Furusho Osamu

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 02:47
 
Avatar
Name
Furusho Osamu
Affiliation
Nihon University
Section
College of Economics, Department of Industrial Management
Job title
Professor
Research funding number
90219113

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1989
 - 
Mar 1992
鹿児島県立短期大学商経科 専任講師
 
Apr 1992
 - 
Mar 1996
日本経済短期大学(現在、亜細亜大学短期大学部)経営科 専任講師
 
Apr 1996
 - 
Mar 2001
亜細亜大学短期大学部経営科 助教授
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
亜細亜大学短期大学部経営科 教授
 
Apr 2003
 - 
Mar 2008
関東学院大学法科大学院 兼担講師(「企業会計制度論」担当)
 

Education

 
 
 - 
1988
Business Administration, Graduate School, Division of Administration, Aoyama Gakuin University
 
 
 - 
1991
Business Administration, Graduate School, Division of Administration, Aoyama Gakuin University
 

Awards & Honors

 
Sep 2012
「統合財務報告制度」の形成と課題, 国際会計研究学会平成23年度学会賞
 

Published Papers

 
非営利法人の「会計枠組み構築」に関する考察―英国チャリティの財務報告制度構造を基軸として―
古庄 修
財務会計研究(財務会計研究学会)   (12) 37-57   May 2018   [Refereed]
「英国チャリテイの財務報告制度構造」『非営利組織会計の研究』
非営利法人研究学会公益法人会計研究委員会最終報告書(委員長 江田 寛)   135-146   Sep 2017
コーポレート・ガバナンス報告書と統合報告の開示構造
ディスクロージャーニュース(宝印刷(株)総合ディスクロージャー研究所)   (2) 166-175   Aug 2017   [Invited]
「公的セクターの財務報告の枠組みとアニュアルレポートの変容」・「公的セクターの財務報告の範囲をめぐる議論の形成過程」『公会計改革の理論・制度と課題』
産業経営プロジェクト報告書(研究代表者 古庄 修)   40(2) 135-146   Mar 2017
代替的業績指標の国際開示規制
古庄 修
産業経営研究(日本大学経済学部産業経営研究所)   (39) 11-22   Mar 2017   [Invited]

Misc

 
人権リスクとサプライチェーン開示
古庄 修
販売士(日本販売士協会)   (25) 2-6   Sep 2018   [Invited]
IFRS実務記述書「経営者による説明」の改訂の視点-「より広い企業報告」と財務報告の境界問題-
古庄 修
会計・監査ジャーナル(日本公認会計士協会)   (754) 76-86   May 2018   [Invited]
英国チャリティの改訂ガバナンス・コード
古庄 修
公益・一般法人(全国公益法人協会)   (963) 36-50   Apr 2018   [Invited]
社会的投資に係る方針の開示と会計―英国チャリティSORPの適用―
公益・一般法人(全国公益法人協会)   (950) 54-64   Oct 2017   [Invited]
持続可能な開発目標(SDGs)と小売業経営
古庄 修
販売士(日本販売士協会)   (24) 2-6   Sep 2017   [Invited]

Books etc

 
国際統合報告論―市場の変化・制度の形成・企業の対応―(編著)
古庄 修 (Part:Editor)
同文舘出版   Mar 2018   
IFRSにおける資産会計の総合的検討(菊谷正人編著)
税務経理協会   Sep 2014   
統合報告書による情報開示の新潮流(宝印刷総合ディスクロージヤー研究所編)
同文舘出版   Jun 2014   
統合財務報告制度の形成(単著)
中央経済社   Mar 2012   
財務諸表外情報の開示と保証(山﨑秀彦編著)
同文舘出版   Oct 2010   

Conference Activities & Talks

 
非営利法人の「会計枠組み構築」に関する考察―英国チャリティの財務報告制度構造を基軸として―【単独】
古庄 修
財務会計研究学会(兵庫県立大学)   21 Oct 2017   
「新しい地方公会計の理論・制度・活用実践」(特別委員会最終報告)
日本会計研究学会(常葉大学)   12 Sep 2017   
「非営利組織会計の研究」(公益法人会計研究委員会最終報告)
非営利法人研究学会(神戸学院大学)   6 Sep 2017   
「非営利組織会計の研究」(公益法人会計研究委員会中間報告)
非営利法人研究学会(成蹊大学)   17 Sep 2016   
公会計改革の理論・制度と課題【代表】
日本大学経済学部産業経営研究所平成26~28年度一般研究プロジェクト報告会   26 Jan 2016   

Social Contribution

 
神奈川県公益認定等審議会委員
[]  17 Nov 2017
平成29年度公認会計士試験試験委員
[]  5 Dec 2016 - 27 Oct 2017
平成28年度公認会計士試験試験委員
[]  3 Dec 2015 - 30 Nov 2016
科学研究費委員会専門委員 2段 審査第一部会経済学小委員会(会計学)
[]  1 Jan 2015 - 31 Dec 2016
平成27年度公認会計士試験試験委員
[]  4 Dec 2014 - 30 Nov 2015

Others

 
Nov 2018
「(書評)越智信仁著『社会的共通資本の外部性制御と情報開示-統合報告・認証・監査のインセンティブ分析-』日本評論社」『週刊 経営財務』第3384号
Jan 2016
「(書評)古賀智敏責任編集・池田公司編著『統合報告革命』税務経理協会」『産業経理』第75巻第4号
Jul 2015
「(書評)宮本幸平著『非営利組織会計基準の統一-会計基準統一化へのアプローチ-』」森山書店」『産業経理』第75巻第2号
Jul 2015
「(書評)越智信仁著『持続可能性とイノベーションの統合報告-非財務情報開示のダイナミクスと信頼性-』」日本評論社」『企業会計』第67巻第7号
Oct 2014
「(書評)長谷川哲嘉著『非営利会計における収支計算書-その意義を問う-』千倉書房」『会計・監査ジャーナル』第711号、79-80頁