清水 寛之

J-GLOBALへ         更新日: 16/04/06 11:53
 
アバター
研究者氏名
清水 寛之
 
シミズ ヒロユキ
所属
神戸学院大学
部署
人文学部 人間心理学科
職名
教授
学位
博士(文学)(大阪市立大学), 文学修士(大阪市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1994年
大阪青山短期大学 専任講師
 
1994年
 - 
2000年
神戸学院大学人文学部 助教授
 
2000年
   
 
- 神戸学院大学人文学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
大阪市立大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
1982年
大阪市立大学 文学部 人間関係学科心理学専攻
 

委員歴

 
2006年
 - 
2008年
 神戸学院大学人文学部長(大学院人間文化学研究科長)
 
2007年
 - 
2008年
 学校法人神戸学院理事
 

論文

 
現職教員における過去の教職志望と自伝的記憶との関連-記憶特性と想起内容の分析を通して-
佐藤浩一・清水寛之
群馬大学教育学部紀要(人文・社会科学編)   62 147-156   2013年2月
大学新入生のキャンパスライフへの適応感に関する調査研究-高校時代と入学3ヶ月後での意識の差異に着目して-
本田周二・藤重育子・清水寛之
人間文化(神戸学院大学人文学会)   (32) 15-24   2013年2月   [査読有り]
金城光・清水寛之
心理学研究   83(5) 419-429   2012年12月   [査読有り]
記憶特性質問紙(MCQ)を用いた科学館体験の長期記憶に関する検討-科学館職員,大学生,および高齢者の比較-
清水寛之・湯浅万紀子
科学技術コミュニケーション   12 19-30   2012年12月   [査読有り]
中学校時代の教師に関する自伝的記憶:日常的な出来事に対する自伝的推論の検討
佐藤浩一・清水寛之
認知心理学研究   10(1) 13-27   2012年8月   [査読有り]
秋山学・清水寛之
認知心理学研究   10(1) 67-79   2012年8月   [査読有り]
日常記憶の自己評価に関する交差文化的研究−日常記憶質問紙(EMQ)の回答における日本の大学生とニュージーランドの大学生との予備的比較検討−
清水寛之・高橋雅延・齊藤 智
人文学部紀要(神戸学院大学人文学部)   (31) 171-186   2011年3月
特定の自伝的記憶に関する主観的評価の尺度化−日本版記憶特性質問紙の標準データと因子構造−
清水寛之・高橋雅延
人文学部紀要(神戸学院大学人文学部)   (28) 109-123   2008年3月
個人の内にある時間と外にある時間−白井論文へのコメント−
清水寛之
心理学評論   51(1) 76-81   2008年
子どもの成長・発達に関する調査研究の視点と展開 −教員と保育士の捉える子ども像の諸相−
清水寛之・吉野絹子・石野陽子・若林 亮
人間文化(神戸学院大学人文学会)   (22) 3-10   2007年
メタ記憶質問紙を用いた日常記憶に関する自己評価−日常記憶質問紙、認知的失敗質問紙、及び記憶能力質問紙の標準データと因子構造−
清水寛之・高橋雅延・齊藤智
人文学部紀要(神戸学院大学人文学部)   (27) 143-166   2007年
清水寛之・高橋雅延・齊藤智
心理学研究   77(4) 366-371   2006年   [査読有り]
自由再生における検査予期とリハーサル方略 −重回帰分析の適用−
清水寛之
人文学部紀要(神戸学院大学人文学部)   (24) 59-70   2004年

書籍等出版物

 
メタ記憶-記憶のモニタリングとコントロール-(編著)
清水寛之 (担当:編者, 範囲:「第1章 メタ記憶研究の歴史的展開」、「第4章 メタ記憶のモニタリング機能」、「メタ記憶の生涯発達」(金城光との共同執筆))
北大路書房   2009年1月   ISBN:978-4-7628-2627-6
記憶の生涯発達心理学
太田信夫・多鹿秀継 (担当:分担執筆, 範囲:「第1部 乳・幼児の記憶 5章 メタ記憶」、「第2部 児童の記憶 5章 メタ記憶」)
北大路書房   2008年1月   ISBN:978-4-7628-2591-0
子どもの発達と心理(「第5章 認知の発達」を分担執筆)
八千代出版   2007年   ISBN:978-4-8429-1436-7
心理査定実践ハンドブック(「京大NX知能検査」及び「東大A-S知能検査」を分担執筆)
創元社   2006年   ISBN:4-422-11327-5
手話の心理学入門(「第2章 聴覚障害者の言語記憶と手話」を長南浩人・井上智義と共同で分担執筆)
東峰書房)   2005年   ISBN:4-88592-066-3

競争的資金等の研究課題

 
人間の記憶情報のコントロール・モニタリング過程に関する実験的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1982年   
個人の記憶活動や知識状態に対してどのようなコントロールやモニタリングがなされているのかについて実験心理学的方法を用いて解明する。
未来展望に関する心理学的研究
共同研究
研究期間: 1993年   
個人がどのように自らの未来に関するイメージを捉え、その実現に向かうのかについて質問紙調査を通じて明らかにする。
視覚シンボルを用いたコミュニケーション・システムに関する研究
共同研究
研究期間: 1994年   
音声言語の使用が困難な人たちのために開発された補助代替コミュニケーション手段についてその特性や応用可能性を実験心理学的方法を用いて明らかにする。