増谷 弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/07 19:28
 
アバター
研究者氏名
増谷 弘
 
マスタニ ヒロシ
eメール
h.masutanitenriyorozu-u.ac.jp
URL
https://www.researchgate.net/profile/Hiroshi_Masutani
所属
天理医療大学
職名
教授
学位
医学博士(京都大学)

プロフィール

我々は癌抑制や糖尿病の病態に深く関与するTxnipやアルファアレスチンの分子機構の研究を行っています。研究の目的はこれらの分子の機構解明により、癌や糖尿病の治療法を開発することです。また、アルツハイマー病に対する治療薬として低分子化合物の開発を行っています。さらにthioredoxin(チオレドキシン)を中心としたレドックス(酸化・還元)シグナリングと酸化ストレス防御医学の研究を行っています。
Research Focus
1) Txnipによる癌抑制機構の解析
2) 低分子化合物による認知症治療薬の開発
3) 細胞外小胞の解析とアルファアレスチンファミリーによる制御

http://jglobal.jst.go.jp/public/200901024441064610
https://www.researchgate.net/profile/Hiroshi_Masutani

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
天理医療大学 臨床検査学科 教授
 
2011年
 - 
2013年
京都大学 ウイルス研究所 准教授
 
1992年
   
 
-  京都大学ウイルス研究所助手
 
2004年
   
 
-  京都大学ウイルス研究所 助教授
 
 
   
 
准教授に名称変更
 

学歴

 
 
 - 
1992年
京都大学 医学研究科博士課程 内科系
 
 
 - 
1985年
京都大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本学術振興会  レドックス・ライフイノベーション第170委員会 委員
 

