中谷内 一也

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/15 21:02
 
アバター
研究者氏名
中谷内 一也
 
ナカヤチ カズヤ
URL
http://psych.doshisha.ac.jp/staff/nakayachi/index.html
所属
同志社大学
部署
心理学部心理学科
職名
博士後期課程教授
学位
博士(心理学)(同志社大学), 文学修士(同志社大学)
科研費研究者番号
50212105

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1989年4月
 - 
1991年3月
日本学術振興会特別研究員
 
1991年4月
 - 
1994年3月
関西女学院短期大学コミュニケーション学科専任講師
 
1994年4月
 - 
1998年3月
静岡県立大学短期大学部人間文化学科専任講師
 
1998年4月
 - 
2001年3月
静岡県立大学経営情報学部助教授
 
2001年4月
 - 
2009年3月
帝塚山大学人文科学部/心理福祉学部教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
同志社大学大学院 文学研究科 博士後期課程心理学専攻
 
 
 - 
1987年
同志社大学大学院 文学研究科 博士前期課程心理学専攻
 
 
 - 
1985年
同志社大学 文学部 文化学科心理学専攻
 

受賞

 
2013年11月
Society for Risk Analysis Best Paper for 2013 in Risk Analysis
 
2010年8月
日本グループダイナミックス学会 優秀論文賞
 
2008年11月
日本社会心理学会 優秀論文賞
 
2007年11月
日本リスク研究学会 学会賞
 
1999年10月
日本心理学会 研究奨励賞
 

論文

 
Effects of providing measures against earthquakes: Experimental studies on the perceived risks of disasters and disaster preparedness intentions in Japan.
Nakayachi, K.
Natural Hazard   90(3) 1329-1348   2018年   [査読有り]
Nakayachi, K., Johnson, B., & Koketsu, K.
Risk Analysis   38(4) 666-679   2018年   [査読有り]
オンライン調査による災害情報効果測定の問題
中谷内一也
災害情報   16 153-161   2018年   [査読有り]
科学的基礎知識とハザードへの不安との関係
中谷内一也・長谷和久・横山広美
心理学研究   89(2) 171-178   2018年   [査読有り]
治療方針の共有が人工知能への信頼に及ぼす影響 
横井良典・中谷内一也
社会心理学研究   34(1) 16-25   2018年   [査読有り]
長谷和久・中谷内一也
心理学研究   88(6) 556-565   2018年   [査読有り]
Nakayachi, K., & Nagaya, K.
International Journal of Environmental Research and Public Health   13(9) 866   2016年   [査読有り]
中谷内一也・尾崎拓
日本リスク研究学会誌   26(3) 123-130   2016年   [査読有り]
Nakayachi, K.
Risk Analysis   35(1) 57-67   2015年   [査読有り]
Nakayachi, K., Yokoyama, H. M., & Oki, S.
Journal of Risk Research   18(2) 156-169   2015年   [査読有り]
Hazard Perception and Anchoring: A Comparison of the Three Models Explaining the Anchoring Effect.
Nagaya, K., & Nakayachi, K.
Journal of Disaster Research   10(4) 678-686   2015年   [査読有り]
Nakayachi, K., & Ozaki, T.
International Journal of Disaster Risk Reduction   10(part A) 59-66   2014年   [査読有り]
Toward Mitigating Actions: Risk Communication Regarding Natural Disaster.
Nakayachi, K.
Journal of Disaster Research   9(sp) 638-643   2014年   [査読有り]
Yokoyama, H. M., & Nakayachi, K.
Public Understanding of Science   23(5) 610-626   2014年   [査読有り]
東日本大震災のリスクに深く関連した組織への信頼
中谷内一也・工藤大介・尾崎拓
心理学研究   85(2) 139-147   2014年   [査読有り]
Nakayachi, K.
Risk Analysis   33(1) 80-91   2013年   [査読有り]
Oki, S., & Nakayachi, K.
