寺尾 康

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/19 00:00
 
アバター
研究者氏名
寺尾 康
 
テラオ ヤスシ
所属
静岡県立大学
部署
国際関係学部 国際言語文化学科
職名
教授
学位
文学修士(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2001年
 - 
2004年
日本音韻論学会  理事
 
2004年
 - 
2007年
言語科学会  常任委員
 

Misc

 
文産出研究からみた音節・モーラ
日本語のモーラと音節構造に関する総合的研究(1)      1992年
日・英語の音節構造の表示と処理
常葉学園短期大学紀要   22    1991年
発話における情報処理単位についての-考察
常葉学園短期大学紀要   21    1990年
語彙的言い誤りと文生産モデル
常葉学園短期大学紀要   20    1989年
自然発話に現れる音位転倒の-側面
常葉学園短期大学紀要   19    1988年

書籍等出版物

 
文産出
認知科学ハンドブック,共立出版   1992年   ISBN:4-320-02577-6
言い間違いはどうして起こる?
岩波書店   2002年   ISBN:4-00-006826-1
自然発話に生じた音位転倒の心理言語学的分析(分担執筆)
実験音声学と一般言語学、東京堂出版.   2006年   ISBN:4-490-20579-1
Speech Errors(分担執筆)
The Handbook of East Asian Psycholinguistics.Cambridge University Press.   2006年   ISBN:0-521-83334-5
Notes on comparative study of speech errors in English and Japanese(分担執筆)
A New Century of Phonology and Phonological Theory,開拓社.   2003年   ISBN:4-7589-2112-1

Works

 
日本語言い誤りデータベース
1982年
JCHATコーディングによる日本語言い誤りのデータベース化
1995年
翻訳「応用言語学入門」(分担)
1986年

競争的資金等の研究課題

 
言い誤りの言語学的分析
幼児言語の音韻論的分析
言語の脳科学研究
言語産出モデルの構築
研究期間: 2007年 - 2020年