加藤 博史

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/15 02:55
 
アバター
研究者氏名
加藤 博史
 
カトウ ヒロシ
所属
龍谷大学短期大学部
部署
社会福祉学科
職名
教授
学位
文学修士(同志社大学), 博士(社会福祉学)(同志社大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1975年
 - 
1987年
帝国女子大学非常勤講師
 
1986年
 - 
1994年
京都文教短期大学専任講師
 
1994年
 - 
1998年
京都文教短期大学助教授
 
1998年
 - 
現在
 龍谷大学短期大学部教授
 
1987年
 - 
現在
 同志社大学非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1974年
同志社大学 文学研究科 社会福祉
 
 
 - 
1972年
同志社大学 文学部 社会福祉学
 

委員歴

 
1997年
 - 
現在
社会福祉法人京都光彩の会理事長
 
1998年
 - 
2008年
京都市障害者施策推進協議会委員
 
2008年
 - 
2012年
京都市障害者施策推進協議会会長
 
2012年
 - 
現在
 京都市障害者施策推進審議会会長
 
1996年
 - 
2005年
京都ボランティアバンク運営委員
 

受賞

 
1997年
同志社大学社会福祉学会学会賞(学術研究部門)
 

論文

 
共同主体的関係性再生に関わるソーシャルワーク
龍谷大学論集   (453)    1999年
ソーシャルワークにおける"人格性"の意義 - 賀川豊彦の思想を中心に -
「龍谷大学論集」 龍谷大学龍谷学会   (455) 39-55   2000年
QOD(豊かな臨終)向上のための信仰風土と家族介護
龍谷大学論集   456号    2000年
病院ボランティア活動の参加調整推進と自己評価指標
福祉教育・ボランティア学習研究年報Vol.2   2 42-59   1997年
NPOセンターの日本的展開と課題=行政・社協・企業・組合・V団体等との関係=
日本社会福祉学会 第46回全国大会明治学院大学      1998年

Misc

 
共同主体的関係性再生に関わるソーシャルワーク
龍谷大学論集   (453)    1999年
ソーシャルワークにおける"人格性"の意義 - 賀川豊彦の思想を中心に -
「龍谷大学論集」 龍谷大学龍谷学会   (455) 39-55   2000年
QOD(豊かな臨終)向上のための信仰風土と家族介護
龍谷大学論集   456号    2000年
病院ボランティア活動の参加調整推進と自己評価指標
福祉教育・ボランティア学習研究年報Vol.2   2 42-59   1997年
NPOセンターの日本的展開と課題=行政・社協・企業・組合・V団体等との関係=
日本社会福祉学会 第46回全国大会明治学院大学      1998年

書籍等出版物

 
ソーシャルワークの思想と実際
晃洋書房   1994年   
福祉的人間観の社会誌
晃洋書房   1996年   
新しい社会福祉--地域福祉を考える(共編)
中央法規出版   1996年   
ソーシャルワークの価値の構造
「社会福祉の思想と人間観」ミネルヴァ書房   1999年   
児童教護
京都市児童福祉センター   1990年   

競争的資金等の研究課題

 
ボランティア活動と福祉教育のあり方
ソーシャルワークの思想 -PSWを中心に-
スティグマに関する社会力学;精神障害・非行・優生をめぐって
日本における死の質の指標に関する基礎的研究
文部科学省科学研究費
研究期間: 1995年 - 1997年
外国人高齢者障害者の生活支援に関する研究
文部科学省科学研究費
研究期間: 2010年 - 2012年