倉智 嘉久

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
倉智 嘉久
 
クラチ ヨシヒサ
所属
大阪大学
学位
博士(医学)(東京大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本生理学会  常任幹事
 
1997年
   
 
日本生化学会  評議員
 
1999年
   
 
日本心電学会  理事
 
1994年
   
 
International Society for Heart Research  評議委員
 
2001年
   
 
Council Membership of Basic Science, American Heart Association 1991-  Fellow of American Heart Association
 

受賞

 
1983年
第9回日本心臓財団奨励賞
 
1985年
日本心電学会第一回木村栄一賞最優秀賞
 
1987年
第4回Young Investigator Award最優秀賞(日本循環器学会)
 
1991年
日本循環器学研究振興財団第1回内田賞
 

Misc

 
三量体のGタンパク質とイオンチャネルと疾患
日薬理誌   103 305   1994年
イオンチャネルの膜受容体による調節
9 824   1994年
イオンチャネルの分子生物学
総合臨床   44 1023   1995年
K+チャネル
日本臨床 特集:膜輸送蛋白異常症   54((3))    1996年
Kチャネルの分子生物学
治療学   30(4) 63-pp.71   1996年

書籍等出版物

 
心筋細胞におけるイオンチャネル
『心臓病の分子医学』,羊土社   1994年   
三量体G蛋白質によるイオンチャネルの活性調節
『GTP結合蛋白質』,羊土社   1994年   
イオンチャネル阻害薬 (1)局所麻酔薬とナトリウムチャネル
臨床に必要な神経薬理   1997年   
心臓のリズムと興奮の分子メカニズム
心筋細胞イオンチャネル   2000年   

Works

 
G蛋白質によるカリウム・チャネルの開閉調節
1996年 - 2000年
膀胱平滑筋のATP感受性カリウムチャネルの薬理学に関する研究
1996年
WAL801のKチャネルに対する作用
1997年
細胞・生体機能シミュレーション
2004年
細胞・生体機能シミュレーション
2004年

競争的資金等の研究課題

 
G蛋白質制御によるカリウチャネルの機能および位置制御の分子機構
補助金