大木 充

J-GLOBALへ         更新日: 03/11/27 00:00
 
アバター
研究者氏名
大木 充
 
オオキ ミツル
所属
京都大学
部署
大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻 外国語教育論講座
職名
教授
学位
文学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1980年
 - 
1993年
大阪外国語大学
 

学歴

 
 
 - 
1978年
パリ第8大学大学院 言語学 言語学
 
 
 - 
1970年
愛知県立大学 外国語学部 フランス
 

委員歴

 
1993年
 - 
1996年
日本フランス語フランス文学会  学会誌編集委員
 
1985年
 - 
2005年
日本フランス語学会  学会誌編集委員
 
1998年
 - 
2000年
日本フランス語教育学会  学会誌編集委員
 

Misc

 
日本語の遊離数量詞の談話機能について
視聴覚外国語教育研究   10,37-67    1987年
フォーカスのイントネーションと語順への反映-フランス語についての音響・知覚研究(共著)
「視聴覚外国語教育研究」   6,21-58    1983年
フランス語の中立的発話の音調(共著)
「視聴覚外国語教育研究」   7,75-82    1984年
フォーカス実現に果すフランス語の語順とイントネーションの役割(共著)
「大阪外国語大学学報」   66,51-80    1984年
談話におけるフランス語のイントネーション(共著)
視聴覚外国語教育研究   8,1-7    1986年

書籍等出版物

 
フランス人の身ぶり辞典(共著)
くろしお出版   1985年   

Works

 
談話における名詞句の指示性確立のメカニズム
1999年 - 2000年
日本語とフランス語の音声の対照研究
1995年 - 1998年
CALL教材の高度化の研究
2000年 - 2003年
自律学習型CALLの学習効果と学習環境の研究
2004年
国立大学サイバー・ユニバーシテイ用コンテンツ開発研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
フランス語の統語構造に関する研究
CALLを用いたフランス語教育