Emi Hamana

J-GLOBAL         Last updated: Oct 25, 2019 at 14:12
 
Avatar
Name
Emi Hamana
URL
https://emihamana.net/
Affiliation
Tokyo Woman's Christian University
Section
School of Arts and Sciences, Division of Humanities, Department of Literature and Culture in English
Job title
Professor
Degree
Ph.D. in Literature(The University of Tsukuba), MA (English Language)(The University of Birmingham)
Other affiliation
Tokyo Woman's Christian University
Research funding number
20149355
ORCID ID
0000-0003-3320-1725

Profile

エリザベス朝演劇から現代にいたるまでの英語圏の演劇とパフォーミング・アーツ、とくにシェイクスピアの今日の世界的に多様な上演を課題として、広く英語圏の演劇や文化テクストを研究しています。授業では、シェイクスピアから日本演劇(英語翻案・上演版または英語字幕入り)までをとりあげ、比較文化・異文化理解の視点から問題を発見・分析し、理解を深める理論と方法を考察します。

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
   
 
教授, 現代教養学部人文学科, 東京女子大学
 
Apr 2015
 - 
Mar 2016
グローバルコミュニケーション教育センター長, 筑波大学
 
Apr 2012
 - 
Mar 2016
教育研究評議会委員, 筑波大学
 
Aug 2011
 - 
Mar 2015
外国語センター長, 筑波大学
 
Apr 2001
 - 
Mar 2016
教授, 人文社会系, 筑波大学
 

Education

 
Apr 1974
 - 
Mar 1981
英文学専攻, 人文科学研究科, 東京都立大学
 

Committee Memberships

 
Apr 2017
 - 
Mar 2019
The Shakespeare Society of Japan  Shakespeare Studies, Editorial board member
 

Awards & Honors

 
Oct 1980
第3回新人賞, 日本英文学会
 
Jan 2004
福原賞(出版助成)), 福原記念英米文学研究助成基金
 
Oct 1985
British Council Scholarship
Winner: Hamana Emi
 

Published Papers

 
Asian Shakespeare Performance/Studies Today: Shakespeare's Asia, Asia's Shakespeare
HAMANA, Emi
Essays and Studies in British and American Literature   65 30-49   Mar 2019
"A Proposal for a More Thorough Introduction of Digital Humanities: Towards the Resilience of English Literary Studies in Japan"
Emi Hamana
Studies in English Literature Kanto Review of English Literature   XI 1 (95)-10 (104)   Jan 2019   [Refereed][Invited]
This paper proposes that the English Literary Society of Japan (ELSJ) should introduce digital humanities (DH) more fully in the ongoing digital age.
"Safaring the Night: A Midsummer Night's Dream Updated"
Emi Hamana
Shakespeare Studies   56 18-34   Sep 2018   [Refereed]
英語文学研究の最新動向―ディジタル・ヒューマニティーズ(Digital Humanities)についてー2017年度東京女子大学主催 高等学校教科別セミナー:英語 報告
浜名 恵美
英米文学評論   64 57-80   Mar 2018
Translingual Performance of King Lear: Lear Dreaming as a Case Study
Emi Hamana
Litteraria Pragensia: Studies in Literature and Culture   26(52) 90-105   Mar 2017   [Refereed][Invited]
Exploring translingual performances of Shakespeare’s King Lear, this article discusses Lear Dreaming (2012) directed by Ong Keng Sen as a case study with a special focus on its environmental affordance, as well as a cognitive approach to scenograp...

Misc

 
総合研究中間報告「「日本」のエンプソン 日本におけるウィリアム・エンプソンの生活、作品、受容に関する文献及び資料研究」
浜名恵美
「比較文化」   65 9-10   Mar 2019   [Invited]
総合研究(2017-2019)中間報告
浜名恵美
Digital Humanities Monthly   (78)    Jan 2018   [Refereed][Invited]

Books etc

 
Shakespeare Performances in Japan: Intercultural-Multilingual-Translingual
Emi Hamana
Shumpusha Publishing Co. Ltd.   Sep 2019   ISBN:978-4-86110-657-6
Shakespeare: His Infinite Variety
Emi Hamana
Lodz University Press   2017   ISBN:978-83-8088-797-8
Multicultural Studies and Performance: Border Crossers
編著者:松田幸子、笹山敬輔、姚紅 (Part:Contributor, Preface)
Shumpusha Publishing   Jul 2016   ISBN:978-4-86110-499-2
The Cambridge Guide to the Worlds of Shakespeare
Cambridge University Press   Jan 2016   
シェイクスピア・プリズム 英国ルネサンスから現代へ
金星堂   2013   

