基本情報

所属
滋賀大学 大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院) 教授
学位
工学修士(慶應義塾大学)
博士(学術)(神戸大学)
Master of Engineering(Keio University)
Ph.D.(Kobe University)

J-GLOBAL ID
200901070195053428

外部リンク

【研究活動】科研費研究については,研究代表者として,次の研究を行った。1997~1999年度「学習者の自己教育力を高める自己意識形成支援システムの開発」,2001~2002年度「教科「情報」の授業支援を目的とするネットワーク型デジタルコンテンツの開発」,2003~2004年度「教科「情報」の実習を支援するネットワーク対応型ディジタルコンテンツ教材の開発」,2005~2006年度「教科「情報」の情報モラル教育を支援するインタラクティブ型ディジタル教材の開発』,2009~2011年度「新学習指導要領に対応した教科「情報」のカリキュラム開発とその学習支援環境の構築」,2013~2015年度「情報安全と情報人権の一貫した初等中等教育を支援する情報学協働学習環境の構築」,2016~2019年度「教職実践のためのWebコンテンツを活用した情報学教育研修カリキュラムの開発」(進行中) 【教育活動】授業の中では,小テストを行ったり,討論会を催したりして,受講者の授業へ積極的参加が自然にできるような環境の構築に努めている。さらに,その授業支援として,電子レポート提出の導入,電子レジュメの提供,電子連絡・電子討論(授業内容に関わる質疑応答や討論)などを行い,e-Learning/WBLによる非同期的利用についても展開している。 【社会的活動】文部科学省・国立教育政策研究所「評価規準・評価方法等検討委員会」委員(2002年度),文部科学省・国立教育政策研究所「研究指定校に関わる企画委員会」委員(2004年度),文部科学省「中央教育審議会」専門委員(2006年度~2007年度),文部科学省「先導的教育情報化推進プログラム」企画評価委員(2007年度)などがある。

学歴

  2

受賞

  1

論文

  84

MISC

  72

講演・口頭発表等

  3

学術貢献活動

  1
  • パネル司会・セッションチェア等, その他, 企画立案・運営等, 学術調査立案・実施
    情報学教育フォーラム (第1回・第2回は早稲田大学(東京),第3回は大阪学院大学(大阪),第4回は滋賀大学にて開催) 2015年5月 - 現在

社会貢献活動

  20

メディア報道

  2