定行 まり子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/31 03:28
 
アバター
研究者氏名
定行 まり子
 
サダユキ マリコ
URL
http://mcm-www.jwu.ac.jp/~sadayuki/
所属
日本女子大学
部署
家政学部 住居学科
職名
教授
学位
工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
80235308

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京工業大学 理工学研究科 建築学
 
 
 - 
1978年
日本女子大学 家政学部 住居学科
 

委員歴

 
 
   
 
現在 日本家政学会 理事
 
 
   
 
現在 都市住宅学会 理事
 
 
   
 
現在 日本学術会議 連携会員
 
 
   
 
現在 東京建築士会 理事・副会長
 
 
   
 
現在 日本建築学会建築計画委員会 委員
 

受賞

 
2015年
子ども環境学会 論文・著作賞(『保育環境のデザイン』)
 

論文

 
建築の視点から保育の評価のあり方を考える
定行まり子
保育学研究   56(1) 44-55   2018年8月   [査読有り][招待有り]
母子生活支援施設を退所する母子世帯の居住を中心とした課題と支援のあり方
金指有里佳 小池孝子 定行まり子
日本家政学会誌   69(6) 22-32   2018年6月   [査読有り]
既存建物の転用,複合化による保育施設の施設整備の現状―都市部における保育種別から見た保育施設整備に関する研究―
江川紀美子 小池孝子 定行まり子
日本女子大学紀要家政学部   (65) 39-46   2018年3月
母子世帯の居住問題における母子生活支援施設の役割―戦前・戦後の母子寮に着目して―
金指有里佳 小池孝子 定行まり子
日本女子大学家政学研究科・人間生活学研究科   (24) 33-41   2018年3月
日本の少子社会における子ども・子育て世帯の現状-住居学の視点から-
定行まり子
都市住宅学   (100) 59-65   2018年1月   [招待有り]

書籍等出版物

 
初めて学ぶ福祉住環境(第三版)
水村容子・浅沼由紀・井上剛伸・定行まり子・橋本彼路子・吉川和徳 (担当:共著, 範囲:第9-11章)
市ヶ谷出版社   2018年10月   ISBN:978-4-87071-008-5
生活と住居(編著)
光生館   2013年   
現代住宅研究の変遷と展望 (財)住宅総合研究財団編
丸善   2009年   
福祉住環境
浅沼 由紀 , 大高 真紀子, 定行 まり子, 水村容子, 藤井 智 , 井上 剛伸 (担当:共著)
市ヶ谷出版   2008年   
日本女子大学 学寮の100年
ドメス出版   2007年   

講演・口頭発表等

 
町内会を対象としたアンケートにみる地域防災と住環境への意識について -横浜市K地区連合町内会の事例-
日本建築学会学術講演梗概集 (建築社会システム)   2015年   
ひとり親世帯の居住を中心としたセーフティーネット整備の現状と課題 -東京都豊島区の事例を通して-
日本建築学会学術講演梗概集 (建築社会システム)   2015年   
保育室の室内環境と空間の使い方についての研究 -関東における認可保育所2園の事例を通して-
日本建築学会学術講演梗概集 (建築計画)   2015年   
原発事故後の福島県における保育施設の外遊びの変化について
日本建築学会学術講演梗概集 (建築計画)   2015年   
幼児保育室の平面構成 -K保育園の事例にみるハンガリーの保育実践法-
日本建築学会学術講演梗概集 (建築計画)   2015年   

Works

 
こども未来財団 研究代表者「学校週5日制の導入による児童館等の実態と対応に関する調査研究」 2002
その他   
科研分担者 「戸山ハイツにおける高齢者の生活特性」 2001
その他   
児童環境づくり等調査研究事業 研究代表者「中高生の居場所のあり方に関する研究」 2001
その他   
財団法人第一住宅建設協会 「コレクティブ居住における住運営支援」 2000
その他   
科研代表者 「住宅等の施設と複合する保育所および児童館の環境整備について」 2005
その他   

競争的資金等の研究課題

 
子どものための居住環境に関する研究
-
保育施設の物的環境に関する研究
-
中高生の居場所に関する研究
-