藤井 正人

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/30 14:23
 
アバター
研究者氏名
藤井 正人
 
フジイ マサト
所属
京都大学
部署
人文科学研究所 人文科学研究所 文化研究創成研究部門
職名
教授,教授
学位
文学修士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1987年
 日本学術振興会特別研究員
 
1987年
 - 
1993年
 大阪大学助手
 

学歴

 
 
 - 
1986年
大阪大学 文学研究科 哲学哲学史(インド哲学)
 
 
 - 
1978年
大阪大学 文学部 哲学科・インド哲学
 

委員歴

 
1998年
 - 
2002年
日本南アジア学会  理事
 

論文

 
ケーララ州におけるブラーマン社会の現在
藤井 正人、手嶋 英貴、梶原 三恵子
南アジア研究   (28) 228-234   2016年12月
Manuscripts of the Jaiminiya Samaveda Traced and Photographed in 2002-2006
Vedic Investigations: Papers of the 12th World Sanskrit Conference, Vol. 1   127-162   2016年   [査読有り][招待有り]
「ヴェーダの復興―南インド・ケーララ州における古代と現代の接触―」
藤井 正人
田中雅一・小池郁子編『コンタクト・ゾーンの人文学 第3巻ーReligious Practices/宗教実践』 晃洋書房      2012年10月   [査読有り][招待有り]
The Jaimiya Samaveda Traditions and Manuscripts in South India
Masato Fujii
Saraju Rath (ed.), Aspects of Manuscript Culture in South India. Leiden: Brill,   99-118   2012年   [査読有り][招待有り]
The Gayatra-Saman: Chanting Innovations in the Samavedic Brahmanas and Upanisad
Masato Fujii
Zinbun 42, pp. 1-37      2011年3月   [査読有り]
The Recovery of the Body after Death: A Prehistory of the Devayana and Pitryana
Masato Fujii
Studia Oeientalia 110, pp. 103-120      2011年   [査読有り][招待有り]
「南インド・ケーララ州のヴェーダとバラモン社会」
藤井正人
田中雅一編集 『京都大学サステナビリティ・イニシアティブ 人文科学研究所 KSI プロジェクト班研究報告』      2010年10月   [査読有り]
古代インドにおける王権と儀礼
藤井正人
『新アジア仏教史 01 インドⅠ仏教出現の背景』 pp. 114-117      2010年4月
“The Jaiminiya Samaveda Traditions and Manuscripts in South India.”
FUJII Masato
『ヴェーダ文献伝承の研究―サンスクリット文献学と南アジア地域研究の複合研究―』科研費成果報告書 pp.7-21.      2009年   [査読有り]
「ヴェーダ文献学と現地調査」
藤井正人
『シルクロード発掘70年 雲岡石窟からガンダーラまで』 京都大学総合博物館2008年秋季企画展図録 pp.96-97.      2008年   [査読有り]
「ヴェーダ時代の宗教・政治・社会」
藤井正人
『世界歴史体系 南アジア史 1―先史・古代―』山川出版社, pp.57-85.      2007年   [査読有り]
“Documenting the Present Jaiminiiya Traditions and Manuscripts.”
FUJII Masato
『現存ヴェーダ伝承の調査と研究』研究成果報告書, 2005 pp.25-43.      2005年   [査読有り]
“A Catalogue of the Manuscripts of the Jaiminiya Samaveda traced and photographed in 2002-2004.”
FUJII Masato
『現存ヴェーダ伝承の調査と研究』研究成果報告書 pp.45-59.      2005年   [査読有り]
“The Brahman Priest in the History of Vedic Texts.”
FUJII Masato
Vidyarnavavandanam: Essays in Honour of Asko Parpola, Studia Orientalia 94, Helsinki, pp.147-160.      2001年   [査読有り]
“A Common Passage on the Supreme Prana in the Three Earliest Upanisads (JUB 1,60-2,12; BAU 1,3; ChU 1,2).”
FUJII Masato
Zinbun: Annals of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University, Vol. 34 (2), pp.51-86.      2000年   [査読有り]
“On the Formation and Transmission of the Jaiminiya-Upanisad-Brahmana.”
FUJII Masato
Inside the Texts, Beyond the Texts: New Approaches to the Study of the Vedas, ed. M. Witzel, Harvard Oriental Series, Opera Minora 2, Cambridge, Mass., pp.89-102.      1997年   [査読有り]
「Kena-Upanisad (=Jaiminiya-Upanisad-Brahmana 4,10 [4,18-21])」
FUJII Masato
『今西順吉教授還暦記念論集 インド思想と仏教文化』春秋社, pp.842-107.(107-128).      1996年   [査読有り]
「古代インド宗教歌詠の思想性―哲学生成の一断面―」
藤井正人
『人文学のアナトミー』岩波書店 pp.99-114      1995年   [査読有り]
“On the Textual Formation of the Nilamata-Purana.”
FUJII Masato
A Study of the Nilamata―Aspects of Hinduism in Ancient Kashmir―, ed. Y. Ikari, Kyoto, pp.55-82.      1994年   [査読有り]
「二道説の成立―後期ヴェーダの再生説―」
藤井正人
『日本仏教学会年報』55, pp.43-56.      1990年   [査読有り]
The Brahman Priest (Jaiminiya-Upanisad-Brahmana 3, 15-19)
FUJII Masato
印度學佛教學研究   39(2) 1053-1050   1990年   [査読有り]
“Three Notes on the Jaiminiya-Upanisad-Brahmana 3,1-5.”
FUJII Masato
『印度学仏教学研究』37-2, pp.1002-994.(23-31).      1989年   [査読有り]
最初期ウパニシャッド文献の成立と伝承--Jaiminiya-Upanisad-Brahmana研究序説
藤井 正人;フジイ マサト;Fujii Masato
待兼山論叢   23(0) 13-25   1989年   [査読有り]
The Gayatra and Ascension to Heaven--Jaiminiya-Upanisad-Brahmana 1,1-7;3,11-14 (東京大学における第37回〔日本印度学仏教学会〕学術大会紀要-2-)
Fujii Masato
印度學佛教學研究   35(2) 1005-1008   1987年   [査読有り]
“On the unexpressed gayatra-saman in the Jaiminiya-Upanisad-Brahmana.”
FUJII Masato
『印度学仏教学研究』32-2, pp.1123-1121.(1-3).      1984年   [査読有り]
「リグ・ヴェーダ『一切神讃歌』の神観念」
藤井正人
大阪大学文学部『待兼山論叢』15 哲学篇, pp.49-64.      1982年   [査読有り]
「一切神讃歌における Visve Devah」
藤井正人
『印度学仏教学研究』30-1, pp.112-113.      1981年   [査読有り]