論文

 
癌・病態におけるThioredoxin、Txnip、ARRDC3研究の最近の展開
増谷 弘、Cristiane Lumi HIRATA
天理医療大学紀要      2018年   [査読有り][招待有り]
Anti-Inflammatory Thioredoxin Family Proteins for Medicare, Healthcare and Aging Care.
Nutrients   9(10)    2017年   [査読有り]
Differential expression of thioredoxin binding protein-2/Txnip in human placenta: Possible involvement of hypoxia in its suppression during early pregnancy.
J Obstet Gynaecol Res.   43(1) 50-56   2017年   [査読有り]
増谷 弘
Arch Biochem Biophys   595 88-93   2016年4月   [査読有り]
Nagano S, Takahashi Y, Yamamoto K, Masutani H, Fujiwara N, Urushitani M, Araki T
Human molecular genetics   24(12) 3427-3439   2015年6月   [査読有り]
Taketani Y, Kinugasa K, Kitajima R, Nishiumi S, Ashida H, Nakamura H, Fujita T, Kanzaki K, Masutani H, Yodoi J
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   78(7) 1221-1230   2014年   [査読有り]
Matsuo Y, Irie K, Kiyonari H, Okuyama H, Nakamura H, Son A, Lopez-Ramos DA, Tian H, Oka S, Okawa K, Kizaka-Kondoh S, Masutani H, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   18(11) 1263-1272   2013年4月   [査読有り]
Yashiro M, Tsukahara H, Matsukawa A, Yamada M, Fujii Y, Nagaoka Y, Tsuge M, Yamashita N, Ito T, Yamada M, Masutani H, Yodoi J, Morishima T
Critical care medicine   41(1) 171-181   2013年1月   [査読有り]
Asami K, Inagaki A, Imura T, Sekiguchi S, Fujimori K, Masutani H, Yodoi J, Satomi S, Ohuchi N, Goto M
PloS one   8(8) e70259   2013年   [査読有り]
Takeuchi Y, Nomura W, Ohdate T, Tamasu S, Masutani H, Murata K, Izawa S, Yodoi J, Inoue Y
Applied microbiology and biotechnology   75(6) 1393-1399   2007年7月   [査読有り]
Y. Hoshino; K. Shioji; H. Nakamura; H. Masutani; J. Yodoi
Antioxidants and Redox Signaling   9(6) 689-699   2007年6月   [査読有り]
Ogata FT, Batista WL, Sartori A, Gesteira TF, Masutani H, Arai RJ, Yodoi J, Stern A, Monteiro HP
PloS one   8(12) e84588   2013年   [査読有り]
Masutani H, Yoshihara E, Masaki S, Chen Z, Yodoi J
Journal of clinical biochemistry and nutrition   50(1) 23-34   2012年1月   [査読有り]
Masaki S, Masutani H, Yoshihara E, Yodoi J
PloS one   7(6) e39900   2012年   [査読有り]
アルファアレスチンファミリー欠損マウスの解析から判明したエネルギー代謝 調節機構と肥満・糖尿病の新たな治療法開発TBP-2: 糖尿病の悪化に関与するキー分子
増谷弘
遺伝子医学MOOK   147-152   2012年   [招待有り]
Kondo N, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   8(9-10) 1881-1890   2006年9月   [査読有り]
Wang D, Masutani H, Oka S, Tanaka T, Yamaguchi-Iwai Y, Nakamura H, Yodoi J
The Journal of biological chemistry   281(11) 7384-7391   2006年3月   [査読有り]
Oka S, Masutani H, Liu W, Horita H, Wang D, Kizaka-Kondoh S, Yodoi J
Endocrinology   147(2) 733-743   2006年2月   [査読有り]
Oka S, Liu W, Masutani H, Hirata H, Shinkai Y, Yamada S, Yoshida T, Nakamura H, Yodoi J
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   20(1) 121-123   2006年1月   [査読有り]
Thioredoxin-binding protein-2 (TBP-2): Its potential roles in the aging process
Yoshida T, Kondo N, Oka S, Ahsan MK, Hara T, Masutani H, Nakamura H, Yodoi J
BioFactors (Oxford, England)   27(1-4) 47-51   2006年   [査読有り]
Nishizawa K, Nishiyama H, Matsui Y, Kobayashi T, Saito R, Kotani H, Masutani H, Oishi S, Toda Y, Fujii N, Yodoi J, Ogawa O
Carcinogenesis   32(10) 1459-1466   2011年10月   [査読有り]
Taketani Y, Kinugasa K, Furukawa S, Nakamura H, Otsuki R, Yasuda H, Fujita T, Kanzaki K, Masutani H, Yodoi J
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   75(10) 1872-1879   2011年10月   [査読有り]
TBP‐2:糖尿病の悪化に関与するキー分子
増谷弘
医学のあゆみ   239(3) 231   2011年10月   [招待有り]
Lim S, Ashida H, Watanabe R, Inai K, Kim YS, Mukougawa K, Fukuda H, Tomizawa K, Ushiyama K, Asao H, Tamoi M, Masutani H, Shigeoka S, Yodoi J, Yokota A
Plant molecular biology   76(3-5) 335-344   2011年7月   [査読有り]
「バイオストレスマーカー”チオレドキシン”」第11回  チオレドキシン・チオレドキシン結合タンパク質2とメタボリックストレス
増谷弘;吉原栄治;淀井淳司
Schneller   (79) 22-26   2011年7月   [招待有り]
チオレドキシン結合蛋白質2 とメタボリックストレス
増谷 弘
血管医学、12: 289-291、 2011.      2011年   [招待有り]
Oka S, Liu W, Yoshihara E, Ahsan MK, Ramos DA, Son A, Okuyama H, Zhang L, Masutani H, Nakamura H, Yodoi J
Critical care medicine   38(12) 2345-2351   2010年12月   [査読有り]
Yoshihara E, Fujimoto S, Inagaki N, Okawa K, Masaki S, Yodoi J, Masutani H
Nature communications   1(8) 127   2010年11月   [査読有り]
Watanabe R, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J
