笠原 正治

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 09:19
 
アバター
研究者氏名
笠原 正治
 
カサハラ ショウジ
URL
http://www-lsm.naist.jp/~kasahara/
所属
奈良先端科学技術大学院大学
部署
先端科学技術研究科 情報科学領域
職名
教授
学位
工学修士(京都大学), 博士(工学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0001-9785-8350

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 情報科学領域 教授
 
2012年6月
 - 
2018年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 教授
 
2005年4月
 - 
2012年5月
京都大学 大学院情報学研究科 准教授
 
1998年8月
 - 
2005年3月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授
 
1997年4月
 - 
1998年8月
奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助手
 
1993年11月
 - 
1997年3月
京都大学 情報処理教育センター 助手
 
1996年3月
 - 
1997年1月
日本学術振興会 海外特別研究員(米国・ノースカロライナ大学訪問研究員)
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1993年10月
京都大学 大学院工学研究科 応用システム科学専攻 博士課程
 
1989年4月
 - 
1991年3月
京都大学 大学院工学研究科 応用システム科学専攻 修士課程
 
1985年4月
 - 
1989年3月
京都大学 工学部 数理工学科
 

論文

 
Tsuguhito Hirai, Hiroyuki Masuyama, Shoji Kasahara, and Yutaka Takahashi
Journal of Industrial and Management Optimization   14(4) 1423-1442   2018年10月   [査読有り]
Enumerating All Spanning Shortest Path Forests Using Zero-suppressed Binary Decision Diagrams
Nakahata, Y., Kawahara, J., Horiyama, T., and Kasahara, S.
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E101-A(9) 1363-1374   2018年9月   [査読有り]
Wan, J., Gui, X., Kasahara, S., Zhang, Y., Wang, L., and Zhang, R.
IEEE Access   6 48867-48901   2018年8月   [査読有り]
Model Predictive Control for Energy-Efficient Operation of Data Centers with Cold Aisle Containments
Ogura, M., Wan, J., and Kasahara, S.
The 6th IFAC Conference on Nonlinear Model Predictive Control (NMPC2018)   241-246   2018年8月   [査読有り]
A Batch-Service Queueing System with General Input and Its Application to Analysis of Mining Process for Bitcoin Blockchain
Kawase, Y., and Kasahara, S.
The 2018 IEEE International Conference on Blockchain (Blockchain-2018)   1440-1447   2018年7月   [査読有り]
Enumerating Graph Partitions Without Too Small Connected Components Using Zero-suppressed Binary Decision Diagrams
Nakahata, Y., Kawahara, J., and Kasahara, S.
The 17th International Symposium on Experimental Algorithms (SEA 2018)      2018年6月   [査読有り]
Nobuhisa Komatsu, Masahiro Sasabe, Jun Kawahara, and Shoji Kasahara
GeoInformatica   22(1) 127-141   2018年1月   [査読有り]
Kasahara, S., and Kawahara, J.
Journal of Industrial and Management Optimization      2018年   [査読有り]
Hara, T., Sasabe, M., and Kasahara, S.
Journal of Ambient Intelligence and Humanized Computing      2018年   [査読有り]
Zhang, Y., Kasahara, S., Shen, Y., Jiang, X., and Wan, J.
IEEE Internet of Things Journal      2018年   [査読有り]
Zhang, Y., Shen, Y., Jiang, X., and Kasahara, S.
IEEE Transactions on Communications      2018年   [査読有り]
Road Network Risk Analysis Considering People Flow under Ordinal and Evacuation Situations
Fujii, K., Sasabe, M., and Kasahara, S.
Environment and Planning B: Urban Analytics and City Science      2018年   [査読有り]
A push strategy optimization model for a marine shrimp farming supply chain network
Limpianchob, C., Sasabe, M., and Kasahara, S.
International Journal of Operational Research      2018年   [査読有り]
Priority Queueing Analysis of Transaction-Confirmation Time for Bitcoin Blockchain
Kawase, Y., and Kasahara, S.
Journal of Industrial and Management Optimization      2018年   [査読有り]
Kawase, Y., and Kasahara, S.
Queueing Theory and Network Applications (12th International Conference, QTNA2017, Qinhuangdao, China, August 21-23, 2017, Proceedings), W. Yue, Q.-L. Lin, S. Jin, and Z. Ma Eds., LNCS   10591 75-88   2017年11月   [査読有り]
Nishida, T., Sasabe, M., and Kasahara, S.
International Telecommunication Networks and Applications Conference 2017 (ITNAC 2017), Melbourne, Australia, 22-24 November      2017年11月   [査読有り]
Promotion of InfoEver SIG (Special Interest Group), the Research Group Seeking to Establish a Grand Design for Long-Term Preservation of Digital Information in the Super Smart Society
Nojima, H., Kasahara, S., and Minato, K.
The 14th International Conference on Digital Preservation (iPRES 2017), Kyoto, Japan      2017年9月   [査読有り]
Hara, T., Sasabe, M., and Kasahara, S.
The 14th International Conference on Mobile Web and Intelligent Information Systems (MobiWis 2017), LNCS   10486 38-44   2017年7月   [査読有り]
An Offline Mobile Application for Automatic Evacuation Guiding
Itoi, J, Sasabe, M., Kawahara, J., and Kasahara, S.
Scientific Phone Apps and Mobile Devices   3:1    2017年1月   [査読有り]
Classification of Alkaloid Compounds Based on Subring Skeleton (SRS) Profiling: On Finding Relationship of Compounds with Metabolic Pathways
Ryohei Eguchi, Naoaki Ono, Hisayuki Horai, Md.Altuf-Ul Amin, Aki Morita Hirai, Jun Kawahara, Shoji Kasahara, Tomoaki Endo, Shigehiko Kanaya
Journal of Computer Aided Chemistry   18 58-75   2017年   [査読有り]

