松浦 宏之


松浦 宏之

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/30 23:47
 
アバター
研究者氏名
松浦 宏之
 
マツウラ ヒロユキ
所属
太成学院大学
部署
経営学部 経営情報学科
職名
准教授
学位
文学修士

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
現在
アラスカ大学 国際北極圏研究センター 特別研究員 1999.
 
2008年9月
 - 
現在
University of Alaska Fairbanks Rural Development & Native Studies Dpt.   客員教授
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1983年3月
関西大学 大学院 文学研究科 現代英文学
 
1977年4月
 - 
1981年3月
関西大学 文学部 英文学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
言語文化研究会  会長
 
2013年
 - 
現在
大阪狭山市  特別職報酬等審議委員
 
2010年
 - 
現在
大阪狭山市人権協会 委員     2010
 
2010年
 - 
現在
大阪狭山市青少年問題協議会 委員 2010
 
2010年
 - 
現在
大阪狭山市を明るくする会 委員  2010
 
2009年
 - 
現在
大阪狭山市   社会教育委員会 議長 2009
 
2000年
 - 
現在
河内長野市  生涯教育学習 講師
 

受賞

 
2015年8月
Alaska Bridge Bulder Association 2015 Bridge Builders "Samurai Musher" In Recognition for Excellence in Community Service
 
2013年6月
Alaska State Government Governor’s North Star Award for International Excellence
 

Misc

 
Who is the samurai musher? The Jujiro Wada story as a geotourism/cultural tourism opportunity for Alaskan communities
松浦 宏之
科学・技術研究   3巻(2号)    2014年12月   [査読有り][依頼有り]
Can we Address Village Alaska’s Solid Waste Problem? Rural Development Management Strategies to address a Vital Element of Rural Alaska Sustainability
松浦 宏之
太成学院大学紀要   第16巻    2014年3月
The Alaska Food Policy Council offers a new voice
松浦 宏之
Tundra Drums -CAUYAT- “The Best of the Yukon Kuskokwim Delta”   Vol. 39(No. 24)    2011年9月   [査読有り][依頼有り]
Information offered on how to utilize the media
松浦 宏之
Tundra Drums -CAUYAT- “The Best of the Yukon Kuskokwim Delta”   Vol. 39(No. 24)    2011年9月   [査読有り]
Who is Jujiro Wada? Alaska Prospector and Blazer of the Iditarod Trail
松浦 宏之
The Alaska Miners Journal March 2011   -MH003208   2011年3月   [査読有り]
Commentary: Solid Waste as It Impacts Community Sustainability in Alaska
Hiroyuki Matsuura, Daniel E Lung and Anthony Nakazawa
Journal of Rural and Community Development Blandon Univ. in Canada ISSN: 1712-8277   Vol. 3,(No. 3 (2008)) -08   2010年1月   [査読有り]
インターネット英語情報を活用した英語教授法への一考察
伊藤孝治先生古希記念論文集      2007年
極北環境絵本の翻訳 -Who Wants Rocks?-
太成学院大学紀要 第8巻      2006年
ハイダ・トリンギッド族の民話の日本語試訳(2)蛙と少女
南大阪大学紀要   5    2003年
ハイダ・トリンギッド族の民話の日本語試訳(1)嵐に消えた少年
南大阪大学紀要   5    2003年
カナダ・ヌナブト準州視察報告
南大阪大学紀要   4(1)    2001年
極北先住民の絵本の翻訳「オーロラの秘密」
南大阪大学紀要   3(1)    2000年
「地域研究アラスカ」
南大阪大学紀要   (16)    1999年
語学研修における教育的配慮と実施-本学の実践を通して-
大阪短期大学紀要   10 63   1996年
詩人の探求するもの-R. S. Thomasの究極的リアリティ-
ジャパンポエトリー・レヴュー   (2)    1996年
T.S.Eliotの死と生の問題-『荒地』を中心にして-
大阪短期大学紀要   6    1994年
『聖灰水曜日』についての一考察-T.S.Eliotの探究と信仰-
大阪短期大学紀要   4    1991年
『荒地』その構造の特質-T.S.Eliotの詩論の本質とその実践-
大阪産業大学論集人文科学編      1989年
詩人はWalesの人々に何を見たか-R.S.Thomasの詩と宗教の融和-
関西大学大学院英語英米文学研究会POIESIS   13    1986年
R.S.Thomasの初期の詩-Walesの農夫をめぐって-
関西大学大学院英語英米文学研究会   12    1985年
Four Quartetsについて-T.S.Eliotにおける時間意識と原罪の展開-
関西大学大学院英語英米文学研究会   11    1983年

