尾入 正哲

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/28 13:36
 
アバター
研究者氏名
尾入 正哲
 
オイリ マサアキ
URL
http://www.chukyo-u.ac.jp/educate/psychol/
所属
中京大学
部署
心理学部 心理学科
職名
教授
学位
文学修士(京都大学)
その他の所属
(財)労働科学研究所

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1993年
(財)労働科学研究所 研究員
 
1993年
 - 
1997年
京都大学文学部 助手
 
1997年
 - 
2007年
京都府立大学福祉社会学部 助教授 教授 
 

学歴

 
 
 - 
1985年
京都大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
1981年
京都大学 文学部 哲学科心理学専攻
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
産業・組織心理学会  理事
 
2011年4月
 - 
現在
日本応用心理学会  理事
 
1997年
   
 
日本色彩学会  評議員
 

受賞

 
2013年9月
日本学術振興会 科学研究費審査委員表彰
 
2002年
日本応用心理学会学会賞
 

Misc

 
CRT画面上における適正文字サイズの検討
労働科学   63(9) 443   1987年
地下空間における環境の快適性向上手法について(1)-装飾物・疑似窓の心理的効果-(共著)
労働科学   69(4) 133   1993年
オフィスの「ゆとり」空間-これからのスペース環境を考える
労働の科学   49(4) 4-8   1994年
認知心理学からみたマンマシンインターフェイス
電気評論   80(5) 27-31   1995年
リスクテイキングとヒューマンエラー 事故対策の新しい視点
労働の科学   52(2) 17-22   1997年

書籍等出版物

 
オペレータと機器デザイン
労働科学研究所   1990年   
ヒューマン マシン インターフェイス(機械設計上の機能要件)(共著)
(社)郵政ニューオフィス研究会   1993年   
現代社会の産業心理学(共著)
福村出版   1999年   

Works

 
オフィス環境の快適性評価に関する研究
1988年 - 1992年
プラントの安全運用に関する研究
1987年 - 1992年
クリーンルームの心理的影響に関する研究
1986年 - 1991年
地下街における避難行動に関する研究
1993年
大規模生産システムにおける安全に関する研究
1993年

競争的資金等の研究課題

 
労働環境の快適性に関する研究
作業安全に関する研究
マン・マシン・インターフェイスに関する研究
人間工学,作業環境,産業安全