TACHI Hiroshi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2018 at 04:29
 
Avatar
Name
TACHI Hiroshi

Published Papers

 
Development of Fermented Seasoninng that Uses New Materials -One Attempt in Ethiopia-
Masaru Hosaka,Hiroshi Tachi,Nagisa Imai and Tasuhiko Ando
Journal of Arid Land Studies   20(2) 139-143   2010   [Refereed]
T. Ota,A. Itoh,H. Tachi,K. Kudoh,T. Watanabe,Y. Yamamoto,T. Tadokoro,A Maekawa
Journal of Agricultural and Food Chemistry   53    Aug 2005
Tyr-Pro-OEt・HClとPhe-Pro-NH2・HClにジペプチジルアミノペプチダーゼを60%エチレングリコール存在下で作用させることにより、モルフィセプチンを合成することに成功した。
Experimental Study on the Fermented Foods Production in the CEEF
H.Miyazaki,H.Tachi,K.Nitta,S.Muramatsu、舘 博
Institute for Environmental Sciences      Aug 2005
CEEFでの醤油醸造方法について検討した。
Hiroshi Tachi,Masaru Hosaka,Toru Ota,Tatsuhiko Ando,Munrhiro Yoshida
日本健康医学会雑誌 12巻      Jul 2003
Aspergillus oryzaeのX-prolyl dipeptidyl-aminopeptidaseの菌体内分布を調べた。
舘 博
日本健康医学会雑誌 10巻      Jun 2001
新規高分子アミノペプチダーゼをふすま麹より発見した 。分子量は690,000で等電点は4.6の金属酵素であった。 Kmは16.7mMであった。本酵素はLeu-Gly-Glyを分解した がLeu-pNAは分解しなかった。 pp.56-59

Misc

 
Fomation of amino acids during soy sauce fermentation
(267) 33-39   Sep 2015
Characteristics of Japanese Soy Sauce
Hiroshi Tachi
FOOD CULTURE   (25) 3-4   Jun 2015

Conference Activities & Talks

 
Experimental Study on the Fermented Foods Production in the CEEF
H.Miyazaki,H.Tachi,K.Nitta,S.Muramatu
Institute for Environmental Sciences   Sep 2004   
CEEF内で生産される食材による発酵食品の生産について検討した。
ジペプチジルペプチダーゼを用いたmorphiceptinの合成
太田徹、伊藤亜樹、工藤慶太、渡辺達夫、田所忠弘 一島英治、前川昭男、舘 博
日本農芸化学会2000年度大会   Apr 2000   
麹菌ジペプチジルペプチダーゼⅣを用いて、オピオイド ペプチドであるmorphiceptinの合成に成功した。
Selenium Intake from Rice and Wheat Products In Japanese
安藤達彦、舘博、吉田宗弘
ISTERH Fifth Conference   Sep 1998   
1日のSe摂取量の10~20%を小麦から取っている。