Pharmacology & therapeutics   127(3) 261-270   2010年9月   [査読有り]
Chen Z, Yoshihara E, Son A, Matsuo Y, Masutani H, Sugie K, Maeda M, Yodoi J
Immunology letters   131(1) 11-18   2010年6月   [査読有り]
Yoshihara E, Chen Z, Matsuo Y, Masutani H, Yodoi J
Methods in enzymology   474 67-82   2010年   [査読有り]
Mochizuki M, Kwon YW, Yodoi J, Masutani H
Antioxidants & redox signaling   11(12) 2957-2971   2009年12月   [査読有り]
Okuyama H, Yoshida T, Son A, Oka S, Wang D, Nakayama R, Masutani H, Nakamura H, Nabeshima Y, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   11(10) 2585-2593   2009年10月   [査読有り]
Ahsan MK, Okuyama H, Hoshino Y, Oka S, Masutani H, Yodoi J, Nakamura H
Antioxidants & redox signaling   11(10) 2573-2584   2009年10月   [査読有り]
Masutani H, Otsuki R, Yamaguchi Y, Takenaka M, Kanoh N, Takatera K, Kunimoto Y, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   11(5) 949-962   2009年5月   [査読有り]
Zhou F, Gomi M, Fujimoto M, Hayase M, Marumo T, Masutani H, Yodoi J, Hashimoto N, Nozaki K, Takagi Y
Brain research   1272 62-70   2009年5月   [査読有り]
Oka S, Yoshihara E, Bizen-Abe A, Liu W, Watanabe M, Yodoi J, Masutani H
Endocrinology   150(3) 1225-1234   2009年3月   [査読有り]
チオレドキシンによる酸化ストレス防御とレドックスシグナル制御
増谷弘
実験医学 増刊号   27(15) 124-128   2009年   [招待有り]
Arai RJ, Ogata FT, Batista WL, Masutani H, Yodoi J, Debbas V, Augusto O, Stern A, Monteiro HP
Toxicology and applied pharmacology   233(2) 227-237   2008年12月   [査読有り]
Matsuoka S, Tsuchiya H, Sakabe T, Watanabe Y, Hoshikawa Y, Kurimasa A, Itamochi H, Harada T, Terakawa N, Masutani H, Yodoi J, Shiota G
Cancer science   99(12) 2485-2490   2008年12月   [査読有り]
Okuyama H, Son A, Ahsan MK, Masutani H, Nakamura H, Yodoi J
IUBMB life   60(10) 656-660   2008年10月   [査読有り]
Son A, Nakamura H, Okuyama H, Oka S, Yoshihara E, Liu W, Matsuo Y, Kondo N, Masutani H, Ishii Y, Iyoda T, Inaba K, Yodoi J
European journal of immunology   38(5) 1358-1367   2008年5月   [査読有り]
Dutta KK, Zhong Y, Liu YT, Yamada T, Akatsuka S, Hu Q, Yoshihara M, Ohara H, Takehashi M, Shinohara T, Masutani H, Onuki J, Toyokuni S
Cancer science   98(12) 1845-1852   2007年12月   [査読有り]
Kaimul AM, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J
Free radical biology & medicine   43(6) 861-868   2007年9月   [査読有り]
Inoue Y, Nomura W, Takeuchi Y, Ohdate T, Tamasu S, Kitaoka A, Kiyokawa Y, Masutani H, Murata K, Wakai Y, Izawa S, Yodoi J
Applied and environmental microbiology   73(5) 1672-1675   2007年3月   [査読有り]
肝疾患におけるthioredoxin 、thioredoxin binding protein-2.
正木 聡, 増谷 弘, 奥山 裕照, 吉原 栄治, 淀井 淳司
細胞 The CELL      2007年   [招待有り]
チオレドキシンフェミリーのレドックス制御機構酸化ストレスと心血管病
鈴木佳奈, 増谷弘, 淀井淳司
日本医学出版      2007年   [招待有り]
レドックス調節と難病治療
吉原栄治, 正木聡, 増谷弘, 淀井淳司
癌と臨床      2007年   [招待有り]
Nakamura H, Masutani H, Yodoi J
Seminars in cancer biology   16(6) 444-451   2006年12月   [査読有り]
Wang D, Masutani H, Yodoi J
IUBMB life   58(11) 670-673   2006年11月   [査読有り]
Active oxygen, free-radical action and pathogenicity. Biospin and signal transduction. Redox and stress signal regulation by thioredoxin.
増谷弘;淀井淳司
細胞工学   25(2) 143-148   2006年1月   [招待有り]
ATLとレドックス異常
望月芳香, 増谷弘,Ahsan Md Kaimul,淀井淳司
HTLV-Iと疾患      2006年   [招待有り]
活性酸素消去系酵素と細胞内シグナリング
増谷 弘
特集活性酸素―細胞内情報伝達機構と疾患―分子細胞治療 5 巻23-27      2006年   [招待有り]
Yoshida T, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J
Annals of the New York Academy of Sciences   1055 1-12   2005年12月   [査読有り]
Dutta KK, Nishinaka Y, Masutani H, Akatsuka S, Aung TT, Shirase T, Lee WH, Yamada Y, Hiai H, Yodoi J, Toyokuni S
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   85(6) 798-807   2005年6月   [査読有り]
Tanito M, Masutani H, Kim YC, Nishikawa M, Ohira A, Yodoi J
Investigative ophthalmology & visual science   46(3) 979-987   2005年3月   [査読有り]
Tanito M, Kwon YW, Kondo N, Bai J, Masutani H, Nakamura H, Fujii J, Ohira A, Yodoi J
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   25(9) 2396-2404   2005年3月   [査読有り]
Nishinaka Y, Masutani H, Oka S, Matsuo Y, Yamaguchi Y, Nishio K, Ishii Y, Yodoi J
The Journal of biological chemistry   279(36) 37559-37565   2004年9月   [査読有り]
Masutani H, Bai J, Kim YC, Yodoi J
Molecular neurobiology   29(3) 229-242   2004年6月   [査読有り]