International Journal of Disaster Risk Reduction   (2) 37-45   2012年   [査読有り]
鉄道利用による安全ニーズの位置づけ
犬塚史章・尾崎拓・中谷内一也
IATSS Review   36(3) 209-217   2012年   [査読有り]
リスク管理への信頼と不安との関係:リスク間分散に着目して
中谷内一也
心理学研究   82(5) 467-472   2011年   [査読有り]
中谷内一也・島田貴仁
日本リスク研究学会誌   20(2) 125-133   2010年   [査読有り]
沖縄赤土流出問題における一般住民と被害者住民の信頼比較:リスク管理組織への信頼規定要因と政策受容
中谷内一也・野波寛・加藤潤三
実験社会心理学研究   49(2) 205-216   2010年   [査読有り]
Nakayachi, K., & Cvetkovich, G.
Risk Analysis   30(1) 143-152   2010年   [査読有り]
コモンズの管理者はだれか?:沖縄本島の赤土流出問題をめぐる多様なアクターの正当性
野波寛・加藤潤三・中谷内一也
社会心理学研究   25(2) 81-91   2009年   [査読有り]
土田昭司・木下冨雄・中谷内一也・田中豊
日本リスク研究学会誌   19(2) 45-55   2009年   [査読有り]
中谷内一也・島田貴仁
社会心理学研究   24(1) 34-44   2008年   [査読有り]
火災リスク認知に関する一般人−専門家間比較
中谷内一也
応用心理学研究   33(1) 26-27   2007年   [査読有り]
Cvetkovich, G., & Nakayachi, K.
Journal of Risk Research   10(2) 223-237   2007年   [査読有り]
中谷内一也・渡部幹
心理学研究   76(3) 235-243   2005年   [査読有り]
Nakayachi, K., & Watabe, M.
Organizational Behavior and Human Decision Processes   97(1) 1-17   2005年   [査読有り]
松本隆信・塩見哲郎・中谷内 一也
社会心理学研究   20(3) 201-207   2005年   [査読有り]
環境政策における合意形成過程での市民参加の位置づけ:千歳川放水路計画の事例調査
大沼進・中谷内一也
社会心理学研究   19(1) 18-29   2003年   [査読有り]
環境リスクマネジメントにおける信頼と合意形成 -千歳川放水路計画についての札幌市での質問紙調査-
中谷内一也・大沼進
実験社会心理学研究   42(2) 187-200   2003年   [査読有り]
災害リスク政策の合意形成をめぐる事例研究 -千歳川放水路計画撤回プロセスの定性的分析-
中谷内一也・大沼進
日本リスク研究学会誌   14(1) 121-131   2002年   [査読有り]
中谷内一也
社会心理学研究   17(2) 63-72   2002年   [査読有り]
Nakayachi, K.
Risk Analysis   20(5) 705-711   2000年   [査読有り]
ゼロリスク達成の価値におよぼすリスク削減プロセスとフレーミングの効果
中谷内一也
社会心理学研究   14(2) 69-77   1999年   [査読有り]
中谷内一也
心理学研究   69(3) 171-177   1998年   [査読有り]
Nakayachi, K.
Risk Analysis   18(3) 235-242   1998年   [査読有り]
Lay judgment of the threshold of harmful substances and its relationship to the risk perception on safety messages.
Nakayachi, K.
Japanese Journal of Risk Analysis   8(2) 187-192   1997年   [査読有り]
量-反応関係におけるしろうと判断
中谷内一也
日本リスク研究学会誌   6(1) 79-87   1994年   [査読有り]
人だかりの大きさとインセンティブの曖昧さが通行者の参入に及ぼす効果
中谷内一也
実験社会心理学研究   33(2) 150-154   1993年   [査読有り]
新聞折込広告の値引き表現
中谷内一也
広告科学   26 1-8   1993年   [査読有り]
値引きに対する消費者の評価-予算と製品カテゴリーの影響-
中谷内一也
産業・組織心理学研究   7(1) 25-29   1993年   [査読有り]
中谷内一也
心理学研究   62(2) 114-118   1991年   [査読有り]
比較広告効果についての検討
石橋優子・中谷内一也
社会心理学研究   6(2) 71-79   1991年   [査読有り]
非購入決定が可能な状況における消費者の情報処理過程
中谷内一也
産業・組織心理学研究   4(1) 17-21   1990年   [査読有り]
比較広告における両面訴求法の導入効果
中谷内一也・石橋優子
広告科学   29 25-36   1990年   [査読有り]
消費者の意思決定後の選択肢情報保持
中谷内一也・小嶋外弘
実験社会心理学研究   29(1) 55-64   1989年   [査読有り]
中谷内一也
心理学研究   59(6) 361-364   1989年   [査読有り]
中谷内一也・小嶋外弘
心理学研究   59(4) 220-226   1988年   [査読有り]

