蝦名 直美

J-GLOBALへ         更新日: 10/03/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
蝦名 直美
 
エビナ ナオミ
所属
東海大学
部署
情報教育センター
職名
専任准教授

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1975年
東海大学 工学部 電子工学科
 

Misc

 
表面弾性波による1入力4出力光スイッチ素子
東海大学短期大学紀要   (16)    1982年
景観形成のための画像処理システムの開発(I)-基本ソフトウエアの試作-
東海大学短期大学紀要   (24)    1990年
デザイン教育の改善に関する研究 -パーソナルコンピユータの導入による効果-
東海大学短期大学紀要   (23)    1989年
ショットキー障壁を用いた太陽エネルギー変換素子
東海大学産業科学研究所所報   (7)    1977年
生活科学科における情報教育環境の改善について -ブック型パソコン 導入の意義と教育効果-
東海大学短期大学部生活科学研究所所報   (5)    1991年

書籍等出版物

 
第2種情報処理試験 第2種【要点・重点】短期集中速攻対策(共著)
技術評論社   1994年   
総仕上げシステムアドミニストレータ試験直前整理特大号(共著)
技術評論社   1995年   
Lotus1-2-3R5J for Windows(共著)
大原出版株式会社   1996年   
初級システムアドミニストレータ試験直前整理特大号(共著)
技術評論社   1996年   
第1種情報処理試験 第1種【要点・重点】短期集中速攻対策(共著)
技術評論社   1996年   

所属学協会

 
 

Works

 
画像処理技術を応用した静岡市七間町通り整備完成予想図の制作 本作品は、静岡市七間町通り整備報告書に掲載
芸術活動   1990年
第28回静岡県芸術祭美術展デザインの部にCG作品を委嘱出品 主催:静岡県教育委員会
芸術活動   1988年
本学電気通信工学科第二部の現状と教育方法の改善について 第16回工業系夜間短期大学教員研究集会にて発表
1982年
CAD導入に関わる諸問題について講演 主催:静岡県デザインセンター
1990年

競争的資金等の研究課題

 
応用ソフトウェアを使ったシステム開発技法の研究
研究期間: 2002年 - 2004年
アルゴリズム教育改善に関する研究
研究期間: 2005年