Conference Activities & Talks

 
パネル・ディスカッション:近代初期英文学と女性、浜名の発表題目:初期近代英文学と女性に関するDigital Humanitiesの最新動向と今後の展望 [Invited]
竹村はるみ(司会・講師:立命館大学教授)講師 岩田美喜(立教大学教授)   塚田雄一(同志社大学准教授)   浜名恵美(東京女子大学教授)
第58回シェイクスピア学会   6 Oct 2019   日本シェイクスピア協会
“A Cognitive Approach to Shakespearean Plays in Immersive Theatre, with a Special Focus on Punchdrunk’s Sleep No More</>in New York (2011-) and Shanghai (2016-)” [Invited]
Emi Hamana
IAUPE (International Association of University Professors of English) 2019   22 Jul 2019   IAUPE (International Association of University Professors of English)
Curated Conversations 20 July: Democracy 21 July: Form
Radical Mischief: A Conference Inviting Experiment in Theatre, Thought and Politics   20 Jul 2018   University of Birmingham and Royal Shakespeare Company
454. Digital Humanities Tools and Technologies for Students, Emerging Scholars, Faculty Members, Librarians, and Administrators. Presiding: Raymond G. Siemens, U of Victoria
Professor Raymond G. Siemens, U of Victoria他。
MLA 2018 Convention   6 Jan 2018   MLA
Digital Humanities ワークショップ(8:30-11:30)に参加。
パネル・ディスカッション「シェイクスピア研究におけるディジタル・ヒューマニティーズの成果と可能性」(使用言語:日本語と英語) [Invited]
コーディネイター:浜名恵美(東京女子大学教授) 講師:Thomas W. Dabbs (青山学院大学教授)    末松美知子(群馬大学教授)
第56回シェイクスピア学会   8 Oct 2017   日本シェイクスピア協会

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
Cognitive approaches to world Shakespeare performance: Their impacts and possibilites
日本学術振興会: 科学研究費
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): Hamana, Emi
世界シェイクピア上演への認知学的アプローチの意義と可能性を解明する。世界的にもまだ新しく、特に日本の演劇研究では遅れている認知学的アプローチ(cognitive approaches)の立場から、世界各地で行われているシェイクスピア上演について、その意義と可能性を理論と実践の両面から解明する。本研究の具体的目的は、3年間で、世界シェイクスピア上演の認知学的アプローチによる新しい価値を見出すとともに、今後の世界シェイクスピア上演への認知学的アプローチの理論と実践に有意義な提言を行うことである。
「日本」のエンプソン―日本におけるウィリアム・エンプソンの生活、作品、受容に関する文献及び資料調査研究ー
東京女子大学比較文化研究所: 
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): David Ewick
Translingual Performances of Shakespeare Worldwide: Challenges and Possibilities
日本学術振興会: 科研費
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): HAMANA, Emi
世界シェイクスピア上演をとおした異文化理解教育
日本学術振興会: 
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014
シェイクスピアの異文化パフォーマンス:相互理解促進モデル
Project Year: Apr 2007 - Mar 2010

Social Contribution

 
東京女子大学寄付講座 シェイクスピアの面白さ―「外国人」の登場人物からグローバルで多様な上演まで―
[Lecturer]  東京女子大学寄付講座  (三鷹ネットワーク大学)  4 Mar 2018 - 4 Mar 2018
世界シェイクスピア上演研究の立場から、初演当時の英語の地位から最新のグローバルで多様な上演(例:PunchdrunkのSleep No More)などまで、シェイクスピアの「面白さ」の一端について論じた。
独立行政法人大学評価・学位授与機構 大学機関別認証評価委員会専門委員会委員
[]  1 May 2014 - 30 Apr 2016
日本学術振興会外国人研究者招聘事業(短期) 招聘研究者:カリフォルニア大学アーヴァイン総長教授ブライアン・レノルズ 受入研究者:筑波大学人文社会系教授 浜名恵美
[Others]  27 Oct 2014 - 15 Nov 2014
日本学術振興会 科学研究費補助金専門委員会 第二段審査委員(文学一般)
[Others]  1 Dec 2012 - 30 Nov 2013
日本学術振興会 科学研究費補助金専門委員第一段審査委員(英米・英語圏文学)
[Others]  1 Dec 2009 - 30 Nov 2011

Others

 
Nov 2016   『三代目、りちゃあど』プログラム 解説
日本・シンガポール・インドネシア国際共同制作、野田秀樹作、オン・ケンセン演出『三代目、りちゃあど』プログラム解説(東京芸術劇場)、「『三代目、りちゃあど』と世界の創造への挑戦―「もうそう竹が一本、天に向って無限にのびていく」ー」、pp.6-7.