基本情報

所属
岩手県立大学 高等教育推進センター 教授
学位
文学修士(東北学院大学)

研究者番号
70249241
J-GLOBAL ID
200901021286740478
researchmap会員ID
1000131373

外部リンク

新型コロナウイルスが依然猛威を振るっておりますが、自宅と勤務先大学を往復するだけの毎日で、自分らしくあるために研究活動を続けております。岩手も感染拡大が続いておりますが、教室のマスク姿の学生たちにも少しずつ笑顔や笑い声が戻ってきたように思います。中国の諺に「笑一笑 少一少,恼一恼 老一老」(よく笑う人は長生きする)というものがありますが、延々と続くコロナ禍で元気に過ごすには、毎日(たとえそんなに面白くなくとも)笑うことが大事なのだと実感する今日この頃です。

2020年の学会はいずれも延期もしくはonlineでした。2021年の学会もやはりZoomを用いるものが多く、4月から6月にかけて拙研究室に居ながらにして3つの国際学会で研究発表させていただきました。現在直接お会いできない先生方の熱意にあふれた研究発表をZoomで拝聴し、議論するのがとても楽しみ・励みになっております。やはり人とのつながりは大事なのだと今更ながら実感しております。また、言葉に言い尽くせないほどお世話になっていた欧米の先生方が次々にコロナ禍で亡くなられ、訃報をいただく度に辛い思いをしております。

2020年4月にInternational James Joyce Foundation(本部University of Tulsa, USA)の機関誌 James Joyce Quarterly 編集部よりご依頼を受け、作成したselfie/"C'est la vie" videoをよろしければご覧ください [下記URL参照]。少しばかり志村けんの「変なおじさん」やMr. Bean (Rowan Atkinson CBE)に影響されておりますが、本人はいたってまじめ (jocoserious)に自主隔離中の研究内容について説明しております。

 

なおカバー写真は、下記YouTube videoをご参照いただければすぐお気づきになるかと存じますが、私の動画を見た友人の漫画家D. J. Schiff (UC Berkeley)が描いて送ってくれたものです。


https://jjq.utulsa.edu/eishiro-ito-covid-check-in/


論文

  42

MISC

  18

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  56

主要な所属学協会

  8

共同研究・競争的資金等の研究課題

  12