書籍等出版物

 
オーロラのひみつ
新風舎   2004年   ISBN:4-7974-5035-5
山のささやき
大阪教育図書   2009年   ISBN:978-4-271-11503-8

講演・口頭発表等

 
The exciting and strange adventures of Jujiro Wada in Pioneer Alaska “The Samurai Musher” and Getourism in Alaska
松浦 宏之
Geotourism Workshop Session Today’s Cultural Divide and What History Tells Us Univ.Alaska, Anchorage, Alaska USA   2018年8月15日   
The Alaska/Japan Polar Bear Collaboration As a Geotourism Initiative
松浦 宏之
2017National Extension Tourism Conference in Princeton, New Jersey, USA   2017年8月9日   
Bristol Bay Geotourism Collaboration - 2025
松浦 宏之
Geotourism Collaboration  Anchorage, Alaska, USA   2016年5月9日   
The Alaska/Japan Polar Bear Collaboration as a Geo Tourism Initiative
松浦 宏之
International Green Energy Conference 11th Annual Conference Anchorage, Alaska, USA   2016年5月6日   
Geo-Tourism Workshop King Salmon Alaska [招待有り]
松浦 宏之
Lake Camp and Village Tours Project King Salmon   2014年11月18日   
The Technology Transfer Role of Cooperative Extension Model in Remote Rural Communities: The Alaska Experience
松浦 宏之
8th International Technology, Education and Development Conference Valencia, Spain   2014年3月10日   
Co-ops and Cooperative Approaches as a Heritage Tourism Strategy for your Community
松浦 宏之
Prince of Wales Biennial Visitor Summit Craig, Alaska USA   2013年9月7日   
Tourism as a Positive Force in Public Process/ Natural Resources Education
松浦 宏之
2013National Extension Tourism Conference Detroit, Michigan, USA   2013年8月8日   
Geotourism as a New Concept: Sustainability and Rural Tourism: Comments from Japan [招待有り]
松浦 宏之
The International Tourism Exchange Special Meeting of the Bristol Bay Borough Chamber of Commerce at the Naknek Native Village Council in Naknek, King Salmon, Alaska USA   2013年3月27日   
Can we Address village Alaska’s Solid Waste Problem? -Some comments on a vital element of rural Alaska sustainability-
松浦 宏之
The 26th Annual Conference of the Applied Regional Science Conference (ARSC) Aomori Public College, Japan   2012年11月17日   
「地域研究アラスカ」 -大自然と環境問題- [招待有り]
松浦 宏之
2011年3月20日   
The Role of Technology in Fostering a Recycling Society for Rural Alaska
Solid Waste Association of North America Annual ConferenceAnchorage,Alaska USA   2010年5月6日   
「アラスカの環境問題と経済発展」
Alaska Academy 第20回研究会   2008年   
情報拡張型のデジタル英語教材作成
教育システム情報学会主催 第33回全国大会   2008年   
ITを活用した多次元的英語教材プレゼンテーション
私立大学情報教育協会 教育改革IT戦略大会   2008年   
英語学習のためのITリテラシー活用法
私立大学情報教育協会 全国大学IT活用教育法研究発表会   2008年   
情報処理能力および英語運用能力向上のためのItinerary作成
教育情報システム学会主催第32回全国大会   2007年   
英語学習へのハイパーリンク活用
私学大学情報教育協会主催 大学教育・情報戦略大会   2007年   
インターネットを用いた英語学習方法
私学大学情報教育協会主催 大学教育・情報戦略大会   2006年   
英語運用能力を磨くインターネット活用法
教育システム情報学会   2005年   
外国語科目における学習モチベーション向上へのインターネット利用方法
教育システム情報学会   2004年   
R.S.Thomasの初期の詩
関西英語英米文学会   1984年   

Works

 
アラスカエスキモーの民話の研究
1993年
アラスカ先住民の神話・民話研究調査
1996年
北極圏先住民の文化・地域研究
2001年
アラスカにおける環境問題の現状
2006年
Alaska Solid Waste Problems Reaserch in Anchorage,Tyonek,Tnana.
2007年

競争的資金等の研究課題

 
コンピューターを用いた英語教育
現代英米詩の研究
米国アラスカ州先住民文化・地域研究

社会貢献活動

 
FISU第11回世界学生空手道選手権大会 大会運営通訳
【運営参加・支援】  全日本空手道連盟  FISU第11回世界学生空手道選手権大会  2018年7月19日 - 2018年7月22日
【出演, パネリスト】  和田重次郎顕彰会  南海放送  (愛媛県 松山市 )  2017年10月
和田重次郎 国際交流コーディネーター
【助言・指導, 運営参加・支援】  和田重次郎 顕彰会  2011年4月 - 現在