Misc

 
ビットコインと待ち行列モデル
笠原 正治
オペレーションズ・リサーチ   63(8) 474-479   2018年8月   [依頼有り]
極値理論と情報システム評価への応用
笠原 正治
電子情報通信学会誌   100(4) 266-272   2017年4月   [依頼有り]
待ち行列理論と情報システム性能評価
笠原 正治
オペレーションズ・リサーチ   59(4) 191-197   2014年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
シンギュラリティ 限界突破を目指した最先端研究
NAIST-IS書籍出版委員会 (担当:分担執筆, 範囲:``スケールアウト技術'' pp.66-70, および ``サービス・サイエンスによるイノベーション'' pp.266-270)
近代科学社   2016年2月   
情報通信ネットワーク
滝根哲哉 編著, 松田崇弘, 戸出英樹, 太田能, 笠原正治 (担当:共著, 範囲:9章, 12章, 15章)
オーム社   2013年12月   
数理工学事典
笠原 正治 (担当:分担執筆, 範囲:「待ち行列モデル」,「ネットワーク算法」)
朝倉書店   2011年11月   
数理工学のすすめ 改訂3版
京都大学工学部情報学科数理工学コース編集 (担当:分担執筆, 範囲:確率を用いた最適戦略 -条件付き確率とマルコフ連鎖への誘い-)
現代数学社   2011年   
電子情報通信学会「ハンドブック/知識ベース」
笠原 正治 (担当:分担執筆, 範囲:5群1編5章「待ち行列ネットワークモデル」)
電子情報通信学会   2010年6月   

講演・口頭発表等

 
ブロック・チェーン技術とその展望 〜ビットコインからスマートコントラクトまで〜 [招待有り]
笠原 正治
けいはんな情報通信フェア2018   2018年10月26日   
モバイル・エッジ連携型自動避難誘導における迅速性・安全性・避難所容量を考慮した避難所選択方式に関する一検討
松田 大樹, 原 崇徳, 笹部 昌弘, 笠原 正治
電子情報通信学会2018年ソサイエティ大会, 講演論文集, B-11-12   2018年9月12日   
Mixed-integer linear programming based approach for optimal production planning and inventory control of marine shrimp farming supply chain network
Limpianchob, C., Sasabe, M., and Kasahara, S.
Operations Research 2018 (OR2018)   2018年9月12日   
決定グラフによる禁止マイナー演算
中畑 裕, 川原 純, 堀山 貴史, 笠原 正治
北海道大学 ERATO/基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2018年度 初夏のワークショップ」   2018年7月7日   
Hadoop データセンタの運営における留保価格を用いた料金設定手法の検討
真鍋 優, 川原 純, 笠原 正治
マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2018) シンポジウム, pp. 754-759   2018年7月5日   
道路網におけるユーザの寛容性と情報共有が分散型経路選択方式に与える影響
原 崇徳, 笹部 昌弘, 笠原 正治
電子情報通信学会技術研究報告 (NS2018-26), pp. 63-68   2018年5月18日   
道路網におけるユーザの利己的行動と情報共有が分散型経路選択方式に与える影響
原 崇徳, 笹部 昌弘, 笠原 正治
電子情報通信学会技術研究報告 (CQ2018-11), pp. 59-64   2018年4月20日   
ビットコインにおけるブロック・チェーン技術とトランザクション処理の確率モデル
笠原 正治
日本オペレーションズ・リサーチ学会 「不確実性環境下の意思決定モデリング」研究部会 第16回研究会   2018年4月14日   
ビットコインにおけるブロック・チェーン技術とその展望 〜数理的分析から見るマイニングメカニズム〜 [招待有り]
笠原 正治
けいはんな「エジソンの会」第19回, 国際高等研究所   2018年3月28日   
道路網における情報共有とユーザの利己的行動が分散型経路選択方式に与える影響に関する一検討
原 崇徳, 笹部 昌弘, 笠原正治
電子情報通信学会2018年総合大会, 講演論文集, B-11-9   2018年3月20日   
組合せバンディットを用いたコグニティブ無線におけるグループ形成方策
飯塚 翔, 川原 純, 笠原 正治
人工知能学会 第106回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI), vol. B5, no. 3, pp. 88-93   2018年3月17日   
クラウドプラットフォームにおける継続的にエラーイベントを発生させるタスクの解析
萬代 光治, 川原 純, 笠原正治
電子情報通信学会技術研究報告 (ICM2017-64), pp.49-54   2018年3月9日   
Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピアのchurnが平均ファイル取得時間に与える影響
香山 侑槻, 笹部 昌弘, 笠原 正治
電子情報通信学会技術研究報告 (NS2017-181), pp.~79--84   2018年3月1日   
グラフ分割集合を表す ZDD に対する連結成分重み比制約の効率的な実現
中畑 裕, 川原 純, 笠原 正治
情報処理学会研究報告 アルゴリズム(AL), vol.2018-AL-166, no.3, pp.1-8   2018年1月28日   
道路網におけるユーザの利己的行動と通信環境が分散型経路選択方式に与える影響
原 崇徳, 笹部 昌弘, 笠原 正治
電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会, 第5回コミュニケーションクオリティ(CQ)基礎講座ワークショップ -QoE・ユーザ行動に基づく通信サービスデザイン・制御 part 2-   2018年1月20日   
GI/M^b/1モデルによるビットコイン・トランザクション承認時間解析
河瀬 良亮, 笠原 正治
待ち行列シンポジウム「確率モデルとその応用」, pp. 109-118   2018年1月   
リンクの故障に依存関係がある場合のネットワーク信頼性評価
吉田 拓弥, 川原 純, 井上 武, 笠原 正治
情報処理学会アルゴリズム研究会第165回研究会,   2017年11月   
コグニティブ無線における協調センシングのためのインセンティブ設計に関する一検討
西田 知弘, 笹部 昌弘, 笠原 正治
第42回インターネット技術第163委員会研究会 (ITRC meet42)   2017年11月   
送金ベースの優先権制御を考慮したビットコインのトランザクション処理解析
河瀬 良亮, 笠原 正治
日本オペレーションズ・リサーチ学会 関西支部 若手研究発表会   2017年10月28日   
不確実な状況における誤検知と誤警報の最小化を目的とした協調センシン グのためのグループ形成法
飯塚 翔, 川原 純, 笠原 正治
IEEE COMSOC 関西チャプタ 2017年度学生ワークショップ   2017年10月26日   