Matsuo Y, Nishinaka Y, Suzuki S, Kojima M, Kizaka-Kondoh S, Kondo N, Son A, Sakakura-Nishiyama J, Yamaguchi Y, Masutani H, Ishii Y, Yodoi J
Archives of biochemistry and biophysics   423(1) 81-87   2004年3月   [査読有り]
Tanito M, Nakamura H, Kwon YW, Teratani A, Masutani H, Shioji K, Kishimoto C, Ohira A, Horie R, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   6(1) 89-97   2004年2月   [査読有り]
Nishinaka Y, Nishiyama A, Masutani H, Oka S, Ahsan KM, Nakayama Y, Ishii Y, Nakamura H, Maeda M, Yodoi J
Cancer research   64(4) 1287-1292   2004年2月   [査読有り]
Shioji K, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   5(6) 795-802   2003年12月   [査読有り]
Shibata T, Yamada T, Kondo M, Tanahashi N, Tanaka K, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J, Uchida K
Biochemistry   42(47) 13960-13968   2003年12月   [査読有り]
Yoshida T, Oka S, Masutani H, Nakamura H, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   5(5) 563-570   2003年10月   [査読有り]
Shibata T, Yamada T, Ishii T, Kumazawa S, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J, Uchida K
The Journal of biological chemistry   278(28) 26046-26054   2003年7月   [査読有り]
Kwon YW, Masutani H, Nakamura H, Ishii Y, Yodoi J
Biological chemistry   384(7) 991-996   2003年7月   [査読有り]
Kim YC, Yamaguchi Y, Kondo N, Masutani H, Yodoi J
Oncogene   22(12) 1860-1865   2003年3月   [査読有り]
Critical roles of thioredoxin in nerve growth factor-mediated signal transduction and neurite outgrowth in PC12 cells.
Bai J, Nakamura H, Kwon YW, Hattori I, Yamaguchi Y, Kim YC, Kondo N, Oka S, Ueda S, Masutani H, Yodoi J
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23(2) 503-509   2003年1月   [査読有り]
Shioji K, Kishimoto C, Nakamura H, Masutani H, Yuan Z, Oka S, Yodoi J
Circulation   106(11) 1403-1409   2002年9月   [査読有り]
Orii A, Masutani H, Nikaido T, Zhai YL, Kato K, Kariya M, Konishi I, Yodoi J, Fujii S
The Journal of clinical endocrinology and metabolism   87(8) 3754-3759   2002年8月   [査読有り]
Change of redox status and modulation by thiol replenishment in retinal photooxidative damage.
Tanito M, Nishiyama A, Tanaka T, Masutani H, Nakamura H, Yodoi J, Ohira A
Investigative ophthalmology & visual science   43(7) 2392-2400   2002年7月   [査読有り]
Matsumoto K, Masutani H, Nishiyama A, Hashimoto S, Gon Y, Horie T, Yodoi J
Biochemical and biophysical research communications   295(3) 663-667   2002年7月   [査読有り]
Tanito M, Masutani H, Nakamura H, Oka S, Ohira A, Yodoi J
Neuroscience letters   326(2) 142-146   2002年6月   [査読有り]
Ueda S, Masutani H, Nakamura H, Tanaka T, Ueno M, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   4(3) 405-414   2002年6月   [査読有り]
Nakamura H, Masutani H, Yodoi J
Antioxidants & redox signaling   4(3) 455-464   2002年6月   [査読有り]
Thioredoxin superfamily and thioredoxin-inducing agents.
Hirota K, Nakamura H, Masutani H, Yodoi J
Annals of the New York Academy of Sciences   957 189-199   2002年5月   [査読有り]
Cytoprotective effect of thioredoxin against retinal photic injury in mice.
Tanito M, Masutani H, Nakamura H, Ohira A, Yodoi J
Investigative ophthalmology & visual science   43(4) 1162-1167   2002年4月   [査読有り]
Tanaka T, Hosoi F, Yamaguchi-Iwai Y, Nakamura H, Masutani H, Ueda S, Nishiyama A, Takeda S, Wada H, Spyrou G, Yodoi J
The EMBO journal   21(7) 1695-1703   2002年4月   [査読有り]
Yodoi J, Nakamura H, Masutani H
Biological chemistry   383(3-4) 585-590   2002年3月   [査読有り]
Sasada T, Nakamura H, Masutani H, Ueda S, Sono H, Takabayashi A, Yodoi J
Molecular immunology   38(10) 723-732   2002年2月   [査読有り]
Ueda S, Nakamura H, Masutani H, Sasada T, Takabayashi A, Yamaoka Y, Yodoi J
Molecular immunology   38(10) 781-791   2002年2月   [査読有り]
Kwon YW, Ueda S, Ueno M, Yodoi J, Masutani H
The Journal of biological chemistry   277(3) 1837-1844   2002年1月   [査読有り]
Thioredoxin. Overview.
Masutani H, Yodoi J
Methods in enzymology   347 279-286   2002年   [査読有り]
Redox regulation by the human thioredoxin system
J. Yodoi; H. Masutani; H. Nakamura
15(2-4) 107-111   2001年   [招待有り]
Tagaya Y, Wakasugi H, Masutani H, Nakamura H, Iwata S, Mitsui A, Fujii S, Wakasugi N, Tursz T, Yodoi J.
Mol Immunol   27(12) 1279-1289   1990年   [査読有り][招待有り]