Misc

 
心理学的にみた人々のリスク認知
中谷内一也
患者安全推進ジャーナル   44 69-74   2016年
災害への危機感と準備行動との乖離
中谷内一也
αシノドス   194+195 50-78   2016年
原発事故における風評被害の問題と対策
中谷内一也
Progress in Medicine   35(5) 85-88   2015年
中谷内一也
日本香粧品学会誌   38(4) 244-249   2014年
リスク配分の手続き的公正と責任の配分について -リスク配分をめぐる法と正義・コメント-
中谷内一也
法社会学   78 234-240   2013年
リスク情報を伝えるためにメディアが知っておくべきこと
中谷内一也
Journalism   268 36-45   2012年
リスクマネジメントと信頼
中谷内一也
教育と医学   60(8) 54-61   2012年
認知科学が寄与できると思うこと
中谷内一也
認知科学   18(4) 627-628   2011年
消費者は極めて冷静に特定商品を避けている
中谷内一也
宣伝会議   814 24-27   2011年
前向きの信頼と後ろ向きの信頼
中谷内一也
JR EAST Technical Review   35 1-4   2011年
安全と安心の心理学
中谷内一也
同志社心理   56 18-21   2009年
リスク分析の社会的受容
中谷内一也
環境技術   38(8) 10-16   2009年
中谷内一也
日本リスク研究学会誌   19(1) 39-41   2009年
災害リスクを伴う科学技術に対する受容・拒否判断-論理、感情、そして価値-
中谷内一也・田中豊・土田昭司・木下冨雄
同志社大学ヒューマン・セキュリティ研究センター年報   5 35-50   2008年
中谷内一也
日本農薬学会誌   33(3) 304-307   2008年
一般人にとってのリスク情報の意義
中谷内一也
太陽紫外線防御研究委員会学術報告書   14(1) 1-5   2004年
ヒューマンセキュリティのための社会的安心へのアプローチ
中谷内一也
同志社大学ヒューマン・セキュリティ研究センター年報   1 115-129   2004年
住民参加の心理学
中谷内一也
土木学会誌   87(6) 33-36   2002年
放射線の発ガンリスクにおける閾値の判断と原子力発電所に対する態度との関連
中谷内一也
情報社会と経営   12(1) 31-37   1999年
中谷内一也
保健物理   34(4) 391-396   1999年
ゼロリスクが不可能であることを伝えると人々の反応はどう変わるか
中谷内一也・杉本徹雄
広告科学   36 85-97   1998年
ゼロリスク不可能の伝達と消費者の反応
中谷内一也
消費者行動研究   5(1) 99-108   1997年
リスクコミュニケーションにおける専門的表現は免疫効果をもたらすか?
中谷内一也
日本リスク研究学会誌   7(1) 45-49   1995年
情報処理教育におけるソフトウエア間干渉の問題について
中谷内一也・佐藤彰男・向井希弘
関西女学院短期大学研究紀要   7 131-141   1994年
時間経過による「リスク知覚」と「リスク対応策への評価」の推移
中谷内一也
消費者行動研究   1(2) 63-75   1994年
中谷内一也
繊維製品消費科学   34(3) 127-132   1993年
中谷内一也
繊維製品消費科学   34(2) 66-70   1993年
中国における広告観の調査 -日本との比較をとおして-
中谷内一也・永野光朗・杉本徹雄・凌文セン・小嶋外弘
広告科学   18 39-44   1989年
消費者の価格-品質関係知識の検討
中谷内一也
同志社心理   33 57-63   1987年
心理的距離としての製品関与測定の試み
中谷内一也・杉本徹雄
同志社心理   32 10-15   1986年

