岡野浩三

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/28 10:09
 
アバター
研究者氏名
岡野浩三
 
オカノコウゾウ
URL
https://selab-su.weebly.com/
所属
信州大学
部署
工学部 電子情報システム工学科
職名
准教授
学位
博士(工学), 修士(工学)

研究分野

 
 

経歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
大阪大学基礎工部助手
 
1997年4月
 - 
1999年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科助手(大学院重点化)
 
1999年4月
 - 
2002年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科講師
 
2002年4月
 - 
2007年3月
大阪大学大学院情報科学研究科助教授
 
2007年4月
 - 
2015年2月
大阪大学大学院情報科学研究科准教授(職名改正)
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 物理系専攻 情報工学分野
 
 
 - 
1993年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 物理系専攻 情報工学分野
 
 
 - 
1995年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科 物理系専攻 情報工学分野
 
 
 - 
1990年3月
大阪大学  
 

受賞

 
1997年3月
情報処理学会大会優秀賞
 
2015年1月
IPA/SEC 論文賞2014年度SEC所長賞
 
2015年6月
電子情報通信学会 情報・システムソサエティ論文編集活動感謝状
 
2016年6月
電子情報通信学会 情報・システムソサエティ 活動功労賞
 

論文

 
Synthesis of Protocol Specifications from Service Specifications of Distributed Systems in a Marked Graph Model
Hirozumi Yamaguchi, Kozo Okano, Teruo Higashino, and Kenichi Taniguchi
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTONICS, COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES   E77-A(10) 1623-1633   1994年
A Timed Automata Approach to QoS Resolution
Behzad Bordbar, Rachid Anane, and Kozo Okano
International Journal of Simulation Systems, Science & Technology Special Issue on: Performance Evaluation of Computer Systems   7(1) 46-54   2006年
Stepwise Approach to Design of Real-Time Systems based UML/OCL with Formal Verification
Takeshi Nagaoka, Eigo Nagai, Toshiaki Tanaka, Kozo Okano, and Shinji Kusumoto
International Journal of Informatics Society   1(2) 33-44   2009年
尾鷲方志, 岡野浩三, 楠本真二
コンピュータ ソフトウェア   27(2) 106-111   2010年
宮本敬三, 堀直哉, 岡野浩三, 楠本真二
コンピュータ ソフトウェア   28(4) 306-317   2011年

書籍等出版物

 
アサーションベース設計
丸善   2004年   ISBN:4621074490

講演・口頭発表等

 
Verification of Timeliness QoS Properties in Multimedia Systems
Behzad Bordbar and Kozo Okano
LNCS   2003年   
Testing Deadlock-freeness in Real-time Systems --- A Formal Approach ---
Behzad Bordbar and Kozo Okano
LNCS   2004年   
An Evaluation Mechanism for QoS Management in Wireless Systems
Behzad Bordbar, Rachid Anane, and Kozo Okano
Proceedings of ICPADS 2005   2005年   
A Method to Generate Pre- and Postconditions for Java Methods Based on Hybrid Analysis
Kozo Okano, Shinji Kusumoto, and Yasunobu Kajita
Proceedings of International Workshop on Informatics 2008   2008年   
Clock Number Reduction Abstraction on CEGAR Loop Approach to Timed Automaton
Kozo Okano, Behzad Bordbar, and Takeshi Nagaoka
Prpoceedings of the 2nd International Conference on Networking and Computing   2011年   

競争的資金等の研究課題

 
モテルと制約に基つくソフトウェア開発に関する研究
科学研究費 (基盤研究(C))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 岡野浩三
モデル検査技術を活用したソフトウェア設計方法に関する研究
科学研究費 (基盤研究(C))
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 岡野浩三
状態爆発するWEB アプリケーションに対するソフトウェアモデル検査
科学研究費 (特定領域研究 情報爆発IT 基盤 公募研究)
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 岡野浩三
契約に基づいた関数型プログラム設計に対する正当性保証に関する研究
科学研究費 (若手研究(B) )
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 岡野浩三
関数型プログラムに対するモジュール構造を考慮に入れた効率のよい形式的検証支援
科学研究費 (若手研究(B) )
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 岡野浩三