Misc

 
松井真, 富岳亮, 帆足福子, 長山成美, 増谷弘
金沢医科大学雑誌   39(2) 49   2014年10月
松井真, 富岳亮, 帆足福子, 長山成美, 増谷弘
免疫性神経疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   53-54   2014年
松井真, 富岳亮, 帆足福子, 長山成美, 増谷弘
金沢医科大学雑誌   38(3/4) 155-156   2013年12月
八代将登, 塚原宏一, 松川昭博, 山田睦子, 藤井洋輔, 長岡義晴, 津下充, 山下信子, 伊藤利洋, 山田雅夫, 増谷弘, 淀井淳司, 森島恒雄
岡山医学会雑誌   125(2) 109-112 (J-STAGE)   2013年
松井真, 富岳亮, 帆足福子, 荒谷信一, 長山成美, 増谷弘
免疫性神経疾患に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   123-124   2013年
アルファアレスチン分子TBP-2/Txnip によるエネルギー代謝制御と脂肪蓄積制御
増谷弘, 正木聡
第33 回日本肥満学会      2012年12月   [査読有り]
Therapeutic effect of cytolytic anti-pan HLA class II mAb on Hodgkin, \nNon Hodgkin lymphoma and adult T cell Leukemia.
   2012年9月   [査読有り]
正木聡, 淀井淳司, 増谷弘
日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   65th 55   2012年6月
松井真, 荒谷信一, 帆足福子, 長山成美, 増谷弘
日本神経免疫学会学術集会抄録集   24th 125   2012年
増谷弘
医学のあゆみ   239(3) 231   2011年10月
蘆田弘樹, LIM Soon, 渡邊理江, 稲井康司, KIM Yun‐Soo, 向川佳子, 福田弘和, 田茂井政宏, 増谷弘, 重岡成, 淀井淳司, 横田明穂
日本植物生理学会年会要旨集   52nd 129   2011年3月
吉原栄治, 藤本新平, 稲垣暢也, 大川克也, 正木聡, 淀井淳司, 増谷弘
生化学   ROMBUNNO.1S11P-3   2011年
2 型糖尿病モデルにおけるThioredoxin binding protein-2 の役割
吉原栄治,藤本新平,稲垣暢也,大川克也,正木聡,淀井淳司,増谷弘
第84 回日本生化学会大会、京都、9 月、2011      2011年   [査読有り]
アルファアレスチン分子TBP-2/Txnip による絶食応答・脂肪蓄積制御
増谷弘
第32 回 日本肥満学会、淡路、9 月、2011      2011年   [査読有り]
アルファアレスチン分子Thioredoxin binding protein-2 (TBP-2)/Txnip とメ タボリック/ 酸化ストレス
増谷弘
第22 回日本眼科酸化ストレス研究会、大阪、7 月、2011.      2011年   [査読有り]
蘆田弘樹, 田茂井政宏, 福田弘和, 渡辺理江, SOON Lim, 稲井康二, 向川佳子, 山川浩延, 加藤正雄, 牛山敬一, 増谷弘, 重岡成, 淀井淳司, 横田明穂
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集   28th 56-57   2010年9月
松尾禎之, 増谷弘, 淀井淳司
日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集   63rd 80   2010年6月
吉原栄治, 藤本新平, 稲垣暢也, 淀井淳司, 増谷弘
糖尿病   53(Supplement 1) S.94   2010年4月
西澤恒二, 西山博之, 増谷弘, 松井喜之, 渡部淳, 齊藤亮一, 小川修
日本泌尿器科学会雑誌   101(2) 201   2010年2月
増谷弘, 吉原栄治, 藤本新平, 稲垣暢也
生化学   ROMBUNNO.1W15-5   2010年
松尾禎之, DORYS Lopez, 淀井淳司, 増谷弘
生化学   ROMBUNNO.2P-0188   2010年
増谷弘
がん研究に係わる特定領域研究研究報告集録 平成21年度   161   2010年
糖尿病モデルにおけるTBP-2 の糖・脂質代謝制御機構
吉原栄治,藤本新平,稲垣暢也,淀井淳司,増谷弘
第53 回日本糖尿病学会年次学術集会、岡山、2010 年5 月      2010年   [査読有り]
Thioredoxin regulates G1 phase via C-Raf/ERK pathway
望月芳香,栄長裕晴,増谷弘
第63 回日本酸化ストレス学会学術集会、横浜、2010 年6 月      2010年   [査読有り]
炎症応答における膜貫通型チオレドキシンファミリー分子 TMX の機能解析
松尾禎之,増谷弘,淀井淳司
第63 回日本酸化ストレス学会学術集会、横浜、2010 年6 月      2010年   [査読有り]
Thioredoxin Binding Protein-2/Txnip によ る糖尿病病態・Inflammasome 制御
増谷 弘,吉原栄治,藤本新平,稲垣暢也
第33 回日本分子生物学会年会83 回日本生化学会大会合同学会ワークショップ《レドックスバランスと細胞機能》、神戸、2010 年 12 月      2010年   [査読有り]
中村肇, AHSAN Md Kaimul, 奥山裕照, 増谷弘, 淀井淳司
消化器と免疫   (45) 172-175   2009年3月
増谷弘
がん研究に係わる特定領域研究研究報告集録 平成20年度   164   2009年
淀井淳司, 孫安生, 加藤紀子, 増谷弘
アレルギー   57(3/4) 272   2008年4月
吉原栄治, 藤本新平, 稲垣暢也, 淀井淳司, 増谷弘
生化学   4T21-10   2008年
アレルギー疾患のレドックス制御
淀井淳司, 孫安生, 加藤紀子, 増谷弘
第20 回日本アレルギー学会春季臨床大会、東京都、平成 20 年6 月12 日      2008年   [査読有り]