書籍等出版物

 
Robert Meyer, Howard Kunreuther 翻訳 中谷内一也 (担当:単訳)
丸善出版   2018年8月   ISBN:978-4-621-30330-6
中谷内 一也
講談社   2015年12月   ISBN:4062883473
Baruch Fischhoff, John Kadvany (担当:単訳)
丸善出版   2015年4月   ISBN:4621089188
慶應義塾大学出版会   2012年7月   
中谷内一也
ナカニシヤ出版   2004年2月   ISBN:4-88848-828-2
中谷内一也
ナカニシヤ出版   2003年3月   ISBN:4-88848-751-0
신뢰의심리학 -불안은어디서부터오는가- 安全。でも、安心できない…
中谷内一也
신원문화사   2012年   ISBN:978-89-359-1595-8
中谷内 一也
筑摩書房   2008年10月   ISBN:4480064494
中谷内 一也
日本放送出版協会   2006年7月   ISBN:4140910631
心理学概論 改訂第2版
岡市廣成・鈴木直人(監) (担当:分担執筆, 範囲:社会的影響力)
ナカニシヤ出版   2014年   ISBN:978-4-7795-0830-1
放射線災害と向き合って
福島県立医科大学附属病院被ばく医療班(編) (担当:分担執筆, 範囲:放射線問題とリスク・コミュニケーション)
ライフサイエンス選書   2013年   ISBN:978-4-89775-306-5
リスク認知とリスクコミュニケーション
柴田義貞(編) (担当:分担執筆, 範囲:一般人のリスク認知と信頼)
長崎大学グローバルCOEプログラム放射線健康リスク制御国際戦略拠点   2011年   
犯罪と市民の心理学
小俣謙二・島田貴仁(編) (担当:分担執筆, 範囲:刑事司法への信頼 −警察への信頼を中心として)
北大路書房   2011年   ISBN:978-4-7628-2755-6
新リスク学ハンドブック
吉川榮和(監) (担当:分担執筆, 範囲:リスク認知とマスメディア)
三松株式会社   2009年   ISBN:978-4-903242-32-3
キーワードコレクション 心理学フロンティア
子安増生・二宮克美(編) (担当:分担執筆, 範囲:経済心理学・リスク心理学)
新曜社   2008年   ISBN:978-4-7885-1120-0
不安社会のアナトミー
庭田茂吉(編) (担当:分担執筆, 範囲:リスクと向き合う)
萌書房   2008年   ISBN:978-4-86065-040-7
シリーズ21世紀の社会心理学:環境行動の社会心理学
広瀬幸雄(編) (担当:分担執筆, 範囲:環境問題のリスクを人はどう認識するのか)
北大路書房   2008年   ISBN:978-4-7628-2594-1
心理学概論
山内弘継・橋本宰(監) (担当:分担執筆, 範囲:社会的影響力)
ナカニシヤ出版   2006年   ISBN:4-7795-0050-8
合意形成論
土木学会誌編集委員会(編) (担当:分担執筆, 範囲:住民参加の心理学)
日本土木学会   2004年   ISBN:4-8106-0469-1
社会心理学の新しいかたち
竹村和久(編) (担当:分担執筆, 範囲:リスクの受容と合意形成)
誠信書房   2004年   ISBN:4-414-30159-9
環境リスクマネジメントハンドブック
中西準子・蒲生昌志・岸本充生・宮本健一(編) (担当:分担執筆, 範囲:リスク認知)
朝倉書店   2003年   ISBN:4-254-18014-4
心理学リーディングス
山口裕幸(編) (担当:分担執筆, 範囲:意思決定する)
ナカニシヤ出版   2001年   ISBN:4-88848-618-2
シリーズ21世紀の社会心理学:消費行動の社会心理学
竹村和久(編)「シリーズ21世紀の社会心理学:消費行動の社会心理学」 北大路書房, Pp.108-117. (担当:分担執筆, 範囲:悪質商法におけるコミュニケーションと消費者行動)
北大路書房   2000年   ISBN:4-7628-2197-7
リスク学事典
日本リスク学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:リスク便益分析と社会的受容)
TBSブリタニカ   2000年   ISBN:4-484-06211-9
消費者理解のための心理学
杉本徹雄(編) (担当:分担執筆, 範囲:消費者の態度形成と変容)
福村出版   1997年   ISBN:4-571-25025-8
社会心理学 (K.P.Sシリーズ7)
内山伊知郎(編) (担当:分担執筆, 範囲:社会的判断と意思決定)
建帛社   1996年   ISBN:4-7679-3807-4
現代都市の行動学
蓮花一己・西川正之(編) (担当:分担執筆, 範囲:説得と誘導)
福村出版   1995年   ISBN:4-571-25016-9
コミュニケーションとこれからの社会
高橋純平・藤田綾子(編) (担当:分担執筆, 範囲:リスク認知とリスクコミュニケーション)
ナカニシヤ出版   1994年   ISBN:4-88848-227-6

