YOSHIDA Etsuko

J-GLOBAL         Last updated: Dec 6, 2018 at 14:21
 
Avatar
Name
YOSHIDA Etsuko
Affiliation
Mie University
Section
Faculty of Humanities, Law and Economics, Department of Humanities
Degree
Master of Arts(Hiroshima University)

Research Areas

 
 
  • Linguistics / Linguistics / Referring Expressions and Discourse structure, a contrastive approach to English and Japanese languages
  • Linguistics / Linguistics / Discourse Analysis, Pragmatics, Discourse in the workplace

Academic & Professional Experience

 
1991
 - 
1992
Lecturer, Gifu city Women's college
 
1992
 - 
1994
Lecturer, Mie university
 
1994
   
 
- Associate Professor, Mie university
 

Education

 
 
 - 
1986
English Lingnistics, Faculty of Literature, Seinan Gakuin University
 
 
 - 
1991
English Linguistics, Graduate School, Division of Letters, Hiroshima University
 

Published Papers

 
吉田 悦子
JELS 日本英語学会大会・国際春季フォーラム研究発表論文集 : papers from the Conference and from the International Spring Forum of the English Linguistic Society of Japan   32 179-185   2015
Etsuko Yoshida,Robin J. Lickley
DiSS-LPSS Joint Workshop 2010 - The 5th Workshop on Disfluency in Spontaneous Speech and the 2nd International Symposium on Linguistic Patterns in Spontaneous Speech, Tokyo, Japan, September 25-26, 2010   115-118   2010   [Refereed]
Mitsuko Yamura-Takei,Miho Fujiwara,Etsuko Yoshida
Proceedings of the 24th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, PACLIC 24, Tohoku University, Japan, 4-7 November 2010   779-788   2010   [Refereed]
Etsuko Yoshida
Proceedings of the 19st Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation, PACLIC 19, Academia Sinica, Taipei, Taiwan, December 1-3, 2005      2005   [Refereed]