横田明穂, 重岡成, 淀井淳司, 蘆田弘樹, 田茂井政宏, 久住高章, 福田弘和, 加藤紀子, SOON Lim, 稲井康二, 増谷弘, 明石欣也
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集   25th 117-118   2007年11月
増谷弘, 淀井淳司
衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集   2007 60   2007年10月
淀川淳司, 加藤紀子, 井上善晴, 増谷弘
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   61st 25   2007年4月
正木聡, 増谷弘, 奥山裕照, 吉原栄治, 淀井淳司
月刊細胞   39(3) 92-95   2007年3月
鈴木佳奈, 松尾禎之, 竹中真弘, 奥山裕照, 寺谷明恵, 古川鈴代, 中村肇, 増谷弘, 淀井淳司
生化学   3P-0183   2007年
大西雅子, 望月芳香, 淀井淳司, 増谷弘
生化学   2P-0691   2007年
吉原栄治, 岡新一, 淀井淳司, 増谷弘
生化学   2P-1363   2007年
松尾禎之, 鈴木佳奈, SON Aoi, 堀修, 小川智, 奥山裕照, 中村肇, 近藤科江, 増谷弘, 淀井淳司
生化学   3P-0182   2007年
メタボリズム調節因子TBP-2 によるPPAR シグナルとインスリン分泌制御
吉原栄治,岡新一,淀井淳司,増谷弘
第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学学会大会合同学会 横浜、2007 年12 月      2007年   [査読有り]
ノックアウトマウスを用いた小胞体レドックス制御タンパクTransmembrane thioredoxin-related protein (TMX) の機能解析
鈴木佳奈,松尾禎之,竹中真弘,奥山裕照,寺谷明恵,古川鈴代,中村肇,増谷弘,淀井淳司
第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学学会大会合同学会 横浜、2007 年12 月      2007年   [査読有り]
レドックス制御と疾病治療
淀井淳司,原富次郎,望月芳香,王冬梅,増谷弘
第37回放射線による制癌シンポジウムつくば、2007 年7 月      2007年   [査読有り]
[要修正] 膜結合型チオレドキシンファミリー分子TMX によるレドックス制御機構
松尾禎之,鈴木佳奈,孫安生,堀修,小川智,奥山裕照,中村肇,近藤科江,増谷弘,淀井淳司
第80回日本生化学学会大会合同学会 横浜、2007年12 月      2007年   [査読有り]
[要修正] チオレドキシンファミリーによる酸化ストレス・発ガンのレドックス
淀井淳司,増谷弘
制御日本環境変異原学会公開シンポジウム 東京 2007 年5 月      2007年   [査読有り]
望月芳香, 増谷弘, KWON Yon‐Wong, 阿部明子, 淀井淳司
日本癌学会学術総会記事   65th 474   2006年8月
チオレドキシン及びその結合蛋白 質TBP-2" ストレス応答から老化現象まで
淀井淳司,吉田徹,三井彰,岡新一,中村肇,増谷弘
日本分子生物学会フォーラム、名古屋、 2006 年12 月      2006年   [査読有り]
Thioredoxin binding protein-2 高発現マウスにおけるlate-onset な老化類似症状
吉田徹,三井彰,王冬梅,孫安生,松尾禎之,望月芳香,中村肇,増谷弘,淀井淳司
日本分子生物学 会フォーラム、名古屋、2006 年12 月      2006年   [査読有り]
レドックス調節タンパク質チオレドキシンによる 細胞周期調節
望月芳香,増谷弘,権容源,淀井淳司
分子生物学会フォーラム、名古屋、2006 年12 月      2006年   [査読有り]
酸化還元調節タンパク質チオレド キシンの抗癌剤への作用機構の解明
望月芳香,増谷弘,権容源,阿部明子,淀井淳司
癌学会、横浜、2006 年9 月      2006年   [査読有り]
吉田徹, 岡新一, 猪俣泰也, 増谷弘, 中村肇, 淀井淳司
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th 521   2005年11月
増谷弘, 岡新一, AHSAN Md. Kaimul, WANG Dongmei, 淀井淳司
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th 68   2005年11月
望月芳香, KWON Yong‐Wong, 松尾禎之, 淀井淳司, 増谷弘
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th 256   2005年11月
岡新一, LIU Wenrui, 増谷弘, 平田晋三, 真貝洋一, 山田秀一, 吉田徹, 中村肇, 淀井淳司
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th 59   2005年11月
松尾禎之, 増谷弘, 近藤科江, 淀井淳司
日本分子生物学会年会講演要旨集   28th 603   2005年11月
孫安生, 石井保之, 近藤則彦, 岡新一, 吉田徹, 中村肇, 増谷弘, 淀井淳司
日本免疫学会総会・学術集会記録   35 156   2005年11月
増谷弘, 淀井淳司
医学のあゆみ   4-8   2005年7月
Thioredoxin binding protein-2 高発現マウス における白色脂肪組織の減少とエネルギー代謝の変動
吉田徹,岡新一,猪俣泰也,増谷弘,中村肇,淀井淳司
第28 回日本分子生物学会年会 2005 年12 月7 日̶10 日 福岡      2005年   [査読有り]
レドックス制御タンパク質チオレドキシンによる細胞 周期の解析
望月芳香,権容源,松尾禎之,増谷弘,淀井淳司
第28回に本分子生物学会年会 2005 年12 月7 日̶10 日 福岡      2005年   [査読有り]