講演・口頭発表等

 
マニュアルなき時代の災害対策とは〜心理学・民俗学・地方自治〜
中谷内一也
朝日教育会議   2018年10月27日   
一般市民とのコミュニケーションはなぜ難しいのか
中谷内一也
日本公衆衛生学会総会   2018年10月25日   
災害対応における心理的な課題
中谷内一也
日本地すべり学会   2018年6月13日   
Does support for disaster prevention have unintended effects on public risk perception? A (dis)proof of the insurance effect.
中谷内一也
M9 All-Hands seminar   2017年4月25日   
リスク心理から見たものさし
中谷内一也
日本リスク研究学会第29回年次大会   2016年11月27日   
リスク評価の不確実性開示が信頼に及ぼす影響
中谷内一也・Branden Johnson・纐纈一起
日本リスク研究学会第29回年次大会   2016年11月26日   
実験による保険効果の検討
中谷内一也
第20回実験社会科学カンファレンス   2016年10月29日   
災害リスク研究の次を考える:東日本大震災後、福島第一原発事故を踏まえて
中谷内一也
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月18日   
東日本大震災後のリスク不安の変化(4)
中谷内一也・長谷和久
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月17日   
心理学的にみた人々のリスク認知
中谷内一也
日本医療機能評価機構平成27年度患者安全推進全体フォーラム   2016年3月12日   
「首都直下地震4年内70%」報道が防災行動や行動意図に与えた影響
飯沼貴朗・大木聖子・尾崎拓・中谷内一也
日本リスク研究学会第28回年次大会   2015年11月21日   
リスク認知パラドクス克服の試み
中谷内一也
日本リスク研究学会第28回年次大会   2015年11月21日   
東日本大震災後のリスク不安の変化(3)
中谷内一也・長谷和久
日本社会心理学会第56回大会   2015年11月1日   
Japanese risk perception after 2011 Tohoku earthquake.
中谷内一也
2015 Annual Conference of the Korean Psychological Association   2015年8月20日   
防災用品への直接接触の効果:解釈レベル理論と二重過程理論に基づく実証的研究
中谷内一也・尾崎拓
日本災害情報学会第16回学会大会   2014年10月26日   
リスクコミュニケーションにおける信頼:その規定因と向上
中谷内一也
リスクコミュニケーション国際シンポジウム   2014年10月16日   
アンカリング効果の発生過程に関するモデルの比較検討
長谷和久・中谷内一也
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月27日   
運命共同化による信頼の改善
中谷内一也
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月27日   
地震防災行動規定因としての記述的模範
尾崎拓・中谷内一也
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月26日   
信頼の心理学
中谷内一也
第39回日本香粧品学会   2014年6月6日   
リスクに対してどうすれば準備を促すことができるか
中谷内一也
日本太陽エネルギー学会太陽光発電部会第8回セミナー   2014年3月26日   
Trust in a wide variety of risk managers after a catastrophic disaster.
中谷内一也
Society for Risk Analysis   2013年12月9日   
Risk Perception and Trust.
中谷内一也
FMU-IAEA International Academic Conference   2013年11月22日   
風評被害発生メカニズムの検討(2)-主婦を対象とした買い控えモデルの一般性の検討- (共同:工藤大介)
工藤大介・中谷内一也
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月3日   
地震防災行動に及ぼすリスク認知と効果性の影響
尾崎拓・中谷内一也
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月3日   
大地震直後の安否確認行動(2)
中谷内一也
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月3日   
負担が災害対策を促進する 個人による災害準備へのイニシエーション研究の応用
中谷内一也
日本災害情報学会第15回学会大会   2013年10月26日   
