタリ-である。(b)大学生グル-プを被験者として、「ビデオ視聴評価実験」を行った結果、・"日本のテレビの描くドイツ"は、概ね「自分たちのイメ-ジと一致」し、「ドイツを好意的に描いていると評価された。・"ドイツのテレビの描く日本"への評価は、その逆の...