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  通信ソサイエティ 編集長
 
2018年4月
 - 
現在
日本オペレーションズ・リサーチ学会 待ち行列研究部会  主査
 
2015年4月
 - 
現在
日本オペレーションズ・リサーチ学会  Journal of the Operations Research Society of Japan 編集委員
 
2014年1月
 - 
現在
Journal of Industrial and Management Optimization (JIMO)  Editor
 
2005年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  論文誌査読委員
 

受賞

 
2018年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 功労顕彰状
 
2016年9月
電子情報通信学会 活動功労賞 通信ソサイエティ副編集長としての貢献
 
2015年8月
The 12th International Conference on Mobile Web and Intelligent Information Systems 論文賞
 
2014年9月
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 活動功労賞 英文論文誌B編集副委員長としての貢献
 
2002年
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 活動功労感謝状
 

Works

 
家電NW エコマネッジメント
2008年
多段接続されたCATV網による通信・放送統合技術に関する研究開発
1998年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
無線端末数爆発時代の自律分散協調メカニズム
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 笠原 正治
大規模ヘテロジニアス無線端末環境での自律分散型協調制御メカニズム
テレコム先端技術研究支援センター: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 笠原 正治
スケールアウト型並列計算パラダイムに向けたリスク 理論的性能評価法
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 笠原 正治
基地局非依存型マルチホップ無線網用MACプロトコルに関する研究
電気通信普及財団: 研究助成
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 笠原 正治
マルチホップ無線網における高スループット保証型パケットスケジューリング方式
近畿移動無線センター: 平成20年度モバイル・ワイヤレス研究助成
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 笠原 正治
高品質サービス保証型オーバレイネットワークの設計・制御・構成法
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 笠原 正治
オーバーレイネットワークにおける自律分散型トラフィック制御機構
国際コミュニケーション基金: 国際コミュニケーション研究奨励金
研究期間: 2006年7月 - 2009年6月    代表者: 笠原 正治
端末間スループットを高度に保障するマルチホップ無線通信用パケットスケジューリングに関する研究
電気通信普及財団: 研究助成
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 笠原 正治
オーバレイネットワークにおける自律分散型トラヒック制御に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 笠原 正治
光バースト交換における高品質保証制御方式
電気通信普及財団: 研究助成
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 笠原 正治

特許

 
P2P型トラヒック制御システムおよび制御方法
特開2010-16517
ネットワーク構築システムと方法およびプログラムならびにデータ配信方法
特開2011-55070
マルチホップ無線端末およびそのマルチホップ無線端末におけるトラヒック制御法(米国)
PCT/JP2009/051074
データ通信システム,データ送信装置,データ送信方法,データ受信装置およびデータ受信方法(米国)
PCT/JP2007/066917
ネットワーク設計方法,設計装置およびそのプログラム
特願2007-218461