信頼のマメネジメント -安全と安心の心理学-
中谷内一也
平成25年度標準化と品質管理全国大会   2013年10月4日   
東日本大震災に伴う風評被害発生メカニズムの検討 -買い控え行動を引き起こす心理的要因の探索と福島県農産物に対する潜在的態度の検討- (共同:工藤大介)
工藤大介・中谷内一也
日本心理学会第77回大会   2013年9月20日   
大地震直後の安否確認行動(1)
中谷内一也
日本心理学会第77回大会   2013年9月19日   
リスクへの向き合い方
中谷内一也
防災講演会「災害リスクへの向き合い方」   2013年9月9日   
リスク心理学研究の観点から より良い地震ハザード評価の出し方・使われ方について
中谷内一也
京都大学防災研究所特定研究集会   2013年7月19日   
Does a great disaster make the public pessimistic or optimistic
中谷内一也・大木聖子・横山広美
Society for Risk Analysis   2012年12月10日   
東日本大震災後のリスク不安の変化(2)
中谷内一也
日本社会心理学会第53回大会   2012年11月18日   
犯罪不安と刑事司法への信頼
中谷内一也
日本犯罪社会学会第39回大会   2012年10月27日   
災害と心理学
中谷内一也
日本心理学会第76回大会   2012年9月13日   
東日本大震災後のリスク不安の変化(1)
中谷内一也
日本心理学会第76回大会   2012年9月12日   
安心と信頼の心理学
中谷内一也
日本セキュリティ・マネジメント学会第26回全国大会   2012年6月23日   
Contrast or assimilation? Effects of the Tohoku earthquake and crisis at Fukushima nuclear plant on public anxiety regarding number of hazards.
中谷内一也
Society for Risk Analysis Europe   2012年6月18日   
地震学についての国民の認識と支持
中谷内一也
日本地球惑星化学連合大会   2012年5月22日   
リスク配分をめぐる法と正義
中谷内一也
日本法社会学会学術大会   2012年5月13日   
安全から安心への正攻法
中谷内一也
技術倫理協議会公開シンポジウム   2011年12月14日   
Trust in organizations relevant to the Tohoku Earthquake and to the crisis at the Fukushima Daiichi nuclear power plant.
中谷内一也
Society for Risk Analysis   2011年12月5日   
東日本大震災の巨大津波がもたらしたリスク判断への皮肉な結果 (共同:大木聖子)
大木聖子・中谷内一也
日本リスク研究学会第24回年次大会   2011年11月20日   
コミュニケーションの失敗学
中谷内一也
日本リスク研究学会第24回年次大会   2011年11月18日   
風評被害:誤った消費者像が的外れな対策を招く
中谷内一也
日本応用心理学会主催:公開シンポジウム   2011年11月12日   
巨大津波が西日本の住民にもたらしたリスク判断の逆説的影響 (共同:大木聖子)
大木聖子・中谷内一也
日本地震学会第13回大会   2011年10月30日   
科学技術社会のリスクに対処するために認知科学ができること
中谷内一也
日本認知科学会第28回大会   2011年9月24日   
信頼のSVSモデル(5):東日本大震災に関連した組織の信頼
中谷内一也
日本社会心理学会第52回大会   2011年9月19日   
市民参加による環境計画の合意形成:多元的価値を反映した合意形成は可能か?
中谷内一也
日本社会心理学会第52回大会   2011年9月19日   
東日本大震災を乗り越えるために:社会心理学からの提言
中谷内一也
日本社会心理学会第52回大会   2011年9月19日   
さまざまなハザードに対する不安の心理
中谷内一也
化学物質の安全管理に関するシンポジウム   2011年2月18日   
安全と安心の心理学:医療への適用を考えながら
中谷内一也
日本医療マネジメント学会第8回京滋支部学術学会   2011年2月11日   
A measure to reduce public anxiety about hazards.
中谷内一也
Society for Risk Analysis   2010年12月6日   
リスク削減情報のやぶへび効果
中谷内一也
日本リスク研究学会第23回年次大会   2010年10月28日   
公共問題における当事者と非当事者が選ぶ正当性 (共同:野波寛・加藤潤三・杉浦敦吉)
野波寛・加藤潤三・中谷内一也・杉浦敦吉
日本心理学会第74回大会   2010年9月21日   
沖縄における住民のコミュニティー価値の検討 (共同:加藤潤三・野波寛)
加藤潤三・野波寛・中谷内一也
日本社会心理学会第51回大会   2010年9月18日   