書籍等出版物

 
R. G. ワッソン+W. D. オフラハティ著『聖なるキノコ―ソーマ』
藤井正人(共訳)
せりか書房   1988年   
A Descriptive Catalogue of the Basic Materials of the Jaiminiya Samaveda.
FUJII Masato
科研費成果報告書 基盤研究 (C)(2)「現存サーマヴェーダ基礎資料集成」   2000年   
The Jaiminiya-Upanisad-Brahmana: A Study of the Earliest Upanisad, Belonging to the Jaiminiya Samaveda.
FUJII Masato
Publications of the Institute for Asian and African Studies 4, University of Helsinki.(Dissertation)   2004年   
『ヴェーダ文献伝承の研究―サンスクリット文献学と南アジア地域研究の複合研究―』
藤井正人
科研費成果報告書 基盤研究 (B)「ヴェーダ文献伝承の研究―サンスクリット文献学と南アジア地域研究の複合研究―」   2009年   

講演・口頭発表等

 
Vanaprastha and Forest Ascetics in the Dharma and Epic Literature [招待有り]
Masato Fujii
Eighth Dubrovnik International Conference on the Sanskrit Epics and Puranas   2017年9月12日   
社会に取り込まれた苦行―ヴァーナプラスタ(林住者)と山林苦行者― [招待有り]
藤井 正人
人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム―南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性」 第2回シンポジウム「古代インドにおけるアセティシズムの諸相―禁欲・苦行・出家―」   2017年3月25日   
ヴェーダ文献における yoga/yukti について
藤井 正人
インド思想史学会第23回学術大会   2016年12月17日   
ヴェーダ希少語 aghala - (akhala-) について
藤井 正人
日本印度学仏教学会第67回学術大会   2016年9月4日   
ケーララ州におけるブラーマン社会の現在
藤井 正人
日本南アジア学会第28回全国大会   2015年9月27日   
"The Yukti of the Stoma (JUB 3.5.4-5): A Precursor of Yoga as Concentration."
Masato Fujii
16th World Sanskrit Conference, Bangkok, Thailand   2015年6月30日   
「Jaiminiya-Upanisad-Brahmana の再生説の諸相」
藤井 正人
インド思想史学会 第21回学術大会   2014年12月20日   
「ブラフマニズムとヒンドゥイズム―移行・並存・混淆・相互影響―」 [招待有り]
藤井 正人
龍谷大学現代インド研究センター 伝統思想研究会   2014年11月18日   
「ヴェーダ祭式文献における yoga/yukti について」」
藤井 正人
日本印度学仏教学会 第65回学術大会   2014年8月31日   
"The Sautramani in the Vedic Coronation Rituals (Frits Staal memorial keynote adress)." [招待有り]
Masato Fujii
The 6th International Vedic Workshop, Kozhikode (Calicut), India   2014年1月10日   

Works

 
南インドにおけるヴェーダ伝承の現地調査
1985年
サーマヴェーダ基礎資料集成
1999年 - 2001年
現存ヴェーダ伝承の調査と研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
ヴェーダ文献の生成と伝承の研究
研究期間: 1993年   
現存ヴェーダ伝承の調査と研究
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2004年