小胞体膜タンパク質TMX の機能解析̶タンパク質間相互作用の検出とその分子機構
松尾禎之,増谷弘,近藤科江,淀井淳司
第28 回日本分子生物学会年会 2005 年12 月7-10 日 福岡      2005年   [査読有り]
Thioredoxin およびThioredoxin binding protein-2 に よるレドックスシグナリング調節
増谷弘,岡新一,Ahsan MK,王冬梅,淀井淳司
第28 回日本分子生物学会年会 2005 年12 月7-10 日 福岡      2005年   [査読有り]
チオレドキシン 結合タンパク質 (TBP-2)は絶食時の肝機能維持に必須の役割を果たす新たな糖・脂質代謝制御因子 である
岡新一,劉文瑞,増谷弘,平田晋三,眞貝洋一,山田秀一,吉田徹,中村肇,淀井淳司
第2 回 酸化ストレスと肝研究会 2005 年10 月29,30日 福岡      2005年   [査読有り]
HTLV-I 感染細胞とATL 患者末梢リンパ球 でのTBP-2 遺伝子のメチル化解析
Ahsan MK, 山口佳美,前田道之,松岡雅雄,淀井淳司,増谷弘
第64 回 日本癌学会学術総会 2005 年9月14 日̶16日 札幌      2005年   [査読有り]
Thioredoxin binding protein-2 (TBP-2) による樹状細胞の機能制御
孫安生,石井保之,近藤則彦,岡新一,吉田徹,中村肇,増谷弘,淀井淳司
第35回日本免疫学会総会 2005 年12 月13-15 日 横浜      2005年   [査読有り]
松尾禎之, 近藤科江, 岡新一, 近藤則彦, 孫安生, 増谷弘, 淀井淳司
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 738   2004年11月
吉田徹, SON A, 松尾禎之, 岡新一, 近藤則彦, 増谷弘, 中村肇, 淀井淳司
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   27th 975   2004年11月
増谷弘, AHSAN M K, 岡新一, KWON Y‐W, 西中由美子, 山口佳美, 前田道之, 淀井淳司
日本癌学会総会記事   63rd 225   2004年8月
原富次郎, 岡新一, 船坂陽子, 市橋正光, 平林容子, 井上達, 増谷弘, 淀井淳司
太陽紫外線防御研究委員会学術報告   14(1) 35-39   2004年8月
豊国伸哉, KUMAR D K, 赤塚慎也, 白瀬智之, 増谷弘, 淀井淳司, 日合弘
日本病理学会会誌   93(1) 218   2004年5月
淀井淳司, 原富次郎, 岡新一, 船坂陽子, 市橋正光, 平林容子, 井上達, 増谷弘
太陽紫外線防御研究委員会シンポジウム講演要旨集   14th 27   2004年3月
岡新一, 増谷弘, 西中由美子, AHSAN K, 中村肇, 淀井淳師
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   26th 671   2003年11月
吉田徹, KIM Y‐C, 増谷弘, 淀井淳司
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   26th 647   2003年11月
豊国伸哉, 西中由美子, 増谷弘, 赤塚慎也, 西沢波子, 淀井淳司, 日合弘
日本癌学会総会記事   62nd 121   2003年8月
西中由美子, 増谷弘, AHSAN K, 岡新一, 前田道之, 広田喜一, 淀井淳司
日本免疫学会総会・学術集会記録   32 193   2002年10月
増谷弘, 山口佳美, KWON Y‐W, 淀井淳司
日本癌学会総会記事   61st 215   2002年8月
淀井淳司, 西中由美子, 広田喜一, 増谷弘, 中村肇
生化学   74(8) 632   2002年8月
折井文香, 増谷弘, 刈谷方俊, 二階堂敏雄, 加藤清, 志馬裕明, 小西郁生, 淀井淳司, 藤井信吾
日本産科婦人科学会雑誌   54(2) 347(S.261)   2002年2月
増谷弘, AHSAN K, 西中由美子, 山口佳美, 前田道之, 淀井淳司
日本免疫学会総会・学術集会記録   31 114   2001年10月
田中亨, 細井文仁, 岩井(山口)裕子, 増谷弘, 中村肇, 武田俊一, 淀井淳司
日本癌学会総会記事   60th 141   2001年9月
KWON Y‐W, 淀井淳司, 増谷弘
日本癌学会総会記事   60th 144   2001年9月
折井文香, 加藤清, 二階堂敏雄, 小西郁生, 増谷弘, 淀井淳司, 志馬裕明, 小阪千佳, 藤井信吾
日本癌学会総会記事   60th 368   2001年9月
西中由美子, 増谷弘, AHSAN K M, 二木鋭雄, 淀井淳司
生化学   73(8) 941   2001年8月
糟野健司, 増谷弘, 中村肇, 武曾恵理, 小野孝彦, 篠山重威, 淀井淳司
生化学   73(8) 930   2001年8月
権容源, 増谷弘, 淀井淳司
生化学   73(8) 978   2001年8月
増谷弘, KWON Y‐W, KIM Y‐C, 山口佳美, 淀川淳司
日本トキシコロジー学会学術年会要旨集   28th 72   2001年6月
谷戸正樹, 中村肇, 増谷弘, 淀井淳司
臨床検査   45(3) 255-263   2001年3月
淀井淳司, 増谷弘, 中村肇
日本薬学会年会要旨集   121st(1) 130   2001年3月
谷戸正樹, 白潔, 中村肇, 増谷弘, 出木谷寛, 広田喜一, 淀井淳司
日本免疫学会総会・学術集会記録   30 146   2000年9月
糟野健司, 武曾恵理, 増谷弘, 中村肇, 松森昭, 篠山重威, 淀井淳司
日本免疫学会総会・学術集会記録   30 64   2000年9月
西中由美子, 西山晃, 増谷弘, 前田道之, 中村肇, 巽英二, 淀井淳司
日本免疫学会総会・学術集会記録   30 63   2000年9月
西山晃, 増谷弘, 前田道之, 西中由美子, 細井文仁, 淀井淳司
Jpn J Cancer Res   91(Supplement (Sept)) 287   2000年9月