制度的正当性は認知的正当性を阻害する? -沖縄県恩納村におけるコモンズの管理権をめぐる多様なアクターの法規制と信頼性- (共同:野波寛・加藤潤三)
野波寛・加藤潤三・中谷内一也
日本社会心理学会第51回大会   2010年9月18日   
日本人は何に不安を感じているのか(3) -アージ理論を軸にした不安概念の検討と自由回答の分析-
中谷内一也
日本社会心理学会第51回大会   2010年9月18日   
Public concern about environmental hazards in Japan.
中谷内一也
Modern Society and Public Concern   2010年8月27日   
Community identity and perceived legitimacy for managers of commons: A study on social governance in Japan. (共同:野波寛・加藤潤三)
中谷内一也
Applied Psychology   2010年7月   
放射線リスク認知-人々は放射線をどのように認識するのか-
中谷内一也
日本放射線安全管理学会第8回学術大会   2009年12月2日   
新型インフルエンザ対策としてのマスク着用規定要因
中谷内一也
日本リスク研究学会第22回年次大会   2009年11月28日   
一般人のリスク認知:医療場面への適応を考えて
中谷内一也
医療の質・安全学会第4回学術集会   2009年11月23日   
ゼロリスクとリスクコミュニケーション
中谷内一也
第15回日本薬剤疫学会学術総会   2009年11月14日   
赤土流出問題に対する村落住民と都市住民の環境配慮行動の相違 (共同:加藤潤三・野波寛)
加藤潤三・野波寛・中谷内一也
日本社会心理学会第50回大会・日本グループダイナミクス学会第56回大会   2009年10月12日   
公共問題における説得効果と正当性:正当性検証版SNGを用いた実験的検討 (共同:野波寛・加藤潤三)
野波寛・加藤潤三・中谷内一也
日本社会心理学会第50回大会・日本グループダイナミクス学会第56回大会   2009年10月12日   
リスク論は個人の対策行為を説明できるか-新型インフルエンザ感染拡大時のマスク着用理由-
中谷内一也
日本社会心理学会・日本グループダイナミクス学会   2009年10月12日   
コモンズの利用者と管理者:仮想世界ゲームにおける正当性 (共同:野波寛・加藤潤三)
野波寛・加藤潤三・中谷内一也
日本心理学会第73回大会   2009年8月27日   
リスクと安全・安心をめぐる心の働き
中谷内一也
電子情報通信学会安全性研究会   2009年7月24日   
コモンズの保全を目的とした共同統治システムの成立過程:沖縄県恩納村における行政・漁協・一般住民の正当性 (共同:野波寛・加藤潤三)
野波寛・加藤潤三・中谷内一也
日本コミュニティ心理学会第12回大会   2009年6月20日   
食品の安全性と食への安心
中谷内一也
日本環境変異原学会   2009年5月30日   
リスクの心理学 パネルディスカッション「情報セキュリティにおけるヒューマンエラー・リスクへの対処」
中谷内一也
重要インフラ情報セキュリティフォーラム   2009年2月20日   
リスク管理の基本的考え方と個人のリスク認知との齟齬
中谷内一也
第2回横幹連合総合シンポジウム   2008年12月5日   
日本人の科学技術への不安
中谷内一也
第7回科学技術社会論学会年次研究大会   2008年11月9日   
環境問題におけるステークホルダー間の責任帰属認知が住民の環境配慮行動に及ぼす影響〜赤土流出問題をめぐる農業・漁業・一般住民の比較〜 (共同:加藤潤三・野波 寛)
加藤潤三・野波寛・中谷内一也
日本社会心理学会第49回大会   2008年11月3日   
専門家の犯罪リスク認知と頻度推定 -犯罪リスク認知の研究(4)- (共同:島田貴仁)
島田貴仁・中谷内一也
日本社会心理学会第49回大会   2008年11月3日   
日本人は何に不安を感じているのか(2)
中谷内一也
日本社会心理学会第49回大会   2008年11月3日   
日本人は何に不安を感じているのか(1)-犯罪についての分析- (共同:島田貴仁)
中谷内一也
日本心理学会第72回大会   2008年9月20日   
コモンズの管理をめぐる異種業者間の'正当性-沖縄本島の赤土流出問題をフィールドとして- (共同:野波寛・加藤潤三)
中谷内一也
日本心理学会第72回大会   2008年9月19日   
リスク認知と信頼-心理学からのアプローチ-
中谷内一也
日本農薬学会第33回大会   2008年3月30日   
An integration of the salient value similarity model and the traditional perspective on trust
中谷内一也
Society for Risk Analysis   2007年12月   
一般人のリスク認知と信頼
中谷内一也
2007年製薬放射線コンファレンス総会   2007年11月19日   
環境問題に対する責任・貢献評価がステークホルダーへの信頼に及ぼす影響 -沖縄県赤土流出問題を事例として- (共同:加藤潤三・野波寛)
