山村 昌弘

J-GLOBALへ         更新日: 08/09/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
山村 昌弘
 
ヤマムラ マサヒロ
所属
愛知医科大学
部署
リウマチ科
職名
教授
学位
博士(医学)(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1990年
米国南カリフォルニア大学 研究員
 
1991年
 - 
1992年
米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校 研究員
 
1993年
 - 
1996年
岡山大学医学部 助手
 
1996年
 - 
1998年
岡山大学医学部 講師
 
1998年
 - 
2001年
岡山大学医学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
信州大学 医学部 医学
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本リウマチ学会  編集委員
 

受賞

 
1993年
第3回財団法人慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団研究助成
 
1998年
第6回認定内科専門医会研究奨励賞
 

Misc

 
急性腎不全と著名な心筋障害を伴ったサルモネラ敗血症の一例
腎と透析   15(3) 391-395   1983年
Helper T-細胞機能低下を示した Common Variable Immunodeficiency の一例
日本臨床免疫学会誌   8(3) 161-167   1985年
ヒト単球Fc-,C3-受容体機能の修飾-PHA-sup.とSLE患者血清の影響-
厚生省特定疾患自己免疫患調査研究班 昭和60年度研究業績   299-303   1985年
Behcet 病様症状を呈した皮膚型結節性多発動脈炎にcolchicine が有効であった一例
診療と新薬   24(11) 2265-2269   1987年
西谷 皓次, 白神 敏明, 波多野 野誠, 山村 昌弘, 川端 芙紀子, 吉永 泰彦, 平木 祥夫, 青野 要, 江沢 英光, 太田 善介
炎症   7(6) 541-545   1987年

書籍等出版物

 
薬物療法 注意しなければならない抗リウマチ薬の副作用
わかりやすい慢性関節リウマチの診断と治療-最近の話題(本間光夫監修・編集) 日本新薬(株)発行東京   1994年   
慢性関節リウマチに対するステロイド治療
先端医学撰書 知っておきたい膠原病の新たな診療(安部達・槇野博史編著) 真興交易(株)医学出版部発行 東京   2000年   
リウマチ・膠原病の検査
リウマチ・膠原病の治療と看護(河合眞一,森脇美登里編集) 南江堂 東京   2001年   
5.炎症のメディエーター 5.1サイトカイン
膠原病・リウマチ学(宮坂信之編集) 朝倉書店 東京   2001年   
第7章 病態栄養と栄養治療 5.その他の疾患 3)免疫・アレルギー疾患
認定「病態栄養専門管理士」のための病態栄養ガイドブック(日本病態栄養学会編) メディカルレビュー 大阪   2002年   

Works

 
関節リウマチにおけるインターロイキン-18に関する研究
1996年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
関節リウマチにおけるサイトカイン発現異常に関する研究
研究期間: 1993年   
自己免疫疾患におけるTh1/2型免疫反応に関する研究
研究期間: 1993年   
関節リウマチにおけるサイトカイン発現異常の解明と抗サイトカイン療法の開発

特許

 
自己免疫疾患診断薬
216894