Misc

 
‘Detecting patterns of sequences by coding scheme and transcribed utterance information: An analysis of English and Japanese reactive tokens as non-primary speaker’s role’
Etsuko Yoshida and Yamura-Takei, Mitsuko
505-511   2013
幼児によるかきまぜ文の処理 NIRSを用いた研究(Children's Processing of Scrambled Sentences in Japanese: A NIRS Study)
綾野 誠紀, 杉崎 鉱司, 服部 範子, 井口 靖, 小町 将之, 西村 嘉洋, 西村 幸香, 大津 由紀雄, 小川 眞里子, 岡田 元宏, 玉利 健悟, 梅田 聡, 山本 哲朗, 吉田 悦子
神経化学   49(2-3) 744-744   Aug 2010
Nishimura Y, Sugisaki K, Hattori N, Inokuchi Y, Komachi M, Nishimura Y, Ogawa M, Okada M, Okazaki Y, Taki W, Yamamoto T, Yoshida E, Ayano S
Experimental brain research   202(1) 239-246   Apr 2010   [Refereed]
竹井光子, 吉田悦子, 藤原美保
言語処理学会年次大会発表論文集   16th 1086-1089   Mar 2010
大槻きょう子, 吉田悦子
言語処理学会年次大会発表論文集   15th 498-501   Mar 2009
竹井光子, 吉田悦子, 藤原美保
言語処理学会年次大会発表論文集   15th 626-629   Mar 2009
吉田悦子, LICKLEY Robin
言語処理学会年次大会発表論文集   15th 426-429   Mar 2009
Nishimura Y, Sugisaki K, Hattori N, Inokuchi Y, Nishimura Y, Ogawa M, Okada M, Okazaki Y, Taki W, Yamamoto T, Yoshida E, Ayano S
Neuroreport   19(9) 915-919   Jun 2008   [Refereed]
駒田ゆき子, 吉田悦子
言語処理学会年次大会発表論文集   14th 444-447   Mar 2008
吉田悦子, 谷村緑
言語処理学会年次大会発表論文集   14th 440-443   Mar 2008
駒田ゆき子, 吉田悦子
言語処理学会年次大会発表論文集   13th 1038-1041   Mar 2007
吉田悦子
言語処理学会年次大会発表論文集   13th 262-265   Mar 2007
吉田悦子
言語処理学会年次大会発表論文集   12th 1011-1014   Mar 2006
YOSHIDA Etsuko
Bulletin of the Faculty of Humanities and Social Sciences   22 129-140   Mar 2005
日本語の自然発話において名詞句が連続して生起するパターンは普通に観察される現象である。本稿では、日本語の照応表現のタイプとして、裸名詞句、指示形容詞句、指示代名詞、ゼロ代名詞をとりあげ、話題の中心を担う日本語名詞句の意味機能について検討する。談話理解のためのモデルを利用して話題の中心になる可能性を探るとともに、談話単位内だけにとどまらず、談話単位を越えて話題の中心が継続している現象について考察する。そして、名詞句の機能を背景で支える発話状況と談話記憶に目を向け、自然発話において話題の継続性...
吉田悦子
言語処理学会年次大会発表論文集   11th 462-465   Mar 2005
YOSHIDA Etsuko
Bulletin of the Faculty of Humanities and Social Sciences   (20) 193-202 193-202   Mar 2003
本稿では、日英語のパラレルコーパスとして作成された地図課題対話データを利用して、対話的談話における日英語の指示表現の分布を対照するための方法論のひとつであるセンタリング理論をとりあげ、その応用可能性について考察する。センタリング理論とは、談話における局所的な照応現象をモデル化するために提案されたものであり、英語の代名詞や日本語のゼロ代名詞が話題の中心として重要な役割を担うことを談話レベルで説明する言語モデルである。センタリング理論を対話的談話に応用する際の問題点としては、発話と発話との境界...
Issues in Applying Centering Theory to a Dialogic Discouse
Jinbun Ronso   (20) 193-202    2003
Reconsidering the Pear Story:The Choice of Referring Expressions and its Factors in English and Japanese Parallel Corpora
StudiesEnglish Corpus   (10) 55-72   2003
石川 保茂, 谷村 緑, 三宅 弘晃, 堀内 夕子, 野口 ジュデイー, 吉田 悦子
JACET Kansai journal   (7) 21-34   2003
YOSHIDA Etsuko
Bulletin of the Faculty of Humanities and Social Sciences   19 241-249   Mar 2002
本稿は2001年三重大学において収録された「日本語名称なし地図課題対話コーパス」〔以下,「日本語コーパス」〕の作成について報告するものである。今回の実験の結果,4人の話者による8対話が2チャンネル音声データとして収録され,千葉大学で開発されたツールを利用して転記作業がおこなわれ,時間情報を付与した転記テキストを得ることができた。さらにコーパス利用のためのツールによって,転記テキストを参照しながら音声を再生することが可能となり,Windowsの環境でコーパスを利用した対話分析をおこなえる基盤...
Deictic Expressions and Discourse Segment in English and Japanese Task-Oriented Dialogue
Philologia   33 23-51   2002
YOSHIDA Etsuko
Bulletin of the Faculty of Humanities and Social Sciences   18 173-195   Mar 2001
本稿は,1997年三重大学において収録された「名称なし日本語地図課題対話コーパス」(以下,「名称なし日本語コーパス」)作成のための予備実験の概要および収録対話の転記テキストを資料として公表するものである。名称なし日本語コーパス作成の目的は,1.日英語対照研究を可能にする「より自発的で自然な」日本語の対話コーパスを作成し共有できるデータとして電子化すること,2.すでに千葉大学で完成した日本語コーパスでは出現が限られている指示表現に注目し,その分布と用法を記述,考察,議論し,被験者間の相互作用...
'The role of demonstratives in spoken narratives : the correlation between topic entity, thematic structure and narrative structure'
Philologia   (29) 71-116   1997
'Observing demonstratives in spoken narratives' (In Simon Botley, Julia Glass, Tony McEnery and Andrew Wilson(eds.))
Approaches to Discourse Anaphora : Proceedings of the Discourse Anaphora and Resolution Clloquium(DAARC96)   8(Special issue 566) 253-267   1996
What brought about misunderstanding? --Inrestigating cultural context of Language--
Cross-cultural understanding and misunderstanding      1994
A Note on Demonstratives ┣DBThis/That(/)-┫DB
PHILOLOGIA 25      1993
Use of Repetition in Conversation : A Case of ┣DBPinter(/)-┫DB's Drama
Gifu City Women's College Journal No. 41      1992
Meaning and Function of ┣DBthere(/)-┫DB in Existential Sentences
English Research Association (ERA) No. 8      1989
Viewpoint and English Discourse-Style of ┣DBKatherine Mansfield(/)-┫DB-
PHOENIX No. 31      1988

Books etc

 
吉田 悦子
John Benjamins Pub. Co.   Jul 2011   ISBN:9789027256126
It is a major challenge for linguists to explore the relations between referential choice and the discourse structure in dialogues, because, unlike written modes of discourse, dialogue as an interactional mode of discourse needs careful treatment ...

Research Grants & Projects

 
Study on English and Japanese Demonstratives and Discourse Structure
Project Year: 1997 - 2004