書籍等出版物

 
Molecular Interventions in Lifestyle-Related Diseases
増谷 弘 (担当:共著, 範囲:The Gene Regulatory Mechanism of Thioredoxin and Thioredoxin Binding Protein-2/VDUP1 in Cancer Prevention.)
Taylor & Francis   2006年   
Environmental Stressors in Health and Disease
増谷 弘
Marcel Dekker   2001年   
酸化ストレス・レドックスの生化学
中村 肇, 増谷 弘, 淀井淳司
共立出版   2000年   
Antioxidant and Redox Regulation of Genes.
増谷 弘
Academic Press   2000年   

講演・口頭発表等

 
アルファアレスチンによる白血病予後・代謝・細胞外小胞制御 [招待有り]
増谷 弘
第110回近畿血液学地方会   2018年11月10日   
Thioredoxin interacting protein (Txnip) forms high molecular weight ribonucleoprotein complexes in cancer cells
Hirata Cristiane L, NIshioka K, Ashida S, Mizutani Y, Iwai-Kanai E, Inamoto T, Masutani H
第27回日本Cell Death学会学術集会   2018年7月27日   
Thioredoxin interacting protein (Txnip)を応用した糖尿病・認知症治療薬の開発
増谷 弘, クリスチアネ ルミ ヒラタ, 大石真也, 藤井信孝
第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会 合同学術集会   2018年5月17日   
Thioredoxin interacting protein (Txnip) High order complex formation in cancer cells
第76回日本癌学会学術総会   2017年9月28日   
Thioredoxin interacting proteinによる癌抑制・糖代謝制御とケミカルバイオロジー [招待有り]
増谷 弘
第11回レドックス・ライフイノベーションシンポジウム   2016年3月17日   
Development of redox modulating approaches against cancer and diabetes by Thioredoxin binding protein-2 (TBP-2) /Txnip [招待有り]
増谷 弘
17th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research International   2014年   
Thioredoxin binding protein-2 (TBP-2)/ Txnip/ VDUP1 with multifunctional biostress signal regulatory activities [招待有り]
増谷 弘
2012年   
Thioredoxin binding protein-2 is a key regulator of mitochondrial energy production and membrane potential.
Yoshihara E, Fujimoto S, Inagaki N, Yodoi J, Masutani H
Keystone symposia, Cell death pathways   2009年   
Thioredoxin and thioredoxin binding protein-2 (TBP-2) Txnip in oncology and metabolism. [招待有り]
増谷 弘
SFRR international Free Radical School in Japan   2009年   
Thioredoxin binding protein-2 (TBP-2)/ VDUP1/ Txnipによるエネルギー制御
増谷 弘
第24回臨床フリーラジカル会議   2008年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
Txnipリボヌクレオプロテイン複合体による代謝制御・癌抑制
文部科学省: 科学研究補助金(基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 増谷 弘
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED): 橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズA)
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 増谷 弘
Txnip誘導阻害化合物による糖代謝改善薬の開発
科学技術振興機構: 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムA-STEPフィージビリティスタディステージ 探索タイプ
研究期間: 2015年1月 - 2015年12月    代表者: 増谷 弘
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 増谷 弘
アルファアレスチンファミリーに属する分子thioredoxin binding protein-2 (TBP-2)/ thioredoxin interacting protein (Txnip)は高血糖により誘導され、インスリン抵抗性を悪化させる因子である。これまでの研究実施状況として、糖によるTBP-2発現誘導を指標とした低分子化合物スクリーニングにより、糖による細胞内転写活性化シグナルを制御し、糖の細胞内取り込みを改善する化合物の候補を得た。現在、得られた化合物のvalidation...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 増谷 弘
目的アルファアレスチンファミリー分子thioredoxin binding protein-2(TBP-2)/Txnipはエネルギー代謝調節にとって重要な分子である。本研究は、TBP-2によるエネルギー代謝制御機構を解明し、脂肪蓄積制御や2型糖尿病の治療法開発への貢献を目指す。今年度の研究実績1)TBP-2によるシグナル制御機構TBP-2のノックアウトマウスのMEF細胞や細胞株でのTBP-2のノックダウンはTGF-betaのシグナルを増強することを明らかにした。この結果は、TBP-2がTG...

特許

 
淀井 淳司, 井上 善晴, 井沢 真吾, 増谷 弘, 村田 一夫, 田増 章吾
淀井 淳司, 中村 肇, 増谷 弘, 谷戸 正樹, 白 潔
淀井 淳司, 中村 肇, 増谷 弘, 谷戸 正樹, 白 潔
淀井 淳司, 増谷 弘, 山口 佳美, 大槻 涼子, 竹中 真弘, 國本 祐二, 叶 順江