加藤潤三・野波寛・中谷内一也
日本社会心理学会第48回大会   2007年9月24日   
信頼のSVSモデル(4):情報モニタリング法によるアプローチ
中谷内一也
日本社会心理学会第48回大会   2007年9月23日   
犯罪リスク認知の研究(1)-過大視か過小視か- (共同:島田貴仁)
中谷内一也
日本心理学会第71回大会   2007年9月20日   
犯罪リスク認知のポジショニング分析 -犯罪リスク認知の研究(3)- (共同:島田貴仁)
島田貴仁・中谷内一也
日本行動計量学会第35回大会   2007年9月5日   
リスクのモノサシ
野波寛・加藤潤三・中谷内一也
NITE化学物質管理センター成果発表会   2007年6月21日   
コモンズの管理をめぐる合意形成:沖縄本島の赤土流出に対する異種業者間の'正当性' (共同:野波寛・加藤潤三)
中谷内一也
日本グループ・ダイナミックス学会第54回大会   2007年6月17日   
信頼の回復
中谷内一也
第34回消費者行動研究コンファレンス報告   2007年6月2日   
リスクのモノサシの提案
中谷内一也
化学物質の環境リスクに対する国際シンポジウム   2006年11月14日   
信頼のSVSモデル(3)-遺伝子組み換え米についての社会調査-
中谷内一也
日本リスク研究学会第19回研究発表会   2006年11月12日   
Value specificity and trust in a dispute over water quality (共同:Cvetkovich, G.)
中谷内一也
Society for Risk Analysis   2005年12月   
信頼のSVSモデル(2)
中谷内一也
日本リスク研究学会第18回研究発表会   2005年11月   
信頼のSVSモデル(1):水源湖の環境リスク論争事例
中谷内一也
日本社会心理学会第46回大会   2005年10月   
Developing and keeping trust: An experimental approach. (共同:渡部幹)
中谷内一也
American Sociological Association   2004年8月   
信頼の構築(5) -人質自主提供の効果を左右するもの- (共同:渡部幹)
渡部幹・中谷内一也
日本社会心理学会第45回大会   2004年7月   
Improvement of trust by voluntary hostage posting.
中谷内一也
Socirty for Risk Analysis   2003年12月   
The building of trust: The signaling effects of voluntary provision of monitoring and self-sanction
中谷内一也
Socirty for Judgment and Decision Making.   2003年11月   
信頼の構築(3) -信頼獲得に関する人質供出と"実績"との比較-
中谷内一也・渡部幹
日本社会心理学会第44回大会   2003年9月   

競争的資金等の研究課題

 
災害リスク対策導入の波及効果:他ハザードへの認知・行動に及ぼす影響
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2013年 - 2019年    代表者: 中谷内一也
リスク認知パラドクスの分析と災害準備行動促進への応用
文部科学省: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 中谷内一也
災害スクリプトに潜む脆弱性の検討と対処行動の促進、リスク認知上の波及効果
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 中谷内一也
災害リスク評価の不確実性開示に呈する人々の反応
公益法人 二十一世紀文化学術財団(木川田記念財団): 学術奨励金
研究期間: 2014年       代表者: 中谷内一也
リスクに対する人々の不安:その構造分析と働きかけ方略の検討
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 中谷内一也
何が社会的信頼を決めるのか:統合信頼モデルの提唱
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 中谷内一也
環境リスクマネジメントにおける合意形成プロセスの研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 中谷内一也
ゼロリスクの可能性に関する認知地図の構築とリスク・コミュニケーション効果の研究
文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 中谷内一也
消費者の購買意思決定過程に及ぼす社会的諸要因の影響
文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究(A)
研究期間: 1989年 - 1990年    代表者: 中谷内一也